宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

3日小屋  

人間はどれほどの大きさの家が必要だろうか?
どれぐらいに費用で、どれぐらいの時間で家を建てることが出来るのだろうか?

スモールハウス1
とりあえず、思いついたが吉日。
というか、畑がサルにやられて農作業をする気持ちが薄れてしまったのだ。
サルのおかげで、スモールハウスに着手できることになった。
ありがたい。
前の晩はどんどんひらめいてほとんど眠れなかった。
しかも「1日で建ててしまおう!」と無謀なことも平気で出来ると思っていた。
人間はいつでもバカになれる。
バカな奴って怖いものなしだね。
とりあえず、家に残っている材木をかき集める。
そして適当にコンクリ土台(コロ)の上に型枠を拵える。
スモールハウス2
ほとんど計りもしないで、水平だけ見てビスで止めてゆく。
本職大工が見たらかなり、びっくりするだろう。
スモールハウス3
なんとなく片屋根の小屋に。
柱が細いのでグラグラ。
ひとりなので木材を支えるのが大変だ。
スモールハウス4
余っていたドアをもらってきて取り付ける。
屋根も無いのにドアが付いた。
この姿も面白いかも?
スモールハウス5
壁を1面張って、なぜか床張り!?
って、なんとなく床張りをしたかったのだ。
床張りは楽しいのだ。
スモールハウス6
イノシシ除けで使わなくなったトタンをもらってきて屋根を張る。
穴があちこちにあいているが、トタンを重ねたり、アルミテープで塞いだりする。
雨漏りもご愛嬌。
実際、今住んでいる家も10カ所以上雨漏りがしているのだ。
スモールハウス7
壁の屋根も出来て小屋らしくなってきた。
中の広さは1.5×2.0m。
大人が2人寝れるぐらいだ。
スモールハウス8
壁は少し前に家の解体を手伝った時にもらった天井板や床材を使う。
黒くなっていい味を出している。
適当に張っているので、ジグソーパズルの用だ。
たねのいえ
家の名前は「ときめき たねのいえ」
シードバンクにも活用できればと思う。
みんなで力をあわせてタネを守っていかないと、ヘンテコな経済に巻き込まれて、心身共に蝕まれていくことになる。
スモールハウス7
友達にもらった建具を取り付ける。
友達が引っ越した家の屋根裏にたくさん古い建具が残されていたのだ。
オラにとっては大変ありがたく貴重なものだ。
スモールハウス8
ちゃんとスライドして開きようにした。
これにはかなり手間がかかったが、いろんなひらめきのおかげで出来上がった。
まだ一カ所思案中で閉じていないところがあるが、だいたいの完成だ。
1日で建てようと思ったが、3日かかってしまった。
でもすっごくワクワクして楽しかった。
シコクビエ干し
さっそく収穫したシコクビエを干す。
雑穀を干している小屋の姿は立派に見える。
床にはもらってしたムシロを敷いた。
寝転がると気持ちいい。
中も充実させて快適にしたいと思う。
図書館&カフェとしても活用したい。
みんなでギュッと固まって、宇宙会議をしましょう!!
スモールハウス9
畑にポツンとスモールハウス。
1坪ほどの小屋を建てるのに3日ほど。
道具はノコギリ、インパクトドライバー、玄翁、メジャー、平行計。
費用はオラが今回使ったのは2500円。
父親から木材のカンパをしてもらった。
後、結構残っていた木材があったので、費用を抑えることが出来た。
人間が住むのにはあと、トイレ、風呂、台所が必要かもしれない。
風呂は薪風呂に、夏は川で水浴び。
トイレはコンポストトイレ(これから低予算型を開発予定)。
台所は薪はなんぼでも転がっているので七輪とロケットストーブで充分。
後は太陽クッカーが便利。
畑の周辺に果樹や木の実を植えれば生で齧るだけでいいので火もいらない。
野菜も生で齧ればいい(ローフード)。
まあ、不食でもいい。
灯りはソーラーランタンを使う。
寝起きするだけならこの小屋で充分だ。
何千万も掛けた家に住まなくても人は充分に生きていける。
小さいので暖房にかかるエネルギーも少ない。
家族や恋人とくっつき合えば暖かい。
ものも置けないので自然と少なくなる。
買わなければいけないものが本当は非常に少ないことに気付く。
目の前が畑なので朝起きた時も気持ちいい。
いつでも野菜と一緒にいれる。
本当の幸せとはなんだろう?
幸せはお金で買えないことは誰もがすでに気付いている。
豊かさもお金の量では計れない。
オラはいつもワクワクしていることだと思う。
そして過去の後悔も未来の心配せずに、今を真剣にまっすぐ生きることだと思う。
なんだかんだ悩みを抱えていても生きているだけで非常にありがたい。
生きていればなんでもひらめきを形に出来るチャンスがあるのだ。
お金も儲けなくても生きていけることが本当の生活の安定では無いだろうか?
心臓が波打つたびに、生きている幸せを噛みしめたい。
誰もかもっと楽テンに気軽に楽しんで生きていけるのだ。
お金を使う贅沢なんてたかだかしれている。
スモールハウスの生き方。
それは自給自足の面白さの第一歩。
技も知識も無いオラにも出来たのだから、誰にでも出来る。
なんでも、遊びに変えてしまえばいいのだ。
ヘタでもいいのだ。
それが今の自分そのものだから、それを抱きしめて愛してあげればいいのだ。
ありがとうございます。
スポンサーサイト

category: 雑仕事

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。