宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

お米と会話  

土鍋ごはん
15年ぐらい前に知り合った友達が突然訪ねてきた
滋賀県で土鍋カフェをやっていたのだ。
うちにお泊まりしている間に土鍋ごはん炊きを伝授してもらった。
米と会話
まずはすぐ洗わないで
玄米を右回転、左回転をしながら
どういう炊きあがりにしたいか自分の体と玄米の両方とじっくり相談する。
せせらぎを聞かせる
そして、直接玄米に水を掛けるのではなく
手を通してせせらぎの音を聞かせるように水を注ぐ。
そしてまた会話しながらじっくりと優しくお米を洗う。
寝かせる
洗った玄米を水に2〜6時間浸す。
どれぐらい水に浸かりたいかもお米に聴く。
炊きあがり
土鍋でじっくり1時間以上掛けて炊く。
詳しくは中火の強めで沸騰するまで、そして弱火で少しおこげの香りがするまで50分ほど。
炊けたら蒸らしを10分。
厚めのバスタオルなどで包んでおく。
炊き上がりは素晴らしいカニ穴がいっぱい開く。
おひつに移す
十字にしゃもじを入れて
天地返しをして少々薄めた梅酢を塗った木のおひつに移す。
そうすると余分な水分を吸ってさらに柔らかくふっくらとする。
たっぷり炊いたけど、むらの仲間で食べたらあっという間に完売!!
ごはんだけでも充分味わえたので、最初はおかずがあることも忘れて夢中になって食べてしまった。
お米の命と向き合って、精一杯にそれに答える。
我々は毎日命を頂いて生きている。
だからこちらも命がけで心を込めて最高の調理をしなければならない。
そのことを改めて感じました。
何事も一瞬一瞬を出来うる限り丁寧大切に取り組んだ方がおいしく楽しい!!
もったいない時間の使い方をしないように心がけていきます。
ありがとうございます。
さいなら〜
友達は土鍋を積んだ自転車リヤカーで再び旅に出ました。
2年後には石川県で土鍋カフェを再び開く予定です。
またど土鍋のお米炊きワークショップを頼めばどこにでも参上してくれるはずです。
さいなら〜、またね〜
そして、楽しんでいってらしゃ〜い!!
スポンサーサイト

category: 命と向き合う

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。