宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

大地は豊かになる  

大豆の芽
大豆の芽が出てきました。
ところどころ、鳥についばまれたけど。
大地を蘇らすには豆の力を借りるのが1番。
陸稲
生き残った陸稲は梅雨の雨でスクスク育つ。
来年の種を確保できたら嬉しい。
陸稲と大豆
陸稲のソバにも大豆を混植。
粟と大豆
粟の横にも大豆を播いている。
大豆とイネ科の混植を実践中。
あとこの畑では作物を植えているところと耕していない草地を面積を半々にしている。
草地の草を刈って、耕作地のマルチに使うようにして循環させる実験である。
なんでも思いつきは楽しんでやってみる。
生きている限りは何度でも、自然を知るチャンスが与えられている。
落花生
落花生も少し大きくなった。
アップルかぼちゃ
今年始めて植えたアップルかぼちゃが超でかくなってきた。
ゴロゴロ転がっている
収穫が楽しみだな〜
そうめんかぼちゃ
そうめんかぼちゃもゴロゴロと
落ち葉サツマイモ
落ち葉マルチでサツマイモ栽培。
さてどうなるかな?

まず畑を借りたら
最初は草を刈ってリヴィングマルチ(炭素マルチ)。
つまり、草や落ち葉、木材や竹のチップで植えるところをかなり分厚く(10センチ以上)覆う。
そしたら、微生物、ミミズ、モグラが増えて
どんどん耕してくれる。
人間は耕す必要は無い。
自然の耕うん機はフリー(無料)で超高機能である。
人間が耕すと、雨が降るとすぐに土が固くなるが
彼らの仕事は完璧で、乾燥にも大雨にも耐えることが出来る。
土がフカフカになれば、種まき、苗の定植をする。
畑を始める前にあらかじめ準備がいるのだ。
土がある程度完成に近づいて役割が終われば、ミミズとモグラは自然といなくなり
微生物(菌)主体の土となる。
定期的に微生物のごはん(草などの炭素素材)を表層に乗せてあげるだけでいい。
来年はお米のこのやり方でやってみようかと思ている。
そんなに広い面積は出来ないけど。
自給できる小さい面積で生きてゆくのがこれからも生き方だと思う。
スポンサーサイト

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。