宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

菌未来  

蘇生
白鳥監督最新作「蘇生」のミニ上映会を開きました。
うちの息子のちゃっかり出演しています。
映画中はしっかり寝ていましたが。
微生物や菌がいなければ宇宙が存在できません。
オラは何度となく微生物や菌がいない世界はどんなものか?と考えてみましたが、
全く想像もつきません。
頭がショートする感じです。
私たちは肉体があって、実態が在るもので日々暮らしていると思っていますが
そのアタリマエの幸せな日常は見えないくらい小さなもの達で成り立っているのです。
菌が私たちの肉体の健康を維持したり、逆に病気にしたり、今では感情までも左右される事が分かっているそうです。
食べたのもで体は出来ているとよく言われますが、
その食べ物はお腹の菌のごはんなのです。
お腹の菌達の好物を口から言えると元気になるのです。
そうなると、我々に人生は実はすべて菌に操られている気がしてなりません。
オラは畑にいて、微生物や菌が豊かになれば肥料などなくても野菜は元気に育つ事が分かっています。
そのために、微生物のごはん(炭素・・・草や落ち葉)で土を覆うようにしています。
そうすると大地は自然と豊かになり、フカフカになって耕す必要も無くなります。
人間はもともと楽をして暮らしていけるようになっているのです。
ただ暇な事に耐えられないだけなのです。
暇を埋めるために、いらない心配をしたり、自然を破壊しているのかもしれません。
まず囚われの心と体を自由にして、豊かな菌まみれ生活をする事です。
本来、良い菌も悪い菌もありません。
多様性が重要なのです。
いろんなのがいて、すべてが仲良く、そして循環するのです。
大地も人も同じなのです。
小さきもの達に敬意を示して生きてゆきましょう。
菌さん、微生物さん、ありがとう。
そして上映会に来て下さった方々ありがとうございます。
次回は、我が家で5月26日に「シリウス」の上映会をします。
遊びに来て下さい。
スポンサーサイト

category: イベント

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。