宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

じゃんるバラバラ  


キノコの教え (岩波新書)キノコの教え (岩波新書)
(2012/04/20)
小川 眞

商品詳細を見る

微生物の多様性が私たちの生活を支えている。
まだまだ計り知れない能力を持った菌達がウジャウジャいるのだ。
菌とうまく共生してゆく事がこれからの地球蘇生の足掛けになると思う。
微生物や菌がいなくなった途端、すべての循環が止まる。
循環しなければ、淀み溜まる一方。
腐りもしないが発酵もしない。
想像もできないが、何か宇宙が一気につまらなくなりそう。

夏美のホタル夏美のホタル
(2010/12)
森沢 明夫

商品詳細を見る

すべてに偶然はないのだろう。
人との出会いを思うと、いつもそう感じる。
最高のタイミングで会わせてもらっているという気がする。
出会いと同じく別れも同じだと思う。
嬉しかったり、悲しかったり。
いろんな事を精一杯感じて生きてゆく事は素敵な事ですね。

ライアの祈りライアの祈り
(2012/09)
森沢 明夫

商品詳細を見る

オラの好きな縄文とパプアニューギニアの話。
たまたま手に取る本にも偶然はない。
求めているものが得れるのだ。
時間も空間も本来なくすべては繋がっている事が分かる。
1万年も平和に続いた縄文文化から今の私たちはたくさん学ぶ事がある。

ダリアの笑顔ダリアの笑顔
(2010/07/17)
椰月 美智子

商品詳細を見る

些細な当たり前の日常。
いろんな事に一喜一憂する。
一緒に過ごしている家族の事すらよく分からないことが多い。
まあ、それでいいんだろうと思う。
分からない方が面白いし、ちょっと分かり合えた時にはむっちゃ嬉しいんだ。

グリーン・グリーン (文芸書)グリーン・グリーン (文芸書)
(2014/08/08)
あさの あつこ

商品詳細を見る

畑違いの農業高校に赴任した都会っ子の新米教師のお話。
農業高校ってやっぱり面白いね。
オラも行ってみたかった。
学生生活での恋愛、進路の悩み・・・。
学生との日常を通して新米教師もどんどん成長してゆく。
豚とお話しできる得意能力も発揮!?
気軽に読めて楽しめる一冊です。

ほのかなひかりほのかなひかり
(2010/10/29)
森 浩美

商品詳細を見る

親子関係って近いだけに素直になれなかったりする。
悩みも相談できなかったり、迷惑をかけたくないって思ったり、心配していても声をかけずらかったり、いつも感情的にぶつけてしまったり。
でも、お互い思いやっている。
家族の絆はやはり深いと思う。
そんな事を気付かせてくれるミニストーリーが詰まっている一冊です。

山の仕事、山の暮らし (ヤマケイ文庫)山の仕事、山の暮らし (ヤマケイ文庫)
(2013/02/25)
高桑信一

商品詳細を見る

山奥で暮らし、自然と共に生きる。
そこにはたくさんの技や暮らしの知恵がある。
決して金銭的には豊かではないけど、それには代えらなれないものが自然の中にはたくさんある。
自然なくしては人は生きていけない。
その自然を壊す事なく永遠に活かして生きてゆく術は後世に残していかなくてはならない。
搾取経済はいつまでも続かない。

市民自治 (ディスカヴァー携書)市民自治 (ディスカヴァー携書)
(2014/02/21)
福嶋浩彦

商品詳細を見る

議員にお任せ政治のままではいけない。
本来は逆である。
国民、市民が議員を使わないといけないのだ。
選ばれた人が国民や市民の代表として誠意を持って働いているか?しっかりと見なくてはいけない。
どんどんみんなが政治に参加しないと、お任せのままでは何よくならない。
何もしなくて愚痴を言うばかりなら、そもそも政治なんていらない。
私腹を肥やす政治家ばかりなら政治家は要らない。
オラは選挙も要らないと思う。
給料は出来高制にして、やりたい人が全員で協力してやればいいと思う。
地域によって必要な事業は異なるので中央集権型官僚政治を脱却してもっと柔軟に。
まあ、ユーモアですね。
地域でやりたいことをどんどん形にしていけば面白くなると思います。
面白ければ賛同してくれる人も自然と増えてくるでしょう。

緑の思想 経済成長なしで豊かな社会を手に入れる方法緑の思想 経済成長なしで豊かな社会を手に入れる方法
(2013/07/03)
足立 力也

商品詳細を見る

第3国や自然から搾取の経済は先が知れています。
経済(お金)のプラスではなく、自然へのお返すがプラスになる社会にしてゆかなくてはいけません。
化石燃料を使った便利な生活を手放すのは難しいでしょうが、
出した二酸化炭素+αを吸収する木を植えるっていうのはどうでしょうか?
その「+α」が大切なんです。
全員の「+α」が積もっていけば地球はそんそん豊かになっていきます。
小さくても出来る事はたくさんあります。
その前に無駄な買物を減らし、ゴミになるプラスチック包装のものを買わないとか、シャンプー、入浴剤、洗剤を自然なものに帰るとか、電気やガスを無駄遣いしていないかよく考えたり、外出や外食を控えたり、家庭菜園をしたり、生ゴミを土に上手に戻したり、ゴミ拾いをしたり、手ぬぐいや風呂敷を使ったり・・・。
この本は日本で緑の党を立ち上げた人の話だけど、
まあ日本では1から政治に参入するのは大変だ。
要するに大金がいる。
金持ちじゃないと政治家になれない仕組みなのだ。
国によっては0円で出馬できるところのあるのに。
政治に参入しないで地域や国を変えてゆく方がずっと有効で面白いと思う。
やはり地域や市民レベルでどんどん進んでゆき、もう中央は要らないぞってなってゆくだろう。

三本の植樹から森は生まれる 奇跡の宮脇方式 (祥伝社ポケットヴィジュアル)三本の植樹から森は生まれる 奇跡の宮脇方式 (祥伝社ポケットヴィジュアル)
(2010/03/31)
宮脇 昭

商品詳細を見る

単純に木を植えること。
これば誰にでも出来ることだ。
木を植えれば森が出来る、水が湧く。
動植物がどんどん豊かになり、人の暮らしも豊かになる。
当たり前のことを現代人は忘れ過ぎだ。
都会で暮らしていると、自然に生かされている事を忘れてしまうのだろう。
土から切り離されて生きる事など誰一人出来ない。
土から出来たものを食べて生きているのだから。
スーパーやコンビニが生かしてくれている訳ではない。
森に帰る、土に帰る時が来たのだ。
ドングリを拾って、蒔いて苗を作って、どんどん植えよう。
本来日本にあった豊かな森(潜在植生林)。
オラは田畑だけでなく森作りもやっていきたい。

天然発酵の世界天然発酵の世界
(2015/02/27)
サンダー・E. キャッツ

商品詳細を見る

今までと違った発酵食の本だ。
発酵食好きのアメリカ人が麹を手に入れて味噌を作ったり、ぬか漬けを作ったり。
色々と世界の発酵食を試行錯誤している。
健康食として発酵食の人気が上がってきているのだろう。
それなのに、発酵食の本家本元である日本では本物の発酵食が減ってきている。
伝統を守って続くりしている蔵元が採算が合わなくて消えてゆく。
1度失われた伝統を取り戻す事は難しい。
今こそきちんと受け継いでいかなければならない。
せっかくこの素晴らしい日本に生まれてきたのだから。
我々には受け継ぐべきものがたくさんあるのだから、大変ありがたいことだ。

教えてゲッチョ先生!雑木林は不思議な世界 (Outdoor21 Books)教えてゲッチョ先生!雑木林は不思議な世界 (Outdoor21 Books)
(2003/10/01)
盛口 満

商品詳細を見る

雑木林には不思議がいっぱい。
小さなミラクルワールドが日々展開中である。
オラもキノコや木の実が大好きである。
知らない事が多過ぎて、山に入るとワクワクする。
今年はどんどん山に入りたい。

水平線のぼくら 天使のジャンパー水平線のぼくら 天使のジャンパー
(2014/05/30)
仁木 英之

商品詳細を見る

雪の降らない奄美大島にスキー部が出来るお話。
なんとなく奄美(特にカケロマ島)に行きたくて・・・。
って思っていたら、図書館で手に本がアマミ〜!!
最近はスゴい。
求めるものがすぐにやってくる。
面白い時代になってきた。
奄美には昔からのいろんな伝統、祭り、文化が今も息づいている。
そして雄大な原生林も!!
オラは、これからどこに行くことになるのだろう。
もう天にお任せしているのだが。

UFOに乗った! 宇宙人とも付き合った!   僕のコンタクティとしての半生の記録UFOに乗った! 宇宙人とも付き合った! 僕のコンタクティとしての半生の記録
(2014/12/17)
津島 恒夫

商品詳細を見る

UFOは飛んでいるか?宇宙人はいるか?
オラはどっちでもいい。
ただ、面白いと思う。
違う星にどんな文化があって、どんな生活をしているのか?
どのように平和を維持し、精神的な発達を遂げたのか?
この地球に起きている様々な問題に対する答えがある気がする。
自分が得したい、自分を守りたいという気持ちが誰しもあると思う。
そのために他人や、自然を破壊しては本末転倒である。
地球人も宇宙人である。
争うより、仲良くしている時の方が気持ちがいいのは見な同じだと思う。
仲良くするという単純なことが出来ない。
エゴに心を乗っ取られるからだ。
エゴは本来ないもので、私たちが分離感による不安や恐怖という餌をやって育てているのだ。
エゴは愛が恐ろしい。
これからは愛を惜しげもなく与えてゆく世の中になる。
愛は与え続けても決して減らない。
愛は無限だから。
私たちはその愛で出来ているのだ。
ありがたいね〜。

歩き続ければ、大丈夫。---アフリカで25万人の生活を変えた日本人起業家からの手紙歩き続ければ、大丈夫。---アフリカで25万人の生活を変えた日本人起業家からの手紙
(2014/11/21)
佐藤 芳之

商品詳細を見る

何でもやってやれない事はない。
結局「やるか」「やらないか」の違いがあるだけだ。
何かのためにやるのではなく、まず自分と手足を使って自分のために動けばいい。
そうすれば世界はついてくる。
結果しら何かしらの成果はついてくるが、
それだってどうでもいい事だ。
いま、自分が世界一の幸せ者であることが重要なのだ。
自分が幸せ者だと気付く事は、すべての人に感謝をしているという事だから。
スポンサーサイト

category: おすすめ本

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。