宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

モバイル小屋生活  

モバイルハウス
知り合いの大工さんが作ったモバイルハウス。
2人で軽トラに乗せて移動出来るサイズと重さ。
2日あれば作れてしまう。
材料費は外側が鉄板(平トタン)を使っているので少々高めの12万円。
廃材利用をすればもっと安く上がると思う。
オラはモバイル小屋生活を提案していこうと思っている。
オラも建てるつもりだ。
大きな家はいらない。
小さくて快適な家、しかも誰でも簡単にお安くできる家。
壊れたら自分で直せば良い。
モバイルなので好きな景色が見えるところに移動できる。
タイヤを付ければ1人でも引っ張って移動できる。
家ごと引っ越しだ。
家族が増えたら増えた分だけモバイル小屋を作れば良い。
くっ付けて連結しても良いし、離れて森の中で隠れ家生活をしてもいい。
気分次第でお好きな距離感を保てる。
モバイルトイレ、モバイル台所、モバイル風呂?
どんどん作って遊べばいい。
オラは畑に置こうと思っている。
モバイル種バンクもいいな〜
生きている間だけ住めたら良い。
後は自然に還るようになるべく自然素材にしておけば土に還る。
畑にモバイル小屋があれば、そこでその日食べる野菜を採って、その場でロケットストーブなどで調理して食べて、星空を眺めて寝ればいい。
人間はもっとラクチンに生きてゆける。
本当に必要なものなど少ない。
桧皮ぶき
建築中の杉皮葺きの小屋も見せてもらった。
これもオラがやりたかったことだ。
江戸の長屋の屋根。
断熱
断熱材はワラとモミ殻。
おくどさん
土のおくどさん。
美しいフォルムだ。
屋上庭園
屋上はお茶室?
いやいや、草屋根になるのだ。
今はまだ畳が敷いてあるように見えるが、腐って土になれば草の種が飛んできて緑の屋根になる。
水が漏れないように防水シートを重ねてある。
その辺の素材はケミカルな物しかないのが残念だが・・・。
お茶席?
屋根でとりあえずくつろいでみる。
あ〜いい気持ち!!

あっそうそう、4月11日の美杉むらのわ市にてモバイルハウス作りライブをします。
皆さん壁張りトンカチお手伝い下さい。
なんでも実践、なんでも楽しむ、なんでも遊び。
それが人生なんだぜ。
生きるのは簡単なのだ。
スポンサーサイト

category: おでかけ

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。