宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

小説傾向  


旅屋おかえり旅屋おかえり
(2012/04/26)
原田 マハ

商品詳細を見る

旅って本当にいいですよね。
いろんな風景と人に出会い、いつも新しい自分を発見できる。
1年の半分は旅をしている原田さんの本はいつも楽しい風が流れている。
新しい物語の発想はきっと旅空の下でひらめくのだろうな〜

野川 (河出文庫)野川 (河出文庫)
(2014/04/08)
長野 まゆみ

商品詳細を見る

新聞部で鳩を飼う?
昔は電話もネットもなかったので伝書鳩が1番早い通信手段だった。
転校してなんとなく流れで入部することになった新聞部での活動。
いろんな胸の内に秘められた暗い過去に新しい風を吹き込んでゆく。
新聞部の顧問の先生がいい味を醸し出している。

ヒカルの卵ヒカルの卵
(2013/10/10)
森沢 明夫

商品詳細を見る

最高に面白かった。
最近は小説にはまっているのだ。
ハラハラワクワクする。
この本は限界集落の村おこしプロジェクトって感じです。
おいしい卵とごはんがあれば、思いつくのは卵掛けごはん!!
山奥の吊り橋を渡ったところに卵掛けごはん専門店を開く無謀な計画。
さてさてどうなるか?
幼なじみと村の人たちがいつの間にか手を取り合って笑顔がどんどん増えてゆく。
オラの村もきっとそうなるだろう。
やっぱり生きるってワクワクするな〜

いちばん危険なトイレといちばんの星空―世界9万5000km自転車ひとり旅〈2〉 (世界9万5000km自転車ひとり旅 (2))いちばん危険なトイレといちばんの星空―世界9万5000km自転車ひとり旅〈2〉 (世界9万5000km自転車ひとり旅 (2))
(2005/01)
石田 ゆうすけ

商品詳細を見る

世界中を自転車で回った著者。
その中で勝手に選んだいろんな1番を語る。
世界に走らない文化や風習、生活があることを痛感させられた。
オラは世界旅行はしないが、ココで生きていろんな人に出会うことが本当に嬉しい。
先のことはどうなるか分からないが、だからこそ今を楽しんでいる。
今の笑顔が未来を作るからだ。

野宿入門野宿入門
(2010/09/23)
かとうちあき

商品詳細を見る

家さえ実はいらない?
そう野宿を快適にできるようになれば、ただでどこでも生きてゆける。
家があって、布団がないと眠れない何と思い込んでいるが
実はそれもどうなのか疑ってみる。
空き地や公園で夜を明かす。
それは固定観念を打ち破ることが出来る。
食べないことで「食べないといけない」という常識を破るのと同じなのだ。
いつでも決まったことがないのだと思い知らされる。
一般常識にとらわれていると、面白みもへったくれもない。
出来ないことは思いつくはずかないのだから。
思いついたならとりあえず後先考えずにやってしまえばいい。
野宿も楽しそうだね。
オラも夏になったら庭でテントを張って寝ている。
これが気持ちいいのだ。

縄文人になる!  縄文式生活技術教本 (ヤマケイ文庫)縄文人になる! 縄文式生活技術教本 (ヤマケイ文庫)
(2014/02/22)
関根秀樹

商品詳細を見る

縄文人はすげ〜!!
縄文人の暮らし方を実践して書かれた本で、読み物としても面白い。
いざという時には役立ちそうなことがいっぱい載っている。
石斧を作って木を倒して丸木船を作ったり、釣り針を作って魚を釣ったり、石包丁で魚をさばいたり、火起こし、粘土を取ってきて土器をやいたり、草や木の繊維から服やカゴを作ったり、ドングリクッキーや縄文ワインを作ったり、竪穴式住居を作って住んでみたり・・・
縄文人の暮らしは豊かだったのだろう。
だから争いもなかったと言われている。
分かち合いの文化だった。
オラ達は縄文人から学ぶべきことはまだまだたくさんありそうだ。
スポンサーサイト

category: おすすめ本

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。