宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

不食考察  

12日間水分だけで過ごしました。
全然大丈夫でした。
「食べなくても生きていける」ってことを頭で知っていても
本当にやらないと結局は潜在意識での疑いは晴れません。
やった感想は、
実にラクチン。
料理もしなくていいので、お金も食材も燃料もいらない。
ただ時間だけが余る。
本をむちゃ読んだけど
それも飽きるので
何か手仕事を身につけたいと思った。
排泄はどうですか?という質問があった。
最初の3日ぐらいは残った分があったのか便は出ましたが
その後はありませんでした。
食べなければトイレに行く時間も空いてくるということです。
水分は普段よりこまめにとっていたので、小便は何度もありました。
睡眠は普通通りぐっすり寝ました。
でも、全体に寝ないといけないという感じもありませんでした。
食べている時よりよく寝れたかも?
オラは単に不食をすることに意味や価値を感じている訳ではありません。
自分の深い思い込みを覆すことで、
この世界をがらっと変えれると感じたからです。
食欲は観念の中でも根っことなる部分です。
「食べなかったら死んでしまう」は常識の常識と言うやつです。
それが実が単なる思い込みだと分かったらどうなるか?
面白そうでしょ。
だから、やってみただけです。
実を言うと、今は元通り1日1食に戻りました。
不食を体験、実感して
食を楽しめるようになった気がします。
よく嚼んで味わうことの素晴らしさ、
便を出す心地よさ、
一緒に食事をする楽しさ、
食事の準備や片付けも楽しくなりました。
不思議ですね〜。
そりゃ、もちろん
食べない喜び、この上ない全身を貫くすっきり感、何も要らない自由は格別です。
まあ、どっちでも良いんだと思います。
どっちも楽しめば良い。
ただ今後、人類が滅亡に向かうなら不食を知っていて損はないでしょう。
肉体として存在しているときは一瞬です。
その間に肉体があってこそ体験を出来ることは全部味わいたいものです。
人間って本当に面白い生きものです。
自分が作り出した世界で苦労しているのだから。
ラクチンに生きるのを嫌がっている。
いや、なぜかラクチンに生きてはいけないと思ってしまっている。
誰かに責められるのではないかと不安を感じたり、人に役に立ち続けなければいけないという使命感があったり、何もしないことに罪悪感を感じる自分に嫌悪感を感じたり・・・
あ〜ややこしい。
そわそわ、イライラしていても一個も気持ちよくなれないのに。
顕在意識と潜在意識の矛盾に気付かないといつまでもOROKAループに巻き込まれたままになってしまう。
と、言うオラも書き込まれているんだけどね。
結局、不食にして何が変わったのか?
何も変わっていません。
不食が当たり前にできることを知っただけ。
いつも「今」思いついたできることをコツコツやるしかないんです。
コツコツ観念はずしを楽しむ。
宇宙の理を根底から作り替える?とか
大それた面白いことも出来ますが、それもその時が来た時にすればいいだけです。
まあ、せっかくなので、皆さんも思いついたことはやってみて下さい。
スポンサーサイト

category: ひとり戯言

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。