宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

コツコツが未来を拓く  


ひかりの魔女ひかりの魔女
(2014/03/19)
山本 甲士

商品詳細を見る

おばあちゃんは生きる知恵袋。
所作すべてに思いを込める。
本当の優しさは決して甘やかすことではない。
周りの人が自力で生きていけるように、やんわりと手を差し伸べること。
自分の喜びは、隣人が笑顔にいてくれること。
ひかりおばあちゃんは相手を単に褒めるだけではなく、
ずっと先のことまで見通しているかのようだ。
わたしも見習っていきたいと思う。
やはり偶然はないな〜と思う。
たまたま図書館で手に取った本だが
腰痛で悩んでいたので何か鍛えるいい体操がないものかと思っていたときに
この本で「立禅」に出会った。
この本を読んでから毎日「立禅」を行なっている。
まずは10分から始めている。
少しずつ伸ばしていきながら続けていきたいと思う。

世界農業遺産──注目される日本の里地里山(祥伝社新書)世界農業遺産──注目される日本の里地里山(祥伝社新書)
(2013/11/02)
武内和彦

商品詳細を見る

今や伝統的な農法は遺産になってしまった。
永続的可能な森と生きる農耕を取り戻さないと
すべて砂漠となり、手遅れになる。
古来の農法は非効率的で非経済的だと言われているが、
果たしてそうだろうか?
オラは鎌1本で食べていける。
森の落ち葉、草があればずっと何も特別なことをしなくてもずっと農を楽しめる。
たねとりしながら。
農村、里山の美しい風景を残すことは素晴らしいことだ。
オラも棚田の風景が大好きだ。
世界に認められることより
まずそこの住む人が自給が出来て、
自然と共に生きられることが重要だ。
ブランド化して高く売った分で風景を守る?
こんなに何もかもお金のかかる社会にしてしまったのは残念だ。
この世にはお金にならないものの方が多いはずなのに。
豊かになろうとして、本当の豊かさを失ったのだ。
しかし人類が滅びても自然はいつか再生する。

一日江戸人 (新潮文庫)一日江戸人 (新潮文庫)
(2005/03/27)
杉浦 日向子

商品詳細を見る

江戸の暮らしや文化は本当に面白い。
結構ゆったりと生きることを楽しんでいたことを窺える。
あまり悩んだり、苦を感じたりしなかったんだろうな。
宵越しのお金を持たない。
済んだことも先のことも考えたって仕方ない。
それなら、いま遊んだほうがいい。
今ココで遊んでいられる自分がいるってええじゃないか!!

新訳 星の王子さま新訳 星の王子さま
(2005/06/27)
アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

商品詳細を見る

星の王子様は昔読んだけどよくわからなった。
たまたまうちに本が回ってきたので読んでみた。
大人ってつまらない生きものだと思う。
いや、本当は大人なんていないのかもしれない。
大人っぽくしている人がたくさんいるだけなのだ。
欲張り、知ったかぶり・・・。
自分が特別だと認められたくて常にイライラして空回りしている。
そんなことを繰り返しても何も得られないと薄々は気付いているのに
目の前の人参を追いかけられずにはいられない馬のように。
もう止まることも出来ない。
止まるとすべてを失しなってしまうのではないかという恐怖にまで追いかけられている。
本当は止まって周りを見渡せば、全部幻だって分かるのにね。
この世は全部ホログラムだということが最近に宇宙物理学で解明されたようだ。
つまり全部単なる映像に過ぎないということ。
何も本当に存在しているものはない。
同じエネルギーで出来ていて周波数の違いがあるだけ。
感じて認識したものだけが存在しているってだけだ。
つまり、「私」と認識するには私以外の誰かがいるのだ。
誰もいなければ「私」という必要も無くなる。
つまり「私」はいない。
人間は生まれてこのかた認識作業を常に繰り返している。
それが固定観念になってゆく。
自分の記憶が勝手に作り出した世界に生きている。
本当は何もない。
何もないところから世界を作り出せるのが人間の能力だ。
すごいですね〜。
だから、この世で起きることは全部自分か引き受けないといけない。
蒔いたタネを刈り取るのはいつも自分なのだ。
さてさて、その認識作業をやめたらどうなるでしょうか?
考えてみて・・・フフフ、面白いね。
そんな世界で生きるって想像できないけど、なんだか凄そう。

山猿流自給自足山猿流自給自足
(2005/09)
青木 慧

商品詳細を見る

最後は「生きる」を全部自分でやっちゃうしか無くなる。
衣食住を自給する。
自分で作るとなんでも思いつき通りに出来る。
すべてが遊びになる。
だから、辛いことも何もない。
本来「生きる」って楽しいのとなんだ。
毎日仕方なく学校に行ったり、いやいや金を稼ぐために会社に通うことなんてないんだ。
それをしないと生きていけないってどうして思い込んじゃったんだろう?
考えたらとっても変な思い込みだよね。
その辺の木で家を建てて、山に木の実や山菜を採りに行ったり、タネを蒔いて野菜を育てて、拾ってきた枝で暖をとったり料理をして、ワラや干し草に包まって寝る。
都会なんか、今は捨てられたものだけで充分に生きていける。
あれもしないと、これもしないと。
それ以上に何かが起きてはいけない、と様々な保険に入ったり・・・
現代人は幻に囲まれて不安いっぱいで暮らしている。
でも、みんな自由で、幸せになりたい。
逆のことをしながら、願いはひとつ。
もう自由で幸せだと思ってしまえばいいのに。
でもね、現代に生まれたのは
その矛盾に満ちた不都合に世界を体験したくてきたのです。
これも結局は望んだ通りなのです。
だから大いに感謝するべきなんでしょうね(笑)
スポンサーサイト

category: おすすめ本

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。