宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

安静読書  

またまたひどい腰痛になりました。
友達に整体をしてもらったら、
3日は安静にしていないとブロック注射無しでは歩けないようになると言われました。
こりゃ、大変だ。
と、いうこと横にゆっくりなっていました。
ありがたく、皆さんからお手当してもらったりお手当ツールを貸してもらい・・・
寝起きが出来るようになり、歩くことも出来るようになりました。
少しなら農作業も。
本当に皆さんありがとうございました。
たくさんの人に愛されていることに嬉しくてたまりません。
しかもこれをきっかけに不食になれそうです。
ではでは寝ている間に読んだ本を紹介します。

9人産んじゃいました!9人産んじゃいました!
(2013/05/28)
こばやしひさこ

商品詳細を見る

子だくさんになるほど子育ては楽になる。
食べる量も洗濯物も半端じゃないけど、
いつもにぎやかな家庭って楽しいよね。

日本農業への正しい絶望法 (新潮新書)日本農業への正しい絶望法 (新潮新書)
(2012/09)
神門 善久

商品詳細を見る

みなさんこの本を読んで農業に絶望して下さい。
その前に農業の本当の現状に目を向けてみて下さい。
農業の滅びた国は破綻します。
利益追求型の単一栽培農業はいつまでたっても悪循環から抜けれないし、自然破壊になる。
土を見て、草や微生物を見て、自然の循環をそのまま活かす。
永久に農業できる方法がある。
そしてその循環から生まれる野菜は生命力に溢れている。
自分に命を大切にすることは、周りにいのちを慈しむことに繋がる。
そして、感謝のココロが自然と湧いてくる。
当たり前のことを当たり前にするだけ。
特別なことではなく、誰にでも出来ること。

パプアニューギニア100の素顔―もうひとつのガイドブック 伝統農耕と植物資源の宝庫パプアニューギニア100の素顔―もうひとつのガイドブック 伝統農耕と植物資源の宝庫
(2011/05)
東京農大パプアニューギニア100の素顔編集委員会

商品詳細を見る

なんとなくパプアニューギニアに惹かれる。
いや、南の島に子供のころから惹かれている。
パプアニューギニアは現代では珍しく原始的な農耕と食文化の残る地である。
写真がたっぷりのこの本を眺めているだけで本当にワクワクする。
知らない南国の植物がいっぱいだ。
おもしろいな〜

オーガニックラベルの裏側: 21世紀食品産業の真実オーガニックラベルの裏側: 21世紀食品産業の真実
(2014/11/19)
クレメンス・G・アルヴァイ

商品詳細を見る

オーガニック=安全?環境に優しい?
作者は実際にヨーロッパの有機農家を尋ね歩いて調査した。
もちろん、自然な方法で永続的な有機農業している方もいるが
大手のオーガニック農家の現状はひどいものである。
肉類は普通の畜産現場と変わりなく、虐待そのものである。
写真はないが、読んでいるだけで恐ろしくなる。
野菜の規格に対しての廃棄の量、輸送のコストの問題など、それはそれは無茶苦茶にもほどがある。
捨てている分でもうひとつの国が食べれる。
この問題は大手スーパーがオーガニック商品を扱うようになったからだ。
オーガニックといれども大量安定供給しないといけなくなって
肉も野菜も見栄え重視の規格になって、非有機の餌を配合したり、有機で認められている農薬(石灰硫黄合剤など)を掛けまくるようになった。
もともとは小さなオーガニック商店に卸していたが、大手スーパーがオーガニックに参入してから小さな商店はほとんど姿を消していった。
農家はスーパーに卸すしか無くなり、厳しい規格と安値に悩まされることになる。
この悪循環から逃げれなくなり、凄まじい食品偽装に走っているのがいまの現状だ。
これはヨーロッパの話ではあるが、世界中事情は同じだと思う。
オガニック=安全、環境に優しいとは単純には言えないのだ。
前回フェアトーレドの裏側についても書きましたが、どちらも同じ構図のようです。
儲けに走り出すと嘘偽りで覆い隠さなくてはいけなくなり、しかも止まることが出来なくなる。
ではどうすれば良いのか?
遠く(外国)のオーガニック商品をネットなどで買うのではなく
近くで無農薬で心をこめて野菜を作っている人から直接買うことです。
または、そういう人たちの集まるマーケットに行く。
もしくは、そういう熱心な農家さんに声をかけてマーケットを自分たちで作ってしまう。
最後は自分で野菜を育てる。
どこかの本に書いてありましたが、自分で育てた野菜はその人に合った栄養バランスの変化するそうです。
つまり自分で育てた野菜を食べるのが1番体にピッタリな訳です。
とにかくラベルに惑わされてはいけません。
動物や植物達の悲鳴を増やさないようにしましょう。

神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-
(2014/09/28)
さとう みつろう

商品詳細を見る

結局は自分の作った世界にしか生きられないということです。
文句を言っていても、自分で作ったのですから受け入れて下さい。
いや〜、本当に面白い本でした。
神様との漫才って感じかな?
でも、なんだか頭がこんがらがってくる。
自分の思いがいろいろと引き起こしているので
面倒くさくなって思い自体を無くすのが1番楽だと気付いてくる。
全部天にお任せしてしまうのだ。
それかすっかり世界を変えたくなる。
世界で起きている戦争や、原発、政治や芸能スキャンダル・・・
いま、私の居るココと起きていないので、
それは実は存在していないのだ。
自分が居ることで起きていること感じることのみがいつも存在しているだけなのだ。
まあ、それも幻想なんだけど。
何をしたいんだろうね〜我々は。
いあや、何をしている気に浸っていたいんだろうね〜。
自分の中の矛盾した意識に気付いてゆくだけで、どんどん自分を解放できることは間違いない。
自分で作り出した牢屋や飛び出せ!!
決まったことや常識なんて何もないのだ。

瑠璃の水菓子料理人季蔵捕物控 (ハルキ文庫 わ 1-27 時代小説文庫 料理人季蔵捕物控)瑠璃の水菓子料理人季蔵捕物控 (ハルキ文庫 わ 1-27 時代小説文庫 料理人季蔵捕物控)
(2014/06/14)
和田 はつ子

商品詳細を見る

料理人季蔵捕物控を全部読みたくなった〜
面白い。
いろんな地方の伝統的な料理が取り上げられていて勉強になる。

医療は始まりに過ぎなかった 大崩壊渦巻く[今ここ日本]で慧眼をもって生きる!医療は始まりに過ぎなかった 大崩壊渦巻く[今ここ日本]で慧眼をもって生きる!
(2014/11/13)
増川 いづみ、船瀬 俊介 他

商品詳細を見る

日本は崩壊、世界の崩壊。
このたぐいの本はたくさん読んできました。
でもね、これが真実かはどうでも良いことです。
こういう作者は闇の存在をどこかで望んでいるのです。
単なる責任逃れです。
自分ではなく、すべて闇の存在が責任だと。
その闇を作り出しているのは我々なのです。
元々何もないし、何も起きていないのです。
悪い企みをしている人が居て、気象を操ったり、人工的に地震を起こしたり、遺伝子組み換え作物や危険な農薬を売りつけたり、ウイルスをばら撒いたり・・・。
そんな人はきっとひどい生活をしていることでしょう。
彼らは金に心を支配されているだけです。
でも、すでに金持ちなのです。
でも、足りないと思っているし、金持ちで居るのにはお金がかかるのです。
本当に大変なのでと思います。
止めたくても止めれない・・・。
今度、彼らの力は弱るでしょう。
なぜなら我々が彼らを必要ないと思うからです。
ガンジーがインドからイギリス人を追い出したように。
彼らに力を与えてきたのは我々自身なのです。
そのことに気付きさえすれば良いのです。
実際どうすれば良いのか?
小欲知足。
エネルギーをなるべく使わず、
自分で出来るだけ食べ物を自給するか
地域の無農薬の農家さんから買って応援する。
買うときはそれが魂のこもって作られたものか、自然に還るか?
そもそもそれが本当に必要か?
誰か使わずに余っている人がいないか?
誰かとシェアできないか?
そういう風に考えて暮らしていくことではないだろうか?
不思議だけでものもお金も分け合うほど増えてゆく。
人の繋がりもどんどん増えてゆく。
もう、闇の存在にお金を与えなくても、
恐怖にコントロールされなくても生きていけるようになる。
そうすれば自ずと隠されていた技術や真実が明らかになってくる。
みんなハッピーになって、宇宙に飛び出せる。
いま、まさにそのチャンスのとき!!
スポンサーサイト

category: おすすめ本

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。