宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

最強人体  


ニンジンの奇跡 畑で学んだ病気にならない生き方 (講談社+α新書)ニンジンの奇跡 畑で学んだ病気にならない生き方 (講談社+α新書)
(2009/06/19)
赤峰 勝人

商品詳細を見る

赤峰さんはオラが初めて会いたいと思った農家でした。
19歳の時だと思います。
「人参から宇宙へ」という本と読んで、こんな素晴らしい野菜を作れる人に是非会って直接お話を聞きたいと思い、電車、バス、船を乗り継いで訪ねました。
その後も突然、何度も窺って、畑の手伝いをしながらいろいろと学びました。
本当に安全なもの、おいしいものを食べてもらいたい。
それが本来の農家の思いです。
今やオラとやり方は違えども、根っこはいつも繋がっているように感じます。
その節は本当にお世話になりました。

いちばんわかる企業の水リスク: 地球の水が足りない、Tシャツ1枚に2900ℓの水がつかわれている!いちばんわかる企業の水リスク: 地球の水が足りない、Tシャツ1枚に2900ℓの水がつかわれている!
(2014/10/09)
橋本 淳司

商品詳細を見る

我々は食料を輸入しているのと同時の水も輸入しているのです。
世界中の水を奪って、今の豊かさを享受しているのです。
動物がすぐに飲むことの出来る水は地球上すべての水の0.01%でしかありません。
貴重な命の水を大切にすべての地球上に生きものを分かち合うのは当然のことです。
しかし、現代は水戦争と言われています。
世界中で水(水源地)の取り合いが始まっています。
なんて、人間は愚かなのでしょうか?
食パン1斤に630ℓ
ごはんお茶碗1杯に278ℓ
玉ねぎ1個に38ℓ
トウモロコシ1本に87ℓ
鶏肉1kgに4500ℓ
豚肉1kgに5900ℓ
そして牛肉1kgには20600ℓ
作物が育つには大量に水が必要です。
特にその作物を食べて生きる動物を食べることは恐ろしいぐらいの水が必要です。
肉食をすることは地球上の水を必要以上に奪っていることになるのは明白です。
しかも家畜の餌は農薬まみれで、遺伝子組み換え作物。
その上、抗生物質やホルモン剤など薬物まみれ。
それを食べて病気にならない方がおかしいと思えます。
オラは過酷で過密な環境でひどい食べものしか与えられないで飼われている動物達が無惨で仕方ありません。
人間は肉を食べなくても生きていけます。
新鮮な自然なままに育った穀物と野菜で健康に生きていけます。
それはオラ自身で証明しています。
貴重な水を無駄使いにしないこと、そして汚さないこと。
これは地球への礼儀だと思います。

ヒップな生活革命 (ideaink 〈アイデアインク〉)ヒップな生活革命 (ideaink 〈アイデアインク〉)
(2014/07/11)
佐久間 裕美子

商品詳細を見る

リーマンショック以来アメリカは変化しています。
GSAという地域のオーガニック農家を地域の消費者で支える仕組みや
エディブル・スクールヤードといって学校のグランドに畑を作って学校給食を生徒達で自給して無料化にしようという取り組みも起きています。
今までのように盲目的に無理に無駄に働いてお金を集めることに意味を感じなくなってきたようです。
オーガニックのもの、より身近で手作りのものを求めるようになり、心の豊かさを生活の中心に置くようになってきたのです。
ハンバーガーやビザを食べ、大きなアメ車に乗って、豪邸や宝石を好む時代は終わったのです。
喜びや楽しさを地域の人とシェアして共存してゆく道を目指しています。
よほど日本の方が立ち後れています。
最後の文章が素敵だったので載せておきます。
自分が何をどうしたらいいか分からない人へのメッセージです。
「自分の手が届く範囲で自分にしか作れないものを作ること、自分がいる場所でしかできない想像をすること。自分の身の回りの小さなことから初めて自分の場所や仲間を見つけ、自分の表現を形にすることで独立した存在になることは『できる』とういことです。」

あの人の声は、なぜ伝わるのかあの人の声は、なぜ伝わるのか
(2013/03/21)
中村明一

商品詳細を見る

倍音という音の不思議な世界。
日本人は古来からこの倍音をうまく操ってきました。
人に上手に伝えるのは言葉の選び方もありますが、言葉の発し方は非常に重要です。
30年以上尺八を演奏してきた方が、倍音楽器の尺八を通して人への伝え方を研究してきました。
音や声の世界は非常に面白いです。
上手に音を操り、自分の思いを伝えましょう。

ユートピアだより (岩波文庫)ユートピアだより (岩波文庫)
(2013/08/21)
ウィリアム・モリス

商品詳細を見る

私たちが目指すべき謝意はこの本の中にすべて詰まっています。
かなり古い本ですが、内容はとても先進的で驚かされます。
お金のない社会、政治のない社会、平和、豊かさ、幸せ。
そんな社会は実現可能だとオラも感じています。
自分が自分だけが掴んでいると感じている幻の物質的なものや欲を手放せば、自動的にすべてが手に入り何の不安も無くなります。
この本のユートピアに移行するためには、たくさんの苦しい道を通らないといけないかもしれませんが、それ以上の喜びが待ち構えているのは間違いないです。
皆さん、一緒にユートピアを作っちゃいましょう。

やってみました! 1日1食やってみました! 1日1食
(2014/08/22)
船瀬 俊介

商品詳細を見る

やはり、これでしょう。
いや、別に食べなくても生きていけるのですが。
オラも食べる量を少なくしても太ってくるようです。
そして、食べる量が少ない方が体の調子もよく、便の質の素晴らしい。
そもそも食べ物をからだが要求しなくなってくるようです。
オラは1日1食を4年ほどしていますが、別に何の不都合もありません。
まあ、食べることの人付き合いはできないので『付き合いの悪いやつ』と思われているとは思いますが。
あまり食べないから、食べるなら本当に美味しいもの、食べたことのないものしたいと思います。
食べないことは良いことだらけです。
体が軽くて、病気はしない、お金はかからない、時間がたっぷりでやりたいことがたくさん出来る。
不安が無くなり、心が落ちついて感情を荒げることが無くなる。
もちろん、世界中に食べ物が無くなっても生きていける。
だから災害にも強い。
自然農の野菜と同じです。
完全独立栄養型になるのです。
人体は非常に面白いと思います。
あと、「心」や「思い」という摩訶不思議なエネルギーにもとても興味深く感じられます。
まだまだ知らないことばかりです。
皆さんも自分の体の神秘に触れてみて下さい。
本当に自分ってスゴいですよ。
食べないだけでかなりの眠っていた能力が開花することは間違いないです。
こうやって、いい加減に文章を打っていますが、全部ひらめきです。
自分が考えてキーボードを打っている感じが全くしないのです。
自然に言葉が流れてくるのです。
そして、いつも行きたいところに行けて、会いたい人に会えて、欲しいものも自然に手に入る。
お金の心配などいらない。
毎日やれることをコツコツやるだけで良い。
悟りや無我の境地など偉そうなことではありません。
『ただ、それだけのこと』なのです。
『食』は人生を変えるんですね。
是非、今は不食や1日1食の本がたくさん出ていますので、読んでみて下さい。
新たな自分に出会えるはずです。
スポンサーサイト

category: おすすめ本

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。