宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

今年もいろいろ  

いろいろ大豆
いろいろ大豆の収穫が始まりました。
やっぱりいろいろあると美しい。
オラはアンデスのじゃがいも栽培のように何種類も混ぜてお米の豆も蒔いている。
なぜか?
1種類だとその年の天候などで採れないことが起きることが在る。
しかし数種類混ぜて蒔くと必ずどれかが採れて食べれる。
昔の田んぼは必ず早生から晩生まで何種類か分けて育てていたらしい。
そうすることで、食いつないでいくことが出来た。
今はグローバル化のお陰か大規模モノカルチャー(単一栽培)農業が主流である。
育てている物意外は他から買って暮らしている。
だから食べものを作っているのに「食っていけない」農家がいるのだ。
自給を中心としない農業は本当に経済に巻き込まれるだけで弱っちいのだ。
作れば作るほど、うまく育てば育つほど価格は下がる。
だから面積を広げないといけない。
しかし経費がどんどん増える。
そして逃げることも出来ずに悪循環ループの中で金持ちの懐を膨らますお手伝いをすることになる。
人生を食い物にされるのだ。
小さな面積だと目が行き届き、農薬も肥料もいらず、耕す必要もなく、手足だけで自給できる。
その上で、知り合いや友達の分を少しプラスαで栽培するといい。
おっそ分け栽培である。
そういう農家がたくさん増えたら、本当においしく体にいい野菜を顔の見える農家をいただけて、家族は健康で病気知らず。
農家は市場に安値て叩かれることもなく、顔の見える応援してくれるので何の心配もなく農業を続けていける。
顔が見えるから「あの人はこの野菜が好きなので多めにタネを蒔いておこう」とか細かい注文にも応じることも出来る。
なんだか、お互いにとってうれしいね〜楽しいね〜。
こういう小さな循環で人は豊かに生きていけるのだ。
しかも、エネルギーの無駄もなく(経費0)環境に優しく永続的だ。
無理をして働いてストレスと溜めて病気になっては元も子もない。
ラクチンに暮らせる方法が在るなら、誰でもその方がいいだろう。
社会のあやまった常識を捨てればいつでも自由になれる。
だってその常識は一部のこの世を握っている金持ち都合でしかないのだ。
我々一般人を家畜としか思っていないのだ。
塀や檻の向こうは無限の自由な世界がある。
実はいつでも飛び出せるのだ。
幻の鎖はただ在りもしない恐怖心を使って思い込ませれている間だけ存在しているの過ぎない。
さあ、解き放たれよう!!
いまやりたいことをやるために生きよう。
何の心配もいりません。
楽しくて楽しくて心配している暇もないよ。
あっはっは。
スポンサーサイト

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。