宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

思い通りに  

オラは人を思い通りに動かしたいとも全く思わない。
みんなそれぞれが好きなことだけをやって生きてればいい。
それで暮らしていけるのかというお金の面での質問は愚問だと思う。
もし好きなことで暮らしていないなら、やり方が間違っているか、
本当に楽しんでいないのだと思う。
それか心のどこかで「好きなことだけでは暮らしていけない」と思い込んでいるかだ。
世間ではなんでもいから趣味を必死で頑張って見つけて、人生にやりがいを見いだそうとしている人がいる。
そんなのは疲れるだけで長続きしない。
好きなことは「楽しもう」と思って楽しむものじゃない。
ひたすらに無心なのだ。
オラは畑にいることは瞑想であり、宇宙と繋がる方法なのだ。
その時、自分は「いない」のだ。
そして、すべてである。
オラなんか、全く言うことことを聞かない、思い通りに動かない非常識な変人である。
人を思い通りに動かすにはどうしたらいいだろうか?
それは、その人にとことん好かれることである。
大好きな人にはなんでもやってあげたいと思うものだ。
オラも友達が困っていたらどこであろうがすっ飛んでゆく。
人はとてもシンプルなのだ。
オラは怒っている人が苦手だ、笑っている人は大好きだ。
皆さんもそうだろうと思う。
人の悪口を言っている人には近づきたくないし、
人を心底褒めている人の和には入りたいと思う。
でもね、好かれるために変に自分を犠牲(自分の本当に気持ちを隠す)をするのは間違っている。
ゴマをすったり、媚へつらったり、愛想笑いをしたり・・・。
シンプルに生きることを楽しんでいる人の傍にいるだけでとても楽になり、
ありのままの自分でいれる。
本当の自分に嘘をつかないことが、自分を受け入れ、そして他人も受け入れることが出来る。
もうそこには、比べる必要など何もないことが分かる。
それぞれが、それぞれのままでいいのだ。
魂の輝きはみんな同じで
違うのはその魂のかぶさって光を弱めている着物である。
ただ脱げばいい。
でも、誤った情報の刷り込みや、恐怖心を与えられて、真実から遠ざけられている。
まさかまさか真実が恐ろしい訳がない。
平和で、自由で、無限なのだ。
脱げば脱ぐほど、どんどん心が軽くなって、
「楽しいや嬉しい」という言葉を遥かに越えることだろう。
それは初めっからすべての人に与えられている宇宙の法である。
ありがとうございます。
スポンサーサイト

category: ひとり戯言

tb: --   cm: 2

コメント

あ~、ほんとにそうですね・・・。
私も、怒りに遭遇するのはつらいのに、自分の怒りは手放せていないことにも気が付かないありさまです。
目をそらしていた自分の本心を垣間見てゾッとする時があります。
それは本心というより生き方の癖で、あまりにも当たり前に選んでいた人生の脚本でした。
愛しているのに、なんでこうなってしまうんだろう・・・と嘆きたくなる時には、足元に埋めて隠した自分の怒りがありました。

やっと、やっと気が付きました。とほほ・・・

ゆるり #feG2MYyA | URL
2014/11/26 21:31 | edit

Re: タイトルなし

怒りに則られている時は、全く自分も周りも見えなくなっていますから。
人の優しい言葉も悪く捉えてしまうことがあります。
好きなのに、嫌がらせやおせっかいをし過ぎて嫌われてしまったら本末転倒です。
余計に自己嫌悪に陥ってしまいます。
誰もがやりたいように好きなことをやって(もちろん自分も好きなことだけをやって)
楽しく生きている人を微笑ましく遠目で眺めているのが面白いです。
本当の意味で自分が満たされている時は、人をどうこうしようとは思わないですから。
イライラする時は、自分の思い通りにならない時だけです。
勝手な判断基準と変な社会常識、過去の記憶に囚われているときなのかも知れません。
一人ひとりの気付きが世界を変えていくのですね。
新たな次元世界にLet's Go!!

遊農人 #- | URL
2014/11/27 07:11 | edit

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。