宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

再び無限の世界へ  


無人島、不食130日無人島、不食130日
(2014/10/22)
山田 鷹夫

商品詳細を見る

頑張らない、我慢しない、心配しない。
これが著者山田さんのモットーである。
現代人と真逆である。
オラも畑で楽しんでいる。
それを畑楽といい、楽しんでいる人が傍にいると傍楽になる。
人間は楽をしていいのだ。
いや楽をして生きていけるようになっているのだ。
そして山田さんは「人は何もしなくていい」と言い切る。
まさにその通りである。
みんな何かをしないとと得体の知れない、何もしないとダメだという罪悪感に追いかけ回されている。
無為を大いに楽しむ。
結局何か行為をしていると勘違いを繰り返しているだけで、
実は何も為していないのだ。
人に認められたい、人や社会の役に立ちたい・・・
それは立派なことのように思える。
しかしそれらは利己主義でしかない。
知識も同じで知っていると思い上がっているだけに過ぎない。
政治への不信感、戦争や原発に反対する怒りのまず鎮めないといけない。
まずは自分の心を平安にすることから始めないと、
世界はいつまでも同じところに留まることになる。
食べても食べなくてもいい。
何をしても、しなくてもいい。
宇宙から眺めればすべては些細なことなのだ。
悔しいほどに些細なことなのだ。
人類が滅びたって、また何万年かしたら再生される。
そうやって今までも繰り返してきたのだから。
ただせっかく地球に生まれてきたのだ。
そして万能な肉体を頂いたのだ。
肉体は宇宙そのものである。
神秘の塊である。
だから、可能性は無限大なのだ。
食べないことは異常だという人がいるかもしれないが、
食べ過ぎて病気になっている方が異常ではないだろうか?
常識というものは一体誰が決めたのだろうか?
単にお互いを縛りあって、可能性の幅を狭めているだけのように見える。
その縛りからポ〜んと出てしまったオラは、母親に責められまくっている。
「常識がない」
(まさにその通り、宇宙にお任せしているだけ)
「感謝、優しさや思いやりがない」
(オラが母の思い通りにいかないことへの怒りをまず鎮めないと、どれも感じられない)
現代人は不安、恐怖、心配に苛まれている。
オラはテレビを見ないが
たまにラジオのニュースや国会討論を聞くと笑っちゃうことが多い。
真剣に悩んでいるが、その何が問題なのかよく分からない。
論点がずれまくっている。
人に恐怖心を与えることは経済発展に繋がる。
恐怖心は元値なしで儲かる商売なのだ。
詐欺やイカサマだと言ってもいい。
だから保険会社はあれほどテレビで宣伝をしても儲かるのだ。
「何もしなくても、食べなくても生きていける」
こんな真実は何としても隠し通さないといけない。
食べなくても生きていると知っていることが人をしがらみから解放する。
働かなくてもいいのだから。
好きなことだけに夢中になればいい。
しかも、病気にもならないどころか、超人である。
そして、食べる以上の食べない喜びを味わえるそうだ。
食べないことだけで人は新たなる次元に行ける。
誰でも出来ることなのだ。
どちらが夢&幻か。
ストレスを溜めてイライラして働いてお金を稼ぐことと、
働かず、食べないで、あるがままに好きなことだけをして生きるのと。
どちらをあなたは選びたいですか?
食べること、働くことの方が幻想である。と思いませんか?
もう充分食べました、働きました。
そしていらない心配もいっぱいしました。
「今」をおろそかにして未来のことを悩んでも何が解決するでしょうか?
自分を見つめ直し、自分の本当の可能性を開くチャンスはまさに「今」あるのです。
不食は入り口にしか過ぎません。
我々はもっと遊んで楽しんで生きるのです。
そのために生まれてきたのです。
ありがとうございます。


「年収6割でも週休4日」という生き方「年収6割でも週休4日」という生き方
(2009/10/28)
ビル トッテン

商品詳細を見る

経済はもう無茶苦茶である。
金の亡者が実体のないものを売り買いして儲けようと躍起になっている。
大地にしっかりと根ざし自然や野菜と共に生き、命を向き合って喜びの満ちあふれるオラの生活とは真逆である。
眉間に皺を寄せ、他人を蹴落として、自然を破壊し尽くそうとする人々。
なんとかしたいけど、どうにもならない。
彼らはオラの言葉も思いも届かない寂しいところに住んでいる。
一人ひとり、真実に気付くまで待つしかない。
もの作りは単なる金儲けではなく人々を国を豊かにするものであったはずだ。
もう我々日本人は充分に物を持っている。
これ以上壊れてもいないのに、破れてもいないのに何を買う必要があるだろうか?
うちは破れた服も繕って着ている。
高校生からはいているズボンも何本かある。
無駄に働いて、無駄に疲れて、無駄に消費して、無駄に自然を破壊する。
そして無駄に死んでゆく?
その無駄を削るだけで、実はとてもゆったりと豊かに生きてゆける。
食べる野菜だけでも自分を作れば、週に2日働くだけで良い。
ラクチンに生きてもいいんだよ。

農業者という生き方 (発見!  しごと偉人伝)農業者という生き方 (発見! しごと偉人伝)
(2014/09/22)
藤井 久子

商品詳細を見る

老農と言われる船津伝次平がとても気に入った。
「死ぬまで一農民である」
素晴らしい。
大規模化ではなく、小さい面積で自給に重きを置き
農民の生活を豊かにすることに人生を注いだ。
他の本でも船津さんのことを読んでみたくなった。
福岡正信さんも紹介されており。
子供の本はやっぱり分かりやすく、いいですね〜。
野菜はいいよ〜畑は楽しいよ〜
自然はあまりによく出来ていてびっくりの連続だよ〜
相次ぐ感動!!
生きるのは楽しい。
スポンサーサイト

category: おすすめ本

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。