宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

灰汁ぐつぐつ  

灰汁作り
作った胡麻の灰でさっそく灰汁作りをしました。
灰にしたらすぐに灰汁にした方がいいと聞いたのです。
灰のままだとすぐに湿気てしまうが、灰汁にしておいたら3年ぐらいは使えるそうです。
しかしながら灰を作って外に置いて冷まそうと思っていたら、予想外によるに雨が降ったらしくべとべとに。
それでも一応灰汁を作ってみました。
使えるかな〜?
まあ、半分ぐらいに煮詰めた液は手で触るとぬるぬるするので、アルカリ度は結構あると思われます。
よく考えたら、定期的に灰汁を作って、上澄み液をスプレーに入れて洗剤代わりに使えばいいかも?と思いつきました。
食器の油汚れに、洗濯物にも使えそうです。
それで洗剤も買わなくていい。
江戸時代は歯も灰で磨いていたようだしね。
灰も無駄にしなかった、というより、灰は重要な生活必需品だったようです。
スポンサーサイト

category: 加工品作り

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。