宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

種と人に感謝  

くつろぎ
今年も「たねのまつり」をひらくことが出来ました。
たくさんの人が平日の昼間に集まりました。
みんな暇で遊ぶことが大好きで良かった〜
おもてなしアイテム
おもてなしアイテムを1品持ってきて「ふるまい愛」をすることでみんながお腹いっぱいに豊かになる。
本の譲渡
うちの読まなくなった本もみんなにお譲りました。
残りは図書館に寄贈しようかな?
ちくちく
神さんは布ナプキンのチクチクワークショップ
日だまりの中チクチクも楽しいね〜
くつろぎ2
家族でくつろぐって気持ちいいですね〜
子供たち
子供たちもたくさん。
みんな思い思いに遊んで満喫する
種の交換
たねの交換も盛り上がる
種の魅力の取り憑かれた人たちだぜ
シコクビエの脱穀
オラは「日常ワークショップ」という名の農作業の手伝いをしてもらった。
ラッキー!!
シコクビエの脱穀
いんげん剥き
いんげんのサヤ剥き
小豆剥き
小豆の殻はずし
大人数でやると楽しいし早い!!
農を目指す若い者同士でたくさん話が出来た。

来て下さった皆さん本当にありがとうございます。
オラにとって皆様は宝であり神様です。
出会える一瞬一瞬がまたとない奇跡で本当に尊いものだと感じます。

オラはこのたねのまつりを通して「まつり」とはなんぞや?と問うてきました。
祭りは「当たり前の日常」だと思います。
日だまりの中にワイワイ集まって、農作業をしたりチクチクをしたり、社会や世界、宇宙について自分の思いを話し合ったり・・・
そしてお金を介在しなくてもみんなが豊かになる道があることを気付くこと。
それはお金を排除するのではなく、お金と上手に付合う・・・つまりお金の良い回し方をすること。
最終的にはお金は自然と必要になっていく。
人は周りの人が喜んでくれることをするほど豊かになってゆく。
与えると減るのではなく、どんどん豊かになってゆく。
たねのまつりはルールもなく、一人ひとりがやりたいようにあるがままに1日を過ごすだけ。
元々存在しない時間は全く機能しなくなる。
ただ日が昇る、暮れてゆくだけ。
始まりもなく、終わりもない。
来てもらった人は分かるが、くつろぎ、黄昏れる達人の集まりである。
争わない、競わない、比べない。
誰かを思い通りにしようと思わない。
だからイライラする人は1人も存在しない。
本来の自分に戻る。
オラはこの日が特異な日だと思わない。
これが本当の生き方である。
何も準備しないし、来ている人にお任せする。
だから非常にラクチンである。
それぞれの人の花が咲いて、それが宇宙一の花畑になる。
世界に国はいらないし、宗教もいらない、いるのは美しい花畑だけである。
誰も儲けないけど、笑顔が絶えない。
ワクワク、イキイキしっぱなしで、これぞ極楽である。
自然農で自給自足のその日暮らし。
オラの種まきは大地のあるがぎり続く。
ありがとうございます。

たねのまつりに参加した人へ
今年のたねのまつりに和んで感じたこと、気付いたことなど感想をメールやコメントでお寄せ下さい。
みんなの思いを集めて通信にしようと思います。
なんでもいいですよ。
現代社会に対して、自然と農と人のこと、精神のこと、ふるまった料理やその味の感想&レシピ。
質問もお寄せ下さい。
面白い通信になるといいですね。
スポンサーサイト

category: イベント

tb: --   cm: 2

コメント

たねのまつり

友一君
たねのまつりでは本当にありがとう。
ぜんぶほんとうのこと。
を体験する、という感じ。
お金を使わなくても、豊かな循環があるということ
みんなが一人一人本当にそこに居るだけ、を大切に今を生きたら
すべてが自ずと展開していく
ということ
祭りって日常だということ
ぜんぶほんとうのことで
あたりまえのことなのに
それがなかなか出来なくなってしまうのは
ほんとうにほんとうのことを
知らない というのか
忘れている のかな。
だから、こうやって身体で体験して
みんなで一緒に思い出せたらいいんだなって
思いました。
これを毎日、何処でも、誰とでも
出来るのがいいね。
思い出したから
出来るんじゃないかな
って
たねのまつりに行って思った。
ありがとう

佳代子 #- | URL
2014/11/05 20:30 | edit

Re: たねのまつり

こちらところ、遠い所からありがとう。
そして素敵な1日をありがとう。
通信が出来たら送りますね。

遊農人 #- | URL
2014/11/15 04:02 | edit

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。