宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

自然農で楽生  

先日、伊勢リサイクルプラザにてお話をさせてもらう機会がありました。

このようにお話を出来る場を頂戴できるのは本当にありがたいことです。
ブログには「爆弾発言があるかも?」と書いていましたが
たぶんオラが勝手にほざいていることは全部非常識な真理?だと思います。
最初に言ったのは「自然農にはやり方はない」ということです。
皆さんはどうやって自然農をするのかを知りたかったのかもしれません。
しかし、オラは10年以上自然のなかで遊んできてそんな固定した方法論が存在しないことを見せつけられてきました。
自然を観ることしかできなかったのです。
そして、自然と共にあることで
「何もしないことが1番我々人間が楽に生きていける」ということに気付いたのです。
何もしなくていいことに気付くまで、我々人類は自然を破壊し続けているのかもしれません。
すべては初めから与えられているのです。
自然農はその自然は変化の流れのなかにすっぽりと身も心もゆだねることです。
もちろん全く何もしない訳ではありません。
しかし本来の自然の変化のなかに身を置くと、自分という個人的感覚が消えてゆきます。
そうなると畑に立つだけで自然と体が動き、野菜への気配り目配りが出来るようになるのです。
それは無我の境地とも悟りともいうことかもしれません。
自然農では草も虫も敵にしません。
むしろ逆に宝と言ってもいいかもしれません。
なぜなら、それらすべての生きもの達の連携によって大地は豊かになり野菜が育つのですから。
敵がいないので、それを「無敵」というのです。
肥料を与えなければ、野菜は病気にならず虫も呼び寄せません。
そして肥料切れも連作障害も起きません。
自然と農薬も必要なくなります。
というより元々いらなかったんですけどね。
現代人は常に「何かが足りない」と思い勝ちです。
そして与えすぎ、病気を引き起こしているのです。
現代社会の働き方を見てもどう考えても異常です。
極度にストレスを溜めながら生きるのに必要以上に働いてお金を稼ぎ、
無駄に得た(浮いた)お金を無駄な(本来必要のない)消費に回っている。
そしてそれは無駄な大量のゴミを生み出している。
常に働いていないと罪悪感に襲われる人がどれほど多いことだろうか?
経済成長ばかりいまだに求め続けている政府。
もうこれ以上成長する必要なんで感じません。
生活の質を高めてシフトダウンすれば、エネルギーもお金もきちんと回りだすと思います。
今回は「無駄に働いている分と、無駄に消費している分をカットして豊かなその日暮らしをしましょう」と提案しました。
無駄に働かない分、お金を稼ぐだけのために働いていた時間を減らすことが出来て余裕ができます。
その分を自給自足の畑の作業や趣味、ボランティアに回すことが出来ます。
そうすればどんどん心が豊かになり、ひととの繋がり、自然とのふれあいが出来るようになるでしょう。
苦しい中で生きるのも、ラクチンで楽しい中で生きるのも自分の選択次第です。
オラなんて自分でもどうやって生きているのか分かりません。
でも、出会ったすべてのひとのお陰で何とかなっている。
オラの生きるテーマは
「道楽」→「極道」→「極楽」です。
道を大いに楽しみ、そしてそれが極まってゆく。
最後には何もしなくていいのですから食って昼寝をして遊んで暮らす。
まさしく、極楽です。
道元が言った通り「死んで極楽へ行くのでは意味がない。今の生きているこの世を極楽にしないといけない。そのためには静寂の中に身を置きただ座るのみである」。
瞑想したり、座禅を組んで生きていけるのはそれを支える人がいるからだ。
キリストやブッタとて同じだ。
それは特異なひとで自分には無理だ。と思われるかもしれない。
しかし、オラは違うと思う。
我々誰一人としてキリストやブッタと違いはないのだ。
完全に宇宙(天)に身をゆだねることが出来たら、すべては与えられるようになっているのだ。
信じる信じないなどの低い次元の話ではない。
なぜだか分からないが、ただ、そうなっている。というだけのことだ。
それが宇宙の法(ダルマ)なのだ。
自然農の話からだいぶずれたように感じるかもしれませんが、自然農は哲学的な面を含んでいるのは宇宙原理の中で身を置く農だからである。
福岡正信さんにしろ、川口由一さんにしろ、岡田茂吉さんにしろ常に百姓であり、哲学者であった。
宗教的な面も感じられ敬遠するひともあるが、生きるということは己を知ろうとすることで、自然(宇宙)を知ろうとする根源的な問いの連続である。
オラは、宇宙人として生きている。
そうすると、地球人は本当にヘンテコな愚かな生きものである。
もっと生きるのを楽しんだらいいと思う。
勝手な観念や、一般常識という非常識に囚われないで自由にあるがままに生きたらいい。
周りの人が喜ぶこと、地球が美しさを取り戻すこと、何より自分をむっちゃ好きになれることを遠慮せずどんどんやればいい。
失敗しても、生きていれば何度でも試すことが出来る。
会社人になって安定収入を得るより、自然農で自給して仲間と愉快に暮らすことの方がより生活は安定する。
マスコミ社会の洗脳や恐怖の押し付けにも何の効果も無くなるだろう。
是非皆さん「こちら側」へお越し下さい。
いつでも扉は開いています。
ありがとうございます。
スポンサーサイト

category: ひとり戯言

tb: --   cm: 2

コメント

扉が開けた

『自然農で自給して仲間と愉快に暮らす』

わたしの夢です。ぜひ仲間に入れてください。

ぱーっと目の前が開けてきました。すぐそこに野菜や野の草花が仲良く暮らしている、自然農のお花畑が見えるよう♪♪

ただ、現実的には何かと考えなければならないことだらけなのですが…。
でも、夢がはっきりとして向かうべき場所が見えてきました!
Dreams come true!ありがとうございます(^^)

kero kero #- | URL
2014/10/21 21:51 | edit

Re: 扉が開けた

もうすでに仲間ですよ。
考えないで楽しく即行動するだけでいいのです。
そうすれはなぜだかトントン拍子にうまくいきます。
周りの否定的な意見は私たちにとっては非常識ですから気にする必要はありません。
自分がいま1番楽しむことで人はついてくるし、世界は楽園になります。
ありがとうございます。

遊農人 #- | URL
2014/10/22 06:21 | edit

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。