宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

民映研の上映案内  

さて、本年2回目の上映会の開催です。
作品は民族文化映像研究所の 豊松祭時記です。
澁澤寿一さんがゲストとしてお越しいただきます。

ご興味のある方は是非ご参加と、ブログやホームページなどで
ご案内を頂ければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

開催場所 「岡田屋」さん
住 所:三重県亀山市西町438
時 間:平成26年10月25日(土) 13:30~(上映時間は94分です)
(会場の定員は20名ほどです)
ゲスト:澁澤寿一 さん
(上映後 ゲストとのお話会と映画の振り返りを行います)
参加費:1,200円
問合先:杉谷知也
電 話:090-7035-4265
E-Mail:whitenut@alles.or.jpもしくはder-walkurenritt@docomo.ne.jp
FB https://www.facebook.com/#!/tomoya.sugitani

注意事項:
① 会場は駐車場が少ないため、公共交通機関でお越しください。
② 問合せは、昼間は仕事のため電話に出ることができず、メールでお問い合わせいただけるとありがたいです。
③ 参加申し込みについては必要ありませんが、試食の用意など事前に申し込みいただけるとありがたいです。(飛び込み参加も歓迎です)

◎◎◎上映作品紹介◎◎◎

豊松祭事記(民族文化映像研究所 映画作品6) 94分

広島県の東部、岡山県との県境の山地にある豊松(とよまつ)村。この村は標高400~500mのうねうねとした準平原にある。そのうねりのひとつひとつに「名(みょう)」とよばれる集落がある。数軒から十数軒の集落であり、家の前には水田と畑、背後に山林をもち墓地をもつ。名とは、古代から中世にかけて日本に発達した社会組織だが、豊松村では、現在でも社会生活やまつりにそれが生きている。
これは、日本における中世的な古風さを偲ばせる豊松村での一年間のまつりを、農耕生活と対比させながら記録したもので、作業は7年間に及んだ。
ここでは、一年間におびただしい数のまつりが行われる。火や水、大地、樹木、動物に対しての祈り。また、人や家の繁栄を願うまつり、祖先のまつり。あるいは作物、特に稲の豊作を願う行事などである。
作物の豊作を願う行事は、正月2日畑に鍬を打つ「小鍬初め」と11日田を打つ「大鍬初め」にはじまる。そして田植え時期、水口の田に栗やウツギの枝を立ててモリキを作り、サンバイ様を迎える。サンバイ様は田の神であるが、豊松では盆前に「サンバイあげ」をして山へ帰っていただく。
豊松のまつりをみていくとそれが季節、あるいは生産行為に対応しているだけではなく、この村の社会組織の展開と対応していることにきづく。正月から春にかけては家のまつりが中心であり、春から秋にかけては名のまつりが現れ、総鎮守鶴岡八幡宮の秋の大祭では名が集まった8つの郷の集合体のまつりになる、というふうにである。まつりと社会組織の関係をこれほど構造的に教えてくれるところは少ない。
祖先がワサダ名という名の名主であり、農業を営む内樋恭昌さんは言う。「コンニャクは土の中に住むものですから……」。農業とは土の中に住むものを育てることであり、それを基礎に日本人の生活と文化の基層が培われてきたことを、豊松は改めて教えてくれる。
スポンサーサイト

category: イベント

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。