宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

貧しいことは幸い  


世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ
(2014/03)
不明

商品詳細を見る

世界中の人が耳が痛い真実のお話。
国のトップの人が自給的な暮らしをしている。
田舎で菜園で野菜を作って、鶏を飼って、ボロボロの中古車で仕事に出掛ける。
本当に必要なものは何なのだろうか?
幸せってどういうこと?
誰もが自ら率先して助け合い分かち合い、地球の為に行動しないと人は滅びてしまう。
そんな単純なことを制限のない欲を煽られて、見向きさせないようにされている。
エネルギーの浪費や使い捨ての社会がこのまま続くはずでないことは誰が考えても分かる。
本当に生きる喜びは金銭的なもの、物質的なものでは満たされないことはもう明白でしょう。
この本は子供用に書かれていますが、大人が読んで実践して子供に本来の幸せな生き方を示してかなくてはなりませんね。

石油に頼らない―森から始める日本再生石油に頼らない―森から始める日本再生
(2010/05)
養老 孟司、日本に健全な森をつくり直す委員会 他

商品詳細を見る

石油に頼ってきたから日本には森が残っている。
でも今後エネルギーは足りなくなってくる。
何しろ日本のエネルギー自給率は4%。
エネルギーが無くなったとき、江戸時代のように木を燃料に使って禿げ山だらけになることを防がなくてはならない。
その為には森を育み活かすしっかりとした計画的な仕組みを構築しないといけない。
補助金便りの切り捨て間伐なんてやっている場合ではない。
しっかりと生活していける森の仕事を復活させないといけない。
第1次産業を大切にしない国は滅びてゆく。
どんなに金持ちで権力があっても、大地や海で森で働く人たちが居なくては生きていけないのだ。
そして豊かな自然がなければ生きていけないのだ。
だって人間は微生物1匹作りだすことが出来ないのだから。
荒れ果てた人口林に光を当たることで日本は復活してゆく。

雨の日は森へ―照葉樹林の奇怪な生き物雨の日は森へ―照葉樹林の奇怪な生き物
(2013/03)
盛口 満

商品詳細を見る

ジトジトした森には不思議な生物がいっぱい。
オラも昔からキノコが大好きだ。
日本は人工林になる前はすべて照葉樹林だった。
本当に豊かな生物層があった。
きっと環境破壊によって知らないうちに消えていった生きもの達も居ただろう。
日本はこれだけに水に恵まれている。
だから多様な生きもの達、精霊達が住むことが出来てきた。
みんな森に出かけてみよう。
不思議がいっぱい私たちを待っている。

4千万本の木を植えた男が残す言葉4千万本の木を植えた男が残す言葉
(2010/06/19)
宮脇 昭

商品詳細を見る

鎮守の森から学んでその土地本来の森を復活に人生を掛けて来た宮脇さん。
オラも住んでいるモノカルチャー(杉ヒノキの単一林)な山を元の照葉樹林に戻していきたいと考えている。
まずはドングリやたね拾い、苗作りから始めようと準備中だ。
木を植える作業は誰にでも出来ること。
そしてなんだか嬉しいし、楽しい。
地球のため、家族のためって言うのも良いけど
結局は自分のためになるのだ。
すべては繋がっている。
本物の森、命の森をどんどん増やしていきましょう。
1億人で1本ずつ植えれば一気に1億本!!
本当に人間が多くなればなるほど豊かになるのだけどな〜
戦争して殺し合ったり破壊し合わないで、タネを蒔きましょ。木を植えましょう。

食う寝る遊ぶ 小屋暮らし食う寝る遊ぶ 小屋暮らし
(2013/04/13)
中村 好文

商品詳細を見る

食べて、寝て、遊ぶだけで生きていける。
最低限の暮らして充分だ。
心通い合う仲間や友達がいれば、それだけで何と素敵なことだろう。
オラは贅沢な暮らしをしていると思う。
人にも大変恵まれている。
畑に行って野菜と会話して、その日採れた最高に美味しいものを頂く。
なんて単純な暮らしだろう。
いつでも何とかなってゆく。
夢も目標も要らない。
今が最高だから。
ありがとうございます。
スポンサーサイト

category: おすすめ本

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。