宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

なんでもそのままに  


「手づかみ離乳」のすすめ―噛めない子・アレルギーっ子にしないために「手づかみ離乳」のすすめ―噛めない子・アレルギーっ子にしないために
(1997/09)
大竹 邦明

商品詳細を見る

赤ちゃんはなんでも口に入れる。
そんなの当たり前である。
そうやってものの固さ大きさを学んでゆく。
それを「汚い」と言って止める親がいる。
それではこの世界を把握し、判断する能力が損なわれていくだけ。
なにが良いとか悪いとかいろいろな育児本に書かれているが
子供はタイミングよく勝手に学んで成長してゆくのでそのままにしておけば良い。
親はよく見守って危険だけを回避するように計らえば良い。
手づかみでごはんを食べるって結構美味しい。
世界中の半分以上の人は手でごはんを食べる。
手は最幸の神の道具である。

野山の名人秘伝帳―ウナギ漁、自然薯掘りから、野鍛治、石臼作りまで野山の名人秘伝帳―ウナギ漁、自然薯掘りから、野鍛治、石臼作りまで
(2009/01)
かくま つとむ

商品詳細を見る

これを読んだらなんでもやりたくなってくる。
昔の人の手しごとはやっぱり素晴らしいな〜
こういうものを受け継がないで
全部が安価なプラスチック製品に囲まれる暮らしなんて気持ち悪い。
本当の意味でのスローライフはまずゆとりのある心から始まるのかもしれない。

里山を食いものにしよう 原価0円の暮らし里山を食いものにしよう 原価0円の暮らし
(2014/06/12)
和田芳治

商品詳細を見る

田舎は年寄りばっかり。
荒れ屋、耕作放棄地、獣害・・・。
良いところなんかひとつもない。
それって本当だろうか?
よく見れば里山は宝の宝庫である。
無い物ねだりばっかりではなく、あるものに光を与えてゆく。
オラも少しずつであるが、耕作放棄地を借り受けて雑穀栽培をしている。
手間ばっかりかかるが、何とか楽しんで生きていけたらいいと思う。
これから過疎化の里山に若者が戻ってくると思う。
本当の自然の豊かさを活かした暮らしが見直されてくるだろう。

野草の料理野草の料理
(2004/06)
甘糟 幸子

商品詳細を見る

畑には野菜だけではなくて、草がいっぱい生えてくる。
その草もちょっとした工夫で結構美味しく食べれる。
草はサルにも狙われないし、栄養価も高い。
草でうまく野菜を隠してもらって、両方をありがたく活かして食べる方法を見つけていきましょう。

家庭の「エコ・楽」便利帳―地球に優しく、簡単、お得な「食、住、美、健、金」の裏ワザ家庭の「エコ・楽」便利帳―地球に優しく、簡単、お得な「食、住、美、健、金」の裏ワザ
(2000/08)
エコ楽サバイバル研究会

商品詳細を見る

無駄なエネルギーを使ってちょっと便利なるより
少しの知恵や工夫で節約する方が面白い。
家庭で節約できるところは結構ある。
薬に頼らない薬草やハーブの使い方や
世界の節約アイディアも満載である。
小さな1歩もみんなで続ければ、スモールエネルギーで豊かに暮らせるようになるだろう。

アホな就職で後悔させない法―ぼんやりわが子に贈るサバイバル大作戦アホな就職で後悔させない法―ぼんやりわが子に贈るサバイバル大作戦
(2001/06)
吉本 康永

商品詳細を見る

大企業に就職して高給を取ることが単純に幸せに繋がるわけではない。
未だ学校を出たらとりあえず就職するのが当たり前だと思われている社会だ。
お金は必要だが、単にお金だけを求めるのもいかがなものであるか?
オラは世間一般の社会になり損ねた。
でもやりたいことを日々出来ていて非常に充実している。
時給計算したら馬鹿らしくなるような作業の連続だけど、全く苦にならない。
人はお金を稼ぐ為に生きるのではなく、生きる為にお金を稼いでいるのだ。
だから生きる分があれば充分で、必要以上の貯め込みは腐敗してゆく。
循環するお金の使い方をすると貧富の差は消失してゆくだろう。
大きな会社、大きな家、大きな車・・・。
「大きいこと良いことだ」と言う高度経済成長はしぼんだ。
大量の負の遺産を残して・・・
これからは身の丈にあったスモールライフの時代。
そうすれば無駄なエネルギーも必要なく大量のゴミも発生せず、環境破壊も起こらない。
自給自足できる広さの菜園と手仕事の技があれば、仲間と支え合ってスモールマネーで生きていける。
人と人の繋がりが非常に重要である。
ネット上ではなく直接触れ合う人のぬくもり、優しさ、交わす笑顔が生きる楽しさを爆発させてくれる。
その喜びは分かち合うほどに増えていき、また伝染してゆく。
まずは自分に正直になることである。
社会の求めるロボット人間や、周りの人の評価を気にする者ではなく
本当のありのままの自分。
「自分とは何者か」と問い続けること。
答えは見つからないかもしれないけど、
いつも自分をリセットするには役立つと思う。
とりあえずでも、今生きていることに感謝である。
ありがとうございます。
スポンサーサイト

category: おすすめ本

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。