宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

自分勝手な健康法  


逆に病気を呼び込んでいる44の健康法逆に病気を呼び込んでいる44の健康法
(2014/04/17)
川嶋 朗

商品詳細を見る

健康本は読む必要が無くなったと言っていた舌の根が乾かないうちに
またもや2冊も読んでしまいました。
でもこの2冊は一風変わっています。
今までも様々な健康法に物議をかもしています。
健康長寿はすべての人の願いでもあります。
信じてあれこれと試している人も多いのではないでしょうか?
なかなか長続きがしないことが多いですが。
しかし、今まで言われている健康法には医学的・科学的根拠の無いものが結構多いものですし、
逆に病気を引き起こしているものさえあるのです。
時代が進めば新たなる研究発表、証明や発見があって
コロコロと覆ってゆくのが常です。
コレストロール値が高い方が長生きだったり、
少しぐらい高血圧の方が健康だったり
砂糖はごはんより太らなかったり
塩分摂取が原因で高血圧になる人は全体の1〜2%だったり
腸の細胞は常に新しく生まれるので宿便が存在しなかったり
牛乳を飲むとかえってカルシウム不足になったり
コラーゲンを食べてもお肌のコラーゲンが増えなかったり
肉を食べたからといって血液は酸性化しなかったり
白米の大でも少食玄米菜食でも短命になったり
西洋人も日本人も腸の長さはほぼ変わらなかったり
冷たいの水(飲み物)を飲み過ぎると血液がドロドロになったり
抗がん剤が実は増がん剤だったり・・・
結局は万民に合う健康法なんてないということです。
また、病気になる心配をしたり、健康を気にしすぎることでストレスが溜まって病気になることもあるのです。

体にいい食べ物はなぜコロコロと変わるのか (ベスト新書)体にいい食べ物はなぜコロコロと変わるのか (ベスト新書)
(2014/06/07)
畑中 三応子

商品詳細を見る

江戸時代は病気にならないだけで幸せだったと言われている。
健康法が問われたのは今に始まったことではありません。
健康法の歴史を探ってみると面白いかもしれません。
結構主張していることがハチャメチャで、
何の根拠もへったくれも無いものもたくさんあります。
若杉ばあちゃんの「長生きしたけりゃ肉を食べるな」と
柴田博博士の「肉を食べる人は長生きをする」が
どちらも2013年に発売されました。
全く正反対なのにどちらも長生きの秘訣なのです。
非常に面白い。
オラもどちらも読みました。
要するにどちらでも良いのだと思います。
まずは自分の体質を知ることです。
自分の体に合うもの、自分の体が欲しているものを気付いてあげることです。
まあ、これがなかなか難しくて、オラも全然分からない。
まだまだ頭と欲で食べていることが多い。
野菜が合う人もいれば、肉が合う人もいるし、穀物が合う人もいる。
逆に何かを食べると具合が悪くなったり、アレルギー症状が出たりする。
すべては体からの大切なメッセージです。
世間をにぎわす様々な健康法に惑わされることなく
今ココにいる自分の体に聞くのが1番手っ取り早くて間違いないです。
体はまさに借り物だと思います。
だから自分の体のことをよく知ってお付き合いしていかなくてはいけませんね。
「己を知る」
それは
「宇宙やこの世の事象すべてを知ることに繋がる」
大げさに聞こえるかもしれないけど
宗教でも哲学でも
初めと終わりの質問は
「私は誰か?」である。
自分か何者であるか知ったとき、
別の言い方をすれば「自分は何者でもなく、この世のすべてだと知った時」
それが「悟り」なのかも知れません。
「何も知ることが出来ない、何も出来ずどうしようもない、悟ることなんて出来ない」
それが「悟りの境地」だったりします。
まあ、話はいつもながらにずれましたが
この2冊を読めば、健康問答のくだらなさが身に染みて分かります。
みんな言いたいように言っているだけで
求める結果が出るように研究しているだけで
宇宙全体の無限の変化の可能性に気付いていないだけなのだ。と気付かせてくれます。
どんなに健康に励んでもせいぜい100歳が限度です。
(宇宙の歴史から見たら本当に一瞬)
それに健康本の著者は別に長生きじゃないし、結局病気になって死んじゃったりしているね。
長生きが良いことかも分からないし。
(まあ、いつでも元気な方が良いけど)
不安を煽り、かすかな希望を見せる商売戦略。
なかなか経済社会はやり手です。
必要なものは常に与えられています。
そして、無駄なものはありません。
オラもこれから身を引き締めて元気に今を生きていきます。
スポンサーサイト

category: おすすめ本

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。