宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

いろいろジャンル  


雑草社会がつくる日本らしい自然雑草社会がつくる日本らしい自然
(2014/02/28)
根本 正之

商品詳細を見る

日本らしい雑草社会の復活を提案
しかしながら「雑草」という言葉できたのは
江戸時代後期〜明治に入ってのこと。
それまでは単に「草」と呼ばれていた。
百姓は単に草を敵と見なしていなかった。
農耕家畜の餌になるし、畑の敷き草や肥料になる。
草は大切に宝だった。
現在日本人はは単に草を敵と見なし、大地や川を汚染することも考えずに、世界一除草剤を振りかける民族に成り下がってしまった。
グローバル化によって荒れ地や農耕地、河川などのほとんどが外来植物がはびこってしまっている。
なぜ外来種がはびこるのかは微生物が関係しているのだが、説明すると長くなるので今回は省略。
草は生き残るために知恵をさまざまに持っている。
外来種が悪ではない。
彼らは無理矢理によその国に連れて来られただけで、ただ今ある場所で生きていこうとしているだけだ。
だから排除するだけでなく、それそれの草を受け入れながら
日本の季節を感じる草を残して愛でていく社会を楽しんでいくもの面白いと思う。

百姓たちの幕末維新百姓たちの幕末維新
(2012/02/18)
渡辺尚志

商品詳細を見る

百姓はなぜ土地にしがみつくのか?
この本を読むと理解が出来る。
原発事故が起きて農地に放射性物質は降り注いでも、土地を手放して安全な土地に移動しない人は多い。
欧米の人にはその感覚が分からないらしい。
日本は元々小作人や水飲み百姓が多く、土地を持てない人が多かった。
農地改革で何とか土地を持てるようになって、その土地を無くさないようにあれこれと努力を重ねて来たのだ。
でも今は空き地が多い。
なんぼ先祖代々の土地だといってても、放ったらかしておいては何の意味も無い。
オラはそう言う土地を少しでも活用していきたいと思っている。
江戸の百姓たちは年貢が取られて、まともにごはんが食べれなかった。と、
思われがちだが、意外にも毎日腹一杯食べられていたようだ。
1年に150kgも。
今の人パン食などが増えては60kgほどしか食べていないのだ。
もちろん飢饉の時は流通が今ほど整備されていないし、鎖国していたので、家の土壁の藁をほじくって炊いて食べるほど貧しかったらしい。
のんびり豊かな時の記録は一般に書物として残りにくいのだ。
幕末を生き抜く百姓たちの物語、むらの結束、庄屋の役割、村役人との攻防・・・いろいろと知ることができます。

歯はいのち!―気持ちよく噛めて身体が楽になる整体入門歯はいのち!―気持ちよく噛めて身体が楽になる整体入門
(2007/01)
笠茂 享久

商品詳細を見る

歯は命ですね。
オラも虫歯があるし噛み合わせも悪い。
それが原因で腰痛になっていると思われるフシがある。
いろんなメソッドで口の周りの筋肉をほぐす方法が紹介されている。
簡単でかなり使えると思う。
足の中指の付け根の筋肉をほぐすことで歯の噛み合わせがよくなるなんてとても不思議だが、
体は全部繋がっていることがよく分かりました。
むやみに歯を削ってしまうと体のバランスが崩れることが多いのでかなり慎重に歯医者を選んだ方がいい。
でも、なかなかいい歯医者が無いんだよね〜
なんだか大人になっても怖いし。
とりあえずチョコとか甘いもの(砂糖)を食べずに、歯磨き粉をつかな分ければ虫歯は進行しない。
でもなかなか誘惑に負けてしまうのだ。
まあ、それも人生〜

カラダにやさしい自然の手当て法カラダにやさしい自然の手当て法
(2014/03/28)
吉度日央里

商品詳細を見る

写真で分かりやすく、誰でも出来る手当法満載です。
まあ、今までもこの部類の本はたくさん出ていますが
子育て中のお母さんはこういう本を1冊持っていると何かと重宝すると思います。

パンがいっぱい (ランドセルブックス)パンがいっぱい (ランドセルブックス)
(2012/11/07)
大村 次郷

商品詳細を見る

中近東の無発酵の平べったいパン!!
どれもこれも美味しそう。
小さい子供たちがパンを持っている姿がとても嬉しそうで輝いて見える。
主食であるパンを作っている人たちもなんだか楽しそうに仕事をしている。
うちでも一度作ってみよう!!
スポンサーサイト

category: おすすめ本

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。