宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ずっと自分を好きでいられるために  


自分を生きる学校―いま芽吹く日本のデモクラティック・スクール自分を生きる学校―いま芽吹く日本のデモクラティック・スクール
(2008/07)
デモクラティックスクールを考える会

商品詳細を見る

子供たちのやりたいことをやり続けるパワーの凄さは誰もが知っている。
本当は大人だって同じなのだ。
無理矢理やりたくないことをひたすらやらされているので、社会や国家、地域、環境のせいにしているだけなのだ。
責任感の無い人たちがどんどん増えてゆく。
自分で選んで好きなことを自由にやっている人は他人や社会の責任には出来ない。
どんな結果であれ自分自身で摘み取らなければならない。
怠けた分は自分に帰ってくるだけ。
大人は子供を自由にしたらとんでもないことになるのではないかと危惧するが、
実はそんなことは起こらない。
勉強をしないで漫画ばかり読んでゲームばかりしているのではないか?
しかし、漫画やゲームから歴史や文字や計算を覚えてゆく。
勉強しないと好きなことは続けていけないのだ。
周りから何も言われなくとも自然に学び取ってゆくのが自然な子供の姿である。
押さえつけるから反抗するのであって、自由にしていれば素直に自らの力を発揮しながら生きてゆく。
問題は周りの大人が勝手な都合や心配で手を出さずにじっくりと待てるかどうかだ。
「待つ」「見守る」は非常に重要である。
子供自身が学びたいと思った時の意欲と集中力は驚くべき者である。
既存の学校のように毎日何時間も、そして何年間も教室の椅子と机に縛り付けることなどまるで無い。
そんなことをしたら逆に学ぶことを嫌いになってしまうだけだ。
時間割で区切られて、興味が出たことを深く追求することも出来ない。
学校から帰っても習い事が多過ぎて自分の時間をほとんど持てない子供たちも多い。
オラもそんな1人だった。
学校も、習い事もみんな好きではなかった。行きたくなかった。
でも、みんながやっているからそれが当たり前なんだと無理矢理に自分を納得させていた。
嫌々ながらやっていたからか、全く身になっていない。
全部綺麗に忘れてしまったし。
もし覚えていても、今の生活に何の役にも立たないだろう。
今は畑の野菜や草、小さな生きものたちに学んでいる。
そして無限の宇宙に溶け込んで遊んでいる。
やりたいことをひたすらやっている。
そしていつも真剣に今できる限りの精一杯の愛を注いでいる。
だから自分を好きにいられる。
だから幸せである。
何も今の学校をすべてやめてしまえと言っている訳ではない。
そういう既存の学校でも楽しめる子供もいると思う。
でも合わない子供もいる。
だから子供に選択できるようにさまざまな学校があってもいい。
重要なのは社会に出た時に自分の力で人生を切り開いて楽しんでいけるかである。
競い合い奪い合うのではなく、話し合いで平和的に解決するスキルを持ち、協調、協力し、与え合う社会を創造してゆくことである。
本当の意味でも「生」を高め合えるようになってゆくこと。
それがこれからの地球を本来の美しい姿を取り戻してゆくことにも繋がってゆくだろう。
オラもこの田舎にデモクラティック・スクールを作りたいと考えている。
まあ、オラは相変わらずひたすら畑にいるだけだろうけど。
子供たちが自由に生きる力を身につけてゆく場所を提供していきたい。
どんどん面白い学校が増えてくると面白いね〜
そしてそういう学校から巣立っていった子供たちが社会を再構築してゆく。
みんなで一緒に本当に自分をさらけ出して命いっぱい遊びましょう。
時間や空間の枠を飛び越して。
永遠の中へ。
スポンサーサイト

category: おすすめ本

tb: --   cm: 3

コメント

デモクラティック・スクール、ぜひぜひ作ってください!
というか、みんなで作りましょう♪
私も何かお手伝いが出来たら幸いです。

kero kero #- | URL
2014/03/19 22:10 | edit

Re: タイトルなし

是非是非、一緒に作りましょう。
いまはとにかく何度か見学などに行って、子供たちやスッタフに接してみたいです。

遊農人 #- | URL
2014/03/20 05:27 | edit

そうですね、実際にどのように運営されてみえるのか、
また子どもたちの様子を見てみたいですね。
近くだと愛知県でしょうか?

kero kero #- | URL
2014/03/20 08:25 | edit

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。