宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

本物は見直される  


漆喰復活―天然建材5000年の底力漆喰復活―天然建材5000年の底力
(2008/10)
船瀬 俊介、行平 信義 他

商品詳細を見る

50年しか保たないコンクート文化に対して
漆喰は5000年。
いつのまにやら高度経済成長に追いやられてしまった。
高度経済成長は使い捨てによるゴミの大量生産文化。
作られたものはすべて土に戻ることもないゴミばかり。
それに対して土壁も漆喰も自然へと帰っていく。
漆喰の昨日の素晴らしさに再認識できる1冊です。
家を建てる前には是非自然素材の家を検討してほしいです。
軽く3代は保つ、1000年先を考えた家を。
超有名な宮大工の西岡常一さんは「私はケヤキなんて使わないよ。だってケヤキは800年しか保たないでしょ。」って言い放った。
どれぐらい先を見越して家を建てていたのだろう。
この本にはコンクリートや環境ホルモン(揮発性化学物質)についても警鐘を鳴らしています。
建築に認められている化学物質は495種類もあります。
そこにずっと家族で暮らしてゆく訳ですから、本当に恐ろしいことです。
コンクリートも体からどんどん熱を奪います。
マウスの実験では93%が死んでしまったのです。
木製の巣箱は反対に95%は生存していました。
木に感じる温かみは気のせいではなく、きちんと実証されているのです。
現代ではビニールクロスの上から簡単に家庭で塗ることの出来る漆喰も開発されています。
美しい空間で健康的に暮らしませんか?
漆喰復活!!
土壁復活!!
そして左官も大人気!!
自然素材に囲まれて暮らすのは何と素晴らしいことか。
本当はこちらが当たり前なんですけど、
人間は知識があり過ぎて、鈍感になってしまっています。
臭いにおいにもすぐ慣れてしまう。
でも、知らず知らずのうちに体も心も蝕まれている。
もっと自然の中で遊びましょう!!
スポンサーサイト

category: おすすめ本

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。