宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

目の輝き  


「生きる力」の強い子を育てる 人生を切り拓く「たくましさ」を伸ばすために (人間性教育学シリーズ)「生きる力」の強い子を育てる 人生を切り拓く「たくましさ」を伸ばすために (人間性教育学シリーズ)
(2011/11/01)
天外伺朗

商品詳細を見る

「生きる力」とは何か?
本当に生きている人間の目が輝いている。
子供に知識を押し付けることだけが教育ではない。
テストでいい点数を獲って教師や親にほめられることだけが楽しみな子供なんてかわいそうだ。
子供は自ら興味の持つことからすべての繋がりを自然と学んでゆく。
国語、算数、社会、理科など知識を切り刻んで教え込むから、みんな訳が分からなくなるのだ。
親や教師の扱いやすい子供を育て、国家や企業の歯車として働き続ける現代ロボット人間生産システム。
まあ、オラはそのシステムから落ちこぼれちゃいましたが
結果、自ら生きる知恵をどんどん楽しんで学んでいます。
世間体の保持のために人間は生きているのでしょうか?
人に好かれるために思いやりや優しさが必要なのでしょうか?
それは自分がいじめられないために寄って集って1人の子をいじめているのと代わりありません。
大量の偽善者を生み出し、誰も責任を取らないのが今の社会のような気がしてなりません。
ありのままの自分で生きることが「生きる力」の強い子なのです。
叱ってしつけすることも、褒めて伸ばす必要もないのです。
死なないようにだけ気をつけて静かに見守ることが親の努めなのかも知れません。
社会の基準に合わせようと、そしてそれ以上に期待をして英才教育を施すことは
本来の生きる力を損なうことに繋がります。
自分で学ぼうとするのをじっと耐えて待つことです。
さてさてオラにそれが出来るか、とっても楽しみだ。
偉そうなことを言っても、その場面にならないと分からないことが多い。
アホアホで親バカな自分にどれだけ出会えるだろうか?
とにかくいっぱい遊んで、一緒に自然の不思議さを体感していこう!!
スポンサーサイト

category: おすすめ本

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。