宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

有機と無機  


土は土である: 作物にとってよい土とは何か土は土である: 作物にとってよい土とは何か
(2013/09/26)
松中 照夫

商品詳細を見る

有機肥料でも化学肥料でも同じである。
イギリス(ローザムステッド農業試験場)では170年間有機肥料(堆肥)だけで作り続けた畑と化学肥料だけで作り続けた畑がある。
結果は生育は全く変わらないということです。
それだけでなく、細菌数、糸状菌数、原生動物数も変わりがない。
化成肥料をやり続けてもミミズが減るということもない。
結局何が問題かと言うと「肥料のやりすぎ」である。
それが病害虫の増加と環境汚染に繋がっているのだ。
オラは肥料は一切やらない。
堆肥も例外ではない。
だからといって養分がないわけではない。
自然循環でまかなわれているのだ。
ローザムステッド農業試験場では無肥料区もあるようですが、
植物の葉が黄化して生育が悪い。
それはなぜか?
それは肥料を与えているところと同じやり方をしているからだ。
耕起して、草が生えていない。
有機肥料でも化成肥料でも同じだが、
肥料を与えるのと与えないのでは全く違う。
肥料を与えると肥料切れが起こるので、追肥を行なわなければならなくなる。
不思議だが肥料を与えなければ肥料切れはなく、ずっと実り続ける。
でも、それが本来の大地の姿なのだ。
有機農法の野菜はおいしいと言うが
それは与えた肥料で味付けされているからかもしれない。
しかし、栄養価などは化学肥料を与えたものをと変わらないらしい。
適度な施肥管理が出来ればそれなりのもが出来る。
最近は有機農業に転換する人が増えてきているが
単に肥料を有機肥料に変えただけなら慣行栽培と何一つ変わらない。
有機が安全、おいしい、環境に優しいなんて全く言えない。
イメージだけでものを判断すること自体、おかしな話だと気付かなければならない。
有機であっても毒になる。
過ぎたるものは及ばざるがごとし。
人間も食べ過ぎればなんぼ安全で栄養があるものでも毒になる。
手を加えすぎればどんどん命から離れてゆく。
たくさん穫ろうとして肥料を与え過ぎたことが汚染の始まり、病気の蔓延となって、さまざまな文明が滅びてきた。
自然農、自然栽培、自然農法といろいろ言葉はあるが
どれも単なる言葉である。
自然あるがままに循環をそのままお任せにする。
畑は農家の芸術作品である。
忘れてはならないのは野菜がいつもニコニコ元気で美しく輝きを放っていることであること。
肥料を与えなければ農薬は必要なくなる。
草、菌、微生物、昆虫、ミミズ、モグラが大地を耕し豊かにしてくれる。
その上で人間は何が出来るのか?
それを常に畑でよく遊んで会話して浸るのである。
やるべきことは常に分かるようになる。
人間は単なる地球破壊者ではない。
自然の奇跡的循環に気付き、蘇生を担うことが出来る。
「土とは何か?豊かな土,よい土とは何か?」
答えはない。
オラは肥料のやり過ぎで育たなくなった大地をよりスムーズに自然循環あるがままの大地に甦らせてゆく。
命を粗末にしてはいけない。
すべてを生かすだけに充分なものが我々は与えられている。
ありがとうございます。
福岡正信さんの動画をよかった見てみて下さい。
「何もしないことは最高の農法です」
「いかに昼寝をするか考えて暮らすのが重要だ。」
いいですね〜
オラも畑でねっころがって日なたぼっこしまくるぜ〜。
スポンサーサイト

category: おすすめ本

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。