宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

3歩目  

IMGA0176_201310151305591f2.jpg
「たねと3歩」ようやく仕上がりました。
これも雨のおかげです。
稲刈りをしようと思ったら巨大台風が来た〜!!
こりゃ〜ぺちゃんこに倒れるな〜
何度の倒れては立ち上がってきた稲たち。
晴れたら速攻刈りますぞ。
今回、たくさんの記事を頂戴しました。
かなり、詰め詰めで文字が小さくなってしまいましたが
目を凝らして読んで頂けると嬉しいです。
オラはいつも通り根も葉もありそうに思えてしまうお話を書き綴りました。
まあ、ほとんど農についての話ですが。
しかし、毎年、いや毎日1年生です。
この世は分からない事だらけで、掴みどころのない柔軟性を持っています。
理解したという勘違いに振り舞わせれている気がします。
傲慢な自分自身を手放さないと何一つ知ることは出来ないようです。
宇宙や自然に対して謙虚に接することが、自らを知ることに繋がるのでしょうね。
個性や自分というものがあると信じて虚勢を張って自己主張をして生きてきた時もありました。
何も知らない若造が夢を語る。
そのままでよかったのです。
周りの大人と言われている魂の曇っている人に邪魔をされなければ、もう夢は現実になったのです。
「そんなうまくは行かないよ。」「そんなこと出来るはずがない」「そんな夢みたいなことばかりを言ってどうやって食べていくんだ」「世の中はそんなに甘くはない」「現実を見ろ、我慢して苦労しないと何も得れないんだ。」
本当にやりたいこと、やるべきと知っていることをやらずに魂が喜びますか?
子供は書きたいものを描く。食べたいものを食べる。眠たい時に寝る。
思いついた通りにしか行動しない。
理屈なんかどうでもいいのだ。
大人は子供に「夢は何か?」とよく問いかける。
それなのに子供の夢を平気で潰す。
みんな何をしたいのだろうか?
人のことより、自分はどうなのだろうか?
批判や押しつけをしている自分って、すごく心が貧しいと気付かないとずっと悪循環の檻の中だ。
ちなみに、オラには夢はない。
将来の目標もない。
今が、1番だ。
やりたいことしかやっていないから。
夢など必要ない。
みんな夢は叶えられない高嶺の花だと思い込んでいる。
いま本当にやりたいことをやらずして
どうして夢が叶えれるだろうか?
努力なくしていつか自動的に叶えられると思っているのか?初めからあきらめているのか?
オラは小学生の時に自分は会社勤めは出来ないと知った。
というか、やりたくなかった。
「そんなことでは、どうやって食べていくんだ。お金がないとみすぼらしい思いをするぞ。」って親にはいつも指摘されていた。
言葉で言われていなくとも、いつも無言のプレッシャーがあった。
そこで、「食べていくのは食べ物を作ればいい。しかも、本当においしい野菜を育てたい。」と思い立ち農業の世界に入った。
田畑いるだけで本当に楽しい。
時間も気にすることなくに打ち込める。
1粒のタネの奇跡に立ち会える仕事。
いや、仕事という感覚すらない。
お金が儲かるか?と聞かれれば「全く」である。
しかし、なぜこんな田舎でそんなにお金がいるのか?
お金は必要な時に必要なだけあれば充分である。
オラはいつも必要な時にピッタリの仕事依頼がやってくる。
それに誠心誠意取り組むだけだ。
お金がたくさんあれば幸せってわけではないことは誰もが薄々気付いていることだろう。
お金が充分あるのにやりたくない仕事を文句をいいながら我慢して続けるためにこの世に生まれてきたのでしょうか?
お金があるからますます不安と恐怖がましてゆくのです。
あるから減っていったり、取られたりするのです。
まあ、お金は借金も出来るけどね。
何もなかったら生み出すしかないのです。
知恵と工夫と叡智によって。
物質的なものはどれも大したものではないです。
いずれは壊れて朽ちてゆく。
何も持たずに、なんでも生み出せるのが本来の道理です。
それを知り実践すれば奪い合う必要など全く無くなります。
有限な物質社会など幻に過ぎません。
いくら追い求めてもキリがないし、たがか知れたものです。
私たちは初めっから無限の可能性を持っています。
それがすべてを生み出す能力です。
当たり前ですが、無限なので減ることはありません。
だから、夢はいま行うものなのです。
決して追い求めるものではなく。
コツコツやり続けることなのです。
閃きや思いつきはすべて命の源泉からのメッセージ&アドバイスです。
無駄なものなど何一つありません。
やり続けているからこそ、メッセージを活かせるのです。
何もしないで、すごい情報が降り注いできても何も理解できないし、何の意味もなく通り過ぎるだけ。
でも何もしないのもいいですね〜。
今の人には結構難しいことかもしれません。
体を力を抜いて、悩んでいること、思いつめていることをフッと忘れた時に解決したりすることがよくあります。
自分を忘れたとき(無我の境地)に宇宙と繋がることが出来るのですね。
いや〜、本当に面白い。
まあ、ダラダラと書き綴りましたが、
これも適当な思いつきをさらけ出しているだけです。
意図も意味も価値もありません。
だいたいオラ自身が書いているというのもおかしい気がします。
話は無茶苦茶方向変換しましたが
通信を読みたい方はご連絡下さればお送りします。
ありがとうございます。
スポンサーサイト

category: 書き物

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。