宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

小麦の進化  


パンの歴史 (「食」の図書館)パンの歴史 (「食」の図書館)
(2013/08/26)
ウィリアム ルーベル

商品詳細を見る

誰もが大好きなパン。
その歴史をたどることは大変面白い。
どのようにして今のバラエティーにとんだパンに発展してきたかが、大変分かりやすくまとめられている。
今は健康志向でオーガニックの全粒粉やライ麦の天然酵母パンが人気である。
オラも常に季節の素材で酵母をおこして焼いている。
滋味深くて大変においしい!!

小麦は食べるな!小麦は食べるな!
(2013/07/13)
ウイリアム・デイビス

商品詳細を見る

ところが、衝撃的な事実が・・・。
ほとんどの現代病の原因が【小麦】だった。
小麦というよりは品種改良(遺伝子組み換えなど)が問題なのだ。
古代小麦(スペルト、カムット、ヒトツブコムギなど)は小麦アレルギーの人も食べられることは聞いた事がある。
品種改良を繰り返すごとに小麦に含有されるグルテン量が増えてきた。
逆にタンパク量が減ってきている。
小麦を食べると急速に血糖値が上がる。
著者は高血圧、肥満、糖尿病、心臓・内蔵・脳疾患、関節痛、喘息などは小麦が原因だとしている。
また、小麦を食べると過食になる中毒症状を示す。
オラも食べると胸がつっかえるような気がする。
胸焼けもするし、全身が痒くなる。
腸の調子が悪くなり、腰痛も発生する。
小麦だけでは原因ではなく、糖類も原因だと感じるが、日本人には粉食は長年ハレの食事だった。
日本食は粒食文化で麦も粒で食べていた。
粉をひく横臼が普及したのは江戸に入ってからだ。
欧州では紀元前からパンを食べていた。
しかし、その頃の小麦は野性の麦だった。
収量とグルテン量を求める品種改良が繰り返されたことでこれほどの疾患の原因になるとは誰が想像したことだろう。
米も同じである。
最近は日本人なのに米アレルギーでお米が食べれない人がいる。
しかし、昔の品種「旭」「亀の尾」ではアレルギー症状が出ないのだと言う。
人間都合の品種改良を繰り返すことで結局自分たちがその煽りを受けている。
自然界にそぐわないものは結局のところ駆逐される運命にある。
ただ蒔いたタネは自ら刈らないといけない。
それでは我々は何を食べたらいいのだろう?
本では野菜、果物、ナッツ、肉、魚、卵を食べるように薦めている。
原始人食である。
ローフードっぽくも感じる。
でも、野菜も果物も品種改良されまくっている。
F1に雄性不稔・・・。
いろいろ本を読んだり、いろいろ話を聞くとだんだんこんがらがらってきて何も食べれる物が無くなってしまう。
知識や思考は本来の真の自分から遠ざかる。
食べることで健康になるなんて幻かもしれない。
オラは毎日その日に収穫した無農薬無肥料の米と野菜を食べているが、本当にそれが健康に良いのかも分からない。
ただあるものをありがたく頂いているだけに過ぎない。
食べれる物がないならいっそ食べなくてもいいと思う。
食べないで生きている人は世界中にたくさんいる。
それは「食べないで健康になる」「食べない喜びを知る」領域なのだ。
オラにはまだまだ欲がたくさんあるので手放せないでいる。
体は「もう食べなくていいですよ」と言っている気がする。
でも食べると「おいしい」って感じるんですよ。
人間は罪な生きものです。
でも、それでいいんです。
あれこれ悩んでも何も解決しません。
悩むのが無駄だって気付く時間がかかっているに過ぎません。
あればあるでよし、なければないでよし。
すべてをゆだねることです。
それが我無しの境地なんでしょうね。
私たちは暇つぶしのこの世に生まれてきただけです。
でも、すごく素敵な学びの場であります。
生きたいように生きれます。
しかし、すべては自分自身が作り出した創造物(幻)であることを念頭に置いておかなければいけません。
起こることも出会う人も自らが呼び寄せているのです。
「隣人を自分のことのように愛しなさい」
その意味は「まず自分を愛することから始めなさい」ということです。
自分を愛さない人がどうやって他人を愛せるのでしょうか?
結局は自分も周りの人もひとつの源泉(命)から生まれてきたものです
つまり同じものなのです。
だから自分を愛することは周りの人、もの、自然、宇宙をを愛することに繋がっていくのです。
誰かに与えることは自分に与えることなのです。
誰かが感じる喜びは自分の喜びなのです。
本来切り離されて存在するものなど何一つありません。
善悪、価値など存在しません。
プラーナ、気、波動、魂、愛があるだけです。
言葉は違ってもすべては同じものです。
本当はみんな知っているのです。
当たり前過ぎて忘れてしまっているだけです。
知識や常識にとらわれて、恐怖や不安に魂を濁らされているだけです。
私利私欲の心を捨てて、すべてを分かち合えば世の中は一瞬で美しく生まれ変わります。
たとえ自分のもつ物をすべて与え尽くしても、人はしっかりと生きていけるように出来ているのです。
そういう我無しの境地に到った人は後光がさして何と美しいエネルギーを発していることでしょう。
一緒にいるだけでやすらぐ人がいるでしょ。
オラもそういう人になってゆく。
エゴや欲に餌をあげないように、真我のままに生きる。
いま、ここが、天国である。
ありがとうござます。
スポンサーサイト

category: おすすめ本

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。