宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

鍋底からこんにちは  

鍋のお話
松阪市文化財センターで行なわれた
新田先生の「鍋と釜の話」を聞きに行きました。
縄文から弥生へ、そして中世へ
どんどん改良されて効率よく料理が出来るように土器の形が変化してゆくのが面白い。
お鍋の歴史
はにわ館ではお鍋の歴史の展示をやっています
鍋のお話2
新田先生に案内してもらいました。
こしき
昔はこうやってお米を蒸して(甑法)食べていたのです。
でも庶民は粥状で食べていたと考えられています。
それにお米は高嶺の花で、たぶん雑穀が主食だったろうと推測されます。
鍋のお話3
話を聞きにきていた人は年配の方が多かった。
学生や若い人は皆無。
面白いのに残念だな〜
食文化、歴史は私たちの祖先の命のリレーを学ぶこと。
何をどうやって食べてきたか?
これからの時代を生き抜くのに非常に役に立つと思う。
特にオラのような山里の暮らしをしているものには竈の作り方や構造に興味津々である。
竪穴式住居
竪穴式住居の生活再現
かまどや家の作りが画期的です。
縄文人はかなり宇宙と繋がりを持って豊かな暮らしをして、長生きだったようです。
昔の食卓
昔の食卓
お米が赤米だ。
おかずはちょっと怪しい。
こんな野菜や料理は無かったのでは?
ぬか漬けも江戸になってから広まったような・・・
縄文人は糀からお酒は作っていたようなので、もしかしたらもう味噌のようなものがあったかもしれない。
でも大豆はなかったので、栗、どんぐり、ササゲなどを使ったいたのかも?
もしくは雑穀で醤油のようなものも作っていたかも?
まだまだ縄文文化が謎が多いが、こういうことをひも解いていくのが面白い。
米粒
米粒の跡が残っている鍋の展示がある。
鍋の周りがススで真っ黒けなので直火にかけてご飯を炊いたことが分かる。
いまわボタンひとつでご飯が炊ける世の中だけど
オラのうちではずっとご飯は羽釜と薪で炊いている。
だってとても簡単でおいしいのだ。
みんな知らないだけなのだ。
1回炊くのにも薪はほんの少量でいい。
なんといっても薪はいくらでも山に転がっているのでタダ。
便利さのために失っているものはかなり大きいものだ。
「生きる」ってことをもう一度見直してみると
小さなことにも喜びをきっと見いだせることだろう。
スポンサーサイト

category: おでかけ

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。