宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

環境イベント  

上瀬先生
大台町のお医者さん、上瀬先生の体内酵素のお話。
体内酵素の量が健康と若さを保つ
酵素ジュース
季節の野菜、山菜、果物を発酵させて作るッ酵素ジュースのお話
生のものを発酵させることで効率よく酵素を体内に取り込むことが出来る
常在菌の活躍が私たちの生活を支えてくれている
リユース
リサイクルの前に2Rを。
リサイクルはとてもエネルギーがかかる。
それにもはや日本だけでは全てリサイクルが出来ないので、現在は海外に多くの分を頼っている。
まずはリユース。
使えるものはゴミにするのではなく、欲しい人の元に回し、何度も使う。
直せるものは直して使う。
きちんと分別すれば、実はゴミはない。
とにかく生ゴミは燃やしてはいけない。
そりゃそうだろう。

実は私も講演させてもらいました。
日頃のたんたんとした畑や田んぼ、雑穀、たねとり、加工品作り生活のことをお話しました。
皆さんとても熱心に聞いて下さり大変嬉しかったです。
地球の豊かさ、自然あるがままで何もしなくてもきちんと恵みを与えてくれるありがたさをお伝えしました。
今回は環境イベントで生ゴミ堆肥のことが結構取り上げられていました。
うちは無肥料なので堆肥もいりません。
では、生ゴミはどうしたら良いのか?
生ゴミは木枠を作ってその草や落ち葉や土と一緒に入れて、生ゴミをいれるたびに混ぜればいいのです。
生ゴミは毎日入れても増えません。
不思議ですが消えてゆきます。
完全に発酵すると有機物はガスと水になるのです。
つまり何もなくなる。
完熟堆肥といって販売していますが、あれは未発酵です。
だって残っているでしょ。
自然農をしている方はご存知と思いますが、刈った草を畑の土に上に置いておくと数ヶ月で何も無くなります。
それが自然循環です。
だから生ゴミは完全発酵すれは全部消えてしまうわけです。
燃やす必要はありません。
こんな単純なことを忘れてしまったのです。
そして大量のゴミに頭を悩ませ続けている。
まあ、ビニールゴミは問題ですが。
何でもかんでも石油製品に包まれ過ぎです。
家庭のゴミから不燃物と紙製品を除けばほとんどビニールです。
冷凍食品やお弁当、お惣菜を買うとすぐにゴミ袋がいっぱいになります。
最近のビニール類は塩素が含まれなくなってきているのでダイオキシンの問題はそれほど騒ぐことはありませんが、それにしても人間は超ゴミ製造生物です。
まずは自分から始めないといけませんね。
今回は少しですが、食とたねの話もしました。
たねもお分けしました。
命のことにはみんな真剣です。
孫のために美しい地球を。
気付いた方から則行動すれば地球は甦ることでしょう。
お話を聞いて下さった皆様本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

category: イベント

tb: --   cm: 2

コメント

完全に発酵すると消えてなくなる!

遊農人さま

いつもこっそり拝見させてもらっています。
私は自然農と無肥料栽培をごっちゃにしたやり方で畑をやりはじめて5年目に入りました。まだまだ手探りでわけわからんままやっております。こちらのブログを拝見しつつ、勉強させてもらっています。ありがとうございます。
完熟堆肥はありえない。完全に発酵すると、消えてなくなる!
本当にそう思います!あの草たちは一体どこへいったんだろうってぐらいきれいさっぱり消えます。まさにおっしゃるとおりです。ありがとうございます。なんだかとてもすっきりしました。肥料という考えはひょっとしたら、ニンゲンのおごりなのかもしれませんね。
そちらも野生動物に食われて、いろんなおもいでいらっしゃるようで、共感いたします。私ん所もサルやらイノシシやら、まだシカは来ていませんが、いろんな野生動物を養っています(笑)。
さっぱり野菜がなくなった畑を見ながら、これも私の欲の現れか。。。と色々考えます。

これからもブログたのしみにしております。

やまんば #7Nr0YrsE | URL
2013/03/07 18:06 | edit

Re: 完全に発酵すると消えてなくなる!

やまんばさん

いつも拝読ありがとうございます。
私もずっと手探りです。
それがまた楽しくもあるわけですが。
そうですね。自然界は何も残さないのです。
死は単なる栄養源です。
人間のような感情もなくひたすらに分解します。
草が生え、根元や根の間に微生物が集まり、
それを目当てに小動物が集まる。
ミミズがやってきて、モグラがやってきて土の中に空気の道を作る。
草が枯れ、小動物が死ぬと菌や微生物が分解する。
自然と土はフカフカにバランスの良い栄養状態に保たれてゆく。
肥料を与えるとバランスが崩れる。
バランスの崩れた土で野菜を育てるとどうなるか?
病気になりがちで、農薬が必要になる。
人間も同じですね。
旬の自然なものを食べるだけで健康でいれるようになっているのです。
みんな頭でっかちになり過ぎて、情報や常識にとらわれがちになっている気がします。
こだわらなくていいのです。
あるがままの自然体で。
こんな単純なことに気付くのに私も随分かかってしまいました。
野生動物がうちの野菜を選んだのもきっとおいしいからなんでしょうね。
彼らは自然な美味しさをよく知っています。
まあ、少しは残してくれると嬉しいのですが、これもまた私の欲ですね。
まだまだ未熟者です。

遊農人 #- | URL
2013/03/08 15:30 | edit

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。