宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

落としてから食え  


脳はバカ、腸はかしこい脳はバカ、腸はかしこい
(2012/10/20)
藤田 紘一郎

商品詳細を見る

我々は腸内細菌に人生を握られている。
3秒ルールってご存知の方が多いだろう。
つまり地面に食べ物を落としても3秒ぐらいなら食べても大丈夫だと言う変なルールだ。
オラは何分前に落としたものでも、犬や動物を触ったあとでも、トイレに行ったあとでも、手を洗うのを忘れてそのまま手づかみで食べることがよくある。
なんで手づかみか?
手で食べる方がうまいからだ。
今でも世界のほとんどの人は手づかみでものを食べる。
手で掴めるものは温度が高すぎず、そのまま口に入れても胃に行っても体への負担が少ない。
あまり高温のものを流し込んで食べている人は胃がんが多いらしい。
だから奈良の茶粥文化のところは胃がんの発症率が高い。
あらあら、話はずれましたが、
最近はアトピー性皮膚炎の方が増えましたが、
それは赤ちゃんの頃に菌と触れ合わなかったからです。
赤ちゃんは何でも口に入れてさまざまなことを学習しながら、腸内細菌を豊かにします。
大きなものを飲み込んで喉を詰まらせては死んじゃいますが、
「ばっちぃ〜」と言って何も口に入れささないようにしたり、何もかも殺菌、除菌をしたりすると腸内細菌が貧弱になります。
小さい頃にいろいろな菌を取り込むことで、大きくなった時に免疫力が健全に働くようになるのです。
だから、食べ物ははわざと落として拾って食べるぐらいでいいのです。
畑のは野菜なんか洗わずに食べるに限ります!!
近頃の農薬と肥料まみれの畑の土はどうかとは思いますが。
ミミズは1日コップ一杯の良質な糞をすることで知られていますが、
ミミズがすごいのはミミズの腸内細菌のすごさなのです。
つまりすべても生きものは腸内細菌によって生かされているのです。
もちろん、地球自体も腸内細菌によって循環しているのです。
人間はお母さんのお腹で受精が起こると脳や心臓が出来る前にまず腸が出来ます。
それだけでもどれだけ腸が大切か分かるでしょう。
最近はうつ病が食べ物で改善することが分かってきました。
うつ病の人の腸内細菌はすごく貧弱になっているそうです。
腸内細菌が元気を失ってしまうと幸せホルモンのドーパミンやセロトニンが出にくくなってしまいます。
つまり腸内細菌に感情までも左右されるのです。
イライラしたり、落ち着かなかったり、落ち込んだり・・・。
それは腸内細菌の調子が悪いのかもしれません。
腸内細菌が元気に育ってくれる食事を摂り続けることが心ゆったり若々しく元気に生きる秘訣です。
現在の食事は乱れに乱れています。
情報だけがむやみやたらに氾濫していて、体のために何を食べたらいいのかが結局よく分かりません。
それは頭で考えるからです。
脳が欲するものと腸が欲するのもには大きな開きがあります。
脳は油や糖を欲しがりますが、腸内細菌にすればそれは腐敗を促す勢力に餌を与えるようなものです。
癌細胞は「待ってました〜」とばかりに増殖を始めます。
油物や甘いものを食べ始めると歯止めが利かなくなります。
もっと欲しいと脳は暴走してきます。
私たちはこれからは腸の声にもっと耳を澄まさなければならないでしょう。
お腹の調子が悪いときは何をしていても気分が悪いものです。
オラもまだまだ頭で考えすぎることが大いに覆いに反省です。
油物も甘いものも禁止すればいいと言っているわけではありません。
食べたいものを無理に我慢してはストレスが溜まって、逆に腸内細菌に悪影響を及ぼします。
しかしながら、脂肪や糖を摂らないで自然なものを日頃食べていれば、不思議と油物や甘いものをそんなに欲しなくなります。
美味しいと感じなくなるのです。
つまり、ほんとにうまいものを感じる舌と、脳までもが培われるのです。
それは腸内細菌のバランスがとれてきた証拠なのかも知れません。
うんこの1/3は腸内細菌の死骸だと言われています。
世の中には食べないで生きている人もたくさんいます。
さてさて、その人たちの腸内細菌はどうなっているのでしょうか?
何か独自の進化を遂げているかもしれませんね。
まだまだ人は自分の体のことをほとんど何も知らないままに生きています。
己し知ることをすべてを知ることである。と多くの求道者は語りました。
また、何も知らない、知ることが出来ないと知ることも悟りの道であります。
この世は柔軟に出来ています。
祈れば叶う、想えば実現する。
15年間も自らの体の中にサナダムシを飼って、腸内細菌の研究に取り組んできた藤田さんは面白い!!
小さい子供のいる方は是非読んでみて下さい。
丈夫で元気で自立出来る子供を世に送り出すための力強いツールになるでしょう。
腸内細菌様、ありがとう。ごめんなさい。許して下さい。愛してます。
スポンサーサイト

category: おすすめ本

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。