fc2ブログ

宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

グルグル保温  

本日も麹作り。
保温の仕方をおさらいしましょう。
蒸し米
蒸した米に麹菌を振りよく揉みこみ混ぜ合わせます。
米袋
冷めすぎないうち(体温ぐらい)に手早く米袋に詰め込みます。
空気を抜くように米袋の口を閉じます。
布で包む
米袋を厚手の布でグルグルくるみます。
包む2
こんな感じに。
ダンボール
くるんだら、みかん箱に詰め込みます。
みかん箱は2重構造なので保温力がある。
麹が冷め過ぎたと感じたときはダンッボール箱の下に60度ぐらいの湯たんぽなどを入れておいてもよい。
毛布で包む
次はダンボールごと毛布で包む。
保温
このまま気温にもよるが20〜24時間保温。
麹自体が発熱するまで保温するのが目安。
あまり放って置きすぎると温度が上がり過ぎて焼けちゃうかもしれませんので注意!!
とにかく第1回目の温度が上がったら、1回目の切り返し。
その後12時間ぐらいでももう1度温度が上がるので、その時に2度目の切り返し。
そしてそのまま袋を開け閉めしたり、布を掛けたり、温度を人肌で維持して、24時間ほど管理。
全体に固まってきたら、一晩寒いところに置いて枯らす(冷ます)。
オラは家の柱に立てかけて枯らしている。
途中で水分を足すことも無い。
気が向いた時に手を入れてみて温度を確認する程度だ。
けっこういい加減。
いろいろな人に教えたが、案外ズボラない人の方か成功している。
あまり神経質にならないことだ。
麹菌に任せるぐらいがちょうどいい。
まだまだ麹作りは続きそう。
自分で麹を作ってみたい方はお教えしますのでご連絡下さい。
スポンサーサイト



category: 加工品作り

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret