宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

アホだらけに  


アホは神の望みアホは神の望み
(2008/09/24)
村上 和雄

商品詳細を見る

オラは社会から外れたとんでもないアホだ。
でも世の中はアホによってリードされている。
頭のいい奴はやる前から計算してしまい出来るか出来ないかを決めてしまいがちで、常識の壁をぶち破ることが出来ない。
「そんなことをしても無駄だ」
「いつまでそんなことをやているんだ」
いつも否定的な見方しかできず、先の全く見えないことをチマチマやっている者を小馬鹿にする。
無農薬無肥料ですべて手作業の農業なんかもアホの最先端だ。
畑にしゃがみ込んで進んでいるのか進んでいないのかも分からない作業を永遠毎日繰り返しているだけだ。
「機械を使ったらどうや」
「肥料をやったらどうや」
「たねも採らずに買えばいいねん」
「そんなことでどうやって食べていくの」
「どこに出荷しているんや」
最近は答えるのが面倒くさくなってきた。
自然はまだ分からないことばかりや。
ホンマ、さっぱり分からん。
でも何もし無いことでやっと命の循環を感じられるようになってきた。
一切の無駄の無い自然循環を思い、涙がこぼれる。
こんな素晴らしい世界なんて遥かに人間の想像を超えている。
土に素肌で触れずに、地面に寝転んで草を見ずに、何を知ることが出来るだろう?
大きな機械に乗っていればただ生きものたちを切り刻んで土層を破壊しているだけだし、
観察すれば肥料がいらないことが分かるのに、何も考えずに言われるがままに土壌汚染を繰り返す。
たねとりを繰り返していればおのずと、その土地に根ざしたたねが1番合うことが手に取るゆに分かるはず。
どうやって食べているかって?
畑で育ったものを食べているのです。
出荷はしないのか?
何で充分食べていけるのに、わざわざガソリンを燃やして街まで売りにいかないといけないのか?
これからは地域で生産、地域で消費。
どこにも出さないで、自分の周りで回す。
欲しければ、足を運んでもらうしか無い。
長距離輸送に耐えるための無駄な処置も必要が無くなりゴミもでない。サイコー!!
最近出掛けるのが億劫になってきた。
特に夜は出掛けるのが非常にめんどくさい。
明るくなったら起きる、暗くなったら寝る。
アホは1番命を輝かせている。
思うがままに自分のことなど省みずに、何の確証もなくても楽天的でどこか自身に満ちあふれている。
先のことは考えたってどうせ分からないのだから、心配している時間の方がもったいない。
目的などはない、とにかくやりたいことをやり続けるだけ。
この世に肉体を持って生まれることはものすごい奇跡の賜物なのだ。
宝くじに当たるどころではない生きているだけで最高の幸運に恵まれているのだ。
どんな立場であろうとも、宇宙の一部なのだ。
この広大な無限のエネルギーに満ちあふれた宇宙と同じもので出来ているのだ。
命に上下など無い。
みんな同じく尊い宝物なのだ。
オラは畑で野菜を育てているのではなく、
オラが野菜に育ててもらっているのだ。
この世に生きものは遺伝学的には我々人間とそれほど違いは無い。
すべての中に自分があり、
自分の中にすべてが生きている。
野菜に語りかけることは自分自身に語りかけることと同じなのだ。
しゃがみこんで元気な野菜を見て語りかけて笑っている姿は異常に見えるかもしれないが、
オラには最高の奇跡の時間なのだ。
野菜の輝きが喜びなのだ。
社会には順応出来なかったけど、あ〜アホでよかった。
宇宙一幸せなアホかもしれない。
ありがとうございます。
スポンサーサイト

category: おすすめ本

tb: --   cm: 3

コメント

素晴らしいですね

私は、とても素晴らしい生き方だと思います。冬にともやまの二階であったイベント、ときめきさんのご兄妹ピカピカに輝いてました。優しい光でした。
私は平日勤めています。二人の子どもを育てるため…ですが、結局言い訳をしてはいれないだけかな?
少しでも近付きたいです。

どんどん #- | URL
2013/01/09 23:50 | edit

Re: 素晴らしいですね

どんな状況にいても、みんな誰でも輝けます。
子供たちがいつも輝いていれるように寄り添ってあげて下さい。
お金のためと考えるのではなく、仕事を愛し、いっしょに仕事している仲間を愛し、そういう素敵な環境に恵まれていることに感謝すれば、なんだか楽しくなりませんか?
あるもの探しをすれば、ものすごく恵まれていることに気付きます。
生きているだけでありがたいですね。

遊農人 #- | URL
2013/01/10 09:39 | edit

感謝

私の仕事は、遣り甲斐もありとても楽しいです。毎日色んな事がありますが楽しくやってます。ただ…あまり感謝していなかったな、と気付きました。
ありがとう、大切なことを忘れていました。

どんどん #- | URL
2013/01/13 07:39 | edit

コメントの投稿

Secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。