fc2ブログ

宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

麹の宴  

またまた麹作り
米蒸し
1晩浸けたお米を30分ほど水切りして1時間蒸かして
冷まし
だだ〜っとシーツを敷いた机に広げてようやく手で触れるぐらいまで冷ます
麹降り
種麹を上からまんべんなく振る
そして冷めすぎないうちに素早くよく菌が混ざるように揉み込む
米袋保温
米袋に詰めて、口を縛り、厚めの布でぐるぐる巻きにする。
それを丸ごとみかん箱に積め、
また上から毛布でぐるぐる巻きにして20時間時間ほど保温をする。
お昼の12時に仕込んだら翌朝8時には熱が上がってくる。
毛布掛け
熱が上がったら1回目の切り返しをして。
袋の中で平らに広げる。
あとは熱が上がりすぎないように人肌キープ。
布をかけたりはずしたり、袋の口を開けたり閉めたりしながら。
1日3〜4回はお世話をさせて頂く。
1度目の切り返しからもう一度温度ががぐっと上がるので
その時に2度目の切り返し。
あとはそのまま24時間ほど人肌温度管理。
仕込んでから3度目の夜に枯らす(冷ます)。
袋を柱などに立てかけて、1晩かけて冷ます。
次の朝には出来上がっている。
1枚の白い板状になっているは感動だ。
出来た麹は冷凍庫で6が月は保管出来る。
1度出来てコツを掴めば、余り何も考えなくても簡単に麹が出来るようになる。
これから味噌作りの季節だ。
大いに麹作りを楽しもう。
スポンサーサイト



category: 加工品作り

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret