宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

本気たね袋!?  

版画
版画でタネの袋が出来ないか試作しました。
ゴム版を彫刻刀で掘って作る。
しかもバレンもユーチューブを見て自作しました。
なかなかバレン作りも面白くてハマりそう。
たね袋
これが出来たタネ袋。
インクの付け具合が難しい。
しかも小さな文字は版画では超大変。
課題はあるが、なかなかかわいい出来だ。
タネのためにどんなけ人生の時間を割くのか?って笑われそう。
答えはもちろん「すべて」です。
真剣な遊びから仕事が生まれる。
それだけで人は生きていける。
「でもなー」って自分を騙すことなく、まっすぐあるがままに。
スポンサーサイト

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

勢揃い  

らいぶ
にぎやかにやまねこマーケット
音楽あり、絵本の読み聞かせあり
美味しいごはんに、デザート
矢部ゴールド
なんと矢部ゴールドシリーズが初勢揃い!!
響ペンダント、響、華、宇宙。
もちろん矢部ゴールド、アースラブも。
部屋が凄いエネルギーに満ちていました。
オラもまた新たなアイテムをゲット。
どんどん人類の本来の能力を開花していく。
弁当
オラの作った韓国のり巻き弁当。
自家製コチュジャンを使ったエゴマのしょうゆ漬けがアクセント。
次回のやまねこマーケットの開催は10月22日です。
遊びに来てね〜

category: イベント

tb: --   cm: 0

最低5年  

チビピー
チビピー。
たねとり3年目。
なんでもだが自然農でばんばん育つようになるために
たねとりが最低5年かけないといけないようだ。
これも思い込みかな?
5年間は種を継ぐだけで精一杯。
5年過ぎたら手放しで育つ。
食べ放題。
これからはもっとスピーディーに大地とタネと仲良くなれるよ。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

でか過ぎ  

ごぼうのタネ
大浦太ごぼうのたねとり。
1番やりたくないたねとり。
細かい棘が服に肌に刺さりまくる。
ずっとチクチクする。
洗っても服にチクチクが取れない。
えいや〜
勇気を出した〜
何と2kgほど種が採れた。
これで3年はたねをとらなくてもいいでしょう。
ホッ。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

穴秋  

白菜苗
白菜などの苗作りをしています。
虫の餌食〜
タネもネズミに掘られる〜
毎年なかなかスムーズにいかないものですね〜
地面にこぼれたやつはなぜか元気に虫食いなしに育っている。
何が違うのか?
人間の欲(エゴ)の違いかな?

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

ずっしり穂  

ウルチアワ
ウルチアワの収穫。
今年はタネを増やすのが目的。
まあまあ増えましたよ〜
来年は販売までこぎつけれるかも?
タカキビ
黒タネの高きび。
こちらもだいぶ種を増やす事が出来ました。
お味見して美味しかったら増やす事にしましょう。
タカキビは2番穂も収穫できるかも?

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

異世界へGO!!  

異世界
「異世界居酒屋」
「異世界でカフェ開きました」
オラの勝手な異世界ブーム到来。
たまたま異世界に来てしまった。
たまたま家のドアがい世界に通じるようになった。
たまたま来てしまった異世界のご飯がまずかった。
たまたま作った日本食が異世界の人に好評だった。
たまたま異世界にも同じような食材があり
たまたまお店を開くことになる!?
美味しいごはんは人を幸せにするが肥満にもさせる。
異世界文化に戸惑いながらも
たくさんの仲間が出来支え合って生きていく。
オラも楽しい異世界にビュ〜んと引っ越し・・・なんてね。
こちらでもてんで常識はずれの世界を作れるから、
どこにいようと自分の生き方次第なんだね〜

category: ヘンテコ日記

tb: --   cm: 0

うりトマト  

まくわ
マクワウリ。
オラチョイス。
左が滋賀県在来種 ナリクラマクワ。
右が兵庫県在来種 網干メロン。
この2種類が味的に好みだ。
牛の心臓
「クール ドゥ ブッフ=牛の心臓」という、大型(200~300g)のハート形トマトの一種。
大きく食べ応えがあり、スライスしてサラダやカプレーゼの材料に最適です。
結構たくさんなる。
他にもいろいろ植えたけど暑さのせいか花は咲けども全然実らないものがある。
ワイルド
ワイルドトマト。
1番皮が薄くて甘い。
でも皮が薄過ぎて販売には向かない。
ワイルドイエロー
ワイルドイエロー。
ワイルドトマトとイエロートマトが交雑。
なかなか美味しいミニトマトになった。
今度固定化してゆこう。
発酵
小さなトマトは袋の中で潰して発酵させてから
洗って、乾燥させる。
大きいものはタネのところ(ゼリー部分)だけ取って
小さいタッパーで発酵させる。
トマトのたねとり最盛期ですよ〜

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

種を残す  

たねとり
トマトのたねとりどんどんしています。
美味しくて、あおがれに強い品種を残していっています。
スイートコーン
スイートコーンのたねとりしました。
スイートコーンのタネはしわしわになるので
ちゃんと発芽するか試さないとね。
入山きゅうり
群馬県在来種 入山きゅうり。
どんどん穫れています。
初めての栽培。
たねとりしますよ〜

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

今年の夏の思い出  

記念撮影
今年も1週間、福島の方が多をおおびして宇気郷でのんびりと保養していただきました。
川遊び
毎日のように川遊び
今年の夏は暑いので川が気持ちいい
盆祭り
35年ぶりに復活した盆祭り
仲間と自治会の協力でなんとか開催できました。
たいこ
メグルも太鼓を演奏
屋台
屋台も出しました。
美味しいものいっぱい。
師匠
盆踊りの師匠もバッチリ決まっています。
ごはん
境内にちゃぶ台!?
みんな楽しんでいる。
盆踊り
さてさてメインの盆踊り。
今まで練習してきた4つの踊りを踊りました。
盆踊り2
2重の輪になって踊るほどたくさんの人が参加してくれました。
みんないい顔をしていました。
むらのわ
美杉むらのわ市に遊びに行きました。
あまごつかみ
アマゴつかみもしました。
お昼は炭火で焼いてお腹いっぱい食べました。
あさごはん
みんなで最後の朝ご飯。
今年も楽しくご飯作りをさせてもらえて嬉しかったです。
ばいばい
車が見えなくなるまで、手を振ってバイバイ〜
ありがとう、また宇気郷に遊びに来てね。
私たちはいつまでも続けていきます。
子供たちが元気に遊べるように。
元気に遊ぶ子供たちに笑顔になる親御さん。
当たり前に生きることの手助けを少しでも出来ればと思う。
見えない放射能という脅威を少しでも考えなくて過ごせる時間を提供していきたい。
国民の命の事を真剣に考えず、利権と私服のために多国籍大企業の犬に成り下がってしまった国は要らない。
今日という1日を普通に何事もなく家族や仲間と過ごせるだけでいい。
足るを知れば、いま生きているだけで幸せである。
その事に気付かないと、人類は遅かれ早かれ滅びるだろう。
妻の実家
神さんの実家で親戚一同が集まる。
にぎやかで楽しかった。
親戚がいないオラには嬉しいひととき。

category: 命と向き合う

tb: --   cm: 0

干し日和  

梅干し
梅干し干しています。
3日3晩。
今年は少し色付きが悪いけど
不思議だけど、天日で干すと良い赤色になってきた。

category: 加工品作り

tb: --   cm: 0

ホウキモロコシ覚え書き  

ホウキモロコシの収穫のタイミング。
花が咲いてから10日後くらい。
遅くなると節でポキッと折れにくい。

収穫のコツは葉鞘を掴んで一気に引きはがす。
その時、穂を掴んでいる手を上方より少し斜めに引っ張っておく。

収穫した穂は日中広げてしばらく干す。
そうすると実が脱穀しやすい。

脱穀は千歯こきで行なう。
1回に2本が適量。
1本や3本以上だと穂先までちぎれてしまう事が多い。

ひと掴みをヒモで束ねてまんべんなく湯通しして
ハウスにぶら下げて干す。

まあ、ここまで今回はしました。
この後は穂の長さや茎の太さで選別します。

一生懸命自然農で栽培しましたが
箒3本分ぐらいしか出来ませんでした。
例年はもっと多めに作らないといけないな〜
たねとり用も置いているので
来年はワークショップが出来るぐらい作れると嬉しいです。
まだまだ試行錯誤は続きそうです。
手仕事や伝統を受け継ぐのは一筋縄ではいかないな〜

category: ヘンテコ日記

tb: --   cm: 0

箒の材料  

ホウキモロコシ
ホウキモロコシを収穫
千歯こき
千歯こきでタネを落とす
しごいたあと
しごいた後
少し干してからしごいた方がよく取れる
茹でる
大鍋で全体をまんべんなく熱湯の中に通す
天日干し
ハウス内で天日干し
箒作りは冬の仕事
材料的に2〜3本出来たら良いところかな?
来年はもっと栽培面積を増やさないとね。

category: 雑仕事

tb: --   cm: 0

朝4時  

うちに再びニワトリがやってきた。
2羽ニワトリではなくて、3羽。
青い卵を産むアローカナ。
しかもオスが1匹いる。
それが朝4時前から鳴く。
かなり、連続して鳴きまくる。
昔30羽くらい時、毎日の事だったのにね。
人間の慣れって恐ろしか〜
生ゴミ処理と卵の自給。
まあにぎやかな生活です。

category: ヘンテコ日記

tb: --   cm: 0

足るを忘れる  

今日1時間ほど電気工事で停電した。
当たり前のように水道をひねれば水がでる生活に慣れていると
停電しているにも関わらずいつものように水道をひねってしまう。
うちは井戸水をポンプであげているので電気がないと水が使えないのだ。
「あっそうか、水が出ないんだった」と何度も同じ繰り返し。
慣れは恐ろしい。
ただうちは近くに沢水がある。
そこで洗い物をして、お米も洗って、飲んで。
別に生活に支障はない。
これが田舎の魅力である。
はじめこの家に住んだときはガスの水道もなかった。
選択も炊事も川でし、薪でご飯を炊いた(これは今も同じだが)。
今は水道も使え、洗濯機もある。
なんて便利な生活だろう。
ありがたさに改めて気付いた。
たまには停電もしないといけない。
テレビも携帯もないから、それが無くなる不便さが分からない。
何もないこと、何もなくての生きていけることが本当の強さだ。
失うものがない強さ、手放すほどどんどん自由になる。
すべてに固執しない人は、どんなささやかなものでも本当に貴重で大切にできる。
ひとつひとつの出会いが奇跡で、交わす言葉に愛を乗せることが出来る。
自分という枠がないから、相手そのものになれる。宇宙そのものになれる。
それがどんな気持ちなのが愚かなオラにはまだわからない。
いつも自分勝手だと突っ込まれまくられるオラには分からない。
言葉はいつも空回り。
エゴのない言葉ってあればいいな。

category: ヘンテコ日記

tb: --   cm: 0

最高記録?  

オラの愛車ホビオ君が今日ガソリンを入れたら
ほぼリッター21kmでした。
すごいぜ。
10・15モードで15kmしか走らないフルタイム4WDの車が
リッター21km!!(実際にはリッター10kmでもおかしくない)
ナンバー358の数霊マジック。
運転の仕方や走る道も関係あるけど。
奈良の山奥を走るといつも燃費がいい。
天川、黒滝、十津川、北山。
細くてくねくね曲がって坂道が多いのに、とても不思議だ。
霊的なパワーの後押しがある感じがする。

話しが変わるが、
手書き通信「たねと17歩」が完成!!
情報満載!?
思いつくままコツコツ書いているだけ。
いつも自分が書いている感覚がない。
どこかのだけかの役に立てば幸いです。
思いついたこと、好きなことを精一杯する。
それだけで生きていける。
自分だけは騙すことは出来ない。
自分だけが本当に何をすべきか、何をしたいか知っている。
宇宙がサポートすると言うか
自分自身が思い通りの世界を作っている。
良いも悪いも関係なく。
素晴らしく世界を創造しよう!!
真の愛を、無償の永遠なる愛を。

category: ヘンテコ日記

tb: --   cm: 0

でかすぎて  

ヒョウタン
畑に行ったらヒョウタンがひとつ落ちていた。
どうやら重過ぎてツルからちぎれてしまったようだ。
お〜ノ〜。
重くてメグルは持ち上げることが出来ない。
乾燥したらあんなに軽いのにね。
水って重たい。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

TOTUKAWA  

totukawa
またやって参りました〜
十津川の天空の畑
たかきび
粟に、タカキビによく育っていました。
なんば
昔から作られている「なんば」と言われるトウモロコシ。
穂が赤いのが特徴。
粉に挽いて食べます。
里芋
里芋、小豆、大豆が斜めの畑でスクスクと。
大豆がうさぎに食べらて困っていた。
坂道生活
すごい急斜面で暮らす人々は足腰が強い。
でも訪ねたおばあちゃんは足を炒めて大変苦労している。
少しでもお手伝いしたいと思い、時々通っている。
今回は畑を耕すのと、草刈りと、草引きを手伝わせてもらった。
野菜ご飯
おばあちゃんの野菜をたっぷりと使った野菜だけの料理をオラが拵える。
肉も魚も卵も砂糖も使わない料理に喜んでくれた。
実は味噌と塩は持って行ったけど、それ以外のしょうゆや酢などの調味料もなしで料理した。
あるもので、素材の味を活かして料理する。
調味料がないところでは特に、腕がなるぜ。
また10月ぐらいに粟の収穫をお手伝いにいけたらと思う。
一緒に行きたい方はお声をおかけ下さいね〜

category: おでかけ

tb: --   cm: 2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。