宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

3日小屋  

人間はどれほどの大きさの家が必要だろうか?
どれぐらいに費用で、どれぐらいの時間で家を建てることが出来るのだろうか?

スモールハウス1
とりあえず、思いついたが吉日。
というか、畑がサルにやられて農作業をする気持ちが薄れてしまったのだ。
サルのおかげで、スモールハウスに着手できることになった。
ありがたい。
前の晩はどんどんひらめいてほとんど眠れなかった。
しかも「1日で建ててしまおう!」と無謀なことも平気で出来ると思っていた。
人間はいつでもバカになれる。
バカな奴って怖いものなしだね。
とりあえず、家に残っている材木をかき集める。
そして適当にコンクリ土台(コロ)の上に型枠を拵える。
スモールハウス2
ほとんど計りもしないで、水平だけ見てビスで止めてゆく。
本職大工が見たらかなり、びっくりするだろう。
スモールハウス3
なんとなく片屋根の小屋に。
柱が細いのでグラグラ。
ひとりなので木材を支えるのが大変だ。
スモールハウス4
余っていたドアをもらってきて取り付ける。
屋根も無いのにドアが付いた。
この姿も面白いかも?
スモールハウス5
壁を1面張って、なぜか床張り!?
って、なんとなく床張りをしたかったのだ。
床張りは楽しいのだ。
スモールハウス6
イノシシ除けで使わなくなったトタンをもらってきて屋根を張る。
穴があちこちにあいているが、トタンを重ねたり、アルミテープで塞いだりする。
雨漏りもご愛嬌。
実際、今住んでいる家も10カ所以上雨漏りがしているのだ。
スモールハウス7
壁の屋根も出来て小屋らしくなってきた。
中の広さは1.5×2.0m。
大人が2人寝れるぐらいだ。
スモールハウス8
壁は少し前に家の解体を手伝った時にもらった天井板や床材を使う。
黒くなっていい味を出している。
適当に張っているので、ジグソーパズルの用だ。
たねのいえ
家の名前は「ときめき たねのいえ」
シードバンクにも活用できればと思う。
みんなで力をあわせてタネを守っていかないと、ヘンテコな経済に巻き込まれて、心身共に蝕まれていくことになる。
スモールハウス7
友達にもらった建具を取り付ける。
友達が引っ越した家の屋根裏にたくさん古い建具が残されていたのだ。
オラにとっては大変ありがたく貴重なものだ。
スモールハウス8
ちゃんとスライドして開きようにした。
これにはかなり手間がかかったが、いろんなひらめきのおかげで出来上がった。
まだ一カ所思案中で閉じていないところがあるが、だいたいの完成だ。
1日で建てようと思ったが、3日かかってしまった。
でもすっごくワクワクして楽しかった。
シコクビエ干し
さっそく収穫したシコクビエを干す。
雑穀を干している小屋の姿は立派に見える。
床にはもらってしたムシロを敷いた。
寝転がると気持ちいい。
中も充実させて快適にしたいと思う。
図書館&カフェとしても活用したい。
みんなでギュッと固まって、宇宙会議をしましょう!!
スモールハウス9
畑にポツンとスモールハウス。
1坪ほどの小屋を建てるのに3日ほど。
道具はノコギリ、インパクトドライバー、玄翁、メジャー、平行計。
費用はオラが今回使ったのは2500円。
父親から木材のカンパをしてもらった。
後、結構残っていた木材があったので、費用を抑えることが出来た。
人間が住むのにはあと、トイレ、風呂、台所が必要かもしれない。
風呂は薪風呂に、夏は川で水浴び。
トイレはコンポストトイレ(これから低予算型を開発予定)。
台所は薪はなんぼでも転がっているので七輪とロケットストーブで充分。
後は太陽クッカーが便利。
畑の周辺に果樹や木の実を植えれば生で齧るだけでいいので火もいらない。
野菜も生で齧ればいい(ローフード)。
まあ、不食でもいい。
灯りはソーラーランタンを使う。
寝起きするだけならこの小屋で充分だ。
何千万も掛けた家に住まなくても人は充分に生きていける。
小さいので暖房にかかるエネルギーも少ない。
家族や恋人とくっつき合えば暖かい。
ものも置けないので自然と少なくなる。
買わなければいけないものが本当は非常に少ないことに気付く。
目の前が畑なので朝起きた時も気持ちいい。
いつでも野菜と一緒にいれる。
本当の幸せとはなんだろう?
幸せはお金で買えないことは誰もがすでに気付いている。
豊かさもお金の量では計れない。
オラはいつもワクワクしていることだと思う。
そして過去の後悔も未来の心配せずに、今を真剣にまっすぐ生きることだと思う。
なんだかんだ悩みを抱えていても生きているだけで非常にありがたい。
生きていればなんでもひらめきを形に出来るチャンスがあるのだ。
お金も儲けなくても生きていけることが本当の生活の安定では無いだろうか?
心臓が波打つたびに、生きている幸せを噛みしめたい。
誰もかもっと楽テンに気軽に楽しんで生きていけるのだ。
お金を使う贅沢なんてたかだかしれている。
スモールハウスの生き方。
それは自給自足の面白さの第一歩。
技も知識も無いオラにも出来たのだから、誰にでも出来る。
なんでも、遊びに変えてしまえばいいのだ。
ヘタでもいいのだ。
それが今の自分そのものだから、それを抱きしめて愛してあげればいいのだ。
ありがとうございます。
スポンサーサイト

category: 雑仕事

tb: --   cm: 0

残り穂たばね  

粟箒
粟の脱穀がようやく終了しました。
脱穀した後の穂がもったいないので
束ねて箒を作ってみました。
なかなかデカイ(メグルが持つとさらにそう見えるが・・・)。
でも、結構細かいゴミも掃ける。
耐久性がどうだろうか?
前から雑穀の穂がもったいないと思っていたので、
箒に何とかなったのは嬉しかった。

category: 加工品作り

tb: --   cm: 0

天ピザ  

ピザ
天然酵母のピザを夕食に作りました。
トマトピザソースもうちのトマトを太陽クッカーで煮詰めて作りました。
これが、おいしい!!
ピザ2
オーブンでカリッカリに焼いて、頂きま〜す!!
具は茄子、かぼちゃ、納豆。
意外に焦げ納豆がおいしい。
もっとベジチーズの研究をしないとね。
納豆は使える。
浜納豆も載せてみたが、やはり味噌味が濃い。
お餅とナットウをあわせて焼くとチーズの味がする。
今度はこれでいってみよう!!
ピザは自分で作るとかなり安上がりだ。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

トントンゴシゴシ  

モチアワ
今日は最高の秋晴れなので
モチアワを再度シートの上で天日に干して脱穀をする。
もちあわ
今年のモチアワ。
なかなかの出来。
あわたたき
板の上で木槌で叩く。
粟擦り
それでも取れないものは
手作りの洗濯板でゴシゴシ擦る。
脱穀粟
脱穀した粟。
手間がかかるけど楽しい。
トントン、ゴシゴシが続く。
今日は半分ほどできた。
明日は残しの半分をしようと思う。
体験したい方はおこしください。(午後からの予定です)

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

お日さんの力  

タネほし
いろんなタネを干したり、発酵させたり。
干しキュウリ
余っているキュウリはスライスして干す。
葉してからきゅうちゃん漬けにする予定。
ゆでとうもろ
ソーラークッカーでモチトウモロコシを茹でる。
ギラギラお日様の時は料理がどんどん出来る。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

コロコロ収穫  

むかご
今年はムカゴは豊作だ〜
山芋も大きいのが出来ているかな〜
今度掘ってみよう!!
ムガゴご飯大好き。
楽しみだな〜

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

近くまで来たら  

粟師匠
家族で飯高の温泉施設スメールに来たついでに
雑穀の師匠を訪ねる。
今日はちょっと目の具合が悪いようだった。
粟、タカキビ、はと麦、小豆が干されていた。
とてもよく働く。
自給自足はやることがいっぱいだ。
少々体の具合が悪くても、休む間もない。
でも、ずっと元気でいてほしい。
もっといっぱい教わりたいことがある。
来年からはうちの手伝いにきてくれるって言ってくれている。
うれしいな〜

category: おでかけ

tb: --   cm: 0

もちもちもろこし  

赤モチトウモロコシ
赤モチトウモロコシの収穫しました。
紫モチトウモロコシはサルに全部食べられちゃって、今年は種継ぎさえ出来ませんでした。
残念。
でも2種類は種継ぎで来たので良しとしましょう。
赤モチトウモロコシは鮮やかで美しい。
茹でモチトウモロコシ
モチトウモロコシは少し早めに収穫すると
甘みこそ少ないがとても味わい深くおいしいのだ。
少し色がついてくると固くてモチモチどが超アップする。
でもそれでも歯牙んでいるとなかなかいける。
メグルも大好物だ。
甘いだけのトウモロコシばかりになってしまった現代。
本来のおいしさを知ってほしいと思います。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

  

大豆
大豆の実が入れ始めました。
そろそろ枝豆の季節ですね。
じゃが
米袋マルチじゃがいも栽培。
なかなか順調です。
草も抑えれて楽々。
紫色のじゃがいもです。
茎まで紫色、そして紫色の花が咲く。
みんな繋がっているんですね。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

白いジュウタン  

そばの花
そばの華が満開です。
そばの花2
日本ミツバチがたくさん飛んでいます。
来年は巣箱と作って置きたいですね。
年越しソバが打てるといいな〜

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

昔の暮らしの提案  

マーケット全貌
松阪オーガニックマーケット
鈴成り
今回は鈴成り市と合同開催。
シルバーウェークですごい人だった。
ピキニキ
初出店のピキニキベーグルさん。
天然酵母、無農薬小麦のベーグル専門店。
麻炭パウダーも使っています。
粉挽き
庭先養鶏ロン農園さん、石臼粉挽き体験。
子供たちが粉挽き初体験でとても喜んでいました。
綿繰り
亀さんの綿繰り体験
糸車2
糸車で糸練り体験
糸車
入れ替わり立ち替わり、たくさんの子供達が体験してくれました。
こういう昔の道具を使って、手作業の楽しさを味わってほしいと考えています。
マーケットはただ商品を売るだけではない。
人間らしい本来の生きる喜び体感して、
「生きるって楽しいことなんだ、嬉しいことなんだ」と気付いてほしい。
ローカルでスロー。
助け合う社会を創ってゆくために出来ることをどんどん提案していけたらと思っています。
ソーラークッカー
ソーラークッカーで黒豆茶を沸かして、振る舞いました。
みんな興味津々でした。
太陽ありがとう!!
こいでさん
今度の松阪市議会議員選挙に出る、こいでさんも遊びに来てくれました。
ずっと森林ボランティをしている方で熊森の活動も応援してくれています。
とても素敵なおじさんです。
自然豊かで明るい地域の創造、イキイキとする子供たちの社会を共に創っていきたいです。
是非、松阪市の方は応援ください。

マーケットに来て下さった方々、出店者の方々、本当にありがとうございました。
今の末期症状の社会に抵抗すること無く、自分たちで地域一丸と成って助け合い、自然農自給自足の永続的な農を柱として心身健全な暮らしを提案し、実践していきましょう。

category: イベント

tb: --   cm: 0

シッポいっぱい  

霜担ぎ
一番晩生の粟が穂を出しました。
しもかつぎ
もじゃもじゃの毛が生えていてかわいいです。
動物のシッポみたい!!
さるくる
サルの大群が来て
茄子、トウモロコシ、キュウリ、サツマイモ、落花生、かぼちゃ・・・
かなり食べられちゃった。
育つのは時間がかかるけど、なくなるのは一瞬ですね。
畑から目を離せない。
でも、秋がイベントづくし。
サルに農業を教えてあげたい。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

極上の出汁  

スギタケ
雨の降る前に山に入ってスギタケを取りに行ってきました。
今年は去年より少なめでしたが、チョコチョコと生えていました。
うれしいな〜
自然の恵みは本当においしい。
スープ
すぐに痛んでしまうので
オイルで炒めて小分けにして冷凍保存にすることにしました。
いい香り〜
そして、極上に旨味。
今度のなちゅらるマーケットで味わえるようにしようと思う。
お楽しみに〜

category: 加工品作り

tb: --   cm: 0

おいシイの実  

シイの木
伊勢の徴古館の周りには大きな大木のシイの木が生えている
シイの実2
たわわにシイの実が実っている
実りが早いものと遅いものがある。
そして良く実っている木とほとんどなっていない木がある。
年や木によってなり具合が違うようだ。
シイの実
ころっと弾丸のような形のシイの実。
スダジイとツブラジイがあるようだ。
エグ味も無く生でも食べれる。
栗のような甘みがある。
ドングリ拾い
家族で夢中になって拾う。
風が吹くとパラパラッと落ちてくる。
落ちてすぐのものは黒光りしている。
メグルも蚊に刺されながらもお手伝い。
シイの実3
1kg以上は拾えました。
ポットに蒔いて苗を作ったり、
フライパンで煎って食べたり、
ドングリクッキーやドングリご飯もしてみようと思う。
熊森の活動としてもう1度10月初め頃に拾いに行こうと思う。
参加したい方はご連絡下さい。
日本の潜在植生の森とどんどん復活させていきたい。
それが豊かな星を子供たちに残せる方法だから。
そして、ドングリの食べ方やおいしさも伝えていけたらと思う。
アイタケ
ドングリの森にアイタケが生えていた。
おいしいキノコだ。
ラッキー!!

category: おでかけ

tb: --   cm: 0

いつもいつのまにか  

音楽
美杉むらのわ市
曇りがちのスタートだけど
いつの間にかとっても素晴らしい秋晴れに。
素敵な音楽が響く。
亀ちゃん
亀ちゃん、たっぷりと盛り上げてくれてありがとう。
きのかふぇ
おむすび屋 きのかふぇ
地球食
おいしいヴィーガンカレー 地球食
トクさん
素朴なおいしい焼き菓子 おやつや109
文庫とくるり
オラは物々交換 くるり
むらのわ文庫
野菜
そしてちょこっと野菜と苗を売っていました。
いつもあっという間に時間が過ぎる。
「今」をみんな一緒に楽しく豊かに
思いつきをどんどん実行する
そんな場がここにある。
ありがとうございます。

category: イベント

tb: --   cm: 0

麻ことのはなし  

大麻神事
阿波忌部氏当主の三木さんのお話会が水屋神社にて行なわれました。
まずは神事が行なわれました。
大麻の講演
たくさんの人が集まり
三木さんのお話に耳を傾けていました。
オラは別の打ち合わせでざんざん話を聞けなかったけどね。
麻開きの時代がすぐそこまで来ている。

category: イベント

tb: --   cm: 0

最後の収穫?  

雑穀干し
飯高町の雑穀の師匠であるおばあちゃんのうちにお手伝いに行く。
モチキビの脱穀、調整。
モチアワの天日干し。
おばあちゃんは体の調子が悪くなったので
今年限りで長くやってきた雑穀の栽培を止めるそうだ。
非常に残念だ。
なるべく、手伝いに来れるようにはしてきたが、
やはり少し離れているのなかなかたびたびに来れない。
畑があるとどうしてもやりたくなって無理をするのでご家族と相談し手放すことになったそうだ。
雑穀のおばあちゃん
モチアワの天日干し。
穂を愛おしそうに眺めるおばあちゃんの笑顔がとても輝いていた。
でもまだまだ研究はあきらめていない。
細々と雑穀とは付合っていくことかと思われる。
雑穀の魅力を教えてもらったオラは本当に感謝している。
農業のことだけではなく、厳しく辛い人生を淡々と生き抜いてきたおばあちゃんの語る1言1言が人生格言に聞こえる。
誰でも歓迎し、感謝し、奉仕する姿勢に心打たれる。
たくさんの人に接して聞いて欲しいと思う。
オラがうきさとで学校をする時には先生としてきてもらう予定だ。
受け継ぐべきものがまだぎりぎり残っている。
失う前に見つけてともに再び光を与えていきましょう。

category: おでかけ

tb: --   cm: 0

赤と青  

赤と青
赤モチアワと青粟(アオネ)の収穫をしました。
今年は6種類の粟を栽培しました。
残るはあと1種類の収穫だけだ。
これから大量の脱穀作業だ。
多くの人に粟のおいしさを伝えていければと思う。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

お初にお目にかかります  

カマキリ抜け殻
カマキリの脱皮あと。
抜け殻を初めて見た。
形がそのまま残っている。
オラもさらに一皮むかないと。
新たな風が体の内から吹きあがってきている。

category: 生きものたち

tb: --   cm: 0

長い首  

鶴首かぼちゃ
大鶴首かぼちゃの収穫をしました。
超長い首。
今年は植えた本数にしては少ない収穫。
去年よりはいいけど。
まあ、コツコツたねとりしてこの土地に合うようにしていきましょう。
形が好きだから残していきたいかぼちゃだ。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

あっという間に日が落ちて  

モチアワ収穫
モチアワの収穫をしました。
明日から5日ほど雨模様らしいので、今日しかないのであ〜る。
モチアワ収穫2
穂刈りしてひもでしばって、束ねてゆく。
もちあわ
ずっしりと重たい穂にニッコリ。
束ねた穂は家の中にすべてつり下げました。
すごく見応えのある天井に。
まだ、赤モチアワとアオネ粟の収穫が残っている。
モチキビ脱穀
モチキビの脱穀もしました。
どうしてもここ3年ほど実入りが悪い。
空の粒がたくさんあって、ゴミ飛ばししたら収量が少ない。
もう少し穂が熟れてから収穫する方がいいのかもしれない。
来年はもっと面積を増やしてみよう。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

畑探訪 夏の終わり  

ソバ
福井県大野在来ソバがスクスク成長中
いんげん
ツルなしインゲンが芽を出す
なす1
しましま茄子
なす2
まる茄子
長崎長なす
長崎長なす
クロピー
大好きなクロピー
これは忘れないようにたねをとらないと
去年たねとり忘れていて、シワシワになった「これかな?」っていうピーマンから種まきした。
なんとかクロピーが繋がって良かった
ニュークリーム
ニュークリームピーマン
シロピーって言ってもいいかも?
今年お初です。
たねとりしていないので、弱い。
これから鍛えないと。
チビピー
チビピー
豊産種。
かわいくて甘くておいしいパプリカ
ごぼう
ごぼうが茂ってきた
紫もち
紫モチトウモロコシの穂が出てきた
シコクビエ
シコクビエわさわさ
もちあわ
モチアワ収穫そろそろ
しもかつぎ
しもかつぎ粟はまだ穂が出て来ない
かなり晩生の品種だよ
マリーゴールド
あちこちでマリーゴールドが咲き始める
いんげん
いろいろインゲンタワー
花が咲き始め、蜂がぶんぶん飛びかっている
藍
こぼれ種の藍
こちしはしっかりとタネをとて
来年はスクモが作れるぐらい栽培したいと思う
さつま白レイシ
さつま白長レイシ
穂曲がり
穂曲がりのタカキビ
今年たくさん植えようと思っていたが結局10株ほどになってしまった。
ちび黒
ちび黒大豆が花を咲き始めた。
小さいけど早生じゃない。
今年は手入れをしっかりとしたので、少し多めに収穫できるとイイネ。
ご米と一緒に手軽に炊けるので人気がある。
さつまいも
さつまいもが茂ってきた。
半分は干しいも用。
オクラの花
オクラの花
スターオブデイビット
切り口星形で大型のオクラ
スター・オブ・デイビット
八升豆の花
八升豆の花が次々と咲く
八升豆
八升豆の実も膨らみ始める
南国の面白い豆だよ。
里芋
里芋も茂ってきた。
ここは3年間植えっぱなしの実験中。
横からとれるだけ小芋だけを収穫している。
大豆
いろいろ大豆が茂ってきた。
味噌、醤油が今年も作れると言いな〜
玉ねぎ苗
気合いを入れて玉ねぎ苗作り
2ヶ月前から草を積んで土作りをしてきた。
1000本ほど植えたい。
食い荒らし
ハクビシンが色々と食べ荒らしている。
罠を仕掛けたけど、賢いのか全然捕まらない。
ホーリーバジル
ホーリーバジルが花盛り。
乾燥してティーにしたいね。
ツリガネニンジン
ツリガネニンジンがたくさん畑の斜面い咲いている。
金時豆
金時豆の実が膨らみ始めた。
ほおずき
今年は大きめのフルーツほおずきも植えた。
でも、動物に食べられてひとつの味わえていない。
困ったな〜
ジャングル畑
うちはジャングル畑。
生物多様性が野菜を育てている。
野菜を探すのが大変だが、それが楽しい。
畑自体が元気いっぱいであることがとても嬉しい。
見ているだけでなんだかこちらも元気になる。
うちに見学来てくれる人もみんな気持ちいいって言ってくれる。
いろんな菌、草、虫に感謝したい。
まだまだオラは未熟で心が行き届かないところがあるが、
これからの楽しみがたっぷりあるのでいつもワクワクしている。
畑はアートだと思う。
宇宙人がUFOからうちに畑を見た時に
「わお〜、地球って豊かで美しい」って言ってくれるようにしたらいい。
自然のそのままの仕組みと循環を使うだけでいい。
その中に入ってゆるり指揮をとり、美しく優しい音楽を奏でればいい。
オラはとても幸せだ。
やりたいことをやるって頑張らなくていい。
だからとてもラクチンだ。
ありがとうございます。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

夏の光  

太陽玄米
スカッと晴れたなら
太陽クッカーで玄米も炊ける。
おいしく炊きあがりました。
太陽に向けて放って置いただけでご飯が炊ける。
何とも便利なツールだ。
うちには2台あって
1台目が台風にさらわれて少し変形をして軸が折れちゃった。
でも、瞬間接着剤で付けたら使えるようになった。
薪も拾わなくても料理が出来るので、山生活には、、、
いや都会でもビルの屋上でたっぷり料理が出来ちゃうんじゃないかな?
最近ヨーロッパでは太陽熱発電がよく取り上げられている。
太陽光発電より効率的らしい。
でも、やっぱり直接身近なところでエネルギーは使う方が効率がいいような気がする。
光は光のまま、熱は熱のまま使うのがいい。
変換するたびにロスが出るから。
送電線も長くなるほどロスが大きくなり、周辺に電磁波をまき散らすことになるから。
とりあえずなるべく使わない生き方をするのが1番だね。
空気中のは電気(エネルギー)が溢れている。
そこから直接取り込めるようになるだろう。
もう、素晴らしい技術を隠し立てする時代は終わるでしょう。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

貴重な晴れ間  

あわ
粟を干す
きび
黍を干す
ひえ
稗も干す
アマランサス
アマランサスも収穫した
貴重な晴れ間を活かす
雑穀の収穫と天日干し
これからどんどん脱穀作業だ。
次の晴れ間にはモチキビの脱穀とモチアワの収穫をしようと思う。
体験したい方、ご連絡下さい。
都合が合えば一緒に脱穀と触れ合いましょう。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。