宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

つぶつぶ収穫  

モチキビ収穫
雑穀の収穫始まりました。
まずはモチキビ収穫です。
先の数粒が茶色に熟れたら収穫します。
粒がこぼれやすいので早めに収穫します。
モチキビ収穫2
20本ずつぐらい手稲にハサミで収穫してヒモで束ねます。
来年は作付けをもっと増やしたいですね〜
モチキビの束は1週間ほどハウス内にぶら下げて乾燥させます。
天気の良い日に脱穀する予定です。
稗と粟
稗と1品種の粟も収穫しました。
これからどんどん収穫、乾燥、脱穀作業です。
体験したい方はお訪ね下さい。
粟の収穫は9月5日前後になる予定です。
スポンサーサイト

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

まとめ採り  

色々かぼちゃ
でかぼちゃのところに植えていた様々なかぼちゃの最後の収穫。
一輪車山盛り1杯ありました。
そうめんかぼちゃ、スクナカボチャ、バターナッツかぼちゃ
それぞれ特徴があっておいしいよ。
家中かぼちゃでいっぱい。
かぼちゃだけで暮らしていけるかも?
マーケットなどで販売する予定です。
いろんなかぼちゃを是非お試し下さい。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

何のタネ?  

コンニャクのタネ
これは、コンニャクのタネです。
コンニャクをタネから増やしてみようと花を咲かせたのです。
大量生産できそうな量が採れました。
タネから育てると面白い奴が出るかもしれません。
なんでもタネから挑戦!!
面白い発見は自然にはてんこ盛りだよ〜

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

味わって〜  

木琴堂
松阪飯南町の天然酵母のパン屋さん「木琴度」にて
おらんちの自然農の野菜を販売しています。
野菜販売
パンを買うついでに是非味わってみて下さい。
シンプルに味わうのがとてもおいしいです。
毎週木曜日の昼頃においています。
よろしくお願いします。

category: 野菜販売

tb: --   cm: 0

ニミペラ版  

通信
たねと歩く通信最新号が出来ました。
今回からA4に切り込みを入れて
本のようにペラペラめくるバージョンにしました。
前回のむらのわで農のおまとめ本を作ろうと思ったけど時間が無く、
今回の通信でだいたいのオラのやり方や気付いたことをまとめさせてもらいました。
でもね、常にひらめきが起こるのでどんどん進化していきます。
その都度、全部公開していこうと思います。
誰でも手作業でお金をかけずにおいしい野菜を自給できる方法をどんどん発信していゆきます。
「命のこと」「生きること」「潜在意識、観念」「この世と、あの世、宇宙のつながり」も書きまくります。
なお、今回から発送はしません(強烈な要求が無い限り)。
通信費がかかり、ヘンテコな市場経済に巻き込まれるので。
今まで一方的に送らせて頂きましてありがとうございます。
切手のカンパもありがとうございました。
丁度切手が切れたのも縁の切れ目?
今後は手渡しで渡します。
マーケットやイベントでお声をおかけ下さい。
くだらないことを大真面目に。
遊び足りないと感じるような生き方ではもったいない。
何をするにも世界をひっくり返すぐらいでなくてはね。
今後ともよろしゅうに。

category: 書き物

tb: --   cm: 0

大鍋二杯  

でかぼちゃ1
でかぼちゃを食べることにした。
まずは洗う。
流し台にいっぱいいっぱい。
危ない
入刀!!
意外に柔らかくてサクサク切れる。
入刀
タネの部分が大きいのであまり肉厚ではなかった。
スープに
半分を鍋に切っていれたが
すでに山盛り。
スゴい量のスープの量だ。
少し若かったのか甘みが少なかった。
もう少し置いて熟成させた方がいいかも。
近所の友達などにスープをおっそ分けしまくった。
でもまだまだ冷蔵庫のタッパーにぎっしりと。
体の中がかぼちゃになって、皮膚も黄色くなってくるかも?
メグルはむっちゃ喜んで食べてくれたので、まあ良しとしよう。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

パリパリ&ふかふか  

麻炭パン
最近パンを焼くときは必ず麻炭パウダーを入れている。
砂糖無してフカフカに焼き上がる。
酵母がとても元気になる。
その上麻炭を入れるとグルテンフリーと同じ効果があると言われている。
確かに食べたあとも胃が重たくない。
実はうちのオーブンはサーモスタッド機能が壊れているので温度が上がりっ放しになる。
しかし、それがいいみたい。
外がちょっと焦げるが、それがカリカリになってうまいし、中もフワフワだ。
翌日になってもそれが維持される。
メグルも喜んで食べている。
うちの酵母は小麦酵母で何回でも少し生地を残して、新しい小麦を食えれば永遠にパンが焼ける。
酵母自体は7年ぐらいは種継ぎをしているがどんどん強くなっている。
友達にも結構分けたりした。
元気に生きているかな?
小麦と塩と水だけのパンはとても味わい深い。
是非、自分でパンを焼いて味わってもらいたい。

category: 天然酵母パン

tb: --   cm: 0

大量なす  

茄子のオイル漬け
毎日大量の茄子が収穫できる。
去年は干し茄子を作ったが
あまり利用する機会がなかった。
冬になるとなぜか茄子を食べる気がなくなる。
それが自然なことなのだろう。
しかしもったいないので、
今回は茄子のオイル漬けを作ってみることにした。
茄子の皮を一部むいて、1口大に切る。
塩揉みをして、重しをして3〜4時間。
その後水気を絞って、3倍に薄めた酢水で1分ほど茹でる。
その後少し天日で干すなど水気を切る。
それを潰したにんにく、タカノツメなどど共に瓶に詰め込み
ヒタヒタになるまでオリーブオイルを注ぐ。
1ヶ月ほど熟成して食べ頃となる。
パスタに和えるとおいしい。
楽しみだな〜。
おいしかったらまた作ろう!!
茄子もまだまだ採れ続けるだろうから。

category: 加工品作り

tb: --   cm: 0

人と人  

ほほえみ会
人間は1人では生きていけない?
完全に自給自足。
でもそれって、つまらなくないだろうか?
エゴや感情にとらわれてしまったりと人間は非常に厄介だし
うまくコミュニケーションが出来ずに
初対面の固定観念にとらわれて「決めつけ」が起こると
それを払拭することはなかなか難しい。
大人になるとなかなか仲直りが出来なくなる。
プライドや意地が邪魔してくるから。
大人は子供に対して「だれとでも仲良くしなさい」って言うけど、
1番それが出来ていないのが大人なんだよね。
誰かを集団で「いじめる」ことで仲間意識を持つということが最近よく起きているけど
本当はそんなこと誰もやりたくないんだよね。
「おかしい」と思っているし、全然気持ちよくないんだよね。
写真は地域の集まり「ほほえみ会」のものだ。
地域の人と心地よく繋がることが助け合える社会の1番の近道だ。
オラは変人だけど、それなりに受け入れてもらえている。
あまりに周りと違いすぎると、以外に楽なのかもしれない。
いや観察するのが面白いのかもしれない。
摩訶不思議な生きもの?
人間は本来は1番変な生きものなのだ。
他の動物と全然違う。
サルから進化したという進化論なんで全くのウソなのだ。
自然を壊すのも、活かすのも自由だ。
唯一笑うことの出来る生きものだ。
欲があるのも珍しい。
いろんな自分で作り出した観念(現実)の中で喜んだり、文句を言ったりとかなり忙しい。
いつも何かを探している。
幸せとか自由とか?
心配したり死を恐れたり、起こりもしていない未来のことまで思いを馳せる。
今、ココに生きていることをなおざりにしていたりもする。
こんな生きものは他にはいない。
オラ達は何のためにココにいるのだろうか?
何か大いなる計画があるのだろうか?
何か計画があるのか?と思わせているだけで何もないのだろうか?
そんなことをわざわざ考えていることすら変な生きものの証拠だ。
結局何も分からない。
でも奇跡であると思う。
自分の体を見るだけでも、たくさんの奇跡の固まりだと思う。
「生きる」ってすごいことだと思う。
細胞や血の巡り、微生物の働きを見ると奇跡としか言えないほど巧妙だ。
ひとつでもバランスを崩せば、病気になり、死に至る。
まあ、それも思い込みであるかもしれないが。
どう生きていけばいいかということはわからないが、
いまココで生きていることだけが現実である。
その「命」をせっかくなら輝かせて、
ともに生きている多の命と美しいハーモニーを奏でたい。
自分に出来ることが今あるのだから、それをコツコツとやってゆく。
ひらめきをユーモア交えて実践してゆく。
笑える変な生きものなのだから、おおいに周りを笑かし、与えてもらった素晴らしい手足をいっぱい使って多くの人に喜んでもらえたらと思う。
ありがとうございます。

category: イベント

tb: --   cm: 0

雑穀と混植  

陸稲
陸稲の穂が実ってきました。
虫にやられて直立しているものも目立ちますが。
モチキビ
モチキビの穂は豪華です。
ずっしり。
混植
大豆、落花生、陸稲、モチキビを混植しています。
いろんな野菜や穀物が一緒に生えている畑はにぎやかで楽しいです。
大豆の花
大素の花が咲き始めてきました。
赤モチアワ
赤モチアワの穂。
フタマタ粟
アオネ粟の穂の中に二股のものを見つける。
かわいいですね。
パラマキ粟
定植せずのパラマキしただけの粟。
穂は小さきなりますが、穂の数は多い。
どちらのやり方が収量がいいのでしょうか?
後は管理がラクチンなのはどちらか?
まだ分からないことがたくさんです。
箒モロコシ
箒用のモロコシも育ってきました。
箒の材料にするにはもう収穫しないといけないかも?

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

ソバまき  

ソバまき
使っていなかった空き地に貝化石、米ぬか、矢部菌を蒔いて耕して
台風の雨の前にソバを蒔きました。
品種は福井県の大野在来。
蒔いた後に、刈った草を全体に敷き詰めました。
暑い日の昼間にしていたので少しくらくらしてきましたが
無事にやり終えました。
うまく発芽するといいな〜
米袋マルチ
ソバ畑の横でも実験。
使い古した米袋がいっぱいたまっていたのをマルチとして使ってみることに。
米袋をマルチ止めで押さえて、植えるところにカッターで穴をあけてジャガイオの種芋を植え付けました。
さてどうなるでしょうか?
なんでも思いついたことを実践できるのはありがたいことです。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

ごそごそ動物  

小豆
小豆が育ってきて
小豆の花
黄色い花を咲かせています
とうもろこし
高知トウキビもスクスクと大きくなって
とうもろこしの穂
穂を出し始めました
赤モチトウモロコシ
赤モチトウモロコシは早めに植えたけど
生育が遅れて今頃実り始めた
高知トウキビと交雑する可能性が出てきたぞ。
ニラと蝶
ニラの花が満開で
蝶がとまっている

ココの畑には何やら小動物が住んでいる模様・・
ごそごそと走ったので
追いかけたけど
捕まえられなかった
でも巣らしきものは見つけた。
なんとかして捕まえないと
トマトが全然食べれない。
全部食べられちゃって、たねとりも難しくなってきた。
なんだかこの地域ではハクビシンが増えているみたい。
姿ははっきりと見なかったが、たぶんハクビシンかアナグマだろう。
飯高ではアライグマも見つかっているそうだが。
年々動物害がひどくなっている。
森の生きものが飢えているのかもしれない。
それとも戦後の日本人と同じように生活スタイルが変わったのかもしれない。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

ようこそ、うきさとへ  

川遊び
福島から我が家へお泊まりにきてくれました。
保養ステイは終わったけど、是非うきさとへ来たいと言ってくれました。
嬉しいことです。
川遊び
一泊だったけど
朝から川遊びを楽しみました。
出発
またいつでも遊びに来てほしいです。
今年の冬はこちらからも福島へ会いに行こうと計画中です。

category: 命と向き合う

tb: --   cm: 0

シロイヒゲ  

出穂
早生いろいろ米が出穂し始めました。
美しいノギが風に揺れています。
パラマキはまだまだ経験が必要のようですが、
穂が出ると嬉しいものです。
ありがとうございます。

category: お米と向き合う

tb: --   cm: 2

ごろごろり  

ゴロゴロかぼちゃ
デカイかぼちゃがたくさん採れました。
家の中でゴロゴロしています。
白いキュウリ
白いキュウリ?
なんだか交雑したもよう。
ヘンテコ野菜が増えてきた。
たねとり今後どうしていこうかな?
まあ、食べてみて判断かな?

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

うきさと満喫  

ふくしまうきさとステイの8日間
福島の子供たちをお呼びして低線量地での保養を長期休暇を利用して初夏冬に開催しています。
今回はオラが住んでいるうきさとにてたっぷりと遊んでもらうことにしました。

朝ヨガ
朝はラジオ体操とヨガ。
朝ヨガ2
ボランティアスタッフとしてきて下さった方がヨガを10年以上やっているようなので
みんなで挑戦してみることにしました。
朝ヨガ3
太陽礼拝から
朝ヨガ4
オラも参加。
体がかなり緩みました。
気持ちいいです。
朝ご飯
ご飯は毎回薪で炊きました。
でかぼちゃ
巨大かぼちゃの収穫を手伝ってもらいました。
でかぼちゃ2
ずっしりと。
収穫の喜び〜味わう
麻炭
麻炭も焼きました。
麻炭2
缶に詰めてボウボウ燃える薪の中に焼べました。
麻炭3
いい感じに出来上がり。
粉に挽いて微生物を添加しようと思います。
そうめんながし1
そうめん流し〜
冷や麦だったけど・・・
ツルッとシコシコ
おいしい麺だった。
そうめんながし2
どんどん流す。
いつも食べ過ぎてしまうのだった。
そうめんメグル
ブドウも流れてきた。
メグルも大喜び。
川遊び
川遊び〜
水が冷たいのにみんなどんどん飛び込む。
川遊び2
毎日飛び込んでいた。
子供はいつも元気いっぱい。
自然の中に来るとゲームしているのはもったいない。
七輪かき揚げ
料理も七輪と薪で。
かき揚げもカラッと揚がるよ。
海へ
海へ行く前に記念撮影。
ボランティアスタッフはココで交代。
パーティー2
ミニ盆祭りを開催。
子供たちの手作りの出し物いっぱいです。
近所の方も差し入れも持って駆けつけてくれました。
本当に嬉しかったです。
ありがとうございます。
麻炭ホットケーキ
麻炭入り顔つきホットケーキ
今回は麻炭をたくさん提供して下さったので
麻炭入りの出し物が目白押し。
麻炭味噌やきおにぎり
麻炭味噌を塗った焼き鬼斬り
麻炭たこ焼き
麻炭たこ焼き
ちょこバナナ
麻炭千代子バナナ
トウモロコシ
近所の方が持ってきて下さった無農薬の茹でとうもろこし
パーティー
パーティーは大盛り上がり
美味しいものがいっぱいだけど
見ているだけでお腹がいっぱいに
かみしばい
お腹がいっぱいになったので
カミシバラーみきさんの紙芝居
紙芝居2
ちょっと怖いお話だった
花火
紙芝居のあとは花火
たのしいことが連続〜
カミシバラー記念
翌朝カミシバラーが帰るので
みんなで記念撮影
ありがとうございます。
海水浴
海水浴に。
海水浴2
みんな大はしゃぎで飛び込む
日陰
大人は日陰でゆっくりと
海水浴3
かき氷がおいしい!!
自転車野郎
大阪から自転車で来た若者が再び自転車で帰ってゆくので
みんなで記念撮影
いってらっしゃい
頑張って峠を越えてね〜
いってらっしゃ〜い
読み聞かせ
絵本の読み聞かせタイム
お手伝いに来てくれた三重大の教育学部の学生にやってもらいました。
緊張してたけど、いい経験になったみたい。
もちろんオラも読んだよ〜
ダンス
子供たちがダンスをならっているので
披露してもらいました。
とっても上手だった。
最後の朝ご飯
最後の朝ご飯。
なんだかあっという間だったな〜
記念撮影
そして最後の記念撮影
みんないい顔をしているな〜
本当に来てくれてありがとう。
またね〜
また、冬もくるよ〜っていって帰っていきました。
喜んでくれて本当に嬉しかった。
たくさんの人の支えがあってこそ、無事にうきさとステイを終えることが出来ました。
福島原発は今棚にも解決されないままです。
東京オリンピックやリニアよりやることがあります。
国には任せておけません。
一人ひとりが出来ることを結集するときです。
国や経済に頼らなくても生きる力を取り戻していくべきです。
自然はいつも我々に必要なものをすべて与えてくれています。
自分に正直に、魂のままに、ともに楽しんで生きていきましょう。
今後も保養ステイを続けていきます。
出来る範囲のご協力よろしくお願いします。
ありがとうございます。

category: 命と向き合う

tb: --   cm: 0

うきさとステイ  

むらのわチャリティー
美杉むらのわ市にて
ふくしまうきさとステイのチャリティーバザーをしました。
4500円の寄付がありました。
ありがとうございました。
タネに関するDVD上映は7名の参加でかなり濃すぎる話が出来ました。
今後も企画していきますのでよろしくお願いします。

category: イベント

tb: --   cm: 0

朝焼けUFO  

IMGP5709.jpg
急に空の色が変わったので撮影した
そしたら空に巨大な火の玉が映っている。
撮影した空は南西にだから、太陽ではない。
月も沈んだあとのはずだ。
と言うか、今は満月じゃない。
その後何枚かとったがもう写らなかった。
はっきりとファインダーから光の玉が見れたのを覚えている。
雷がなって急に雨が降ったので早起きしたのだ。
何かのメッセージなのかもしれない。
この1、2年で世界は大きく変わる。
この世界の原理(真理)に気付いた人も、取り残された人も全部消えていくのかもしれない。

オラは自分の未熟さや社会的常識の囚われを実感することが最近起きた。
オラは基本自分勝手だし、無責任である。
農場を見学したい人、自然農に興味のある人にはすべて自分の気付いたことは教えている。
自給的な暮らしをしたい人、この集落に住みたい人にはできるだけ協力したいと思っている。
ひとりこの村に住んで自然農を学びたいという人がやってきた。
最初は穏やかで一緒に農作業をしたり、いろんな話を楽しんでいた。
しかし急に態度が急変した。
もともと持っていた精神的な波なのかもしれないが、どう対処したらいいのか分からない。
小さいころに傷ついたこころがトラウマになっているのかもしれない。
何が本当の常識なのかは分からない。
国が変われば常識が非常識になったりする。
最初にその人に会ったときから、少し違和感があった。
自己中心、依存、甘え。
でも、決めつけずに相手のいいところが自然農に触れているうちに伸びていけばいいかな?と思っていた。
むらのみんなも仲間として受け入れようとしていた。
出来る限りのことはしてあげたいと。
先日いくつかトラブルがあって、オラは非常に胸が詰まる思いで少し強く言ってしまった。
大したことがないと思ってしまえばいいのかもしれないが、
他の人の家で同じことが起きたら、責任が取れない。
すべての人と仲良くしたい。
でもこんな小さなむらで起きたこともうまく対処できないことに唖然とする。
なんだか非常に情けない。
同じ人間なのに分かり合えないなんて、
野蛮な地球人はもう1度滅びた方がいいのかもしれない。
現代人は心も体も病み過ぎている。
そろそろ限界が来ている。
まあ、オラは生きれる限り生きるし、
未熟さの中でも精一杯出来ることには務めたい。
一緒に住むにしても、別れるにしてもお互い気持ちいいものにしたい。
皆さん応援して下さい。
ありがとうございます。

category: ひとり戯言

tb: --   cm: 0

毎年1年生  

雑穀の穂が出て参りました
シコクビエ
シコクビエ
粟
粟(あわ)
きび
黍(きび)
ヒエ
稗(ひえ)

今年は7月の始めが雨が多くて日照不足だったので背丈が伸びずに穂が出始めました。
土の養分が少なかったのか?
すぐに栄養成長に入ったようです。
黍の出穂は例年と変わらないけど
粟は早すぎるし、稗は株が張る前に穂が出てきた。
どうしたものだろうか?
毎年分からないことばかりだ。
直播き法がいいのか、定植法がいいのか?
まだどちらともいえない。
1年に1度しかできないので自分の気付きはのろのろ歩きだ。
でも、雑穀は大好きだ。
今後もじっくりと付合ってゆく。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

夏の食料  

かぼちゃ
かぼちゃゴロゴロ
なす
少し遅れたが茄子も実り始めてきた
収穫
茄子、キュウリ、ピーマン、ズッキーニもたっぷり
毎日の収穫が嬉しい!!
ばらんす
草と野菜の絶妙バランス
百姓は大地の指揮者だ
畑は百姓のアートだと思う
野菜も草も元気でイキイキして
自然のあるがまま美しさは誰をも虜にする
放ったらかしにして何もしないのではなく
何もしなくて暮らせる仕組みのもともとなっているのだから
その循環をうまく見つけて使うだけでいい
自然の溢れる命の輝くと自分の命をひとつにすればいい
最近、オラが気付いたことがある
そでは
野菜1株1株に対する思いがまだ足りないことに。
もし完全に♡を注ぐことが出来れば
全種類1株ずつ(特に果菜類は)で食べていけるようになるかもしれない
それだけの実りを与えてくれるのではないか
そうすれば、超小面積でOKになる
どんどん面白くなってきた
自然の力、自分の力の未知なる部分が多すぎることにワクワクする
まだまだこれからだ

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

美杉の森の中で  

ボリビア
美杉の森の音楽祭に遊びに行きました
ボリビアの支援をしている団体が主催しています
森の音楽祭1
ボリビアの音楽と食べ物が盛りだくさん
250人以上来て非常ににぎやかだった
森の音楽祭2
オラも踊りまくりました
汗だく〜
楽しかった
野菜
友達が野菜を販売していた
うちから分けたタネで育った野菜が色々とあった
こうしてしっかりと育ててくれる人があると非常に嬉しい

category: イベント

tb: --   cm: 0

危険!!猛暑!!  

むらのほしまつり
飯高の廃校になった小学校で第1回「むらのほしまつり」がありました。
うちの出店しました。
超猛暑でみんな倒れそうだった。
大掛かりなイベントのわりにはお客さんが非常に少なく
ま〜暑すぎるからかな〜
家からでない方は無難だしね。
出店者もみんな赤字だったのでは・・・。
結構みんな遠くから来ているみたいだったし。
友達が主催だったけど色々と課題の残る祭りになったしまったと思う。
じゃんべ
ライブは盛り沢山だった。
かなり踊りまくったよ
裸遊び
メグルも裸で遊びまくり
一緒に踊りまくった
めぐるは喜んでいたのでよかった

category: イベント

tb: --   cm: 0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。