宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

思い切って  

本
本をまたまた数十冊処分しようと思う。
整理していたら
「やっぱりこれも置いておきたいな〜、読むかもな〜」とコレクター欲が・・・。
なかなか思い切って処分できない。
どこかで古本市を出来ないかと考え中。
本好きは止まらない。
2日1冊は読んでいるかも?
本を手放すときオラは本当の自由を手に入れるかも?
って、読んでいる割には内容が頭に入っていない。
ものを減らしていくことでどんどん自由になってゆく。
何もなくても不安がないのが1番最強。
あってもなくても囚われなければいいだけかもね?
何事も気にし過ぎなのだ。
あっけらか〜んと生きればラクチン。
読んだ本どんどん回していきます。
欲しい方どうぞお持ち帰り下さい。
残ったものはどこかに寄付できればいいな〜。
いいアイディアお持ちの方お知らせください。
スポンサーサイト

category: シンプルに

tb: --   cm: 2

空飛ぶナス  

青ナス
青ナスが大量収穫。
すごく野性的になった。
自然農でたねとりしているの+オラの思い込みパワー。
青ナスはとろける味わい。
とても美味しいので毎日食べている。
干しナス
たくさんたまってきたので、干しナスも作ってみることにしました。
たこさんウインナー風と輪切り。
どちらが上手に出来上がるかな?
干し野菜にしておけば保存が効くだけでなく旨味もアップ。
天気もよく乾燥した風が吹いているのでいい感じ。
無駄にしない昔からの知恵だな〜

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

はじけパン  

ぱん
小麦酵母のパンはやっぱりうまい!!
それに元気いっぱい。
手間いらず。
軽量全く無し。
材料は小麦と塩を水だけ。
小麦の味がしっかりと味わえる。
シンプルこそがすべての料理に合う。
オラのパンは意外に味噌汁に合う。
味噌とオリーブオイルを混ぜたものに付けるとハマる。
食べ過ぎ注意!!

category: 天然酵母パン

tb: --   cm: 0

モンシロ蛾?  

蛾
美しい蛾が庭にいた。
自然界のすべては完璧で美しく出来ている。
人間も同じである。
あるがままに自分の音色を思う存分奏でればいい。

category: 生きものたち

tb: --   cm: 0

強い風が吹いたら  

くるみ拾い
くるみ拾い〜楽しいな〜うれしいな〜
強めの風が吹いたらいつも拾いにいく
コロコロ川沿いに落ちているが誰も拾わない。
たぶん、青い果肉のついた実だとクルミって分からないひとが多いんだろうね。
しかも、青い果肉が腐ると茶色になって落ち葉と同じ色。
よく探さないと見落としてしまう。
茶色い果肉を落として、洗って乾かして保存する。
でも、まあ殻を割るのが大変。
オーブンで少し焼くと割れ目が出るが、割れ目が出ないやつも多い。
そうやって硬い殻で大切な発芽に必要な栄養を守っているのだろう。
美味しいから必死に割るけどね。
もう少し拾えそう。
明日も見に行こう。

category: 自然風景

tb: --   cm: 0

2穂目  

ヒエ2番穂
ヒエの2番穂が出てきました。
1番穂より小さいけど、少しは採れるかも?
粟紅葉
粟刈りがほぼ終了して、
刈った後葉が赤く紅葉しました。
秋の装いで何だか美しい。
タカキビ2番穂
タカキビの1番穂を刈り終えたら
2番穂が出てきて花が咲いています。
1度刈っても2度も出てくるなんて、雑穀はやはり生命力があるな〜
稲はこうすぐには次の穂が出て来ないからね。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

生き残り  

白菜
白菜が大きく育ってきました。
ほんの少ししか生き残っていないけど。
まあ、仕方ない。
今年はコオロギとバッタが大発生だから。
少しでも食べれたらありがたい。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

ぐええ〜〜〜  

アケビ食う
アケビの皮を齧って・・・
メグルは初嘔吐き!!
やはり苦かったようだ。
中身もタネが多いのか、すぐに吐き出した。

category: めぐるめく

tb: --   cm: 0

でかナスどっさり  

なすたね
たねとり用のナスを熟れた順番に収穫中です。
いろんな茄子の種が今年もとれそうです。
交雑したのか、先祖帰りかよく分からないものも何種類かあります。
気に入ったものから固定化していこうと思います。
いろいろささげ
ササゲもいろいろと採れ始めました。
かわいいね。
小豆
小豆も初収穫。
これからどんどん茶色くなってきたサヤから収穫してゆく。
小豆はとても人気があるので今年は大量に蒔いた。
収穫が大変だ。
だけど、ワクワクする。
オラ自身もあんこが好きだし、みんなに喜んでもらえる。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

武者ぞろい  

ヴォルヴォックス
四天王寺会館で開催中のライスプティングの展示会にお出かけ。
伊勢木綿で作った素敵な服がたくさんぶら下がっていた。
武者
津の町をブラリとしていたら
武者行列に出会う。
服は全部手作りらしい。
メグルも一緒に記念撮影。
津祭りで何かしら演技を披露するらしい。

category: おでかけ

tb: --   cm: 0

荷台遊び  

絵本読み
車の荷台がメグルの遊び場になっている。
今日は絵本読み。
またあんまり興味無さげだが。
メグルは外遊びが大好きだ。
ハイハイできるようになったのでいろんな所に自分で行っていろんなものを掴んでいろんなものを口に入れて勉強したいのだ。
自然に学ぶ姿は本当にすごい。
オラは何も教えることはないと思う。
楽しんで生きる後ろ姿だけでも見せればと思う。

category: めぐるめく

tb: --   cm: 0

パカっと  

アケビ
アケビの口が割れてきた。
さっそく食べる。
う〜ん甘くて美味しい。
タネが多いけど、野山にププププって飛ばしておけばまた生えてくるだろう。
しばらくは楽しめそうである。
1度皮も料理して味わってみたい。

category: 自然風景

tb: --   cm: 0

ホシテホシテ  

干しスギタケ
干しスギタケ完成!!
いい香り〜。
黴びることなくうまく出来ました。
いい出汁が出るかも?
このままで食べてもいいおつまみになりそう。
干しキュウリ
取り遅れたキュウリを切って干す。
前回も干してキムチ風にしたら美味しかったのでもう1度作ろうと思う。
梅干し
ようやく最後の1樽の梅干しが干せました。
今年は本当に天気が悪かった。
天気がいいと作業がぐんぐん進む。
たねも採ってどんどん干せる。
でも雨も必要。
すべてはバランス。
起きることにいちいち一喜一憂、文句ばかり行っても仕方ない。
なにが起きてもうあるがままに受け止めて、感謝を忘れずに楽しみにしてしまえばいい。

category: 加工品作り

tb: --   cm: 0

  

操法発表会
操法発表会に選手として参加。
うちらの地域は年寄りが多くて出動できるひとが少ないので
一人何役もこなすのが当たり前だ。
前回は1番員でしたが今回は指揮者。
1回しか練習していないので、少し間違っちゃったけど、まあ良しとしましょう。
今度頼まれたらもう少しは上達するかもね。
他の地区の人たちは気合いが入っていました。
土日に返上で晩も遅くまで取り組むようなことかは謎が残るけど。
もっと社会が良くなることに地肉を注いだ方がいいんじゃないかな?
初戦は方法は競争に過ぎないのだから。
競わない、争わない、比べない世の中にこれからなってゆく。
運動会やコンクールというものも無くなっていくことだろう。
本読み
待機休憩時間オラは本を読む。
小池龍之介さんの「しない生活」。
ひとは煩悩だらけだ。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

いい加減さバンザイ  

苗なし
丁寧にタネを蒔いた大根と
丁寧に苗を育てて植えたところは全部コオロギにやられてしまいました。
100株植えて苗ほぼ0。
とほほ。
ぱらまき
草が生えているところにパラマキした大根、カブ、菜っ葉は
超元気!!
虫食いも感じられない。
丁寧にするほど欲の塊になるからか?
その欲を自然界は見逃さない。
パラマキは育った分だけを頂くシステム。
何も期待しない。
あるがままだ。
オラにはやはりパラマキが合っているみたいだ。
宇宙は楽して生きろ。と教えてくれている。
望まず、求めず、比べず、競わず、急がず・・・。
ダタ、知っていればいい。
すべて必要なものはいつでも与えてくれていることを。
ありがとうございます。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

カクテルモロコシ  

金時豆
9月蒔きで金時豆に取り組む。
ここでは春に蒔いてもなかなかインゲンが採れない。
7月蒔きと9月薪にしている。
そうすると梅雨の影響もなくカメムシの影響も少ない。
じゃがいも
秋ジャガの芽が出る
キャベレタ
キャベツとレタスは仲良くお隣さん
まこも
でかいマコモタケが採れたよ〜
下大豆
沖縄の大豆はやはり晩生だがいっぱいサヤが付いてきたよ〜
とうもろ
高知の在来トウモロコシも実りの時期を迎える
ゆでトウモロ
ちょっと収穫して茹でて味見だ。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

自然農御用達  

ハッピーヒル
福岡さんが開発した「ハッピーヒル」の穂が出てきました。
でもイナゴに茎を齧られて結構穂が枯れてしまった。
今年は水田ではなく陸稲(畑)栽培にしてみました。
タネ分ぐらいは採れるかな?

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

試しに  

草切り鎌
試しに買ってみた草切り鎌。
土の中に突き刺して草を根から刈ることが出来る。
そうしても地下茎ではびこる草があって
その対策に使ってみることにした。
刃は短めだけどかなり頑丈に出来ているようだ。
なかなか使えそうだ。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

ただ見守る  

そば
お〜そばの華が満開に
そばの花
かわいい小さい白い花
インゲンジャングル
いろいろインゲンはジャングルのようになった
まだらささげ
まだら模様のインゲンもある
いろいろ蒔いたので名前を覚えていない
大根
大根も少しずつ大きく育ってきた
ぱらまき
カブなっぱ大根のパラマキ
いい具合に生えてきた
今年で秋のパラマキは3年目
藍の花
こぼれ種から育った藍は濃いピンク色の花を咲かせている
タネをとって来年はきちんと栽培しよう
ジャングル畑はいつも豊かだ

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

採取生活  

清流
待ちに待ったきのこ探しハイキングだ〜
ご近所の友達と美しい清流沿いをトコトコ歩いてゆく
きのこ探し
山が崩れて道無き道も多い
手入れの行き届いていないスギ、ヒノキの単一林の弱いところ
倒木もかなりある
もったいないね〜
小さき世界をのぞく
雨が降ってコケが一気に伸びる
小さき世界
小さき世界は何ともかわいい
少ししゃがんで目を近づけば世界は変わる
スギタケだらけ
お〜っっっ!!
見つけた〜スギタケだ〜
しかも超大群落!!
感動の光景だ
スギタケ
スギの葉の間からニョキニョキ生えている
スギタケ
採ったど〜!!
大物だぜ。
メグルの大喜び!?
いや、あんまりよく分かっていないか・・・。
あ〜でもいい香り〜
オラはスギタケは松茸より美味しいと思う。
いい出汁が出る。
取り放題
取り放題だぜ。
みんなでゴミ袋4袋分ぐらいゲット!!
結局多過ぎて採りきれなかった。
竹かごいっぱい
竹かごいっぱい。
きのこが重いってスゴいね〜
古道具屋で買った竹の背負子が大活躍だった。
干しスギタケ
雨が降って水分が多かったので早めに消費をしないと。
とりあえず干しきのこ作りと佃煮作りをしました。
スギタケごはん
スギタケごはん!!
ゴロゴロたっぷりスギタケだらけ。
いい香り〜
スギタケパーティー
昼食はみんなでスギタケづくし。
それぞれが採れたスギタケで作った料理を持ち寄った。
何とも贅沢だ〜
自然の恵みに感謝。
頂きま〜す。
うまい、うまい、どれも最高!!
なんて幸せなんだろう。
大地の恵みを分かち合う仲間がいる。
分け合えばすべては満たされて豊かになれる。
宇宙はそのように出来ている。
必要以上のものを得る為に争う必要などない。
自然が豊かであれば採取0円生活も可能だ。
いや、人類誕生からのほとんどは元々採取生活だった。
必要以上に大地を耕して搾取を続けてきたからどんどん貧しくなってきたとも言える。
「生きる」とは本来単純だ。
幸せは求めるものではない。
ただ今ココに「ある」ものなのだ。
そのことを今日はタップリと教えられた。
子供たち
子供たちも元気にはしゃいでいる。
食後は絵本の読み聞かせをした。
大好きな11ねこシリーズ。
絵本ってなんて素敵で面白いんだろう。
ムラはどんどん面白くなってくる。
アホなことをするほど面白くなってくる。
オラ達が変なのではなくて、今の社会が狂っているのだ。
生きるのを楽しまないなんて、何ともったいないことだろう。
せっかく懇願してこの星に生まれてきたのに。
何も心配せずにただやりたいことをやればいい。
ちょっと見方を変えれば起こることはすべてチャンスでしかないのだ。
ありがたい、ありがたい。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

民映研の上映案内  

さて、本年2回目の上映会の開催です。
作品は民族文化映像研究所の 豊松祭時記です。
澁澤寿一さんがゲストとしてお越しいただきます。

ご興味のある方は是非ご参加と、ブログやホームページなどで
ご案内を頂ければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

開催場所 「岡田屋」さん
住 所:三重県亀山市西町438
時 間:平成26年10月25日(土) 13:30~(上映時間は94分です)
(会場の定員は20名ほどです)
ゲスト:澁澤寿一 さん
(上映後 ゲストとのお話会と映画の振り返りを行います)
参加費:1,200円
問合先:杉谷知也
電 話:090-7035-4265
E-Mail:whitenut@alles.or.jpもしくはder-walkurenritt@docomo.ne.jp
FB https://www.facebook.com/#!/tomoya.sugitani

注意事項:
① 会場は駐車場が少ないため、公共交通機関でお越しください。
② 問合せは、昼間は仕事のため電話に出ることができず、メールでお問い合わせいただけるとありがたいです。
③ 参加申し込みについては必要ありませんが、試食の用意など事前に申し込みいただけるとありがたいです。(飛び込み参加も歓迎です)

◎◎◎上映作品紹介◎◎◎

豊松祭事記(民族文化映像研究所 映画作品6) 94分

広島県の東部、岡山県との県境の山地にある豊松(とよまつ)村。この村は標高400~500mのうねうねとした準平原にある。そのうねりのひとつひとつに「名(みょう)」とよばれる集落がある。数軒から十数軒の集落であり、家の前には水田と畑、背後に山林をもち墓地をもつ。名とは、古代から中世にかけて日本に発達した社会組織だが、豊松村では、現在でも社会生活やまつりにそれが生きている。
これは、日本における中世的な古風さを偲ばせる豊松村での一年間のまつりを、農耕生活と対比させながら記録したもので、作業は7年間に及んだ。
ここでは、一年間におびただしい数のまつりが行われる。火や水、大地、樹木、動物に対しての祈り。また、人や家の繁栄を願うまつり、祖先のまつり。あるいは作物、特に稲の豊作を願う行事などである。
作物の豊作を願う行事は、正月2日畑に鍬を打つ「小鍬初め」と11日田を打つ「大鍬初め」にはじまる。そして田植え時期、水口の田に栗やウツギの枝を立ててモリキを作り、サンバイ様を迎える。サンバイ様は田の神であるが、豊松では盆前に「サンバイあげ」をして山へ帰っていただく。
豊松のまつりをみていくとそれが季節、あるいは生産行為に対応しているだけではなく、この村の社会組織の展開と対応していることにきづく。正月から春にかけては家のまつりが中心であり、春から秋にかけては名のまつりが現れ、総鎮守鶴岡八幡宮の秋の大祭では名が集まった8つの郷の集合体のまつりになる、というふうにである。まつりと社会組織の関係をこれほど構造的に教えてくれるところは少ない。
祖先がワサダ名という名の名主であり、農業を営む内樋恭昌さんは言う。「コンニャクは土の中に住むものですから……」。農業とは土の中に住むものを育てることであり、それを基礎に日本人の生活と文化の基層が培われてきたことを、豊松は改めて教えてくれる。

category: イベント

tb: --   cm: 0

デカきゅう対策  

干しキュウリ
摂り遅れたでかいキュウリが溜まってきたので
干しキュウリにしました。
天気のいいうちにカリカリに。
食べてみると結構甘みがあって美味しい。
でもほんのちょっぴりになる。
しかもカリカリになってザルに引っ付いて取りにくくなった。
カリカリになる前にモミほぐしておいた方が良さそうだ。
なんでも加工して無駄をなくす。
せっかくの自然からの頂き物だからね。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

つぶつぶ仕事  

アワの穂
立派なアワの穂
1回目のアワ刈りでまだ少し熟れていないところを刈って干していました。
今年の出来は去年より良かったです。
まあ、去年は台風にやられ、草に覆われたからね。
それに鳥も来たし。
粟脱穀
トントン叩いて脱穀。
その後は洗濯板でスリスリ。
毎年やっているから作業も手際よくなってきた。
アワ
脱穀したアワの粒。
まだここからゴミ取りをする。
台風が来る前に脱穀だけをしておこうと思った。
細かい作業は農作業が一段落してからだ。
農業年中休みなし。
でもオラは年中思った通り動いているだけで年中休日だと思っている。
だからいつも楽しく、自由である。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

青空に稲干し  

はさ掛け
昨日残った分をの稲刈りをして干しました。
今日は仕事が休みの父が手伝ってくれました。
親子で農作業するのも楽しいです。
パラマキという極端な方法をやることを許してくれていることにも感謝しています。
農家出身だったら「普通にやれ」って怒りそうだもんね。
経費と労働を捻出して
お米が採れたら感謝ではなく
「儲かれへん」とぼやく。
人間は本当に愚かだと思う。
雨が降ったら雨が多いといい、
晴れが続いたら雨が欲しいと言う。
無償で与えてくれているものではなく、金で買えるものばかりに目がゆく。
当たり前の自然の恵みがどれほど素晴らしいものか、もっと気付くべきではないだろうか?
自分の手足で出来ること、出来る範囲で暮らす。
自然をよく観察して、生きる糧を頂く為に最小限の手を入れさせてもらう。
そうすれば自分の地球もラクチンである。
子供や孫になにを残すか?
お金ではなく、素晴らしい自然と永続可能な農と手仕事を残せばいいと思う。
この美しい地球とともに人類仲良く手を取り合って生きてゆく技を伝えればいい。
他に何も必要なものはない。

category: お米と向き合う

tb: --   cm: 0

夏の名残  

しもかつぎ
すっかり気候は秋めいてきました。
今日は秋分の日だしね。
シモカツギ粟の穂が垂れてきました。
本当に収穫は霜が降りる頃になりそうです。
鶴首
おそがけに鶴首南瓜が実ってきました。
たねを何度まいても鳥やネズミにやられてしまったので
今年は採れないかと思っていました。
まあタネは去年のものはワンサカありますけどね。
野性ズッキーニ
宇宙野性ズッキーニ。
オラが勝手に名付けた。
いろんなズッキーニを自然交配させてその中からものすごく野性的なものだけが選抜たねとりしてきました。
今夏無茶苦茶恐ろしいぐらい野性的なやつが現れる!?
3株ぐらいあるのでそれらからたねとりをしようと思う。
どんどん野性的になってゆく。
おもしろいね。
つるぼ
畦にツルボが咲いている。
風にゆれて秋風を呼び込んでいる。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

磯の香り  

あおさパン
あおさ入りの天然酵母パンを焼く。
2回目だけど、これがなかなかいける。
しかも味噌汁のとてもよく合う。
オラはカリカリに焼いたパンを味噌汁に浸して食べるのが大好きだ。
あおさパンだと最高びっくりに美味しい!!
あおさパンの後、めかぶパンも焼いてみた。
これもかなり美味しい。
海藻とのコラボパンはなかなか開発の余地あり!と笑みが漏れる。
梅干しパンやたくあんパンなと漬け物パンにも手を出してみたい。
アホなことを実践するからこそ世界が変わるのだ。

category: 天然酵母パン

tb: --   cm: 0

親子稲刈り  

稲刈り
早生いろいろ米の稲刈り始まりました。
いろんな品種が混じっているので
高さがバラバラ。
抱っこ稲刈り
抱っこ稲刈り。
かなり大変。
そして足腰を鍛えられる?
稲束
刈った稲束。
収穫はいつでも嬉しい!!
稲刈りメグル
メグルもお手伝い?
オラは後ろでひたすら稲刈り。
おやつ
おやつの時間
りんごの丸かじり
昼寝
そしてパラソルの下、昼寝。
メグルは王様だ。
はさ掛け
刈った稲束は天日に干す。
はさ掛けだ。
そうして逆さまに干すと稲藁の養分がモミに降りて美味しくなるのだ。
はさ掛け2
はさ掛けのある風景を田舎に残してゆく
パラマキ田んぼは
モミを蒔いて、刈るだけ。
稲刈りは鎌で行なう。
時間はかかるが、コンバインで刈るよりものすごく効率がいい。
それに実りの喜びがヒシヒシと感じられる。
コンバインは燃料もいるし、コンバインを置いておく場所も必要になる。
鎌なら手があればいいし、どこにでも置いておける。
時間が10倍かかっても、エネルギーはほぼ0。
大掛かりな機械やシステムがなくても充分に手作業で食べていけるようになっている。
無駄に働いて(使う分以上のお金を稼いで)無駄に消費することで回る経済なんて止めてしまえばいい。
どうせそんなものは一時的なもので続くはずがないのだから。
今在るものに感謝して、大自然や宇宙の仕組みのままにお任せすればいい。
そうすれば体も心もラクチンに生きていける。
様々な狂った社会に植え付けられた観念を手放す時が来たのだ。
私たちは元々完璧で無敵で自由なのだ。
だからそのように生きればいい。
ジャングル畑で今日の実りを頂き、とりあえずアホみたいに笑って暮らせばいい。

category: お米と向き合う

tb: --   cm: 0

凸凹ウリ  

にがうりめぐる
ニガウリにもう少しで手が届く
メグルは野菜が大好物
少し下痢気味だけど食欲はものすごい
ズッキーニやアカモーウイがお気に入り
ごはんも大好き。
美味しいものには目がない
はじけニガウリ
ニガウリがはじけて
何とも芸術的だ
自然は本当に美しい
百姓は芸術家だと思う
大自然の指揮者である
野菜、草、虫、微生物を豊かにして
いろんなドラマをあるがままに見つめる

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

お金のいらない祭り  

たねのまつり
今年もたねのまつりを開催します。
10月29日10時から、場所はおらん家です。
なんと、平日です!!
ますますコアな人しか集まらないぞ。
交換するタネか手作り品を持ってお越し下さい。
ルールはありません。
参加費も出店料もいりません。
お金がなくても楽しめるけど、
ガッポリと稼いでもらってもいいです。
すべては来て下さる方の良心と天にゆだねます。
ワークショップや思いついたことを形にして下さい。
いつもながらどうなるか何も分かりません。
とりあえず1日ゆったりと過ごして頂ければ嬉しいです。
なんとなく気が向いたらお越しくださいませ。

category: イベント

tb: --   cm: 0

どんどん進化  

つかまり立ち
ハイハイが始まった思ったら
もうつかまり立ち!?
はやい!!
日々変化してゆく。
オラも毎日新しく生まれ変わる。
一緒に歩いて散歩できる日も近いな〜。

category: めぐるめく

tb: --   cm: 0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。