宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

詐欺?  


自動車保険の落とし穴 (朝日新書)自動車保険の落とし穴 (朝日新書)
(2008/06/13)
柳原 三佳

商品詳細を見る


自動車保険金は出ないのがフツー (幻冬舎新書)自動車保険金は出ないのがフツー (幻冬舎新書)
(2010/07)
加茂 隆康

商品詳細を見る

読むのも嫌になってきますね。
万が一の時のためにかけている自動車保険。
しかし、いかにして払わないようにするかが損保側の腕の見せ所。
難癖や言いがかりをつけて、時には脅しまで。
高い保険料を払わせ続けているくせに、これでは何のために入っているのか分からない。
自賠責だけに1本化した方がいいのでは?と思えます。
自賠責を対人、対物無制限、搭乗者障害補償3000万にすればいいのです。
その他の特約やロードサービスが欲しい人が任意保険にさらに入る仕組みにすればいいのです。
今のままでは二重取りに近い。
中古車で車を買ったので、いろいろと保険のことを調べてみたのです。
任意保険には入ったのですが、
パソコンでちょいちょいといろいろと要らない保証を削ってもらうだけで
2万円以上の安くなりました。
最初に1番高い保険料を提示する。
相手が何も知らないと思って泣き寝入りして、高い保険に入らせるのが常套手段なのです。
こちらもある程度知識で武装?するしか無いのですね。
口のうまい損保側と対峙するためには、こちらも賢くならないといけないです。
いざというとき保険が下りなければ、結局は意味が無いですが。
保険料を払っていても不払いなら、単なる詐欺に近いですからね。
とにかく、事故を起こさないように超安全運転するしかないです。
それでも起きたら、もう仕方ないです。
人間の不安につけ込む商売の保険、オラは決してやりたくないですね。
どんどんダメ人間になっていきます。
そういうのが嫌で鬱やノイローゼになって保険会社をやめる人も増えているようです。
本当に考えれば考えるほどおかしな商売です。
スポンサーサイト

category: おすすめ本

tb: --   cm: 0

更新停滞  

ブログの更新が止まっていますね〜
なぜなら、デジカメが壊れてしまったのです。
最初は望遠が効かなくなって
そしてシャッターも下りなくなってきました。
精密機械もんは壊れたらどうしようもない。
手放しの時期が来たのかな?
まあ、誰から使わないデジカメが来るかもしれないし。
写真なしで、新しい方式のブロブにするものいいかもしれない。
結局はローテク、手作業が1番効率がいい。
みんないつから原点に戻っていくのかもしれません。

category: 書き物

tb: --   cm: 0

ただそうなる  


宇宙を味方にする方程式宇宙を味方にする方程式
(2006/03/09)
小林 正観

商品詳細を見る

宇宙はいつも味方です。
宇宙との繋がりを絶たなければいいだけです。
頭では理解できない奇跡は毎日毎瞬起きています。
それが宇宙の法則です。
なぜそうなるのかは分からない。
だからお任せしてしまえばいいのです。
淡々と素直に生きているだけでいいのです。
思い道理にならないのは「人生は思い道理に行かないもの」と思っているからです。
すべては単純明快です。
自分が思ったように宇宙は働くのです。
自分が作り出した幻に縛られていつも文句を言っているだけです。
つまらないから、そんなことやめればいいのです。
生きたいように生ければいいのです。
人のために全部尽くせばいいのです。
それが自分を磨き上げることに繋がるのですから。

「そ・わ・か」の法則「そ・わ・か」の法則
(2007/04/17)
小林 正観

商品詳細を見る

掃除、笑い、感謝。
それだけで人生はどんどん楽しくなります。
「ありがとう」の言葉の力には驚かされます。
とにかく分かりやすくとても良い本です。
子育ても部分は大変参考になります。
あとがきのマザーテレサ病院での話は目頭が熱くなります。
生きていればいろいろと不都合なことが起きますが、みんなそれを経験したくてこの世に生まれてきたのです。
だから怒ったり、イライラしたり、暴言暴力に訴えたりせずに、穏やかに笑いと優しい言葉掛けで対応していきましょう。
そうしてゆくと、自分も周りも素敵になっていきます。
そして最後には自分と他人という境が無くなるでしょう。
それは宇宙となって生きることです。
無限の愛なのです。
本当に生まれてきてよかったですね。
ありがとうございます。

category: おすすめ本

tb: --   cm: 0

久しぶりの開講  

料理教室
松阪にて久しぶりにローフードの料理教室を開講しました。
久しぶりにお会いできた人、あちこちでお知り合いになった方々が来て下さいました。
春は解毒の時です。
ほろ苦い山菜やナバナが美味しいです。
これから暖かくなるので酵素たっぷりの食事を摂り始めるのにはとても良い時期ですね。
ローフード
とても春らしいランチが出来ました。
ローフードはよく噛むので、お腹がとても満足します。
大人になったらそんなにたくさん食べなくてもいいのかもしれません。
成長盛りの子供たちは自分で食べたいものや食べる量をきちんと知っています。
好き嫌いではないのです。
ただし、高度に加工されたものや瀬高度に精製されたものは体を蝕むので大変危険です。
シンプルで新鮮な季節のものを食べていれば間違いありません。
健康は意外にも簡単なんですね。
料理教室に参加下さった皆さんありがとうございます。
今後もいろんなスタイルの料理教室を開催していきたいと思っています。
一緒に生きることを楽しんでいきましょう。

category: 料理教室

tb: --   cm: 2

首都出没  

大都会
おお〜中学校の修学旅行以来の東京だ〜
まさか生きているうちにくるとは思っていなかった
蘇生
なんと東京で蘇生プロジェクトの恩送りフェスタのパネリストの1人として招いて下さったのだ。
ど田舎のいち農家が東京の壇上に上がってお話するとは夢にも思わなかった。
世の中は市も何が起きるか分からない。
面白いね〜
畑のこと、野菜のこと、タネのこと、加工品作りのことなどお話させてもらいました。
オラの日頃の何気ない生活が東京に方々には珍しいのかもしれませんね。
でもオラに特別な能力がある訳ではない。
昔の人が当たり前にやっていたことを昔の人の何倍も楽しんでやっているだけ。
農業は辛くはない。
農業でお金を稼ごうとするからどんどん辛くなるのだ。
大量生産しようとするから、しんどくなるのだ。
そしてゴミが増えて、自然が破壊されるのだ。
ありのままでいい。
与えてくれる分で満足すればいいだけのことなのだ。
今回の講演では宇宙、エネルギー、精神論、人生論、哲学などは極力省いて、畑の話に終始させました。
なんだか、自然とそうなりました。
いつも話す内容も、何もかも決めていないので。
天(内在神)にお任せしています。
木内さん、村上先生、白鳥監督のお話は大変素晴らしかったです。
地球は蘇生します。
もちろん人間なしでも何百年か経てば。
でもせっかくだから、人類の叡智を結集してみんなで地球に恩返ししていきたいですね。
そうすれば瞬く間に星は光を取り戻し、ますます人は宇宙全体のことを思い行動するようになることでしょう。
後援会に来て下さった方々、本当にありがとうございます。

category: イベント

tb: --   cm: 2

ずっと自分を好きでいられるために  


自分を生きる学校―いま芽吹く日本のデモクラティック・スクール自分を生きる学校―いま芽吹く日本のデモクラティック・スクール
(2008/07)
デモクラティックスクールを考える会

商品詳細を見る

子供たちのやりたいことをやり続けるパワーの凄さは誰もが知っている。
本当は大人だって同じなのだ。
無理矢理やりたくないことをひたすらやらされているので、社会や国家、地域、環境のせいにしているだけなのだ。
責任感の無い人たちがどんどん増えてゆく。
自分で選んで好きなことを自由にやっている人は他人や社会の責任には出来ない。
どんな結果であれ自分自身で摘み取らなければならない。
怠けた分は自分に帰ってくるだけ。
大人は子供を自由にしたらとんでもないことになるのではないかと危惧するが、
実はそんなことは起こらない。
勉強をしないで漫画ばかり読んでゲームばかりしているのではないか?
しかし、漫画やゲームから歴史や文字や計算を覚えてゆく。
勉強しないと好きなことは続けていけないのだ。
周りから何も言われなくとも自然に学び取ってゆくのが自然な子供の姿である。
押さえつけるから反抗するのであって、自由にしていれば素直に自らの力を発揮しながら生きてゆく。
問題は周りの大人が勝手な都合や心配で手を出さずにじっくりと待てるかどうかだ。
「待つ」「見守る」は非常に重要である。
子供自身が学びたいと思った時の意欲と集中力は驚くべき者である。
既存の学校のように毎日何時間も、そして何年間も教室の椅子と机に縛り付けることなどまるで無い。
そんなことをしたら逆に学ぶことを嫌いになってしまうだけだ。
時間割で区切られて、興味が出たことを深く追求することも出来ない。
学校から帰っても習い事が多過ぎて自分の時間をほとんど持てない子供たちも多い。
オラもそんな1人だった。
学校も、習い事もみんな好きではなかった。行きたくなかった。
でも、みんながやっているからそれが当たり前なんだと無理矢理に自分を納得させていた。
嫌々ながらやっていたからか、全く身になっていない。
全部綺麗に忘れてしまったし。
もし覚えていても、今の生活に何の役にも立たないだろう。
今は畑の野菜や草、小さな生きものたちに学んでいる。
そして無限の宇宙に溶け込んで遊んでいる。
やりたいことをひたすらやっている。
そしていつも真剣に今できる限りの精一杯の愛を注いでいる。
だから自分を好きにいられる。
だから幸せである。
何も今の学校をすべてやめてしまえと言っている訳ではない。
そういう既存の学校でも楽しめる子供もいると思う。
でも合わない子供もいる。
だから子供に選択できるようにさまざまな学校があってもいい。
重要なのは社会に出た時に自分の力で人生を切り開いて楽しんでいけるかである。
競い合い奪い合うのではなく、話し合いで平和的に解決するスキルを持ち、協調、協力し、与え合う社会を創造してゆくことである。
本当の意味でも「生」を高め合えるようになってゆくこと。
それがこれからの地球を本来の美しい姿を取り戻してゆくことにも繋がってゆくだろう。
オラもこの田舎にデモクラティック・スクールを作りたいと考えている。
まあ、オラは相変わらずひたすら畑にいるだけだろうけど。
子供たちが自由に生きる力を身につけてゆく場所を提供していきたい。
どんどん面白い学校が増えてくると面白いね〜
そしてそういう学校から巣立っていった子供たちが社会を再構築してゆく。
みんなで一緒に本当に自分をさらけ出して命いっぱい遊びましょう。
時間や空間の枠を飛び越して。
永遠の中へ。

category: おすすめ本

tb: --   cm: 3

根が先に出る  

わさわさ
オラの育苗方法
ひとつにポットに1品種ずつタネを50粒以上蒔く
つまりひとつのポットで50株の苗が出来る
写真のようにワサワサ〜と生える
本葉が出たら1本1本小さいポットに植え替える
1日3〜4回指で優しくなでて、スプレーで水やりをする
どんどん夏野菜の苗を作ってゆこう!!
レタス根
レタスの根も出てきた
皆さんは意外に知らないかもしれないが
芽よりも先に根が出るのだ
レタスは好発芽種子なのでほとんど土を掛けない
でもセルトレイ栽培では土が乾きやすいので用心だ
たねとり
プランターや鉢でもたねとり
離さないと交雑するのであちこちに分けたり、網をかぶせてたねとりをしている
それでも若干交雑する時もある
なかなか手間がかかるし難しい
それでもたねとりを繰り返す

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

め〜ゼリフ  

やぎ1
知り合いのお家に寄って
子供を見せにいった
そしたら、たまたま知り合いが尋ねてきた
みんな繋がっていて、自然と合うべき人に会えることになっているんだね
人生は何が起きても面白い
やぎ2
知り合いの飼っているヤギのゆきちゃんにもご挨拶
美味しそうに菜っ葉を食べていた
女の子なのにヒゲが立派である

category: おでかけ

tb: --   cm: 0

同時進行読書  


スワミ・シヴァナンダの瞑想をきわめる (The Sivananda Book of MEDITATION)スワミ・シヴァナンダの瞑想をきわめる (The Sivananda Book of MEDITATION)
(2004/05)
木村 慧心

商品詳細を見る


なぜ瞑想をするのか?
瞑想とは何か?
とても分かりやすくまとめられ、至極の言葉が散りばめられています。
穏やかな心が生み出すもの。
それはどんな状況でも揺るがない平安である。
心と体を同時に鍛える。
分離などそもそもあり得ないのです。
あなたは私、私はあなたなのです。
そう知れば、誰かを傷つけることなど出来るでしょうか?
自分が住んでいる星を汚すことが出来るでしょうか?
ノーム 不思議な小人たち 愛蔵版ノーム 不思議な小人たち 愛蔵版
(2013/10/11)
ヴィル・ヒュイゲン、リーン・ポールトフリート 他

商品詳細を見る

本当にいた?小人たちの物語。
彼らの生活は大変自然的で宇宙の理にかなっています。
本当の豊かさとはなんなのでしょうか?
身近に在るもの、あるがままの自然の働きを最大限に活かす。
ある意味、「お任せすること」ではないでしょか?
相対的な感覚が、そこから起こる感情は本当に自分のものでしょうか?
私はココにいる。
でも、それがほんとに確かなものだろうかと疑問が起こることがしばしばある。
自分なんていない、そしてすべてに自分がいる感覚。
境目なんて実はないのではないだろうか?
平和で当たり前の暮らしをひっそりと続けているかわいいノームたちからたくさんのことを教わることが出来そうです。
うちの畑にも住んでいるかも?

百姓物語百姓物語
(1989/11)
小泉 英政

商品詳細を見る

成田空港の2期工事にるよる強制代執行で畑を奪われた百姓たちの物語。
毎日嫌がらせが繰り返される中で、
有機栽培や自然栽培をする著者の書く詩がなんともすばらしい。
大地と共に生きてきたお年寄りたちの記録にも胸が熱くなる。
破壊による便利さと経済発展。
そんなことで本当に豊かになったのだろうか?

まつを媼 百歳を生きる力まつを媼 百歳を生きる力
(2001/09)
石川 純子

商品詳細を見る

人生に半分以上が戦争時代。
そんな時代を駆け抜けてきたまつをばあちゃんの聞き取り記録。
今では考えられないような苦労の連続。
現代人には絶対耐えられないと思う。
オラは本当に幸せだと思う。
800才ぐらい長生きするつもりである。
どんなことが起きてもしっかりと受け止めれるように懐をぐ〜んと広くしていこう。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 3

  

環境学習会
伊勢のリサイクルプラザで環境勉強会にこうしい呼ばれました。
まあ、10人ぐらい来たらいいかな?って思っていたら
何と50人以上に方が来て下さいました。
びっくりです。
でも、これだけのしとは自然農法に興味を持ってくれたのは嬉しいことです。
環境学習会2
衣食住の話をさせてもらいました。
いつもお話させてもらう時は「何を話そうかな?」とか何にも考えていきません。
だからそのときそのとき下りてくることを適当にお話しています。
それでも2〜3時間どんどん話が広がってきます。不思議ですね。
自分自身でも何をしゃべっているのかよく分かっていないことが多いです。
でも、こうして話せる機会に恵まれていること、聞いて下さる方がいることは本当に幸せです。
オラがやっていることは、昔の農村ではみんながやっていた当たり前の暮らしです。
何も特別なことはありません。
なんでも自分で手作りして、その行程を楽しんでいるだけです。
あとは自然にゆだねて(お任せして)、今あるものに感謝していだけです。
逆らわなければ(余計なことをしなければ)ラクチンに生きていけるのです。
でも無駄なこと、遠回りをしたからこそ見えてくるものがあります。
お金持ちになれば、それが本当の幸せでなくつまらないものだと分かります。
戦争があるからこそ平和を望むようになります。
無いものを欲しがり、他人をうらやましがります。
それでいいのです。
でも、この星を破壊しない程度にして下さい。
住む場所が無くなってしまっては、「学び」どころではありません。
必要なのは「気付き」だけです。
宇宙の理を知ることです。
それはまず「自分が何者であるか」という問いから始まります。
答えはいつも矛盾して存在します。
すべては表裏一体なのです。
そのときそのとき、[YES」だったり「NO」だったりするのです。
何ものにも執着しないことです。
比較、評価、肯定、否定、信頼、非難できるものなどありはしないのです。
生きるのは非常に面白いです。
口から出任せのオラの話を聞いてくだって本当にありがとうございます。
オラが言っていることは特別なことではありません。
本当は誰でも知っていることなのです。
正しく、そして間違っていることなのです。
捉え方は人それぞれでいいのです。
ただ野菜や、人や、地球のこともっともっと大好きになってあげて下さい。
そうすれば、ますます私たちはよき働きが出来て輝けることでしょう。
ありがとうございます。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

息を吹き返す  

焼く前
種継ぎを忘れていて
冷蔵庫のタッパーの中で硬くて変色して、少し匂いもおかしくなっていた小麦酵母くん。
6、7年懸命に種継ぎをしたのに・・・。
でもあきらめずに酵母の塊の中心部のひと欠けを取って、何度か種継ぎをしました。
そしたら・・・
すご〜い!!
きちんと生きていました。
しかもさらに強靭になったのではないだろうか?
小麦と塩と水だけのパン。
最強にシンプルなパン。
在来種自家採種のタネが強いのと同じで
小麦酵母もきっとどんどん鍛えられて、その家々に合った酵母になっていくようだ。
小麦酵母パン
何とも美味しそうな焼き上がり。
ふっくらモチモチ。
全くイースト臭さもない。
これを食べるとイーストを使ったパンは論外である。
よくみんなあの匂いに耐えられるな〜
オラが焼く小麦酵母のパンは全く酸味が出ない。
妻は酸味の少しある方がいいと言うが・・・。
まさしく小麦味のパンだ。
小麦の甘みが最大限に引き出される。
あ〜なんと、美味しいのだろう。
これからはもっと声をかけて種継ぎをしていこう。
小麦酵母くん、生きていてくれてありがとう。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

食べ残し  

じゃが種芋
食べ残って芽が出てきたいろいろジャガイモを種芋として植え付けます。
半分に切って、切り口をお天道様に当てて乾かしました。
ジャガイモは基本的に植え付けません。
掘る時に1個ずつ残して置くのです。
そうすると、自然と芽が出て育つのです。
まあ、ジャガイモはあまり体によろしくないので、食べませんが。
掘りたてを蒸かして食べるのは好きです。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

ふたば〜  

トマトの芽
トマトの芽が次々に出てきました。
出始めたらお天道様の光をいっぱい浴びよ〜
夏野菜の苗作り
毎年やっても勉強ばかり
健全な苗がその後の生育に影響する。
小さい時は命いっぱい声をかけて、なでてかわいがるのだ。
そうすれば畑に植えた後は野菜自身が自然にゆだねてあるがままに生きる力が付く。
人間だって同じなのだ。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

ジョナサン?  

ジョナサン
うきちせの家に上がる坂道にかもめが死んで転がっていた。
なぜこんな山奥にカモメ?
外傷は全くない。
心臓発作かもしれない。
鳥の心臓壁は不完全で飛んでいる途中に心臓発作になることが結構あるらしいのだ。
旅の途中だったのかな?
それがあの世に旅立つとは・・・。
死んでいるのになんだか温かだった。
優しくなでて「お疲れさん」って。
お墓
お墓を梅の木の下に作ってあげた。
「南無・・・南無・・・」
人生も鳥生も何が起きるか分からないけど
とりあえず受け入れるしかない。
天に宇宙にお任せするしかない。
それでいいのだ。
梅の花
吹雪く寒さの中、梅の花が咲き始めていた。

category: 命と向き合う

tb: --   cm: 0

本物は見直される  


漆喰復活―天然建材5000年の底力漆喰復活―天然建材5000年の底力
(2008/10)
船瀬 俊介、行平 信義 他

商品詳細を見る

50年しか保たないコンクート文化に対して
漆喰は5000年。
いつのまにやら高度経済成長に追いやられてしまった。
高度経済成長は使い捨てによるゴミの大量生産文化。
作られたものはすべて土に戻ることもないゴミばかり。
それに対して土壁も漆喰も自然へと帰っていく。
漆喰の昨日の素晴らしさに再認識できる1冊です。
家を建てる前には是非自然素材の家を検討してほしいです。
軽く3代は保つ、1000年先を考えた家を。
超有名な宮大工の西岡常一さんは「私はケヤキなんて使わないよ。だってケヤキは800年しか保たないでしょ。」って言い放った。
どれぐらい先を見越して家を建てていたのだろう。
この本にはコンクリートや環境ホルモン(揮発性化学物質)についても警鐘を鳴らしています。
建築に認められている化学物質は495種類もあります。
そこにずっと家族で暮らしてゆく訳ですから、本当に恐ろしいことです。
コンクリートも体からどんどん熱を奪います。
マウスの実験では93%が死んでしまったのです。
木製の巣箱は反対に95%は生存していました。
木に感じる温かみは気のせいではなく、きちんと実証されているのです。
現代ではビニールクロスの上から簡単に家庭で塗ることの出来る漆喰も開発されています。
美しい空間で健康的に暮らしませんか?
漆喰復活!!
土壁復活!!
そして左官も大人気!!
自然素材に囲まれて暮らすのは何と素晴らしいことか。
本当はこちらが当たり前なんですけど、
人間は知識があり過ぎて、鈍感になってしまっています。
臭いにおいにもすぐ慣れてしまう。
でも、知らず知らずのうちに体も心も蝕まれている。
もっと自然の中で遊びましょう!!

category: おすすめ本

tb: --   cm: 0

いのちめぐる  

むらのわ
美杉むらのわ市に参加しました
とてもにぎわいを見せています
タネと雑穀
タネと雑穀の販売をしました
たくさんのお客さんが来てくれました
ありがとうございます
めぐるはなし
午前中は友達と「めぐるお話の会」を行ないました。
空洞地球と降参のすすめという本を題材に命の話をしました。
命がめぐる。
「生きる」とは何か?
いろんな人が愛し合って1枚の布を織り上げてゆく人生。
元々は「ひとつ」だった。
私は命を所有しているのはなくて、私自身が命である。
普通ならトンデモ話でも、これが当たり前の話。
らんち
雑穀菜食のランチを作りながら
そして、ゆったりを頂きながら
話は静かに盛り上がり
波動が上昇しました。
空洞地球のミコスさんも参加してくれていました。
見えなかったけど、感じました。
おむすび
みんなで愛を込めて結んだおむすび。
何と豊かなランチでしょうか?
参加して下さった皆様、本当にありがとうございました。

category: イベント

tb: --   cm: 0

昔の暮らしとタネ  

昔の暮らし1
大紀町金輪にある昔の暮らし博物館にて
雑穀と野菜の料理と在来種のタネのお話会をしました
昔の台所がそのまま残っています
素敵ですね〜
昔の暮らしの道具
昔の暮らしの道具も展示されています
オラにとってはそれもこれも興味深いものばかりです
昔のものをもっと大切にして、実際に使っていきたいですね。
昔の暮らし2
雑穀菜食料理は地域の方々にとても喜んでもらえました
たねや自然栽培のお話にも大変興味を示して下さいました
「草を敵にし過ぎていた〜」と反省している方も居られました
自然循環をよく観ることで人はほとんど何もせずに済むことを今後もよりたくさんに方々に知ってもらえたらと思います
風呂敷講座
ワークショップの後で
風呂敷き包み講座もやってもらいました。
今はオシャレで素敵な風呂敷がたくさんあるようです。
風呂敷はいろいろなものを包めるのでとても便利です。
オラもいつも風呂敷きを持っています。
風呂敷の素晴らしさを再認識しました。
たかが布1枚、されど変幻自在な魔法の布。
昔の人の包む知恵にも頭が下がります。

category: イベント

tb: --   cm: 0

ふっくら  

らいぱん
自家製のシコクビエ粉と胡麻の入ったパンを焼きました。
ウ〜ん、いい香り。
とてもふっくらと大きなパンが焼けたよ〜
野菜たっぷりのカレーと一緒に頂きました。
パンも買うより自分で方が安上がりだしおいしい。
出来ることは自分で何でもやっちゃう。
やれば面白みが分かってどんどん楽しくなる。
時間がなくて面倒くさいなら、なぜやりたいことをする時間がないのか自分で調査してみればいい。
生きるのって案外自分でなんでもやっちゃえばそんなにお金はかからないのだ。

category: 加工品作り

tb: --   cm: 0

藁手習い2  

藁細工12
藁で編むかご作りの続きえを教えてもらいにいきました
とってヒモ
取っ手作りを習いました。
今回はビニールヒモですが
本来は藁縄を使います。
藁細工11
こうやって担いで
野菜もイモも土も運んだそうです。
昔の暮らしから学ぶことは山ほどありますね。
数人では覚えきれないほどです。
まだ残っているうちに若者たちで手技を残していきたいですね。

category: シンプルに

tb: --   cm: 0

ハマリおかず  

モチアワグラタン
モチアワグラタンにハマってます
いろんな野菜とモチアワを一緒にごった煮して
1日目はスープで食べて
2日目はグラタンにするのです
グラタンには餅を入れています
これかまたよく合って美味しい!!
モチアワなど雑穀を食べるとなんだか体が温まる
毎日雑穀を食べているからか、妻の母乳の出もとても良いです
雑穀たち、ありがとう!1

category: ひらめいたマンマ

tb: --   cm: 0

ロケット湯沸かし〜  

ロケット湯沸かし器
福島から隣村に引っ越して再び農業を始められたMさんのところに遊びに行きました。
研修生も3人来ていて、今年から本格始動のようです。
オラがたねとりしきれないたくさん在来種のタネももらって頂きました。
ロケット湯沸かし器2
そしてMさんが作ったロケット湯沸かし器を見せてもらいました。
ちょうどオラも作ろうと思っていたところなので、非常に参考になりました。
洗い物をするのに水が冷たいという奥さんのために作ったそうです。
やさいしいですね。
他にも新たなロケットストーブを思案&製作中のようです。
ロケットストーブはハマりだしてしまうと何個も作りたくなります。
それほど面白味のあるものです。
なんでも自分で手作りをするのはワクワクします。
燃料となる薪は山にはいくらでも転がっているので、何よりも自給しやすいのです。
山里は太陽熱と薪で暮らすのがいいかな〜と思っています。
まあ、最終的に土に戻ってゴミにならないもので作り出すようにしていきたいです。

category: おでかけ

tb: --   cm: 0

ごあいさつ  

助産師さん
隣村の自宅出産専門の助産師さんに出産報告に行きました。
自宅出産はしませんでしたが、いろいろとアドバイスをもらって仲良くして頂いています。
とても気さくで頼もしい方です。
今回も環をいろいろと見て頂いて優しく抱いて下さいました。
今度もいろいろと相談に乗ってもらえたらと思っています。
田舎生活のこともいろいろとお話して盛り上がりました。

category: おでかけ

tb: --   cm: 0

まだか〜  

まだか漬け
まだが漬けを仕込みました。
宮崎県の郷土料理です。
自家製割り干し大根、煎り大豆、茹で干し人参、刻み昆布をお酢と醤油で漬けるだけです。
美味しいので「まだか〜まだか〜」と待つので
この名前がついたそうです。
1日漬けると食べれるそうです。
楽しみだな〜
美味しかったら、うちの常備菜に認定しよう!!

category: 加工品作り

tb: --   cm: 0

苗作りはじまり〜  

たねまき3
いよいよ空気が春めいてきたので
夏野菜の種まきです
たねまき
トマト、ピーマン、ナス
20種類ぐらい自家採種を蒔きました
たねまき2
こんな感じに1種類のタネにつきひとつのポットにたっぷりと蒔きます
本葉が1枚出た頃に一芽ずつ小さめのポットに植え替えます
育苗
日だまり育苗
衣装ケースを使って加温育苗をします
夜は薪ストーブの近くに置いたり
サーモスタッド付きヒーターで保温します
やっぱり健全で立派な苗はその後の生育にも影響します
苗作りはとても重要です
もちろん全部直播きでも出来ますが、
まあ、時間がかかって初収穫が秋口になってしまいます
やったことがあるけど、結局種タネとりだけで精一杯で
口にほとんど入らないことも多々ありました
だから、やっぱり苗は丁寧に育てるようにしています

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

反り上がる  

かきもち
かき餅を作りました
ちょっと遅めだけどうまき乾燥できるといいな〜
ペラペレにスライスして
1日経ったら角がもう反り上がってきた
昔ながらのシンプルなお菓子はやっぱり1番美味しい。

category: 加工品作り

tb: --   cm: 0

環境フェア  

ロケットストーブ作り
大台環境フェアに参加しました
残念ながら雨で太陽クッカーの実演は出来なかったけど
ロケットストーブ作りの実演はしました
友達に手伝ってもらって、オイル缶2段のロケットストーブを作り上げました
ロケットストーブ
出来上がりはこんな感じ
2段にすることで鍋にススがつきにくくなる
ただし火力は弱くなるけど
まだまだ考察の余地はあり
いろんなロケットストーブ作りを今後も楽しんでいきたい
たくさんの人に興味を持ってもらえて本当によかった
えんどう苗
うちの無肥料8年の自家採種のスナックエンドウの苗を無料で提供しました
苗の配布
こちらも大人気で、あっという間に無くなりました
みんなこの前の大雪や鳥の被害でエンドウが無くなってしまったようです
酵素作り
友達が酵素作りの講習もしていました
聞いている人も真剣でした
その他にも無農薬野菜の販売、石釜ピザの販売、お話会など盛りだくさんでした。
雨の1日でしたが、にぎやかで楽しめる1日となりました。
これからも、ワークショップをあちこちで開催しますので、是非ご参加下さい。

category: イベント

tb: --   cm: 0

震災映画ではなく  

先祖になる
松阪市新規職員たちによる企画の映画上映会に出掛けました
ひとりの人間の生き様を見せつけられました
筋を通して生きる
何かただ「頑固」だと言い切れないものがある
やさしさがある
未曾有の震災の後、77才自ら自分の山の木を切り出して、家を建てる
みんな本当はあきらめたくないのだ
震災のせいにしてしまいたくないのだ
伝統、文化、絆を途切れさせたくないのだ
涙と笑いが満載のとても感動的な映画でした
トーク
映画の後は
陸前高田の市長さんと監督、山中市長にトークがありました。
「負担になる支援でなくてただ忘れないで心の中で応援を」
いつまでも辛い経験を引きずるのはとてもしんどいが
忘れられてしまうのはもっと悲しい
現状は3年経ってもあまり変わっていない
先の見えない状態が続いている
心のほんの少しの支えがどれだけ現地の人に喜びとなることだろう
私もいつか陸前高田を訪れたいと思う
現地の人と触れ合えたらいいな〜と。

category: イベント

tb: --   cm: 0

交雑しているけど  

種取り蕪
元々は岩崎さんの弘岡蕪
でも、なんだか交雑したみたい
でも強そうで形のよいものからたねとりをすることに
5株ほど土に埋けておきました。
白い蕪と紫の蕪の2種類のたねとりをしていきます。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。