宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

じかまき稲刈り  

ひるご飯
知り合いの方が我が家に遊びに来てくれました。
みんなでお庭でお昼ご飯。
稲刈り
お昼から直播き田んぼの稲刈りを手伝ってくれました。
出来が悪くて草だらけなので稲が刈りにくいのに、丁寧に刈って頂いて本当にありがたかったです。
はさ掛け
刈った稲はハサに掛けました。
明日の友達がやってきて稲刈りをしたいと思います。
みんなでする稲刈りは楽しいね。
ありがとうございます。
スポンサーサイト

category: お米と向き合う

tb: --   cm: 0

発酵談議  

なかじさん
寺田本家の杜氏であるなかじさんとお話しました。
月の庭のかおりさんともご一緒に。
オラは朝ご飯を作らせて頂きました。
朝から素敵な時間を頂き、大変話も盛り上がりました。
空色曲玉
なかじさんと名古屋の空色曲玉へ。
ドライブがてらさまざまな発酵に関するお話をしました。
なんと贅沢な!?
曲玉さんと会うのも久しぶりで嬉しかったです。
なかじさん2
なかじさんの料理姿。
おいしい発酵料理をあちこちで提供しています。
とても落ちるいた様子でどんどん下ごしらえをしていく姿は美しいです。

category: イベント

tb: --   cm: 0

あわしごと  

粟
モチアワの脱穀の時期です
やはり今年は日照りで実入りが悪いようです。
アワトウミ掛け
飯高のおばあちゃんのおうちの粟の唐箕掛けをみんなで手伝いました。
アワトウミ掛け2
命の詰まった粒粒。
雑穀栽培は大変手のかかるものです。
でも雑穀の畑は本当に美しいです。
一度見たら心が引き込まれます。
どんどん皆さんも少しでいいので栽培してみてほしいと思います。

category: おでかけ

tb: --   cm: 0

梨酵母デザート  

なし酵母
梨酵母を起しました。
なかなかのシュワシュワ感です。
継ぎだし継ぎ足ししている魔法のビンのおかげでしょうか?
なし酵母パン
梨酵母に塩、砂糖を溶かし
薄力粉を加え混ぜ合わせ、
レーズンを菜種油を加えてさらに混ぜる。
オラは分量はいつも計りません。
液にあわせて、小麦を程よく加えます。
固めはパンっぽくなり、
柔らかめはケーキっぽくなります。
とても簡単です。
混ぜ合わせた生地はロバのパン焼き器で発酵させて
2培ぐらいに膨らんだらいい香りがするぐらい焼けば完成です。
梨酵母のケーキは最高にフワフワででおいしかったですよ〜

category: 加工品作り

tb: --   cm: 0

猿来たれリ  

サル害
とうとう今年もサルがやってきました。
トマト、サツマイモ、ナス、南瓜、豆類などやられてしまいました。
しかも、こちらが留守の時に見計らって。
食べカスが散り散りに散らばっている
サル害2
サルのかじった南瓜
ただかじるだけではなく、どうせなら全部丁寧に食べればいいのにね。
サツマイモ
サルに全部やられる前に
早めですがサツマイモを掘りました。
今年は収量かなり少なめ
玉ねぎ
たねとり用の玉ねぎが芽が出ていました。
こちしこそたねとり出来るかな?
玉ねぎのたねとりはなかなか難しい。
キャベツ芽
富士早生キャベツの苗作りは順調です
キャベツ植え替え
苗をポットの1本1本植え替えました。
10月従順に定植して
翌年6〜7月に収穫予定です。
無肥料では比較的作りやすい品種です。
じっくり時間をかけて育つ品種だからかも知れません。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

キュウリたねとり講座  

キュウリのたねとりの紹介です。
キュウリたねとり
まずは大きく育って(開花から60日ぐらい)黄色く熟れたキュウリを
真っ二つに。
たねの部分をほじくりだします。
キュウリたねとり3
バケツやボールで受けるといいですね
キュウリたねとり4
キュウリのたねはゼリー状のサヤに入っているので
そのままバケツやボールにザルで蓋をしておくか
キュウリたねとり2
取り出したたねと汁を一緒にビニール袋に入れて
半日〜1日発酵させます。
そうすると、ゼリー物質がとれやすくなります。
キュウリたねとり5
発酵したたねをザルにこすりつけながら洗います。
あとは浮いたたねやゼリー状の殻を上手に取って
ザルに広げて2日ほど
試しのたねを折ってみてカリッと音がするぐらい乾燥させます。
保存は紙袋(茶封筒)に入れて冷蔵保存をすると長らく(5年以上)保ちます。
他のウリ類もだいたいタネの採り方は同じです。
是非皆さんもやっていて下さいね。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

こどもの食育  

奈良オーガニックマーケット
奈良オーガニックマーケットに行きました。
お客さんがいっぱいです。
あっという間に売り切れているところも。
食育1
別会場では食育についても講演会が開かれていました。
本来食育は家庭で行なうものですが
共働きの家庭が多く
食がなおざりにされています。
出来合いものをスーパーで買って食卓に並べる「中食」が増えています。
食が「命を養うもの」だということを忘れてしまっています。
単に時間になったから動物の餌のように食事をしているような気がします。
まだそれなら食べない方がマシです。
いいものを食べれば健康になれると単純なものではないです。
玄米菜食をすればいいってもんでもありません。
「おいしいね」と言って一緒に食卓を囲む人がいてくれることの非常に重要です。
食は心と魂も養うものなのです。
コウノトリ米
コウノトリ米に取り組んできた方の講演も聴きました。
地域を盛り上げるには
やっぱり思いついた人が1人でも始めるしかありません。
「誰かが・・・ではなく、自分から」
良心に従って思いつくままに全力でやることで自然と道が開けるようになっているのです。
人や物やお金など問題ではありません。
何かのせいにしているうちは、何も進まないでしょう。
まずは自分が大いに楽しむこと。
やるべきことは、みんなもう分かっているのです。
ただ、それを精いっぱいやるだけです。
素晴らしいお話をありがとうございました。

category: おでかけ

tb: --   cm: 0

ますはたね用を  

オクラタネ
たね用に収穫したオクラ
デカイでしょ。
スター・オブ・デイビットって品種です。
中にはたくさん丸くて黒いタネが詰まっている。
タカキビ
今年はたね用分しか栽培なかったタカキビ
去年はサルに食べられたからな〜
いろいろたねとり
いろんな野菜を次々にたねとり
熟れたのから収穫しています
ピーマンは熟す前に溶けやすい
虫が入って、そこから雨が入って腐るみたいです
ナスは熟するまで時間がかかる

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

マメな日々  

こぼれ小豆
蒔いた小豆よりこぼれ種で育った小豆の方が豊作である
蒔いた方は密植過ぎるのかもしない
ある程度の間隔をあけて日光が注がれる方がいいようだ
小豆とり
小豆取りが始まった
茶色になったサヤから収穫
雨が降る前には必ず収穫するようにする
そうしないとサヤの中で発芽することがある
いろいろ小豆
いろんな小豆がある
大納言、黒小豆、花嫁小豆、うずら小豆、なべよごし小豆、ごきねぶり
大豆
大豆の育ってきた
大豆サヤ
サヤもたくさんついている
あとが実がきちんと入るかどうか
今年もみそが仕込めたら嬉しい

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

昔の暮らし  

昔道具
昔の道具は大切に使えば何代も使える代物が多い。
倉の整理の時に少しずつ頂いています。
処分してしまうのはもったいないので、
いらないというものをもらっています。
オラにしたら全部宝物なんだけど。
オラは昔の暮らしが大好きなので昔の道具のことはいろいろと知っているけど
今の若い人には道具を見ても何に使うか分からないかも知れません。
意外に現代にはないような電気のガスも使わない便利なものがたくさんあります。
先人の知恵には驚かされてばかります。
薪と炭の生活はすごく面白いです。
頂いたものは大切に生活に生かしていきます。
ありがとうございます。

category: シンプルに

tb: --   cm: 0

畑のころころ  

やまぐり
畑に転がっていた山グリを拾いました。
やまぐり2
イガを剥くと小さい栗の実が。
殻に傷を付けてオーブンで焼くと
破裂してオーブンないがすごいことに・・・
実だけを何とかほじくって
釜炊きのご飯に塩とともに振りかけて簡易栗ごはん!!
うま〜い。
甘みはそれほどではないが
風味がとてもいい。
秋の落とし物に感謝しました。
ご飯づくりにじっくり時間をかけるのは楽しいですね。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 2

たちあがる  

たち上がる米
台風で倒れた稲が立ち上がってきた
少しずつ、少しずつ
すごい生命力だ
もち米
白毛もちはそろそろ収穫時のようだ
今年はかなり少ないけど、ありがたな〜
毎年米作りは1年生だ
でも少しずつ分かることがあって、なんだかうれしい
来年からまたこの学びを最大限に活かしてゆく
たちあがる
倒れたトウモロコシも立ち上がる。
在来種は無農薬無肥料で素晴らしい生命力を発揮する。
F1品種にはあり得ないことだ。
きちんと1本に2ずつ大きな実を実らせている。
先の折れたものもきちんと根と茎は生きて実らせている。

category: お米と向き合う

tb: --   cm: 0

  


ラムサ 愛という名のエリクサーラムサ 愛という名のエリクサー
(2010/10/21)
ラムサ

商品詳細を見る

真実の愛とは?
我々は愛を表現しているつもりになっているが、それは単なる執着に過ぎないことは多い。
相手を手放したくないために、言葉や態度で必死に愛されるべき人を演じ続けている。
愛は求めるものではない。
ただいつも「ある」ものである。
全ての人の内にあるもの。
ただあるがままにそれを表現するだけでいい。
魂(良心)に従って生き、全てをひたすらに愛せばいい。
遠慮なんかいらない。
究極自分なんて枠は無い、だから自分が持っている物、知識、情報なども自分のものではない。
何者でもないし、何も持っていない。
あるのは真我=愛だけ。
みんな見たいものを見ているに過ぎない。
病気も周りの人を引きつけるためになっているだけだ。
いつも自分が注目されたいという欲求がある。
子供が仮病を使って両親の気を引こうとするのと同じことなのだ。
まずは自分を愛することから始めてみる。
自分が輝けば周りも輝きだす。
周りに見えている人や起きる物事は自分の鏡でしかない。
魂を美しく磨き続けることが、
今ココにいる(この世に生まれてきた)理由なのだ。
人はそうすることで自分が愛そのものであることがわかり、永遠に生きてゆくことが出来る。

響きわたるシベリア杉 (響きわたるシベリア杉 シリーズ2) (アナスタシア第2巻) (響きわたるシベリア杉シリーズ)響きわたるシベリア杉 (響きわたるシベリア杉 シリーズ2) (アナスタシア第2巻) (響きわたるシベリア杉シリーズ)
(2013/08/23)
ウラジーミル・メグレ

商品詳細を見る

待望のアナスタシア2が出ました。
でも1巻ほどの情報量がありません。
本来の道をそれた時に来るメッセージについて
道を歩みだした時にいかに用意されているかについて、長々と。
いつも宇宙の声に耳を澄まして生きていれば、いつも完璧である。
きちんと用意されているので、何も心配はいらない。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

うまく宙に舞う  

稗脱穀
達磨稗の脱穀をしました。
部屋に吊っていたのを天日で半日干して
稗脱穀2
板の上でトントン叩く。
稗は脱粒しやすいので
シコクビエよりだいぶらくちん。
軽く叩くだけでバラバラ落ちる。
穂は大きいので収量も上がりそう?
今年は虫にやられたのと、雨でカビてしまったのとでだいぶ出来が悪いけど
うまくいけば結構採れる予感がする。
まあ、殻を剥くのが大変だけど。
1度ミニダップ(モミすり機)にかけてから蒸してから乾燥させてミニダップにかけてみようと思う。
何とか食べれたらいいけどな〜
稗は結構おいしいのだ。
紅麦脱穀
ずっと吊ったままの紅麦を脱穀しました。
せいろうという梅干しなどを干す網で擦ると結構簡単に麦は脱穀できます。
箕使い
農家の腕の見せ所。
箕をうまく使えないと話にならない。
殻や軽い穀物を飛ばして選別していく。
世界中(特にアジアやアフリカ)の農村で今もなお使われている。
テレビでたまにそういうシーンを見かける。
箕の形は国や地域によって異なるが
手慣れている人がやるのを見ていると本当に気持ちがいいほど穀物が宙を舞っている。
昔は当たり前のことだったけど
今の農家はうまく使える人が減っているように思う。
何でも機械便りだと人間の能力や感覚が鈍くなってゆく。
簡単に早く済まそうとするためにみんなとんでもない苦労をしている。
ゆっくり生きればいいじゃないの。
「忙しい」と叫ぶのは「私は能無しです」と自ら言いふらしているようなもんだ。
出来る人はどんなにやることがたくさんあっても顔色ひとつ変えずタンタンとこなしていく人だ。
慌てては事をし損じる。
いい仕事はしっかりと魂を据えてこそできるものだ。
たまには宇宙から自分を眺めてみましょう。
今悩んでいることや起きていることなんて全然たいしたこと無いから。
ははは、と大声でわらって
アホな自分を命いっぱい自分を愛してあげましょ。
紅麦
脱穀し終えた紅麦。
箕ひとつでこんなに綺麗になるのです。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

しない利点  

無整枝
台風が過ぎ去って
分かったことがある。
オラはほとんどが無整枝である。
以前は棒を立てて一般的な農家のように整枝を行なっていました。
ところがひとたび台風が来ると
枝が折れ、葉はちぎれてしまう。
だから全て地に這わせるように育つようにした。
と言っても、何もし無いだけか・・・
収穫ごとに草を刈ってあげる。
でも刈りすぎると、風除けが無くなる。
しかしながら日当りも重要だ。
バランスをとることがオラの仕事だ。
ただ、無整枝のすると地面に付いたところから傷んだり、腐ったりすることもある。
あと色付きも悪くなるので、たまに回転させる。
自然栽培では実がなるまで少し時間がかかる。
それは根を広く深く伸ばすためだ。
一旦実がなり始めたら、長く実をなり続ける。
一般栽培では肥料切れを起すと成り止む。
肥料を与えると肥料切れを起す。
肥料を与えなければ肥料切れを起さない。
面白いね〜
何かに頼ると、それが無くなった時にアタフタしないといけなくなる。
人間にも全く同じことが言える。
野菜も人間も能力を最大限に引き出せれば、必要なものを全て自ら賄うことが出来るようになっている。
それは魂に従った「当たり前」を生きるだけでいい。
この世が観察すればするほど面白い奇跡が詰まった宝箱である。
それが「何もし無いこと」「手放すこと」によって気付かされるとは、また面白いことである。
無限の可能性があるこの世で
幻の常識、固定観念で了見をどんどん狭くしていくのはもったいないことである。
いつも通りにやらないととこそ、新たな道を開けることがよくあることは意外に皆さんご存知ではにだろうか?
こつこつ続けることで開ける道もあるが、それは変化し続ける世の中に魂の芯がぶれないようにするためであって
決して固執するためではない。
無農薬無肥料不耕起無整枝。
何もしないことではなく、それは畑とひとつになることである。
ばらまき効果
草にタネをばらまいてから草を刈って敷く方法で葉ものや根ものが育っています。
台風の大雨と暴風でも被害は無く、逆に大きく育った気さえします。
こぼれ種で育った野菜が驚異的な強さを発揮するのを目の当たりにして
このこぼれ種の野菜のように育つように出来ないかといろいろとやってみた結果、ばらまき農法が出来ました。
ただし、一般的な農法に比べてタネをたくさん蒔かないといけません。
オラは自家採種なのでタネ代はほとんどタダですが。
あと、間引きをきっちりとしていかないと育ちにくいです。
間引いた菜っ葉も食べれるし、生えが悪いところに植え替えることもあります。
刈った後の敷く草の加減で発芽を調整できます。
これが結構職人技です。
本当の楽は無いんです。
何でも簡単そうにやってのける人はいますが、
きちんとやるべきことはしっかりとやっているのです。
野菜ひとつひとつの成長まで心を配れるようになってこそ、大胆な農法が出来るのです。
オラもまだまだですが、毎日たくさんのことを大地から自然から学んでいます。
それは宇宙の叡智です。
オラはたくさんの教師に囲まれて幸せです。
未熟者のにも見返り無く無限の愛を与えてくれます。
どんなことが起きても全てありがたい学び(メッセージ)なのです。
ばらまき農法をやりたい方お教えします。
無農薬無肥料を始めたい方にもオラは全てを教えます。
無農薬無肥料のタネが欲しい方にもお分けします。
それが今ココに生きて、オラが出来ることです。
ありがとうございます。

category: シンプルに

tb: --   cm: 2

シコクビエ炊き  

シコクビエ炊き
シコクビエの脱穀した穂だけでご飯を炊く。
これはかなり贅沢だ。
味わった人はまずいないだろう。
ワラ炊きより火が保つ
穂がモサッとしているからかな?
今度は粟穂炊きや黍穂炊きをしてみよう。
どれが1番美味しいかな?

category: ひらめいたマンマ

tb: --   cm: 0

トントンをもっと  

たたき棒
切られた桜の枝で叩き棒作り
雑穀の脱穀に重宝するのだ
蛇口
雨水タンクの蛇口を付ける
これで大雨のときのオーバーフローを防げるだろう
ホースを付けて水やりにも使えるかも?

category: 加工品作り

tb: --   cm: 0

台風のキズアト  

倒れたインゲン
インゲンが倒れた
立てたインゲン
だから、立て直した
倒れたキュウリ
キュウリが倒れた
立てたキュウリ
だから、立て直した
たね用キュウリ
たね用に残して置いた尾張青大きゅうりをごっそり収穫
倒れたトウモロコシ
高知の「なんば」とうもろこし
あれだけの風と雨で倒れていない奴が結構いる
在来種の強さなのか?
台風メッカの高知で鍛え上げられたからか?
すごいな〜
倒れた稲
稲も斜めに
でも、地面には着いていない
また、立ってくるだろう
ほうれん草
ホウレンソウの芽がしっかり出ていた
うちはいつもほうれん草がなかなか出来ないが
草を思いっきり生やしていたところに蒔いてみた

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

待望のお気に入り  

金山寺みそ作りをしました〜
去年は大人気であっという間に売り切れてしまいました〜発芽玄麦麹1
発芽玄麦麹がうまいこと醸されました
発芽玄麦麹2
発芽させることで自然な甘みを出すのがオラの金山寺みその特徴です。
普通の金山寺みそは砂糖や水飴が入りますが、
オラは一切甘みを加えません。
塩漬け
野菜はあらかじめ塩漬けにしておきます。
半分は干し野菜にしておきます。
豆を焚く
いろいろ大豆を薪で炊きます
豆を炊く2
すごい火力で一気に炊けます
炊けたいろいろ大豆
炊きあがり〜
このまま食べてもおいしい!!
塩切り
古代米入り玄米糀と発芽玄麦麹は塩きりしておきます。
混ぜる
干し野菜と塩漬け野菜を加えて混ぜ合わせます。
混ぜる2
茹でた大豆を手で触れるぐらいまで冷ましてから加えます。
混ぜるときは1/3を潰す感じで揉むように全体をゆく混ぜます。
詰める
最後にビニールを敷いた樽に詰め込んで
重しをして3ヶ月ほど熟成させます。
お待ち頂いている方、すいませんがもうしばらくお待ち下さい。
金山寺みそはご飯のと共に最高です。
甘みがきつくないので、少しで大満足です。
干し野菜と生姜もたっぷりで病み付きですわ。
あ〜出来上がりが楽しみだな〜

category: 加工品作り

tb: --   cm: 0

ただ知らないだけ  

福崎イベント3
友達に誘われて兵庫県福崎町で行なわれた
中播磨地域活動メッセで
自然栽培部会で出店させてもらいました。
たくさんの方々が訪れていました。
もち麦特産
福崎町特産のもち麦を使った麺やだんご、スーツが売られていました。
オラももち麦が大好きで毎年栽培しています。
福崎イベント2
友達をタネと野菜の販売をしました。
自然栽培で在来種の野菜とタネがこんなに揃う事はまず無いでしょう。
福崎イベント
オラの販売ブース
福崎イベント5
普通の町のイベントだからか来ている方々が一般の人が多いので
自然栽培を理解する人も少なく
もちろん在来作物を知る人も少なかったです。
ただ珍しいもん売っているな〜って感じかな?
隣のブースも野菜を売っていたけど
値段が安くてもそんなに売れていないようだった。
少し田舎なので自分で栽培している人が多いのか?
最近は料理をする人が少ないのか?
少し値段が高いのか(でも通常よりかなり安いが)?
いつもはオーガニックマーケットなどで出店したいるので
すごく理解のある方が訪れる。
本物を知っている人だ。
いちいち説明する必要も無い。
でも、今回は一般の方との差を感じ取る事が出来た。
日本にさまざまな在来野菜がある事も
無農薬無肥料の事もどうでもいい事なのだ。
一所懸命時間を削って働いて
とにかく安けりゃいいとスーパーをハシゴしている。
その割に無駄な買物を繰り返し、結局病気になっている。
人間って不可解で面白い生きものだ。
気付かないものを気付かせそうとする事はエゴだ。
常にメッサージは来ていても気付くタイミングはそれぞれ違うので、すべてをお任せするしか無い。
福崎に小旅行できて、友達をたくさんおしゃべりが出来て、大変楽しかったです。
皆さんありがとうございます。

category: イベント

tb: --   cm: 0

畑の宝石  

いろいろ野菜
無農薬無肥料在来種自家採種のお野菜たち
美しい!!
どんどん恵みを与えてくれる
なんて、ありがたいんだ
まさしく大地の宝石である
自然あるがままにこれだけ育つことを知れば
農薬や肥料で大地を汚す行為は無くなってゆくだろう
鶴首南瓜
鶴首南瓜
ゴロゴロ転がっているのを収穫
まだまだ出来るぜ
いつも肩に担いでもって帰る
ちょうど曲がり具合がいいのだ
たまねぎの芽
玉ねぎの芽が出てきた
元気な苗が出来るように見守っていこう

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

助っ人さん  

脱穀手伝い
雑穀の脱穀を手伝いにお客さんが2名も来て下さりました。
いつもお手伝いに来て下さり、
しかも作業を楽しんで帰って頂けるので大変嬉しいです。
昔はこうやって地域の人が集まっておしゃべりしながら共同農作業をしたのでしょうね。
日頃の悩みや気付いたこと、イベントのお誘い
もちろんタネ、料理、育児のこともいろいろ話せます。
人との縁とは素晴らしいものです。
全てが最高のタイミングで用意されていることに気付かされてばかりです。
もともとみんな繋がっている。
エゴや欲の誘惑から自分から切り離してすべてを天にお任せすると
何とスムーズに用意されていくことでしょうか。
あるようにある、
なるようになれ。
「それでいいのだ」
バカボンはやっぱり天才である。

category: お客さん

tb: --   cm: 0

いろいろジャンル  


うす・きね・水車 (シリーズ昔の農具 3)うす・きね・水車 (シリーズ昔の農具 3)
(2013/03/25)
不明

商品詳細を見る

昔の道具の構造が載っている本を見つけました〜
「きづるす」を作りたい。
手作業で何とかモミすりをしてみたい。
あと油を絞る道具と水車で精白もしたいの〜
いろいろ作って見たいもの、使ってみた芋のがいっぱいだ
山里の暮らしは何でも手作りできる能力が必須だ
本物の百姓になってゆくのだ

コメの歴史を変えたコシヒカリ (農業に奇跡を起こした人たち)コメの歴史を変えたコシヒカリ (農業に奇跡を起こした人たち)
(2013/07)
小泉 光久

商品詳細を見る

コシヒカリが生み出されるまでにさまざまな熱心な方が手をかけてきた事が分かります。
「越路早生」「ホウネンワセ」など兄弟の事、「亀の尾」「旭」などコシヒカリの元になった品種も詳しく紹介されています。
最初はコシヒカリは見向きもされなかったようです。
今はコシヒカリ系統一辺倒ですが。
オラは旭などさらりとしたお米が大好きです。
冷めてもおいしいんです。
米自体の風味がある。
日本人で信じられませんが米アレルギーの人が最近います。
その方でも昔の旭や亀の尾は食べれるそうです。
コシヒカリに何らかのアレルギー物質があるのかもしれません。
懸命にコシヒカリを生み出した人はまさかこんなことが起きるとは思っていなかったでしょう。
今も品種改良は続いています。
おかしな話ですが肥料をやっても倒れない品種がブームです。
ツヤ、粘り、食感、味の面ではもうかなり行き着いたのでこれ以上進化はあまり無いでしょう。
現在は肥料のやり過ぎで大地が濁っています。
収量が落ちると、すぐに肥料が足りないのだと考えるのが最近の農家です。
米は無肥料で出来ます。
特に昔の品種は無農薬無肥料栽培に合っています。
お米は肥料をやりすぎると虫や病気にやられたり倒れるだけではなく、もちろん味も格段に落ち、日保ちも悪くなります。
それは野菜にも言える事です。
昔の在来種が作りにくいと言われる農家が多いですが、
それは単に肥料のやり過ぎです。
在来種は肥料に頼らずに育つ品種です。
大地そのもののパワーで受け継がれてきたのです。
お米にも野菜にもスーパーで売られているものだけではなく
日本にはさまざまな種類がある事を知ってみましょう。
日本はとても豊かな国です。
本当の贅沢な食事とは自然あるがままに育った新鮮な野菜とその野菜のおかずに合う昔のあっさりしたご飯ではないでしょうか?

なるだけ医者に頼らず生きるために私が実践している100の習慣なるだけ医者に頼らず生きるために私が実践している100の習慣
(2013/05/01)
五木 寛之

商品詳細を見る

80歳の五木さん。
「明日死ぬと分かってもするのが養生」
人間は自分の体の事すらよく知らないのが現実です。
健康だというだけで本当にありがたいことです。
「元気があれば何でも出来る」
その通りです。
人生いろいろな事があります。
その都度いちいち感情的になっていたら大変疲れるでしょう。
結局なるように任せるしか無いのです。
と言っても何もし無いわけではないのです。
出来る事はコツコツやる事がとても重要です。
農業だって無農薬無肥料不耕起だからといって
何もし無いわけではありません。
毎日声をかけ、少し野菜にかかってきた草の葉を刈ってあげたり、付いている虫を払ってあげたりとやる事はいっぱいです。
それは辛い事ではありません。
とても充実した時間を超越した宇宙です。
食事法、呼吸法、体操、家事、薪割り何でもいいのです。
体の構造をよく知るために出来る事を続ければいいのです。
何でも楽しみに変えてしまえばいいのです。
お金をかけたから健康になるというものではありません。
今ある体のひとつひとつの部分を愛してあげることです。
そして体全体のながれる命の流れを感じる事です。
無償で働き続けてくれる細胞に「ありがとう」と言いたくなってきます。
本当の愛は無償だと気付かされるでしょう。
見返りなど求めたらキリがないし、自然(太陽、雨、大地など)から見返りを求められたら人間は即破産です。
感謝の念を忘れずに、今を精一杯生きていきましょう。
ありがとうございます。

category: おすすめ本

tb: --   cm: 3

思いつきは天を笑かす  

ミニハーブガーデン
リンゴの木箱でミニハーブガーデンを作った
クコ、ミント、ローズマリーの苗を植えて
バジル、コリアンダー、フェンネル、スイートピー、ビオラ、ナスタチュームのタネをばらまき
さてどうなるか?
鹿対策しないといかんかな?
サトウカエデ
何のタネでしょうか?
答えはサトウカエデです。
メープルシロップの木のタネ。
自分でメープルシロップを作りたくてタネを仕入れました。
ポットに蒔いたけど芽が出るのがだいぶ時間がかかるらしい。
でも今からワクワクする。
ここも寒いところなので育つとは思うけどな〜
ボタンコショウ
長野県在来唐辛子「ボタンコショウ」
ボタコショウとも言う
辛味の中に甘みもあっておいしい
豆板醤やキムチ作りに使ってみたいと思って
あちこちに植えてみた。
でもおいしいからか野うさぎに食べられる
どうしたもんかな〜
早生小豆
黒小豆と花嫁小豆
花嫁小豆は紅白でめでたい!!
小豆もいろんな種類があって面白いでしょ
オラは珍しいもん好き
いろんな野菜が草と虫と微生物とうまく循環して生きてゆく
それが本来のあり方
人間が余計な事をしなければ自然と回る
ありがたいことです。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

ごまごまん  

胡麻のサヤ
胡麻のサヤに胡麻がいっぱい詰まっている
こぼれ落ちそう
胡麻収穫
茎ごと刈り取って
エイヤっと米袋に逆さに入れる
少々こぼれるが致しかたない
胡麻
自家胡麻は白と黒が混ざっている
なんだか茶色っぽいものも
混ざったかな?
食べるには何の支障もない
自家製の胡麻は大層うまい!!
ゴミ取りが大変だが・・・。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

発芽玄麦を醸せ  

発芽玄麦
発芽玄麦完成
根と芽が伸びている
麦を蒸す
薪で1時間ほど蒸し上げる
杉に絡まっていたツルを燃やしたら
ものすごい勢いで燃えた
火が溢れる〜
なんか油でも含んでいるのかな?
麹を降る
蒸し上がった発芽玄麦を冷まして麹菌を振る
冷めないうちに米袋に詰めて布やら毛布で包んで保温
明日の朝には温度が上がってくると思う
出来上がりは2日後かな?
発芽玄麦麹が出来たら
金山寺みそを仕込みます。

category: 加工品作り

tb: --   cm: 0

トントン響く  

あわ
粟の脱穀しました
あわ2
今年は穂は大きいが実りが悪い
粟脱穀
洗濯板の上でトントン叩いて
落ちなかった奴はもう1度
今度は洗濯板でゴシゴシ
それでも落ちなかったらてでゴシゴシ揉む
粟脱穀風景
晴天の元
コツコツ脱穀作業が進む
シコクビエも脱穀
シコクビエも少しずつ脱穀
収穫と脱穀を繰り返す
また2番穂が出てくるが
クモヘリカメムシが大発生しているので、どうなる事やら・・・。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 3

3つのお知らせ  

皆さん、おはようございます。

3つお知らせがあります。

1.「たねと3歩」の発行をします。皆さんの記事を募集しています。農業やタネの事、日頃の生活でひらめいた事、お勧めの本や音楽、イベント案内、旅の話、自作の絵や詩、質問や疑問などなんでも受け付けています。記事はメールや手紙にて送って下さい。適当な大きさに加工して貼付けます。よろしくお願いします。発行部数はいつも100枚程度です。たくさん希望の方はお申し出下さい。よろしくお願いします。

2.「たねのまつり」について
今年のたねのまつりは11月30日か12月1日を予定しています。
他のイベントといろいろと重なっていますので、遅くなって申し訳ないですが
春蒔きの種もたねとりが終わって交換しやすいと思います。寒い時期ですが日の出ている間で開催します。いつも通り、手作り1品以上の持ち寄りです。交換するなり、おもてなしをするなり自由にまったりとお過ごして頂ければと思います。皆様のご意見をよろしくお願いします。

3.12月(たぶん8日頃)に在来種の野菜による料理教室の開催を予定しています。無農薬無肥料&自家採種の野菜料理教室と試食会、展示を考えています。まだ詳細は決まっていませんが、何かアイディアや場所の提供などありましたらお知らせ頂けると嬉しいです。「たねのまつり」とコラボしてもいいかもしれません。

以上3点のお知らせでした。
みんなでこの世を面白くしていきましょう。
あるがままに、魂の道に従って大いに遊ぶ。
みんな繋がってひとつ。
愛と感謝が地球だけでなく宇宙も輝かせる。
ありがとうございます。

category: イベント

tb: --   cm: 0

最後までゴシゴシ  

シコクビエ収穫
シコクビエ2日おきに収穫
雨で濡れてしまったところがなかなか乾燥しない
ごしごし
1度脱穀した穂ももう1度干してゴシゴシ
最後の1粒まで無駄にしない
たね用キュウリ
地這キュウリのたねとり用
1番味がよいのでずっと種を継いでいる
鵜方ナス
三重の在来ナス「鵜方ナス」
でかいよ〜
おいしいよ〜
インゲンタワー
インゲンタワー
10種類ぐらいのインゲンがワサワサ茂ってタワーになりました
これからどんどん実っていきそうです。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

とまとレクチャー  

トマトのたねとりをお教えします
トマトたねとり1
まず、トマトのタネの部分をスプーンでほじくります。
ゼリーのところをビニール袋に入れて半日〜1日ぐらい日に当てます。
ミニトマトの場合はそのまま丸ごと袋に入れてグチャグチャ潰します。
そのままビニールの口を縛ってやっぱり半日〜1日発酵させます。
トマトたねとり2
ドロドロ液体をザルにあげてザルにこすりつけるように洗います。
100ショップの粉フルイがとても便利です。
ザルごと水に沈めながら、水中移動を繰り返すと
ワタやゴミ、未成熟のタネが分離できます。
トマトたねとり3
天日で1日干します。
途中で2〜3回揉むようにほぐして、また広げます。
トマトたねとり4
1日乾燥させるとこんな感じになります。
え〜タネが採れましたね!!
あとは茶封筒に名前と日付を書いて冷蔵庫で保存します。
冷蔵庫だと5年は保ちます。
以上、トマトのたねとり講座でした。
皆さん1度やってみてね。
たねとりした後
たねとりした後の液体もオラはきちんと料理して頂きます。
今日はたねとりして残ったピーマンとトマトとナスでカレーです。
食べれるところは捨てない。
これこそ、たねとリストの流儀?です。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 2


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。