宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

発芽の甘み  

麦芽作り
麦芽作りしています。
発芽玄麦麹か麦芽糖にしようかと思っています。
小麦ビールも造れるかな?
でも、オラは酒を飲まない。
とりあえず乾燥させて保存します。
スポンサーサイト

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

魅力田んぼ  

いろいろ米
さまざまな種類を手掛けている菰野町のO氏の家を訪ねる。
ご無沙汰をしていたが心良く迎えてくれた。
ありがとうございます。
いろいろ米2
どれも元気の育っていた。
前に来たときとまた違った品種の米の見受けられた。
90歳を過ぎても挑戦は続いている。
いろいろ米3
背丈もバラバラ
亀の尾の穂が美しい〜
関取米
昔一世を風靡した三重県生まれの関取米
江戸前寿司のお米として使われていたのだ
昔の品種はモチモチはしないけど
オラはあっさりとして大好きだ
ご飯だけで何杯もいける
末永くさまざまなお米を作り続けてほしいです。
また会いに行きたいと思います。
ありがとうございました。

category: おでかけ

tb: --   cm: 0

早めの芸術の秋  

若中
パラミタミュージアムへ伊藤若冲の作品展を見に行きました。
さすがの細密技巧、鶏の絵が素晴らしいですね
生きているようです
たまにはゆっくりと芸術鑑賞をして目を養うのもいいもんです。
片岡温泉
帰りに片岡温泉に立ち寄りました。
なんだかテーマパークのようになっていました。
パン屋にケーキ屋、レストランに食堂、そして温泉。
たくさんの人でにぎわっていました。
なかなかのお湯で、ゆったりとくつろぎました。

category: おでかけ

tb: --   cm: 0

野菜とタネ  

ごま
胡麻がいい感じ
胡麻の穂
サヤにたっぷりと胡麻が詰まっている
レタスのタネ
レタスのたねとり〜
レタスのタネ
白いのがレタスのタネ
ゴミを取るのが大変
でも自分のところで播くなら少々ゴミが混ぜっていてもいいかな?
紅花のタネ
紅花のタネも取りました
来年はもう少し多めに栽培して染色もしたいな〜
とまと
いろんなトマトが次々に採れています。
毎日トマト三昧〜
うれしいね
野菜の収穫とたねとりが常に同時平行です
タネがあってこそ農業が出来る
そんなこと当たり前なのですが
最近の農家は全てタネは購入しています
しかもそのほとんどが地域に根ざした在来種ではなく
研究機関や企業が作り出したF1品種です
農家の企業のいいなりの時代です
高いタネと農薬と肥料を買わされてひたすら忙しく働いても暮らしは窮屈なまま
自分で種を残していくことから悪循環ループから解放されましょう
誰でもタネは採れるし、面白いですよ〜

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

きびきび作業  

黍ほし
黍を刈って、シートに広げて干しています
黍ほし2
少しカリカリになったら
手で揉んで裏返しに
黍ほし
何度も揉んでは裏返しにして
黍たたき
最後は叩いて脱穀
千歯こきも使います
洗濯板も使います
あとは箕でゴミを飛ばして保存
今年の雑穀は収量少なめです
致しかたなし
シコクビエ
シコクビエの収穫始まりました
熟れた穂だけを摘んでいきます
倒伏したり、虫にやられたり
2番穂まで刈れるので少しは穫れると思います
粟干し
粟は刈って部屋干し
寝ながら粟の穂を眺めています
たまにポロポロ落ちてくる〜

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

シフォンフォカッチャ  

フォカッチャ
トマト酵母で再びフォカッチャを焼く
ロバのパン焼き器便利〜
しかも太陽クッカーで焼いたので光熱費ゼロ
いつもより水分量多めにしました
材料は強力粉と塩と酵母とオリーブオイルだけ
混ぜてロバのパン焼き器に流し込んで1次発酵
2倍ぐらいに膨らんだら焼くだけ
フォカッチャ2
ふっくらと超分厚いフォカッチャが焼き上がりました
まるでシフォンケーキのようです
生地もフワフワで最高に美味しい!!
塩加減もちょうど良かったです。
やっぱ季節の生酵母を生かしたパンに限ります
買うより手軽でずっと安くおいしく頂けますからね〜

category: 天然酵母パン

tb: --   cm: 2

やっぴ〜  

ナイアガラ
すごいや!!
無農薬無肥料のナイヤガラを初収穫!!
3年かかりましたが、ようやく。
まだ収穫するのは少し早いけど。
香りが立つまで追熟し置けばいいのさ。
酵母も作りて〜ぞ
ワイン用のブドウの品種はそのまま食べてもおいしいのさ。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

粟と稗  

稗
だいぶ虫にやられてしまいましたが
稗(達磨)の収穫をしました。
稗の穂
粟穂
3日間の雨のせいか
穂に白いカビが生えてきている。
何ともうまくいかないものである。
だからといってあきらめないオラであるが。
粟穂
粟も収穫。
去年よりだいぶ早い。
雑穀収穫
穂は大きいが実りは相当悪い。
日照り続き、虫の害、倒伏・・・。
いろいろと重なってしまった。
タネ分は確保できたが、販売用はなさそう。
まあ、続けていくことが肝心。
全てを受け入れてゆくしか無い。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

アマランサスのチクチク  

アマランサス脱穀
アマランサスの脱穀をしました
友達が手伝いに来てくれて大助かり
アマランサス脱穀2
叩いて粒を落とします
トゲが指に刺さるので要注意
アマランサス脱穀3
箕でゴミを取って
綺麗な黒い粒か見えてきます
まだまだゴミ取りをしないといけないけど
今年は2.3kg収穫できました。
去年は900gだったから、面積を増やした分増収です。
なかなか手間がかかるけど、魅力的でやめれないな〜

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 2

欲しい方に  

冷蔵庫1
小型の冷蔵庫
冷蔵庫2
中も綺麗に掃除しました
冷蔵庫3
2011年式のノンフロン冷蔵庫
かなり新しいものです。
あまり使っていません。
欲しい方はご連絡下さい。
リサイクルショップに持って行こうかと思っていますが
取りに来られる方で欲しい方にタダで譲ります。
もったいないので、使ってくれる方がいられると嬉しいです。

もらって頂ける方が見つかりました。
ご協力ありがとうございました。

category: シンプルに

tb: --   cm: 0

黍の穂に喜ぶ  

キビ刈り
黍の穂の先が茶色く熟れてきたので
刈り取りをしました
きび刈り2
1本1本穂をハサミで刈り取って束ねていきます
きび
大きな穂が垂れ下がっています
黍の束
去年と同じぐらいは収穫できたかな?
ずっしりと重たいです
黍刈り3
束を担いで運んでおります
無事に収穫できて何よりです
雑穀の収穫、脱穀作業はまだまだ続きます
参加したい方はお越し下さい

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

桃でふっくら  

桃酵母スコーン
無農薬の桃酵母でスコーン風に焼いてみました
なかなかの膨らみ具合です
桃酵母スコーン2
桃の香りはあまりしませんが
全粒粉を使ったのでとても風味豊かで美味しいです。
ちなみにソーラークッカーで焼いたので、光熱費はゼロです。
この日はむぎ茶を炊いて、スコーンを焼いて、味噌煮込み料理もしました。
1日に3つも料理が出来るなんて、
まさしくこれはお天道様のおかげです。

category: 天然酵母パン

tb: --   cm: 0

芽もタネも  

レタスの芽
秋まきの季節になりました
レタスの芽です
大根や白菜のタネもどんどんまいています
ササゲのタネ
たねとりもどんどんしています
知り合いのおばあちゃんに分けてもらった十六ササゲのタネも採れました〜

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

しわしわ〜  

干し野菜
干しキュウリと干しナス作り
スライスして干しました
出来れば金山寺味噌を作る予定です
干し野菜乾燥後
1日でこんなにシワシワに
かなり量が減りました
まだまだ夏の日差し顕在です
では朝晩はめっきり涼しくなりました
もう、秋だね〜

category: 加工品作り

tb: --   cm: 0

酵母でごはん  

酵母3種類
酵母3種類
トマト酵母、マスカット酵母、巨峰酵母
畑で採れたもの、手に入った果物はどんどん酵母に
フォカッチャ
トマト酵母のフォカッチャ
ローズマリーを散らしてフライパン発酵
そしてそのままフライパンで焼く
酵母ケーキ
巨峰酵母ケーキ
レーズン、ワイルドクランベリー、ピーカンナッツをたっぷりと入れて
ロバのパン焼き器で焼き上げる
そちらもいい膨らみで
どちらも最高に美味しい
イーストもベーキングパウダーも一切要らないパンとケーキ作りは楽しいよ
自然の力のすごさを日々感じている
急がずゆっくり酵母と会話をしながらじっくりと待って頂くご飯は格別です。
これが本当の贅沢です。

category: 天然酵母パン

tb: --   cm: 7

米〜酢  

お米の勉強会の研修会に参加しました
今回は静岡〜山梨です
河合肥料
河合肥料さんでさまざまなこだわった有機肥料の説明を聞きました
でもオラは肥料など必要ないのだけどね
いかに微生物が元気な土にするかが大切なのだ。
そのために草が重要な役割を担ってくれる
草の生かし方がすべてを制する?
天然肥料素材
さまざまな天然肥料素材の展示
本当にありとあらゆる肥料の原料がありました
おいしそうな匂いのするものがたくさん
へアリーベッチ田んぼ
ヘアリーベッチで草を抑えた田んぼの見学
でも水を入れて発酵する時はガスが発生してとんでもない匂いがするらしい
アレロパシー効果か?ガスによってか?
とにかく草は抑えられるが外来植物を大量に播く気にはオラはならない。
無肥料のお茶
無肥料でお茶を栽培している善光園
とても眺めがよく気持ちの良い畑だった
無肥料のお茶2
試験的に茶畑の間に大豆が植えられていた
お茶はもともと無農薬無肥料が当たり前なのだ
新しい栽培法でもなんでもない
元に戻っただけなのだ
虫が来るほど肥料を与えるから農薬が必要になるだけだ。
人間はバカバカしいことを繰り返してエネルギーの浪費をしているに過ぎない
その負の連鎖をやめるだけで地球は全ての人に恵みが分配されるようになっている
あるがまま、そのままでいいのだ
宿
牧ノ原市の静波で宿を取りました
素泊まりでとても安い
朝日
海岸まであるいで3分くらい
5時におきで海岸散歩
朝日がきれかった〜
サーファー
サーファーたちが波と戯れていた
気持ち良さそう
カミアカリ生みの親
カミアカリを生み出した方の田んぼの見学
いろいろ古代米
60〜70種類ものさまざまな古代米も栽培している
カミアカリ
カミアカリの収穫はもうそろそろ
とても良い実りだ
カミアカリ2
カミアカリは超巨大胚芽米
コシヒカリからの変異で選抜して固定した
胚芽の部分が大きいのが分かるでしょうか?
カミアカリ2
玄米ご飯で頂く
白米にすると胚芽の部分がとれてしまって意味が無い
風味豊かで美味しい
炊き方にもよるかもしれないが玄米臭さが少ないように思える
玄米食の方にはお勧めだ
もちろん栄養価は普通の米に比べて高い
お酢
超こだわりのお酢屋さんの見学
原材料は全部無農薬
しかも上澄みを汲んで無濾過
つまり濾過剤(化学薬品)を一切使っていない
発酵倉
発酵倉で一番菌が居心地がいい温度で適度な時間の発酵
熟成倉2
その後熟成
自然に澄んでくるまで待つ
熟成倉
ひとつ瓶を開けてもらった
いい香り〜
透き通る
素晴らしい澄み具合
誰もが酢が透明のは当たり前だと思っているが
実は化学薬品で透明にしているのだ
何でもかんでも早く製品化し大量に安く販売しようとするとやっぱり無理が出てくる
そのために本来のおいしさを失っていることが多いのだ
じっくり待って菌と会話して生まれた調味料があれば野菜の味も生かされたまま頂けるのだ
それが本来当たり前のことなのだ
お酢作りも自分でやってきたかったので大変参考になりました。
お米の勉強会ツアーはまだまだ続くのですが畑仕事が待っているのでオラはここで帰ることになりました。
まだまだ知らないことがいっぱいです。
今後もいろんな方々にあって話を聞き見聞を広めていきます。
一緒に旅をして下さった皆さんありがとうございました。

category: おでかけ

tb: --   cm: 0

赤い真珠  

ワイルドトマト
ワイルドトマト
輝きがすごい
たわわになる
皮が薄くて甘みがあって
少し酸味もあるのでコクを感じる
野性的な野菜はオラにピッタリ
どんどん野性的な肥料のいらない本来の植物の持つ力を備えた野菜を探し、たねとりをしてゆく
いずれはそれらの野菜のタネが重宝されるときがくるであろう

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

あたりまえのの日常  

ふくしまいせしま4
この夏の伊勢志摩で放射被爆からの保養ステイをやっています
何度も来ている子供も始めての子供もみんな仲良く楽しく過ごしています
ふくしまいせしま
お手伝いもしっかりと
朝ご飯
ある日の朝ご飯
オラはいつも食事作りのボランティアで参加させてもらっています
なるべく素材の味を生かした和食中心で
そして野菜中心で
喜んで食べてもらえるのが最高に嬉しい
ふくしまいせしま2
手を合わせて頂きます
ふくしまいせしま3
外で何の心配も無く遊べるって
子供たちにとっては1番嬉しくて自然なことなのに
それが出来なくしてしまったエゴまみれの大人たち
洗脳されまくっている日本人たちよ
あれだけの事故が起こってまた何も気付かないのか?
子供たちが苦しんでいます
ほんのちょっとずつの勇気を集めましょう
「生きること」を見直しましょう
原発がいらないことは誰にでも分かるでしょ
そして政府ももういらない
それぞれが地域で支え合って知恵を出し合って生きていけば
充分豊かに生きていける
誰か一握りの人たちを金まみれにする現代経済社会時から脱却して
それぞれが与え続ける本来の美しい魂循環の社会にしていくのです
今回は3日間だけの参加でしたが
子供たちを過ごせて大変楽しかったです
みなさん、ありがとうございます。

category: 命と向き合う

tb: --   cm: 0

宇宙人の目にも涙  

柚コショウ
無農薬の青柚と青い韓国唐辛子で
柚コショウを作りました
柚をおろし金で下ろして
たねをとって刻んだ唐辛子と塩を加えてすり鉢で丁寧に摺りました
友達が摺っている時に汁が飛んでオラの目に入った〜〜〜〜
イテテ〜〜〜〜〜
痛くて目が開かない
涙も止まらない
水で洗ってもどうにもならない
かなり強烈です
でも、何とか無事に治りました
ちょっと唐辛子を入れ過ぎたかな?
摺っている間も涙と鼻水が・・・
味見すると
これまた強烈な辛さ
使うときはさじ加減が必要だ
熟成すると少しはマシになるかな?
糀を加えるといいかも?
オラは辛いものが苦手だけど柚コショウだけは結構好きだ
お蕎麦の薬味に、納豆に薬味に最高だ
1ビン出来たので
これでもう1年分はあるだろう

category: 加工品作り

tb: --   cm: 0

長〜いグニャリ  

つるくび
鶴首南瓜が収穫できました
鶴首かぼちゃ
手の大きさと比べても大きいことが分かるでしょう
そして長い!!
肩にかけて持って帰ってきました
味もなかなか美味しいのですよ〜

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

おばあちゃんの雑穀  

粟畑1
飯高の雑穀のおばあちゃん粟畑
粟の穂
大きな穂がたんと実っている
美しい
黍揉み
黍揉みのお手伝いに行きました
黍揉み2
穂だけを刈って手や足で何度も揉んで脱穀します
もちきび
篩や箕でゴミを取り除くと
こんなに美しくなります
今年は雨が少なく猛暑なので実入りが悪いそうです
オラのモチキビもそろそろ収穫時期です
楽しみだな〜
参加したい方はお気軽にご連絡下さい

category: おでかけ

tb: --   cm: 0

そろそろ雑穀も実り  

シコクビエ
シコクビエの収穫が始まりました
アマランサス
アマランサスは第2弾の収穫
モチトウモロコシ
紫もちトウモロコシちょっと収穫して太陽クッカーで茹でる
モチモチおいしい
紫色が付くと甘みとプチプチ感が無くなる
茹でて食べるなら白いうちに
毎日豊かな食卓だ

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

ちょいちょいと  

裏屋根
勝手口を出たところに屋根を付けました
雨が台所に入り込んでくるので、その対策
裏屋根2
光が入るように透明のポリかを張りました
これでまた新たなスペースが出来ました
でも、置き場が増えるとなぜかものが増えてくる
気を付けないといかんぞ
ゴミ置き場にしようかと考えています
窓トタン
作った窓の回りをトタンを張りました
少しずつだけどチャクチャクと
暑い日中は家の中や裏で大工仕事で〜す

category: うきちせ作り

tb: --   cm: 0

1日かけての食事  

シコクビエパン
シコクビエの入った小麦酵母のパン
朝から捏ねてロバのパン焼き器で焼きました。
気温が高いので短時間で簡単発酵。
南部鉄のロバのパン焼き器は生地がくっつかず、発酵も色が黒いのでスムーズ、真ん中に穴が開いていて短時間で外はカリッと中はふっくらモッチリと焼ける。
初心者でも天然酵母のパンが作りやすい。
カレーソース
カレーソース作り
たねとりして残ったタネ以外の部分で濃厚かレーソースを作った。
ハマっているドライカレー作りに使うつもりだ。
トマト、玉ねぎ、ニンニク、自家調合スパイス、在来ミツバチの蜂蜜と5年もの味噌だまり醤油を隠し味に加えました。
クラッカー
玉ねぎ酵母と原木椎茸粉のクラッカー
無農薬の全粒粉の小麦粉と天日塩、圧搾の菜種油で焼き上げました。
カリカリッと香ばしい
毎日カレー
最近カレーばかり
夏はやっぱり、カレーだぜ。
鶴首南瓜とトマトのカレー
隠し味に無農薬の桃とリンゴ酢を加えました。
毎日贅沢をしています。
考えたら1日中、料理しているような・・・。
でも1日1食なんだよな〜
だからこそ本気でおいしいものを食べているのだ。

category: 加工品作り

tb: --   cm: 0

トマト見たらタネとり  

トマトたねとり
とんがりミニトマト、バイオレットミニトマト、レッドマイクロトマト
とにかくトマトのたねとりしまくり
たねを採って残った分のカレーやトマトソースに入れて全部頂いています。
だから最近は毎日トマト料理。
でも夏は酸味と塩分のあるものがほしくなるから、ちょうどいいのだ。
まだまだトマトのたねをとりまくるぞ〜

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

要注意  

まむし
友達の愛犬がマムシに噛まれた
足が噛まれてかなりはれていた
でも犬はマムシに噛まれても死ぬことは無い
友達は犯人のマムシを捕まえてマムシ酒を作るそうだ
切り傷などによく効くという
今年は蜂もマムシも多いようなので気をつけないといけない
オラも一度に頭とお尻を5カ所もこの前ススメバチに刺された
ほとんど腫れもせずその日のうちに治ったけどね
いつも強靭無敵な体でいることが山で暮らす鉄則なのだ

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

家があっても  

テント生活
最近、夜は庭に張ったテントで寝ている
なかなか涼しくて快適だ
下は芝生なのでフンワリとしていて気持ちいい
そして夕食も外で食べている
月や星を眺めながら
この日は流れ星が流れていた
流星群が近づいていたようだ
我が家に寝室は無い
今も無い
食べる場所も寝る場所も決まっていない
いつも好きなように思いつきのままに
毎日がキャンプで楽しいよ

category: シンプルに

tb: --   cm: 0

太陽カレー  

太陽ご飯
本日の夕食は全て太陽のおかげさん
太陽クッカーで先に夏野菜のカレーを煮込んでから
始めてご飯焚きを試してみる
太陽ご飯2
2時間ほどで炊けた〜
猛暑の日差しのおかげか
こんなに早く炊けるとは
しかも光熱費0
太陽の味がするかな〜
干しゴーヤ
1日でゴーヤスライスもカリカリ
恐ろしや〜
もうそろそろ雨が降ってもいいんでないかい?
草すら枯れそうに葉を丸めて必死に耐えている
こんな山奥で35度を超えているのだから
街では悠に40度は越えていることだと思う。
でも干し野菜にはありがたい日和である

category: ひらめいたマンマ

tb: --   cm: 0

華南と華北  

キュウリのいろいろ
華南系の青大きゅうりと華北系の四葉キュウリ
全然見た目が違うでしょ
キュウリのいろいろである
アルメニアにはもっと変わった細い三日月のようなキュウリがある
昔のキュウリはヘタの部分に苦みがある
ククルビタシン
切って擦ると苦みが抜ける
今や苦みのあるキュウリも珍しくなった
ちなみに四葉きゅうりはこぼれ種から育った
何とも強靭なやつである
パリパリと歯触りは良いが甘みも少なく味が薄い
漬け物には最適である
猛暑にも関わらず次々と実る
水の1度もやっていない
自然栽培では根の量が違う
最初の生育が遅いのは地中深くまで根を伸ばしているからだ
自分で養分を自給できるようになってから地上部を伸ばし始める
肥料をやった場合、最初の生育はとても良いがすぐに木が弱り枯れてゆく
干ばつにも非常に弱い
うちの畑は適度に草が生えているので
夜露朝露を大地にしっかり受け取れるサイクルが出来ている
だから猛暑が続いても水やりが必要ないのだ。
草がなかったら毎朝毎晩水やりをしないといけないことだろう。
必死に草取りをして、必死に水やりをするか
自然の仕組みをそのまま活かして草を適度に生かし、水やりの必要ないあるがままの農業を楽しむかは、農家それぞれの選択である。
その上さらに草が無い畑、ビニールマルチで覆われた畑などで作業をすると大変暑いし疲れる。
草がある程度茂り土が露出していない畑では裸足で作業が出来意外に涼しく、1日中働いても疲れることがほとんどない。
人間が長時間いて心地よい畑は野菜にとっても心地よいのは間違いない。
だって野菜はずっと畑にいて移動することが出来ないのだからね。
畑自体が生きものだってことを忘れてはいけない。
地球だって、宇宙だって生きているのだ。
単独で存在出来るものなど無い。
全てが繋がって究極のバランスがとれてこそ私たち一人ひとりが生きているのだ。
オラはいつのそのことを畑から学んでいる。
猛暑であるからこそまた学びも多い。
何でもありがたいことなのだ。
キュウリは毎日ぬか漬けにして頂いている。
塩を使わない太陽発酵の糠床に漬けている。
酸味が程よく、植物性乳酸菌がたっぷりなのが分かる。
これを食べているだけで腸は超快調である。
その日に農薬も肥料も使わないあるがまま畑で採れた在来たねとり野菜をその日に頂く。
世の中に健康法はさまざまあれども、これ以上健康な食生活は無いだろう。
世間は情報に左右され過ぎて自分自身の体の声を聞くことを忘れている。
当たり前で自然あるがままのことが分からなくなるほどに無駄な知識を頭に詰め込んでいる。
その割にはコロコロを変わりまくって継続しないことが多い。
本当においしいものすら判断出来なくなって
味付けばかりにこだわって、素材のおいしさをすることも無くなった。
せっかく体に入れるなら、体が大喜びするものがいい。
腸内細菌たちが心地よく生きれるような食事をすれば
体の健康で若々しく疲れ知らずになることでしょう。
健康的で本当の贅沢な食事とはお金をかけずひたすら手間だけをかけることである。
そして食を頂くための過程を驚きに満ちたものにし、大いに楽しむことである。
それが命を魂を養うことになってゆく。
生かして頂いてありがとうございます。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

明るい台所  

窓できる
台所に窓が出来ました。
友人の大工さんに感謝である。
これで明るいところで料理が出来る。
でも台所完成までまだまだ先は長い。
ボチボチ楽しみながらやっていきましょう。

category: うきちせ作り

tb: --   cm: 0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。