宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

着実にぐんぐん  

韓国唐辛子
今年のキムチ作りと来年の豆板醤作りに使う韓国唐辛子がたくさん実ってきました
小豆
いろいろ小豆も元気いっぱい
青大きゅうり
デカイでしょ
青大きゅうりです。
たねとり用に残してあります
ひまわり
ヒマワリが重たげに首を垂らしていきました
タネ食べたいな〜
レタスのタネ
レタスのたねとりやっています。
うまく実るかな?
スポンサーサイト

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

ほほほの穂  

雑穀の穂が出始めたよ〜
あわ1
あわ
あわ2
株が太る前で少し早い気もするけど
移植した時に雨が全然降らなかったのが響いたのかな?
きび
きびは予定通り
稗
稗の生長が素晴らしい
稗3
1本植えで10本分けつ
稗2
穂がデカイ
でも、これも晩生の稗なのに穂が出るのが早すぎるような
何か気候がおかしい
ごま
胡麻が花を咲かせ始めました
ごま2
かわいい花がいっぱいぶら下がっている
雑穀の美しい穂が見たい方は是非お越し下さい

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

また会える  

びわ湖キャンプ2
再び「びわ湖123キャンプ」のお手伝いに行きました。
ふくしまいせしまのキャンプに来てくれていた親子2組とも再会しました。
うれしいですね。
みんな元気いっぱいで本当に良かった。
妻と2人でご飯のお手伝いをさせてもらいました。
びわ湖キャンプ
オカリナ演奏や紙芝居も楽しみました。
みんないっぱい遊んで、おいしいものをお腹いっぱい食べていってね。
またお手伝いに参加させてもらいます。

category: イベント

tb: --   cm: 0

アースガーデンツアー  

たかきび
美山の茅葺き屋根とタカキビ畑
アースガーデン1
アースガーデンにて雑穀の会を開催しました
雑穀料理2
オラは雑穀料理を作らせて頂きました
雑穀料理
こんな感じ
キビ,アワ、アマランサス、シコクビエがたっぷり
皆さんに喜んで頂けて嬉しかったです
アースガーデン2
植月さんによるパーマカルチャーの講義もありました
ガーデンツアー
ガーデンの案内と説明もして頂きました
無駄の無い循環を考慮した植物の配置になっています
ブラックベリー
ブラックベリーが実り
ガーデンツアー2
排水も全て循環できる仕組みになっています
ぶどう
たくさんのブドウもぶら下がっていました
素敵なお庭でした
ツアーに参加して頂いた皆様、コーディネートして頂いたSさん、ありがとうございました。

category: イベント

tb: --   cm: 0

夏の恵み  

ズッキーニ
ズッキーニがようやく採れ始めました
青大きゅうり
青大きゅうりも続々と実り始めた。
在来種はヘタの部分は苦みがあるけど
とても甘みもあっておいしい。
オラはふと短い華南系のキュウリが好みだ。
たねとりしよ〜っと。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

見頃満載  

やまゆり1
ヤマユリが見頃ですよ〜
ヤマユリ2
ああ、いい香り
ユウスゲ
ユウスゲも夕方になると咲き始める
オニユリ
オニユリの派手な装いで
花いっぱい嬉しいな〜

category: 自然風景

tb: --   cm: 0

繋がりどこまでも  

保養キャンプ5
妻がずっと携わって滋賀県で行なっている福島の子供たちの保養夏休みキャンプ(びわこ123キャンプ)のお手伝いに行きました。
子供たちみんなとても元気いっぱいです。
保養キャンプ1
オラは料理のお手伝いをしました。
助っ人の主婦の皆様が心強い。
食材もボランティアも豊富で志摩のキャンプより恵まれているな〜。
保養キャンプ2
ある日の昼食。
トマトの冷製パスタ
長芋の唐揚げ
インゲンのごま和え
キュウリをおじゃこの梅和え
保養キャンプ3
子供たちが率先して皿洗いを買って出てくれた。
何とも心強い。
保養キャンプ4
ボランティアスタッフはクタクタ?
たくさんの不思議な繋がりがあった。
みんな同じワッカの中で生きている。
そしていつもタイミングよく繋がってゆく。
オラはいつも感謝でいっぱいである。
いせしまふくしまのキャンプも手伝いに行く予定にしています。
大家族ってとてもにぎやかで楽しいです。

category: 命と向き合う

tb: --   cm: 0

虫の世界  

昨日、1日中田んぼの草取りをしていて感じたことがある。
それはアカハライモリが極端に少なくなったこと。
いつも大量にいるのに今年は1匹しか見なかった。
カエルの少ないように思う。
オタマジャクシが大量にいたわりにはカエルになったものが少ない。
世界昆虫学会では2050年には世界の昆虫が絶滅すると発表している。
宇気郷やおらの畑には山ほど虫がいるがそれでも個体数の減少を感じずにはいられない。
昆虫がいなくなるとどうなるか?
そう、草花や野菜の受粉が出来なくなる。
つまり、タネが残せなくなるのだ。
自家受粉や風媒花の植物だけが生き残ることになる。
これは一体何が原因なのだろう?
異常な気象変化のせいなのか?
ネオニコチノイド等の新型の農薬のせいなのか?
気のせいかもしれないが、
スズメバチ、アブ、蚊、ハエは依然と多い。
今年は蜂の巣を家の中に作っている。
オラの家のトイレに上にも。
退治するか、かわいそうなので置いておくか迷っているうちにもう巣が出来上がったようだ。
これはかなりの台風が来るか、なにがしかの災害があるのかもしれない?
蜂はその年の台風(風水害)を予測して巣の位置を決める。
波動の荒い虫や生きものばかりが増えているような気がする。
これは今こそ家や土地の波動を高めていこう!!
考えている作戦があるのだ。
効果があればまた報告します。
しかし、多様性が失われていくって寂しいですね。
オラの畑には花もいっぱい咲かして
今は2m以上に育ったヒマワリが立派な花を咲かせている。
でも蜂は1匹しかいなかった。
ズッキーニや南瓜も花を咲かせているけどいつも大量に飛んでいるマルハナバチの姿を見かけない。
春に鳥が桜や梅の花芽や葉芽を食べたのも餌となる昆虫が少なかったのが原因かもしれない。
これから何が起こるか予想もつかない時代に突入してきた。
宇宙と自然に愛と感謝をもってお返しして
全ての生きものたちと分かち合い、与え合うことで我々は自らを生かしていける。
自然はやかましい。
オラはいつも虫の音と鳥のさえずりで目が覚める。
今もワンサカ騒いでいる。
これがピタッと止まった時、我々はもうこの星から消えているだろう。
これこそ沈黙の春である。
多様で全ての生きものがあるがままに生きれる自然な農業をしましょう。
農業を出来ない人は自然な農業をしている人を応援していきましょう。
そして環境を破壊して出来上がったものを買わないようにしましょう。
何かしら1人ひとりこの星に奉仕出来ることがあるのです。
共に手を携えてこれから産まれるく新しい命に光を!!
ありがとうございます。

category: 本気ぼやき

tb: --   cm: 0

選挙の新しいあり方  

メーリングリストでオラはこんなメールを発信いました。
「さてさて、今日は選挙の投票日ですね。
宇宙は多様でみんな違うからこそひとつなんですね。
同じ人間、同じ昆虫、同じ微生物でも実はちょっとずつ違う。
それによって絶妙なバランスがとれている。
本気で全力でやる気のある人なら選挙なしでも全員で力を合わせてやって欲しいですね。
定員なんて決めるからおかしい。
まあ、活動資金はみんなの寄付とボランティア精神でやってもらうってことで。
しっかり街のことを思って働けば寄付も増えるだろうし、
魂を尽くして何事にも取り組めば周りに素晴らしい影響を与えることになると思う。
それは誰でも同じこと。
愚痴や誹謗中傷などは誰も聞きたくないし、自分自身も周りの波動も下げるだけです。
昨日は熊森三重の会合でたねとりに関する講演を頼まれて津と伊勢でお話してきました。
これからは「与え合う経済」にしようと。
すべての人が与え合うことで、全体がますます豊かになる。
それが本当に人間の生きる道ではないかと話し合ってきました。
私は選挙で誰に入れるとか別にありません。
候補者が自分の愛する街や国のことを思って、たとえ無償であったとしても懸命に働くこと忘れず、輝き続けてくれればいいです。
比較、選別する世の中は終わります。
自分が1番やりたいこと、この星や宇宙の奉仕出来ることをひたすらやり続けることが最大の喜びとなることでしょう。
真我に則った生き方をすれば、全てがサポートしてくれるようになります。
何の心配も要りません。
選挙から話がずれてきましたが、
他の誰かや政治家がやってくれるのを待つのではなく、自分からまず半歩ずつでもいいから踏み出しましょう。
きっと今やるべきことが最高のタイミングで訪れることでしょう。
ありがとうございます。」

残念ながら何の反応はありませんでしたが
選挙のあり方を見直す時にきたのです。
競い合って、蹴落とし合って
「選挙戦に勝つ」って。
なんだかもう古過ぎませんか?
これからは協調の時代です。
与え合って宇宙に奉仕をする時代です。
街や国のことを本気で考えている人が全員でやればいいのです。
何でも本気で取り組めばお金は必要なだけ回ってきます。
そういうものなのです。
ただ私利私欲のためだと全然ダメです。
それは「魂に従っていませんよ」というメセージなのです。
オラは選挙に行きませんでした。
1日コツコツ田んぼの草取りをしていました。
人が人を選んだり、裁いたり、罰したり出来るはずが無いのです。
比較すること自体くだらないことです。
だから、やりたいと思う人が全員でやればいいのです。
それが当たり前です。
本気でやりたいことにお金を求める人がいるでしょうか?
もしお金目的であれば、そんなことはつまらないからやめなさい。
人によってそれぞれが発揮出来る場がきちんとあります。
あちこちから引っ張りだこですごくイキイキといつも輝いている人がいるでしょ。
毎日やることだらけでなんだかいつもニコニコ楽しそうな人がいるでしょ。
誰もがそういう人になれるんですよ。
話はずれましたが、
今の選挙制度は終わりにしましょう。
こんなにお金のかかる選挙はバカバカしいです。
勝ち負けに一喜一憂しているなんて低レベルです。
地球や世界や国のことなのにこんな決め方で甘んじていたら何も変わりません。
これからは比較しない、決めない、選ばない、期待しない、欲しない・・・。
それぞれが今ここで出来ることに全力を注ぐだけでいいのです。
一緒にあるがままにこの星で永遠に遊びましょうね。
ありがとうございます。

category: ひとり戯言

tb: --   cm: 2

与え合う経済に  

熊森三重2
熊森三重の連絡会に参加しました。
たねとりに関する講演を頼まれたのです。
津と伊勢で2回お話をさせてもらいました。
タネの現状を少しでも知ってもらえたのでとても嬉しかったです。
熊森三重では自然農の部会も麻の部会も立ち上げて行く予定です。
興味のある方は是非ご参加下さい。
熊森三重1
私たちは人間だけで生きているわけではありません。
もちろんものやお金で生きているわけではありません。
現在は有限資源の奪い合いの経済社会です。
貧富の差がますます広がっています。
オラのように完全に外れてしまったものには全く関係ない話ではありますが。
自分の足で建ち、周りの人と手を取り合って生きてゆきのが人の道です。
虫も草も微生物や目に見えないものたちを愛することで
我々はイキイキと輝いて生きてゆけます。
敵なのはどこにもいません。
「あいつが敵だ」と勝手に決めつける自分自身が幻の敵を作っているのです。
よく観ればいい。
欲もエゴも無くひたすらこの星のために活動している小さき生きものたちを。
涙が出ますよ。
人間の愚かさを知ることでしょう。
命の豊かさを知ることでしょう。
我々は全体と繋がっていることに気付くでしょう。
ひたすら感謝するしかありません。
我々は何一つ作り出せないのです。
自然界にあるものを似せて作っているだけで
それは永遠のものではありません。
永遠に循環し生き続けるのもこそが本物です。
私たちは与え合うことが出来ます。
愛し合うことが出来ます。
あなたが今本当にやりたいこと、今1番時間を忘れて取り組んで輝けることは何ですか?
もしすぐ思いつくなら、今すぐそれをやって下さい。
それがこの美しい星に奉仕することに繋がっていくのです。
幸せですね〜
地球は一瞬で甦ります。
一緒にこの星で楽しく遊びましょう。
全ての生きものたちとともに。
ありがとうございます。

category: 命と向き合う

tb: --   cm: 0

品種別に  

麦脱穀
麦の脱穀まだ続いています。
なんと、梅干を干すために買った「せいろう」が脱穀に便利。
ゴシゴシ摺るとあっという間に脱穀。
脱穀終了
今日は3種類の小麦を脱穀。
まだまだ、部屋にぶら下がっている麦が結構ある。
山の生活はやることがいっぱいだ。
自給自足はやっぱり楽しい!
タネがあればずっと大好きな農に魂を捧げ続けれる。
ありがとうございます。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

さいた さいた  

ひまわり
でっかいヒマワリの花が咲きました。
一気に畑がにぎやかになったように感じる。
すごいな〜
たくさん植えたからこれからもっとにぎやかになるぞ。
どんどん花いっぱいに畑なってね

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

階段強化  

水汲み場
家の裏の沢の水汲み場に階段を作りました。
前から簡単な段差をつけてあったのだけど
妻がこの前滑って転んでしまったので
「これは危ない」と早速下りやすく階段を作りました。
大事な体だから、なるべく危険を減らしておかないと。
少しずつ快適になっていくのが嬉しいですね。
体はなんぼ動かしても減らないで、どんどん頑丈になっていきます。
不思議ですが、有り難いことです。

category: 雑仕事

tb: --   cm: 0

きちんと目が覚める  

クン炭仕上がり
くん炭作りは半日がかりだ。
何もしないで放っておくと全部灰になってしまう。
適当なところで水をかける。
夕方前から火をつけて燃やし始めて
この日は眠かったのでたぶん8時には寝たと思う。
でも、きちんと目が覚めるもんですね。
真夜中(何時か知らんけど)に目が覚めて水をかけにいった。
ジュージューたっぷり水をまんべんなくかけて、また再び寝た。
朝起きたらまだ熱いところがあったので少し水をかけて、日頃に出来上がった。
時計が無い方が体はうまく動く。
もし時計があって夜中に目が覚めたら
「こんな時間か、めんどくさいな〜」とか思うだろう。
それが時計が無いと全く何とも思わない。
ただ「今が水のかけ頃なんだろう。」と思うだけ。
人間は幻の時間に支配されなければ全てのタイミングは自然と分かるようになっている。
寝たい時に寝て、自然と目が覚めた時にパッと起きればいい。
そうすれば疲れ知らずの体になる。
有り難いことです。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

ワラだけで  

藁焚きご飯
脱穀して残った麦わらだけでご飯を炊いています。
ワラを入れる量とタイミングが難しいが、これがなかなか面白い。
ワラ炊きのご飯が昔から1番美味しいと言われている。
最高の贅沢である。
いまあるものを活かすだけ、しかもタダでご飯が炊ける。
素晴らしいでしょ。

category: シンプルに

tb: --   cm: 2

もみ殻利用  

くん炭作り
モミ殻が溜まってきたらくん炭作り
クン炭を作る道具がもうボロボロ
そろそろ買い替えないと
ロケットストーブ型に改造しようかな?
くん炭は苗の土に使っています。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

みんな元気  

シコクビエ
シコクビエ
やっぱり草と間違えられそう
達磨稗
達磨稗は茎も葉もゴツイ!!
素晴らしい生育状況
異常気象によく合っているのかも?
アマランサス
アマランサスは花盛り
おくら
オクラもぐぐっと伸びてきた
こぼれ種きゅうり
去年の放ったらかしておいたキュウリから次々芽が出てくる。
畑のあちこちがキュウリだらけ
朝顔も大量に芽吹いている
パイナップルトマト
バイナップルトマト初収穫
ナスの花
ナスの花も咲き始めた
宇気郷インゲン
宇気郷の白インゲン
味が抜群にいいし、
やっぱりこの土地でたねとりされているのでよく実る。
だからあちこちに播きまくった。
みなさんも地元に残るタネは特に大切にしましょう。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

カビぽろぽろ  

茶工場カビ取り
毎年梅雨が明けたら茶工場のカビ取り掃除を1日するのだ。
しっかり掃除をしてお茶の加工を終えたけど
やっぱりカビが生えてくる。
ゴシゴシこすったり、雑巾で拭いたり、エアーで飛ばしたりして
すっかり綺麗になりました。
また来年の新茶の季節まで機械の皆さんごゆっくりお休み下さい。
そしてまた、よろしくね。

category: 雑仕事

tb: --   cm: 0

山道歩けば  

ネムノキ
いつもスッと車で通り過ぎるだけの道も
歩けばいろいろな発見がある
ネムの花
ネムノキが満開である
近くで見れば何とも精巧な作りをしている
タケニグサ1
川原にはタケニグサがニョキニョキ
タケニグサ2
毒草だが花は美しい
肥料もなさそうなところでどうして2mにも成長するのか?
自然は不思議で何ともパワフルである。

category: 自然風景

tb: --   cm: 0

コツコツの力  

薪小屋
冬に向けての薪を保存する薪小屋を作りました。
山から木を切ってきたり廃材を利用したり
薪小屋2
余っていたトタンを張って完成
1日中コツコツとやっていました
気付けば日が暮れる
そんな1日がなんとも気持ちいい
今日は薪小屋作りで終わった
薪小屋3
ここにたっぷりと薪を保存しよう
そして寒い冬を暖かく過ごすんだ
薪割りしまくらないと
燃料となる木材は山ほど山に転がっている
間伐して放ったらかしになっている木
これが大雨で谷埋めて大水害に発展する
だから薪の生活は山のお掃除することに繋がる
燃料代もタダだしね
薪で焚くご飯は最高に美味しい!!

category: うきちせ作り

tb: --   cm: 0

Benibana  

紅花
山形に旅行した時に買ってきた紅花のたねを蒔きました。
そして少しだけですが花を咲かせています。
オラの大好きなオレンジ色だ〜
紅花染めしたいな〜
紫外線で劣色しやすいので定着をいかにうまくするかが問題だ。
今年はたねとりぐらいにしておこう

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

1日中畑にいれば  

畑という宇宙でひたすら野菜と向き合う1日
なんて幸せなんだろう
インゲンときゅうり
第2弾きゅうり
吾北うり
インゲンとの混植で。
野うさぎが来て豆の葉を全部食べてゆくので
竹の枝で囲いました
ひよこ豆
なんと、ひよこ豆のサヤが・・・。
かわいい。
でもひとつだけ?
アピオス
アピオスの花盛り。
独特の香りのある花はお茶になる。
収穫して乾燥させました。
どんな味がするのかな?
楽しみだ。
亜麻
リネン。
フラックススード。
亜麻仁油。
亜麻の花です。
かわいいね。
トマトホウズキ2
トマトホウズキが大好きなので、
あちこちに植えています。
今年は3種類を植えました。
フルーツホウズキとも言われています。
甘酸っぱさが特徴。
トマトホウズキ
これは小さめでとてもかわいい。
羽根突きの羽みたい。
マロー
マローの花
ティーにするといい色になる。
いろいろジャガ
植えていないけど毎年収穫出来るジャガイモ。
今頃収穫?
やっぱり気候が少しおかしい。
白、赤、紫。
色とりどりで美しい。
たぶん20種類以上混ざっている。
青大きゅうり
青大きゅうり。
雌花が着き始めたぞ。
ドでかいきゅうり楽しみだな〜。
人参のタネ
これは何でしょうか?
フワフワの毛がいっぱい生えている。
虫の卵?
いやいやこれは、人参のタネですよ。
花が咲いたあと、花の分だけタネを実らせる。
今年は大量に実った。
採ったたねは9月に播くのだ。
ノカンゾウ
ノカンゾウの花も咲いてきた。
蕾も食べれるのだ。
今度味見してみよう。
ゴボウの花
かわいい花。
毎年見とれてしまう。
ゴボウの花だよ。
花はかわいいけどたねとりは大変。
細かい毛が飛び散って、体中チクチクするのだ。
ぼたんこしょう
長野県の在来種「ぼたんこしょう」
「ぼたこしょう」という人もいる。
唐辛子の仲間だが辛味の中に甘みがあるのが特徴だ。
コンニャク
コンニャクがニョキニョキ。
秋にはみんなコンニャク作りをしよう!!
黄花コスモス
黄花コスモスが咲き始めた。
うちの畑には野菜だけではなくて花もいっぱいなのだ。
草も、虫も、微生物も、菌も、愛もいっぱいなのだ。
小豆
小豆が順調に育ってきている。
今年は8種類ほどたねを蒔いたよ。
ケンジナス
ナスも6種類は植えた。
元気に育ってここの土地により合うものからたねとりをしてゆく。
白なす
白なすも元気。
空梅雨でも植える場所を考えたので、それが良かったみたい。
野菜によって合う土の状態がある。
土をよく見て、「ここにはこれだ〜」ってだんだん分かってくる。
野菜も「ここに植えて〜」って言ってくる。
実は野菜はおしゃべりなのだ。
白菜の芽
白菜とキャベツの苗作りが始まりました。
播いて2日で芽が出てきました。
どんどん作るぜ。
そして自家製キムチを作るのだ。
何でも手作り。
だってそれが1番安全でおいしいでしょ。
それが本当の贅沢ってもんでしょ。
畑にいると自分なんてどうでもよくなる。
自分なんていないことに気付かされる。
宇宙よりもっと広い世界がある。
それは何次元までも無限に広がる。
私たちはその世界の一部でいつも繋がっている。
それを肉体で感じるために「今ココにいる」のだ。
なんて素晴らしいことでしょうか?
自由や幸せを求める必要なんて実は無い。
もう初めっから自由で幸せなんですね。
お金や地位、名誉、物資的なものが一切無くても
今ココで生きているだけで、こんな幸せなことは無い。
本当に有り難いことです。
ありがとうございます。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 2

理解を求めない  

現在街に借りている畑も持ち主から強烈に脅しをかけられている。
まあ、オラは自然栽培で草と共に野菜が育つのを見守っている。
持ち主は草が生えていることにすごく怒りを感じているのだ。
なぜ草をそこまで敵とするのか?
草は大地を乾燥から守り、その土地に足りない養分と水分を地中奥深くから吸い上げ、根に菌や微生物を集め、それによってミミズなどの小動物を生かす。
そうして長い何月をかけて大地を豊かにする大地の守り神である。
「除草剤を振ってトラクターで耕すぞ〜」毎回迫ってくる。
たくさん野菜や草、生きものたちがいるのに、そんなことをされたら土が死んで
また元の不毛の土地になってしまう。
この畑はもともと草すら生えなかった不毛の土地であった。
大地が甦りフカフカの土になって草がたくさん生えてきたことで持ち主は怒りだしたのだ。
本来は逆であるべきなのに・・・。
でも、自然の摂理、宇宙の法則いくら話したところで理解出来ない人がいる。
オラの魂が磨き足りないからかもしれないが
常識から外れた宇宙の遊び人にはとにかく地球人が恐ろしい。
感情というものに囚われている人々を見ると何かしら背後に取り憑いているようにさえ見える。
自然農の川口さんのところには世界中からさまざまな人が訪れる。
あの素晴らしい生きた田んぼを見るために。
しかし川口さんの周りの農家の田んぼはみんな現代農業である。
除草剤も農薬も化成肥料も使っている。
無農薬無肥料40年やっていても周り人は何も変わっていない。
悲しいかな、気付けない人間たちよ。
川口さんはそのことも知っている、だから敢えて理解させようと頑張ったりしない。
本当に自分で感じて、知ろうとしない者になんぼ言っても、馬の耳に念仏なのだ。
オラもずっと周りに人には変わり者扱いである。
本来の宇宙の理通りにやっているだけなのだが。
敵などどこにもいない。
オラももっと丸くならなければならない。
柔軟に生きて、こだわりなく。
街の畑は甦ったが、お返しすることになるだろう。
大地は再び薬品に汚染され、大量に住むようになったミミズや微生物は死に絶えるだろう。
地球よ。お許し下さい。
彼らは何も知らないだけなのです。
足元にある命の豊かさ、奇跡の命の営みを。
草の全く生えないことがそんなに美しいことなのだろうか?
ただの砂漠ではないか?
本当に人間は愚かだ。
地球人は野蛮だ。
怒り、ねたみ、恨み、競い合い、争い、殺し合う。
もう新たな次元の幕は明けているのに。
密かに選別が始まっている。
人類は今までの歴史上自らの欲とエゴで滅びてきた。
その歴史から愛と感謝こそ永遠に生きる道だと学ばなければ再び滅びるだろう。
本当に悲しいし、情けない。
オラは今日も地球に奉仕出来ることをやります。
ありがとうございます。

category: ひとり戯言

tb: --   cm: 0

屋根の上から選挙カーを眺める  

瓦漆喰塗り
うきちせは雨漏りの宝庫である
朝6時から屋根に上って棟の瓦のすき間に漆喰を塗る
コツコツと。
だんだん上手になってくる。
だんだん芸術的になってくる。
瓦漆喰塗り2
梅雨の雨の日
妻と20個以上の鍋やお椀、コップを並べて雨漏りの音色を聞いた。
雨漏りしなくなると、ちょっとつまらない。
でもまた違う楽しみを探せばいい。
少し便利になり快適になると人は工夫をしなくなる。
水の毎回川にくみにゆくと言う不便さで鍛えられたかカラダ。
川で手洗いする洗濯で絞ることの大変さを身に染みた。
洗濯機の脱水機能すごさに感服した。
自分で体験してみて分かることたくさんある。
それがとても脳にも体にもいい刺激を与えてくれる。
ボタンひとつでは計り知れない奥深い世界がいつも存在している。
今川の水で野菜やお茶を冷やしている。
それが食べてちょうど1番美味しい温度なのだ。
すごいな〜。
毎日感動の連続である。
全ては与えてくれている。
ほうとうに有り難いことなのだ。

category: うきちせ作り

tb: --   cm: 0

ちょっとタネを  

オーガニックマーケット
亀山のオーガニックマーケットへ
実は妻がいつのお弁当を販売している。
でも、行った時にはもう売り切れていた。
すごい!!
オラは無農薬無肥料のタネを少し販売。
朝から小袋に詰めていて遅れたのだ。
1人の人が大量買いしてくれて結構売れました。
ちょびちょびタネの販売をしていこうと思います。
たねとりの手間賃ぐらいにはなるかもしれないし。
暑くてもマーケットはにぎわっていた。
昼を過ぎた頃黒い雲がやってきて、
急いでお片づけ。
ザザ〜っと、でも畑には足りない雨。
異常気象が正常に思えてくる今日この頃。
地球よ人類が改心するまでもう待てないようだね。
ごめんなさい。そしていつもいつも、ありがとう。

category: おでかけ

tb: --   cm: 2

草とのバランス  

たんぼ2
モミばらまき田んぼの稲が分けつしてきました
たんぼ1
多いもので7本ぐらいになっているよ
でも1枚の田んぼが草だらけに
う〜ん、まだまだ。
何でもやってみないと分からないことがいっぱいだ。
いつも目の前に学びがある。

category: お米と向き合う

tb: --   cm: 0

暑かろうと  

ゴボウの花
ゴボウの花が満開です。
下にはこぼれ種から育ったゴボウが着々と育っています。
これこそまさに自然循環。
ミニトマト
ミニトマトが次々と色づく始めました。
きゅうりとトマトがオラの今のメインディッシュです。
ありがたや〜

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

お手伝いさん  

麦の脱穀
麦の脱穀を手伝いに赤ちゃんを入れて3名の方がお越し下さいました。
暑い中、懸命に麦と向き合って頂き
いろいろと学んで帰られました。
手作業はみんなでするとなんと効率の良いことでしょう。
いつも1人でやっていたから、ありがたさが身に染みます。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0

これひとつで  

ソーラーランタン
お気に入りのソーラーランタン
デジカメの携帯も充電出来て、ラジオもついている。
明るさも光る方向の選択出来て
夜はこれひとつの灯りで過ごしているので
電気代はずっとタダ。

category: お気に入り

tb: --   cm: 0

夏の水分補給  

初きゅうり
地這いきゅうりが続々と採れ始めてきました。
採れたては甘みがあっておいしい。
毎日かじって河童の気持ちを味わっています。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。