宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

たねと歩く  

たねと半歩
木間暮通信を12年間続けてきましたが
ここで宇宙新たに発信します。
たねと共に1歩1歩踏みしめて進んでゆく通信をたね友と発行することにしました。
今回はバンドル版?
「たねと半歩」を急ごしらえ。
通信の題の歩数が増えてゆくので、歩いた数が見ただけで分かるようにしました。
さあ,どこまで歩いていけるでしょうか?
無限です。
どもまでも。
A3の半分のスペースはオラが頂きましたが、
半分は皆さんから記事を募集しています。
1回につき1人名刺サイズ大の記事を掲載していきます。
もちろん長くても構いません。
適当に分割したり(2〜3回に分けたり)縮小して掲載します。
テーマは別に何でも構いません。
農業、たねとり、自然,おばあちゃんの知恵、加工品発酵食作り、健康、料理、お勧めの本や音楽、旅日記、育児、教育、いかにズボラになれるか、私は誰か?愛とは?(哲学)・・・・・
質問も受け付けています。
出来る限り宇宙規模でお応えします。
イベント情報も載せますよ。
皆さんどしどしお寄せ下さい
記事はメールでもいいし,FAX、手紙でも構いません。
よろしくお願いします。
なお,通信の受け渡しはたねの交換会やその他イベント、人伝て、口伝て、足任せ?
郵送もします。
なお、印刷や郵送代はたねの交換会で得たカンパを使用しています。
切手のカンパも募集中です。
半年か1年分をまとめて100〜200円で販売も考え中。
今まで勝手に「木間暮通信」を送らせていた方には
今回から希望者のみの郵送にさせて頂きます。
これからも読んでみたいと思われる気と気直方はご連絡下さい。
1歩目は今までと同じように送らせて頂き、その旨はお伝えするつもりです。
よろしくお願いします。
ブログも少しずつ、ほんのたまにの更新になっていきます。
ローテクに戻ってゆきます。
日頃のヘンテコな想い,突拍子もない意見は通信に込めてゆきます。
コツコツ1歩1歩ボチボチ。
何も分からないままに、あるがままに。
道があってもなくても、いけるところまで,どこまでも。
ありがとうございます。
スポンサーサイト

category: 書き物

tb: --   cm: 6

而今禾でたねを  

jikonka
毎月第4度土曜に開催されている
而今禾でのオーガニックマーケット
お客さんでいっぱいだ
美味しいものがテンコモリだからね〜
みんなそれぞれもお気に入りをお買い物〜
たねと発酵
オラはたね友とたねの交換会と発酵食と雑穀の販売をしました
かもしもか
ボチボチでしたが
手作りの発酵食や雑穀、たねの興味を持ってくれる人もいて話が盛り上がりました。
たねに危機感を感じている方もやはり増えてきているようです。
生き方やお金の使い方に関して考え方がシフトしてきているのが感じられます。
オラはただ生きているだけでありがたいし,
こうやってたくさんの友達と魂レベルで繋がっていくことが最高に嬉しいです。
疲弊した心と大地をあるがままにさせて、本来有るべき姿に甦らせていきましょう。
固定観念という幻想(恐怖)からの解放のときです。
自分という個人を手放し,宇宙に全てをお任せしましょう。
もうすでに完璧で、最高です。
ありがとうございます。

category: イベント

tb: --   cm: 0

こころづくし  

2月に入って体調を崩してから
さまざまな方にたくさんのありがたい心遣いを頂戴しました。
ゆっくりと養生させて頂きまして、大変よくなりました。
こうやってぼんやりと暮らすことが出来るのも親やたくさんの友達のお陰です。
いつもすごく恵まれていることに気付かされます。
1人ではなく,皆(あらゆる命あるものたち)で生きているのですね。
当たり前ことだけに、どうしても忘れがちになってしまいがちです。
健康には人一倍気をつけていたつもりではありますが,
結局は世の中にあるさまざまな健康法に囚われていたのですね。
ここにいる自分の体の声を聞いていなかったのです。
自分の体のことさえ何も知らない。
体ことを頭で考え過ぎていたのですね。
脳はいろんな要求をしてきます。
全てはエゴと欲の嵐です。
別にそんなに使わないし要らないものを欲しいと感じたり、充分なのにもっと欲しいと感じたり。
エゴと欲は我々を支配するのに必死です。
エゴは我々を通してしか行動出来ません。
エゴ自体は幻で、それ自体には何の行為をする力もありません。
我々は期待し,求め過ぎなんですね。
だから裏切りと後悔の繰り返しからいつまでたっても解放されないのですね。
幸せと自由を求めている限り、それは得ることが出来ないのですね。
生きるってとてもシンプルなのに、ものすごく複雑にもできてしまう。
自分に起こる出来事も沸き上がる感情も全て自分自身が生み出した幻想だと思い知らされることがあります。
オラはまだまだ未熟です。
悲しいほどに弱く・・・。
素直に受け入れて、入ってきた力のままに流せるようにしていこう。
こんなにチャンスに恵まれているのに、優しさを仇で返していることがどれだけ多いか。
結局何も分からず,知ることができないことに気付いても
それはあきらめや絶望ではない。
それはただそういことであるというだけである。
全ての運命がもう定まったものだとしたら、生きる意味はないのだろうか?
本来、生きることに意味なんてあるのだろうか?
そんなことをウダウダと考えている。
まあ,頭で考えているうちはただの妄想に過ぎない。
オラがすることは、結局畑で野菜と語り合うこと。
ずっと何も変わらない。
いつも,宇宙は己と共にある。
だから自分から1歩1歩・・・歩んで行くのだ。

category: 命と向き合う

tb: --   cm: 4

皆さんのあたたかい気持ちに  

すでに半月近くも、体調がすぐれない状況が続いています。
咳と痰が止まらず、熱も下がらない状況です。
あまり寝れないこと以外は日常はたいして変わりないですが,
動きすぎると息切れがするのでほとんど座りっぱなしになり体力が落ちてきてます。
家族がいるってありがたいですね。
雨風しのげる家があるって幸せですね。
あたり前のことはどれだけ幸せか思い知らされます。
そして元気であること,健康であることは何にも代え難い宝であると気付かされます。
今回、長期に渡り、菌やウイルスとお付合いしているのですが
彼らも単純に悪ではないのです。
彼らも役割があってオラの元にやってきたのです。
体が病んだとしても精神まで病む必要はない。
こういう時こと「自分とは何者か?」問うチャンスだと感じます。
病気と思っているのは誰なのか?
借り物の体に無理をさせ過ぎたんですね。
健康には人一倍自身があるという奢りを打ち砕かれたんです。
ストイック過ぎる自分をどこかでおかしいと感じていたんです。
なぜそこまでするのか?一体何を求めているのか?
そう,求め過ぎだったんです。
今回の体調不良で、たくさんの人にあたたかいお声をかけて頂いています。
たいへんうれしいです。
たくさんの人にオラは支えてもらっているんですね。
自分勝手でたくさんご迷惑をかけて生きているのに、ありがたいことです。
回復後のオラはどうなるか?
もう個人としての私はいないかもしれません。
でも,結局はなるようになるだけです。
ただ,命ある限り生きるだけです。

category: 命と向き合う

tb: --   cm: 14

土を体内に  

ごぼう
エイリアンのようなゴボウを収穫。
大浦太ゴボウだ。
味とか織りと柔らかさが特徴だ。
こぼれ種で毎年たくさん育つ。
今日1日高熱で動くのが億劫なのでぼんやりしていて
ひらめいたのは、腸内環境を整えるにはうちの畑の土を食べれば手っ取り早いのではないか?ということ。
うちはずっと肥料も農薬も蒔いていないし、市販の微生物仕材も使っていないので、1番自然な状態の菌層が保たれているはずだ。
と言うわけで、少しつまんで食べました。
さてさてどうなるか?
大地と腸は繋がっているのできっと劇的な回復をするのだ。
薬草、漢方、民間療法も数あれども
土を食べて治す方法はなぜオラ自身も思いつかなかったのか?
あまりにも身近過ぎて気付かなかった。
土を食べるとジャリジャリして気持ち悪いと感じそうなものだが、
全くそんなことはなく、自然と体の中に溶けていった。
体か欲していたからかもしれない。
無数の土壌の菌たちを体内にも増やせば、もうあらゆる菌やウイルスと戦わなくて済む。
戦うのはパワーがいるし、面倒くさいからね。
でも、今は休む時、ただそういう時なだけ。
別に何の意味もない。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 3

目をつけられた  

なんか世界がやけにユラユラして落ち着きがなくなったな〜と思ったら
体温を測ってびっくり。
39.8度!!
人生初、40度に近づいた。
インフルエンザだとヤバいな〜と思い。超久しぶりに病院に行ったら胃腸風邪でした。
ちょっぴり無理をし過ぎたようです。
まだまだ修行がたりませぬ。
この高熱をきっかけに、脳と心がシンプルになりそうです。
今までありもしないものを追い求め過ぎていました。
「悟り」など悟る個人が存在すること自体、悟ってはいないのです。
もう探求する必要はないのです。
全てを神に明け渡すとはこのことです。
要するに「今という一瞬を大いに楽しめばいい、しかしもはやそこには私はいない」
でも、せっかく頂いた肉体はもっといたわらないとね。
この際しっかり休みます。

category: 本気ぼやき

tb: --   cm: 4

畑に眠る  

きくいも
一株だけキクイモを掘ってみると・・・
ありゃりゃ、少し掘るだけで、出るわ出るわ。
まだまだナンボでもあるぞ。
キクイモきんぴら
形が凸凹していて土を洗い流すのが少々面倒くさいが、
皮を剥かずにスライスしてキンピラにしたらかなり美味しいのだ。
ハマって食べ過ぎちゃう。

category: 野菜と向き合う

tb: --   cm: 0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。