宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

うってかわって  

はれ
「たねのまつり」の次の日は晴天。
清々しい。
オラは毎日が日曜日。
たねのまつりは永遠に続く。
オラが土に還っても。
菜っ葉21
菜っ葉が雨でイキイキと。
やはり恵みの雨だ。
じゃが
こぼしジャガイモの葉っぱがキラキラしている。
なんて美しいんだ。
れたす
レタスも惚れ惚れする。
フリルカールの具合が絶妙だ。
大根
だいこんの葉の出方のバランスよさ。
畑のビックバ~んだ。
ニンニク菜っ葉
ニンニクの間からなぜか蒔いた覚えのないのに菜っ葉が育つ。
神の降臨だ。
ねぎ
空に向かってピーンと。
ネギは宇宙を目指す。
ごぼうのたね
こぼれ種のゴボウが無数に芽を出している。
自然は自ずと循環する。
思考も欲は無く。
ただひたむきに生きる。
オラもこんな素敵な畑でひたすら遊びに浸る。
宇宙はどこにでも広がっている。
スポンサーサイト

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

雨にも負けず  

今年もたねのまつりを開催しました。
あいにくの雨模様。
しとしとしと。
たねのまつり
自分の逸品を提げて、たねと交換。
イベント通貨「まめ~」も循環。
たねの交換会1
それでもたくさんお方がたねに群がる。
それだけたねには魅力がある。
たね
ずらりと全部で100種類はあったかな?
はなぶえ
鼻笛コーナー。
さまざまな木でつくられた鼻笛がずらり。
これだけ揃うことはまずない。
音楽1
あちこちで音楽が自然発生。
嵐でもなんでもやってこい。
雨は恵みにしか感じない。
たねの交換会2
暗くなってきたら、うちの2回にまつりごと移動。
たね交換や手作りもの販売が続く。
音楽2
そしていつも音楽が・・・
決まったことは何もない。
やりたいことをただやる。
蒸しパン
オラは妹と奇妙な蒸しパン作り。
うちの野菜がゴロゴロ入ったまっせ。
しかし重曹を少し入れすぎたせいか、少し苦みが。
すみません。
今後レシピもっと研究してリベンジします。
音楽3
最後の締めくくりも音楽で。
人が集えば笑いが起きる。
たねは寄れば魂が騒ぐ。
無限の幸せと喜びと分けあえば、無限乗に命が爆発する。
みんな、来てくれて本当にありがとう。

category: イベント

tb: 0   cm: 0

加工の達人  

坂本さん
たね仲間と
山形大学農学部植物遺伝子源学分野准教授の江頭先生とで
美杉の坂本さんを訪ねました。
さまざまな美味しい加工品を手がけています。
干し玉ねぎ
干し玉ねぎ
干し柿
干し柿
お茶請け
お茶請けに出して頂いたのは
干しリンゴの甘煮、柚ゆべし、梅の甘露煮
ツワブキに葉と花、手作りの楊枝が光る
加工場
薬草の加工場の見学
薬草1
ヨモギなとの乾燥は天日と炭火(置火)でじっくりと乾燥。
大変手間がかかるのだが、こうすると日持ちがするのだそうだ
薬草庫
薬草庫。
いい香りが充満している。
ここにずっと住んで居たい気分になる。
商品
薬草湯のパックも販売している。
本当に丁寧につくられている。
だから全国たくさんの人に愛されているのですね。
オラもちょこちょこ訪ねてその知恵を学んでいきたいです。
ありがとうございました。

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

しないでいる  


努力しない生き方 (集英社新書)努力しない生き方 (集英社新書)
(2010/03/17)
桜井 章一

商品詳細を見る

努力しない
持たない
得ない
恨まない
壁を越えない
頑張らない
悟らない
苦しまない
隠さない
満たさない
才能を磨かない
休まない
相手を読まない
「絶対」を求めない
格好をつけない
プライドを持たない
覚えない
急がない
正さない
意味を求めない
求めない
目標を前に置かない
分からない
メジャーを求めない
前だけに進まない
自由を求めない
土から離れない
我慢しない
愛さない
熱くならない
つくらない
「裏のない人間」にならない
軸をひとつにしない
尊敬しない
よいことをしない
他人事にしない
否定しない
健康を求めない
安心・安全を求めない
貫かない
計算しない
テクニックに頼らない
エネルギーを抑えない
見ない
運を求めない
立ち止まらない
集中しない
育てない
刺激を求めない

これだけ「しない」とどんな人間になるのか?
「しない」と言っても捉え方は色々だ。
この本を読めば分かる。
著者はあるがままに生きている。
オラは
矛盾することを言って惑わせて
ジタバタして
やらんでもいいやりたいことやって
日頃畑でぼんやりして
あちこち出かけて遊びまくって・・・
オラの「しない」は周りの人がすることを「しない」で
周りの人が「しない」ことを「する」のだ。
どうやったって、どう考えたって「今ここに生きている」事実以上のことはない。
自分として生きない。
宇宙全体、エネルギー、波動として生きる。
すべてはすでにあって、「ない」ことは「ない」。
不足も充足も同じ幻。
ただいつも自分が勝手にそう感じているだけ。

category: おすすめ本

tb: 0   cm: 0

ぽとりぽとり  

味醂1
今年の冬に仕込んだ味醂。
放ったらかしで忘れていたけど・・・。
どうだろうか?
味醂2
袋づりにしてポタポタ絞ることに。
何日かかかるかな?
甘い香りがプンプンするぜ。
出来が気になるな~。
絞った粕はこぼれ梅(味醂粕)といってそのままおやつとして食べても美味しい。
デザートやおかずの味付けにも使えそう。
自然な甘みだからね。
ちなみに袋も手作りしました。
倉庫に眠っていた新品のシーツを裁断してミシン縫い。
裁縫もなかなか楽しい。
そういや最近、いらなくなった祖母の着物でバックと財布も作りました。
手作りはやっぱり愛おしい。
なんでも自分で作れるもんだな~。
思いつきでやりたいことひたすらやってます。
常にひらめくんだから嬉しい限り。

category: 加工品作り

tb: 0   cm: 0

秋の味覚  

柿
家の裏庭の柿と梨。
たくさん実りました。
天候があまり良くなかったからか、甘みの乗りは今ひとつかな?
まあ、頂けるのもはありがたく。
何しろ農薬も肥料も無しの自然からの恵み。
素晴らしい!!

category: 自然風景

tb: 0   cm: 0

家がバラバラ  

解体2
解体する家の瓦降ろしお買いたい手伝いを1週間ほどしました。
屋根から瓦をすべて降ろすのは大変な作業でした。
家一軒の瓦ってすごい量だね。
解体1
とうとう家はバラバラに。
使えそうな木材はもらって帰りました。
解体3
今回は瓦を降ろしたら木材や家財を欲しいだけ持っていっていいという条件でした。
近くの大工さんと2人でなんとやりきりました。
古い昔の教科書や道具も少し見つかりました。
昔のものは大切に使えばまだまだ使えるものがたくさんある。
電気のいらない本当のエコなものはもうすでに昔に揃っていたのです。
今のエコはただの金儲け。
すぐに行き詰まるでしょうね。

category: 雑仕事

tb: 0   cm: 0

ワクワクが止まらない  

今年のお米は非常に出来が悪かったです。
思いつきでSRI農法に転換したからです。
水のほとんどいらない農法なのに、今年は雨が降りまくりましたし。
苗作りでかなりつまずいてしまいました。
こんなことではめげないのがオラであります。
もう来年のやり方を思案してまして今からワクワクしております。
失敗してワクワクするなんてステキです。
お米は1年に1回しかできないけど、長生きすればいいのです。
本来は失敗も成功もないです。
起こるすべての事象を大宇宙から眺めればどれもたいしたこと無いです。
いちいち感情に左右されていたらただストレスがたまるだけです。
全部自分が作り出した幻に過ぎないのです。
勝手な狭い枠の解釈や教義で縛り上げるにはもったいないほどこの世は無限性に溢れています。
答えなど始めっから存在しないのです。
何にもないのです。
だからやりたいように自由に肉体と魂を輝かしてひたすら生きればいいのです。
肌ツルツル、目ピッカピカ。

オラの勝手な幻影お米栽培2012計画
2012年から寒冷化になるので
東北の早生品種を40×15センチ、3~5本植え。
密植多植栽培。
自然農とはかなり逆行?
苗は水苗代の予定。
しっかりとした成苗が育てる。
田植えはもちろん手植え。
田んぼは3月上旬から早めに水を張り、代かき2回。
直播もやってみたいのだけど、今本などを読んで研究中。
結局は先のことはどうなるか分からない。
でも、ワクワクすることには違いない。
どんどん必要な情報も出会いも用意してくれる。
ただその流れに乗っかるだけでいい。
宇宙の流れに。
最終はその宇宙を流れからスパッと出て上から眺める。
何にもない、何でもある領域。
領域?いや空間も、時間ないところだから。
言葉でも表現できない。
ただ、「ある=ない」なのだ。

今ここに生きて、ありがとうございます。

category: お米と向き合う

tb: 0   cm: 0

昔のお米  

稲かり
今年最後の稲刈り終りました。
旭1号です。
かなり脱粒性があります。
ぽろぽろモミがこぼれてゆく。
昔のお米や野生種はこぼれやすいとは聞いていましたが初めても体験です。
こぼれた分は鳥たちに還元。
鳥たちも美しい鳴き声で稲を育ててくれたんですから。
ウサギの食害が問題になって来ましたぞ。
まさかウサギは固い稲の茎葉、モミを食べるとは思ってなかった。
しかも結構食べる。
ウサギは小さいからなかなか防ぎようがない、穴も掘るし。
動物は自由です。
鹿もそうだけどうちの野菜やお米はうまいのかな?
執拗にうちの畑だけを狙ってくる。
周りの畑の野菜はあまり食べようとしないのに。
無農薬無肥料の野菜のうまさを本能的に感じているのだろうか?
見えない命のエネルギーを見通す力があるのかもしれない。

category: お米と向き合う

tb: 0   cm: 0

なんちゅうことだ  

コンポスト
ミミズコンポストは聞いたことがあるだろう。
ところがこれはウジ虫コンポストだ。
なんだかすごくウジ虫がわきまくったので、ヤバいと思いましたが、
別に生ゴミを処理してくれるならウジ虫でも良くない?と思ったりして。
嫌な匂いも感じないし、ミミズコンポストより処理能力にすぐれている。
ほんまにあっちゅう間に食い尽くす。
何でもよく観察して起きることに関心&感動!!
ただウジ虫が育って全部蝿になったら?
想像するだけで・・・。
でもこれから冬に突入するからどうなることやら。
ミミズよりは寒さに強いのかな?
分からないことだらけですわ。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 2

新調!  

扉
畑の扉はぼろぼろになったのであららしくしました。
最近ブログの更新がないな~と思っていたでしょ。
実は家の解体を手伝っていました。
木材やいらないものをもらってきたり。
この扉も頂いてきました。
早速取り付けちゃった感じです。
本当は囲いなしでのびのび畑をやりたいんです。

category: 雑仕事

tb: 0   cm: 0

なっぱら  

菜っ葉たち3
素晴らしい黄緑色
さすが無農薬無肥料の菜っ葉たち
美しい輝きを放っている
無駄が一切ない
あるがままだ
菜っ葉たち1
実験で色々な菜っ葉のたねを混ぜて草むらにまいた
それから草を少し土を削るに草を刈り、刈った草をほんの薄くかぶせた
ただそれだけ
オラも何のたねを蒔いたのか忘れた
見た目で分かるやつもいれば、大きくなったとしてもさっぱり分からないやつもいる
それでいい
いい感じに共存して、いい間隔をとっている
菜っ葉たち2
オラの作業は地道に会話しながら間引くこと
みんな美し過ぎて、本当はどれも生き続けてほしい
間引いた菜っ葉は無駄なく毎日美味しく頂いている
決まった栽培法なんて存在しない
ただ農薬も肥料もいらずにこんなに元気に育つことが嬉しくてたまらない
やっぱり農は楽しいし、畑にいることがこの上ない幸せである

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 2

莢を見て  

小豆
小豆の収穫続く。
茶色くなった莢だけを選んで2日に1回ほど丁寧に摘み取る。
手間がかかるほど、頂く時に感動はひとしおである。
まあ、楽しいさと嬉しさで手間なんて思わないけどね。
今年は雨の多さと台風で収穫量は少ないが、たね分は充分に確保!!
よかった~。
色々な小豆があって見ているだけでうっとりする。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

めずらしか  

黄色いししとう
黄色いシシトウ
少しだけ育った
たね穫れるかな?
アマランサス
アマランサスの育っている。
実が成熟してきたのか、重たげに穂が垂れてきた。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

すべてを自給で  

玉ねぎの芽
蒔いた玉ねぎのたねから芽が出てきました。
今年の挑戦は苗のまま冬を越してから、少し温かくなった3月初旬頃定植する予定です。
冬前に定植すると土が凍ってかなりの苗が死んでしまうのです。
玉ねぎたねとり
ハウス内で玉ねぎのたねとりにも挑戦。
玉ねぎ自体を定植。
するとこんな風に芽が出てくるのだ。
受粉作業をしっかりとすれば、例年の6月頃にたねとりできるかな?
たねは買わないように、すべて自給するのだ。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

白と黒  

黒エゴマ
黒エゴマ
白エゴマ
白エゴマ

交雑するので離れた畑で栽培。
どちらもそれぞれに美味しいので欲張りにどちらもたねとり。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

伊勢いも堪能  

伊勢いもについて学びにゆく
伊勢いも畑
多気町四疋田の伊勢いも畑を見学
伊勢いも掘り
掘ったばかりの伊勢いも
ころんと丸くて250g以上のものが良い芋
今年の出来はそこそこらしい
伊勢いも
伊勢いもと聞くともっとごつごつしているかと思ったが、
結構ツルンとして剥きやすそう
洗う
手で丁寧に洗って
ナイフ
小さなナイフで剥いてゆく
このナイフがとても使いやすいのだが、もう売っていないらしい
欲しかったのに残念だ
皮むき
丁寧に剥いてゆく
黒いぶつぶつもキレイに取ってゆく
なかなか手間だがゴツゴツ形の悪い芋ではないので結構剥きやすかった
ツルが付いていたところが固くて変色しやすいので、取り除くといいらしい
とろろ
とろろご飯用
すりおろした山芋に出汁醤油、生卵を加えてひたすらフワフワになるまでかき混ぜる
伊勢いも料理
伊勢い芋づくし4品の完成
とろろめし
とろろ汁
揚げとろ(とろろ磯辺揚げ)
短冊とろろ酢の物

半日いっぱい伊勢いもについて学べました
11月に三重にくるお客さんたちに美味しい伊勢いも料理を提供できるといいな~
たくさん教えて頂き多気町伊勢いも部会に大感謝です
ありがとうございます

category: おでかけ

tb: 0   cm: 1

三重でローフード  

三重県総合文化センターの食工房でローフードの料理教室を開催しました。
料理教室1
ローフードのミニ講義と今回の作るメニューの説明
食材
食材いろいろ
料理教室2
和気あいあいと全く火を使わない料理作りに精を出す。
料理の手順が分からなくて戸惑う場面が多かったので、もう少し丁寧に説明するべきだったかも?
普通の料理と勝手が違うからね。
盛りつけ
盛りつけ風景。
美しく盛りつけれました。
出来上がり
出来上がりはこんな感じ。
グリーンスムージー+ローフード8品+気ままサラダ。
彩り美しいですね。
販売
少しだけ時芽輝農場の加工品も販売。

参加して頂いた皆様本当にありがとうございました。
不手際もございましたが、要請がありましたらまた料理教室を開催します。
また、お気軽にご参加下さい。

category: イベント

tb: 0   cm: 0

楽しませる技術  

森山直太郎
伊勢にやってきたので、久しぶりに森山直太郎のコンサートへ
やっぱりいいね~
コンサートは音が大き過ぎて苦手だけど、森山直太郎の楽しませる技術、うっとり聞かせる技術には感服します
これだけの人を一気に盛り上げるのは素晴らしい才能だ
オラはしっとりと詩を聞かせる静かな曲が大好きだ
何となく作詞に挑戦したくなって、曲を聴きながら思いつくままに書き留めていた
作詞デビューも近いかも?

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

伊勢神宮の農業  

神宮農業館
神宮農業館2
神宮農業館を訪ねる。
昔の農具、栽培技術を伝えている
特にお米の栽培に関して詳しく知ることが出来る
神宮内に突如として生えた不思議な稲も展示されている
伊勢神宮ではいつも奇跡が起きている

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

ヒメシャラ畑  

ヒメシャラ3
伊勢市小畑にあるヒメシャラさんを訪ねる
http://r.goope.jp/himeshara/top
ヒメシャラ1
お店の裏ではお父さんが野菜を栽培している。
ここの野菜がランチに使われる。
やはり台風の被害があり、どこでも野菜不足になっているようだ。
ヒメシャラ2
里芋は元気だった。
ツリーハウス2
ツリーハウスは屋根が完成していた。
竹で出来ていたよ。
ツリーハウス
ツリーハウスの上から見た景色
畑が一望できる

category: おでかけ

tb: 0   cm: 2

安全などない  

映画『100,000年後の安全』
伊勢進冨座へ映画鑑賞へ
「100000年後の安全」
放射性廃棄物を地下500mに埋めることについての論議
10万年間安全に保管できるか?
この埋没施設の危険性を10万年後の人類?生きものにどうやって伝えるか?
結局、誰にもどうなるか分からない。
明日のことでさえ不確かなのだから。
こんなこと言ったらダメだけど、かなり眠い映画です。
半分ほどうつらうつら。
大切なことを伝えるのに、ここまで寝む気を誘われては意味がない。
10万年後どころが今オラにも伝わらない。
放射線は自然界にも普通にあって、ある程度は必要なものかもしれない。
掘り起こして集めて固めてしまったから高濃度になって問題になっている
それも世界中に放射性廃棄物は25万t!!
原発が動き続ける限りますます増える。
必要ない発電をやって結局自分の首締め上げてゆく。
みんな「いらない」って強く念じて。
それだけで消えてなくなるから。
本当の安全は「今ここで満足すること」だから。
「充分だから、もういらない」って。
永久に無駄を排出するサイクルから「足る知るシステム」にシフト。
みんなのことだから、みんなの手で。

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

稲刈り遊び  

稲刈り1
稲刈り2
出来は悪いが何とか稲刈りにこぎつけた。
今年は気温が低く天候が安定しなかったので、熟し方がいまいちだ。
友達が手伝ってくれた機械の出動はなし。
手作業で出来ちゃったのだ、かなり効率の良い稲刈りとなりました。
いいですね。
友達とやる農作業は楽しい!!
稲刈り3
稲刈り4
稲刈り5
刈った稲ははさ掛けに。
毎年手伝いにきてくれている仲間なのでかなり手慣れている。
どんどん作業がはかどって日が暮れる前に稲刈りは終了。
ありがとうございます。
この後天日干しを1週間以上したい。
天候を見ながらだけどね。

category: お米と向き合う

tb: 0   cm: 0

モミがない  

鹿被害
しか被害2
今年はいつもの3分の1ぐらいしか育っていないお米だが、
その半分ぐらいを鹿が食べちゃった。
何たることだ。
山里の農業ではしっかりと網を張らないと、何も育たない。
この田んぼもぐるっと網を張っていたのだが、やはりどこか網を破ったり乗り越えて入ってくるのだろう。
田んぼは鹿の足跡と、糞が散らばっている。
どうしようもない。

category: お米と向き合う

tb: 0   cm: 0

足踏みで  

亀山オーガニックマーケット1
亀山オーガニックマーケットに遊びに行く
台風の影響か、農家さんの出店は少ない
亀山オーガニックマーケット3
足踏み脱穀機体験
子供も大人も初体験の人が多く、とても楽しんでくれた
こういう手作業を助けてくれる電気や石油のいらない道具がこれから活きてくる
大型機械の効率の悪さが露呈してくることだろう
小さく・シンプルに・楽しく
亀山オーガニックマーケット2
オラは藁縄作りワークショップを突然始めましたが、
たくさんの人が興味を持ってくれました
はまってずっとやり続ける子供も現れ、オラも嬉しかった
昔の人はなんでも自分で作れたんだよな
今の人は出来合いのものに頼りすぎて、手作りの面白さを味わうことなく、ただ忙しく時を過ごしている
あ~もったいない
出来ないのはやっていないだけ。
やれば何でも出来る。
でも一度失われてしまったら取り戻せない
だからオラはあちこちに出掛けて行って今残っている手技を見る
皆さんも探してほしい
おじいさん、おばあさんの持っている知恵と技を

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

忌部の里  

忌部神社
忌部神社2
忌部神社の奥社に参拝
すごい山の斜面に厳かに
ひがんざくら
樹齢400年以上のエドヒガン桜がそびえ立つ
茅場
茅場があって
かや
カヤを刈って保存している
畑に使うのだろう
昔からの生活が残っている
集落
上から見るとかなりの急斜面で暮らしていることが分かる
ヘアピンカーブは美しい

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

うだつ  

うだつの街
うだつの街を散歩
うだつの街2
うだつが上がってますね~
うだつの街3
昔藍で儲けたそうです
今はひっそりと

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

げっと~っ  

ごしゅういも
ごしゅういも2
徳島県祖谷地方で古くから栽培されている「ごしゅういも」を手に入れました。
祖谷いも、源平いも、ほどいもとも呼ばれていますが、
病気に弱く作づらく、大きさも小さく収量も少ない。
最近はネットでも買えるがかなり高価だ。
焼くとホクホク美味しい芋なのだ。
昔は囲炉裏の火で焼いて田楽にしたのだろう。
来年の春のうちの畑に植え付ける予定です。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

なんだ?  

鍬?
徳島ではどこでも売っている変な鍬?
何に使うのか聞いたが、草取りかな?ぐらいの反応。
手打ちの手作り品。
さつま芋堀りに便利かな?と思って購入しちゃいました。
日本中面白い農具があるので旅行に行くとよく買っちゃいます。
これも農民な性?
徳島の鍬
ちなみにこれが徳島の普通鍬。
先が尖っていて面白い。
他では見たことがない。
使いやすいのだろうか?
気になったが何とか買いたい欲を抑えた。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

うそ~  

どぶろく
さすが鳴門です。
鳴門金時いも入りどぶろく!!
すげ~。
ドロ~ッとして甘みがあり、サツマイモのつぶつぶを感じます。
何とも不思議だが結構酔いが回ってくる。
アルコール12度だ。

category: おすすめの食べ物

tb: 0   cm: 0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。