宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

物余り  

田尻
祖父母の家に引っ越しの片付け
田尻町は玉ねぎ発祥の地
マンホールのデザインも玉ねぎだぜ
ゴミ
軽トラいっぱいのゴミ
これだけ焼却所に捨てたあと
これ以上の物を積んで持って帰ることになる
生きているとどんどん物がたまる
そのほとんどの物が使わずに眠っていることが多い
戦後の何も物の無い時代から物が余る時代へ
人は幸せになれたのだろうか?
オラ自身もこの大量に使われなかった物たちと同様の物をためている
「いずれは使うだろう」は使わない
一時の感情や思考で「欲しい」と思った物は買うべきではない
人の欲は限りない上に、人は飽きるのが早い
でも、捨てるのはもったいないと思う
なんとの厄介な生きものである
本当に必要な物とかあるのだろうか?
オラはたねを貯め込んでるな~
今後は自分の畑に合ったたねだけを残し、その他は全部蒔きたい人に全放出するつもり
たねの保管もかさばるし、寿命も来るし
オラはちょこちょこ整理するのが好きだ
物はいらない、思い出だけあれば充分?
いやいやオラは何でもすぐに忘れてしまうので「今」だけあればいい
今ここに居ることが幸せ
生きているだけで、何でも出来るし、愛する人と会っておしゃべりできる

オラはいつも出会う人に「何者ですか?」
遊んでばかりなので「どうやって暮らしている(生計を立てている)のですか?」ってよく聞かれる。
何者かっていう問いにはいつも「宇宙人です」と答え、
どこからお金が来るかという問いには人差し指で空をさし「天」と答える
思いつき、ひらめきでやりたいことを無茶苦茶に精一杯やれば知らず知らずにすべてが用意されたかのようにトントン拍子
不思議だがこれが宇宙の法則
時間も空間も超越する
次元を越える
そこには疲れも、不安も、不満も無い
ストレスフリーだ
オラはまだまだ欲深くそこまでは至っていないが、
今すぐ出来ると魂が感じる

人生で大量に溜め込む現代人のゴミの話からぶっ飛びましたが、
「ない」と思うことすら「ない」
ただ「ある」だけである
満ちているのにも関わらず不足を思うことが本当の貧しさである
心に決して物では満たせないポッカリ穴が
ただ愛し合えばいい
命のふれ合いを宇宙で楽しめばいい
自分という膜を脱ぎ捨ててすべてと解け合えばいい
とにかくワクワクし続ければいい
だって一瞬一瞬が神秘でステキだから面白すぎる
「自分を変えたい」と思っている人が多いだろうけど、
自分なんてたいしたこと無い幻ですよ
どこを探しても自分なんて本当のところは無いのです
何も分からなくていいんです
こうやっていろいろ言葉を並べたってなんら意味はなし
どうせ矛盾だらけなんです
それでいいんです
あはは、訳の分からん思いつきを書き綴るのは面白いな~
では~また気が向いたらダラダラ書きます
ありがとうございます。
スポンサーサイト

category: 雑仕事

tb: 0   cm: 0

おとなり同士  

大根1
買って蒔いたたねと
野性大根
自家採種の自然交雑野性大根のたね
生育や虫の付き方にどのような差が出るか観察だ
今年は秋蒔きの野菜の種まきの時期が掴みづらい
苗
いろんな葉っぱ野菜の苗も順調に成育中
台風が過ぎたら定植予定です
これからまだまだいろんな菜っ葉やカブのたねを蒔きます

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

ジャングル野菜  

そば
三重県在来磯部2号ソバが育っています
鵜方茄子
鵜方茄子も実が大きくなってきました
たね採れそうです
茄子
ずっと自家採種のナス(真黒?)も
茄子花
茄子の花
椎葉キュウリ1
種取り用椎葉キュウリ
椎葉キュウリ2
しばらく見ていないとでかいキュウリがいっぱいぶら下がっていた
しろうま
白いキュウリ
甘みがあって家族にも人気
キュウリ花
キュウリの花
甘長
甘長だったはず
でも、食べると飛び上がるほど辛かった
とうがらし?
モチキビ
こぼれ種で育ったモチキビが穂を出した
蒔いたものより断然いい成長
アサツキ1
白馬アサツキ
あさつき2
真直で見るととてもかわいい花だ
ごーや
ゴーヤも実りだし
鶴首南京
鶴首南京も築かぬうちに畑を覆い始めた
タカキビ
タカキビの穂もそろそろ出るぞ~
秋を前にしてオラの畑はどんどんにぎやかになってゆく

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

ありがた収穫  

南瓜
草むらから収穫した南瓜たち
オラの家族が食べるには充分な収穫だ
今年は南瓜、芋、豆生活だな~
山芋
草刈りをしていて山芋のツルを切ってしまったので、掘ってみました
すると結構大きな芋が出来ていました
すりおろして家族で分け合って頂きました
真っ白で時間が立っても変色しない
なめらかでスーパーで買った長芋のような独特のエグミも一切なく美味なり!!
山芋頭
頭の部分は切ってまた土に埋めておきました
こうすればまた来年芽を出すはず
もち紫
もち紫トウモロコシを収穫
スイートコーン系は肥料をかなり必要としますが(求肥力が強い)
昔から作られているモチ系のトウモロコシは無肥料でも出来ることがわかった
今年のような異常気象でも順応できる
ただ甘みは少なく、名前の通りモチモチしている
乾燥して砕いてごはんと炊く時に少し混ぜて頂くと良い

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

いろいろ穂  

大塚さん
またまた古代米研究会の大塚文平さんのいろいろ米田んぼにお邪魔する。
この前来た時に穂が出ていなかった品種も見事に穂を出し花を咲かせていた。
とても美しい。
85歳にしてこれだけの米を育て、子供たちにもお米の多様性のことを伝える意欲に乾杯です。
古代米2
関取
竹成
古代米
亀の尾
背の高さ、ノギの色、穂の長さ。
それぞれの特徴が一目で見られるのが非常に珍しいことだ。
元々日本には3000種以上のお米があったのだ。
ようやく昔のお米を復活させようという動きがあちこちで見られるようになり、お酒などに加工されている。
色々なお米を味わえることはワクワクで嬉しくてたまらない。
大塚さんのような方がずっと栽培を続けていけるように田植えや草取り、稲刈りなどサポートできるといいな~。

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

鶴ちゃん  

パラミタ
片岡鶴太郎展を見にパラミタミュージアムへ。
片岡鶴太郎の作品を直に見るのはこれが初めてだ。
シンプルで遊び心の感じる優しい作品でした。
オラの水墨画の先生がいう香りのする絵ではなかった気がします。
野菜の絵も何点かありましたが、もっと新鮮でうちのジャングルグル畑に実っているような生命力ある野菜を感じて描くともっと素晴らしい者となるでしょう。
はす
玄関には蓮の花が。
自然は飾らずともそのままで美しい。
何の意図もエゴも無いからか。

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

雑穀の来た道  

坂本先生
滋賀県へたね仲間と世界的雑穀の権威である坂本先生のお話を聞きにご自宅まで訪ねちゃいました。
何の野菜に関してもですが、系統保存はかなり手間のかかる作業です。
自然的には交雑、分化の繰り返しだと思うので、
いい加減なオラは自然の流れる方向に沿うだけにしています。
ただ、残していくこともとても重要だとは感じています。
それぞれの向き不向きのもありますので、誰にも無理強いは出来ません。
結局は人間のエゴで、幻想に過ぎないです。
オラは何かに夢中になってあるがままに生きてきた人の話を聞くのが大好きです。
坂本先生の海外での雑穀栽培調査の話はわくわくします。
人と出会い、お話をする。
なんと素敵なことでしょうか。
畑で野菜と共に居て、おしゃべりするのとよく似ています。
オラが畑にいるのが好きなのは野菜がいつもあるがままにひたすら生きているからなんでしょうね。
いつも野菜、草、虫、微生物から教わることばかりです。
畑という宇宙はあまりにも豊かで面白すぎる。

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

誰でも鎌1本で  

東海大学
東海大学農学部応用植物科学科作物学研究室の片野學先生にお米の栽培についてのお話を聞きに行く
いろいろ米1
60種類ぐらいのお米が無農薬無肥料で育っている
無農薬無肥料田んぼ
無農薬無肥料3年目の田んぼ
麝香米
麝香米
ノギが美しい
米12
米13
米13
米14
米15
米16
ネリカ米
様々なお米の品種が栽培されていて面白すぎる
片野先生
片野先生はのこぎり鎌1本で出来るお米作りを提案している
もちろん無農薬無肥料不耕起だ。
この田んぼを見ればお米作りに農薬も肥料もいらないことが一目瞭然なのだ。
みんな無駄なことにお金をかけている。
収量は反7表ぐらいだが、経費がかかっていない。
環境に負荷をかけることも無い。
全くもって自然な収穫量だ。
見学の後もしばらく個人的にお話をして色々なことを教わりました。
今まで自然栽培で疑問に思っていたこともすこし溶けてきました。
要するに観察の繰り返し、何でも固定してしまうと発展もなく面白みも無い。
生きている限り大いにひらめきを遊ばないとね。
来年のオラの田んぼは面白いことになりそう。
自然にはいつも驚かされる。
自然(宇宙)はいつも面白すぎる。
いつのあるがままに気持ちよく生きればいい。
○○のためをいう自己犠牲っぽい言い訳は本来の自分とは何ら関係ない。
やりたいことを真剣にやり続けさえすればいい。
元々決まった答えなどどこにも存在しないのだから。
すべてを愛しすぎる。
出会ったすべても皆様、素晴らしい九州旅行をありがとうございます。

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

あさ阿蘇  

赤牛11
赤牛の世話をしている方と友達になったので1番泊めてもらって
翌朝牛の餌やりに同行
阿蘇の朝の高原は気持ちいい
赤牛12
「べぇ~」って呼びと赤牛たちは駆けつけてくる
赤牛14
性格が穏やかなのでオラも牛たちと戯れる
赤牛13
朝露で毛がしっとりとぬれていた
とてもかわいい
また友達と赤牛に会いに訪ねたい

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

長崎の先駆者  

農業株式会社
農業株式会社2
農業の株式会社を立ち上げた方
玉ねぎの調整出荷作業中でした
従業員たちが働きやすい環境づくりを常に目指している有機農家でした
無施肥田んぼ1
無農薬無肥料の田んぼの見学
無施肥田んぼ3
無施肥田んぼ2
葉色は周辺の慣行農法の田んぼよりかなり薄い
黄緑色の草原である
品種は「にこまる」
草は生えておらず、まるでオラの田んぼと違う
ジャンボタニシがたくさんいた
でも生態系は貧弱に見える
田んぼでも生物多様性は必要なのだろうか?
立派に育てば生きものの多様性は関係ないのだろうか?
農業はあまりにも奥深い&面白い

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

岩崎さんの畑に立ちて  

念願のたねとり農家岩崎さん家へ
たねとり1
たねとり2
種取り用の野菜たち
地道なたねとりが岩崎さんの農業を支えている
少し頂いてきました
たね
岩崎さん家の種たち
岩崎さん
心良く親切に我々をもてなしてくれた
オラは早めに着いたので2人で色々農業お話が出来た
とても勉強になり、岩崎さんの農業に対する思いが伝わってきた
シンプルに野菜たちが大好きなんだね
たねも大好きなんだね
今は畑は少し休耕中だったので、また野菜たちがワサワサしている時に訪ねたいです

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

フェリーの旅  

天草四郎
天草から島原へフェリーに乗る
天草の友達と天草四郎が見送ってくれた
フェリー
島鉄フェリー
小さいフェリーは大好き
海
漁船がいっぱい出ていた
何が釣れるのかな?
フェリ-3
風が気持ちいいので甲板で
フェリ-2
島原半島に到着
30分ほどの船旅でした

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

草の生えない田んぼ  

食料問題講演
伊藤正一先生による「世界の農業事情と今後の日本の農業」についての講演。
ブラジル、アフリカなど食料増産の世界の現場を見てきた人である。
オラは「少量は本当は余っているのに、どうしてこれほどまで環境に負荷をかけて増産を繰り返す必要があるのか?」と質問してしまったので、先生をしょんぼりさせてしまったようだ。
大量生産と大量廃棄の繰り返しが経済を発展するような社会はすぐにでも終ることだろう。
大量資材投入、大型機械による農業は農家を一向に豊かにしない。
誰でも手作業で出来るたねとり農業がこれからも面白い未来を作る。
後藤さんの講演
草の生えない田んぼの考案者の後藤さん。
44年間無農薬は日本一の熟練の有機農家だ。
ただ草の生えない田んぼは24馬力以上のハロー(トラクター)で浅く代かきをするのがいいのだそうだ。
結局、大型機械と化石燃料だよりか~
後藤さんの田んぼ
本当に草が無い。
しっかりトロトロ層が出来ている。
ジャンボタニシもいっぱいだから。
その効果もあるようだ。
太くしっかりとした茎で25~30本に分けつしている。
後藤さんの田んぼ2
草色がかなり青すぎるのが気にかかるが、根張りは良さそうだ。
ぼかし2
田んぼに使っているぼかし(好気性発酵肥料)についてのお話も聞く。
材料はモミ殻、雑穀ガラ、フスマ、米ぬか・・・
香りは醤油麹と納豆菌の香りが・・・
大豆粕も入っているのかもしれない。
窒素分は無いと言っていたが、稲を見る限りかなり窒素分はありそうだ。
ぼかし1
1日1~2回切り返し1週間ぐらいで仕上がる。
なんだかフリカケに出来そうで、美味しそうだ。

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

気分だけでも  

菊池温泉1
菊池温泉2
菊池温泉へ
タダで入れる足湯。
待ち合わせの時間まで間にゆっくりとあたたまる。
ビンボー旅行でも楽しめることはいっぱいだ。

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

草原の赤牛  

阿蘇へ赤牛に会いに行く
赤牛1
とっても気持ちのよいところだ
赤牛2
ゆったりとくつろぐ1~3歳の雌牛たち
赤牛3
お米の勉強会の皆さんも赤牛のかわいらしさに感動
赤牛4
走るのも速いぞ
赤牛5
優しい目をしている
赤牛7
ムシャムシャお食事の時間
赤牛6
赤ちゃん牛もお母さんからお乳をもらう
こんなにおとなしくて優しい生きものが食べられちゃうのは???
みんな命を頂いていることは忘れてはいけない

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

ジャングルグル畑へご招待  

ようこそ、ジャングルグル畑へ!!
ジャングル3
何もなさそうで何でもある。
生きものたちの憩いの世界。
宇宙そのものである。
トウモロコシ
無肥料でも育つトウモロコシ。
雌花であるおヒゲがワッサワサでて受粉中。
紫モチトウモロコシである。
種取り用である。
キュウリ1
空中遊泳キュウリ。
青空にぶらり。
ホワイトキュウリ
なんとの不思議な白いキュウリ。
気付くのは遅くてこんなに大きくなってしまった。
スクナ南瓜
スクナ南瓜もブラリンコ。
生育はゆっくりだけど、いつも最終的にはたくさん実ってくれる。
トマト
トマトのスクスク。
実ってみないと何トマトかわ分からない。
自家採種したいろんなたねを蒔いたからな~。
ごぼうたね
ごぼうのたねがたわわに実る。
ごぼうたね2
刺々しくて近くを通るたびに服にくっついてくる。
チクチクするよ~。
キュウリ2
吾北うり。
高知県の山奥で細々と作られている。
甘みがあって美味しい。
朝顔
パッと朝顔!
朝の畑を美しく演出ありがとう。
ズッキーニ
自然交配野生ズッキーニ。
恐ろしいほどの勢いで畑を覆い尽くして次から次へと実らせる。
無肥料でもヘッチャラだ。
マリーゴールド
オラの畑は野菜だけではない。
花もあちこちに咲いている。
野菜の受粉の手助けをしてくれる蜂や蝶を呼んでくれるのだ。
ナス
ぴっかぴかナスビ君。
無肥料ではかなり難しいと言われるが、何とか綱渡り状態でも無肥料でたねとりを繰り返すことで育つようになってくる。
野菜はほとんど無整枝だ。
なるがまま、あるがまま。
自分の体は自分で支える。
根が強く育つように。
倒れても、土に着いたところから根を伸ばしより強く。
青なす
青なす。
葉は育ってきたがまだ実がならず。
何とかたねとりできると嬉しいな。
甘長1
甘長君。
3年前にたねとりしたたねから育った。
結構種子寿命が長い。
実り始めたよ。
甘長2
ピーマン類がかわいい花も次々に咲かせている。
インゲン4
あらゆるところにインゲンがぶら下がる。
もう何種類蒔いたか、どこに蒔いたか忘れてしまった。
草まみれで無肥料で生き残ったものだけ種を採るぜ。
椎葉キュウリ
椎葉キュウリ。
草に覆われて消滅したかと思われたが、いつの間にやらいい熟れ具合に。
こりゃたねとりだな~。
さつまいも
7種類ほど植えたサツマイモはかなり順調だ。
葉が程よく茂ってきた。
今年栽培したものから冬の保存に耐えて、なおかつ旨いやつを残していくのだ。
サツマイモのツルも旨いので食べちゃおう。
今年の冬はイモイモ生活だね。
いっぱい屁をかまそう。
百日草1
美しい百日草が咲いている。
こんなのを蒔いたっけな?
百日草2
普通の百日草も開花。
ひらひらチョウチョが喜んでいる。
ジャングル4
何もかもがワッサワサ。
猛暑にも大雨にも動じない。
あるがままに茎、葉、根を伸ばし、花を咲かせて、ゆっくりと太陽の果実を実らせる。
オラはタダここ(畑)にいるだけで心がウキウキ。
毎日発見がある。
野菜たちが、草が、小さな生きものたちが宇宙の仕組みを教えてくれる。
驚くべき奇跡が繰り返されている。
ミトリ豆
三重県の在来種ミトリ豆。
黒ミトリと白ミトリの2種ある。
どちらもここの土地にあったのがかなり元気。
大量の莢がぐんぐんと伸びてゆく。
ミトリの花
ミトリ豆の花は白に薄紫色。
可憐な花だ。
小豆1
小豆は4種類ほど。
ウズラ小豆、黒小豆、白小豆、自家赤小豆。
小豆2
小豆の花も咲き始めました。
黒小豆と白小豆は早生なので花の開花が早い。
胡麻
こぼれ種の胡麻が花を咲かせる。
去年蒔いた黒胡麻だ。
オラが蒔くよりよりの大きく育っている。
エゴマ
黒エゴマもスクスク。
定植した時にウサギに先っぽを食べられてしまったので、少し生育が遅れ気味。
でもたねぐらいの分は採れそうだね。
インゲン類
いろんなインゲンをまきました。
七夕豆、たまご豆、白州で買った白小豆(インゲン)、姫路でもらった大莢のインゲン、ツルパンダ小豆、近所の人に分けてもらった白インゲンなど。
さてどれが無敵ぶりを発揮して育つかな?
ツルパンダ小豆
やっぱり去年たねとりして蒔いたツルパンダ小豆がナンバ-1に勢いよくツルを伸ばしている。
莢が充実する時にカメムシに吸われなければ結構収穫できそう。
かえる
インゲンはカエルのくつろぎ場も提供。
クモも数えきれないほど住んでいる。
大きなプリッとしたシマミミズもたくさん見かけるようになった。
生きものがたくさんいるのはやっぱり楽しいね。
オクラ
スター・オブ・デービット・オクラ。
切り口が星形になる。
大きくなっても柔らかでおいしい。
他にも島オクラ、花オクラ、ハイビスカスも育っている。
はと麦
こぼれ種はと麦。
サツマイモ間からするすると天高く。
はと麦2
花を咲かせて受粉完了。
ひとりでに増えて行きそうな予感。
バナナうり
おっと陰になくれてバナナウリが。
黄色く熟れたら少し冷やしてペロリッと頂こう。
たねも取れて一石二鳥。
地這いキュウリ
7月蒔きの地這キュウリもツルをぐんぐん広げだす。
地這いキュウリ2
実も太り始めた。
今年は日本在来ミツバチがよく飛んでいる。
受粉作業ご苦労様です。
オクラの花
でっかくオクラも花。
夏~って感じがするね。
モチキビ
こぼれ種のモチキビ。
穂が出始めたぞ。
結構あちこちから芽が出て育っている。
今後もある程度たねをこぼしておこう。
採った種は皆さんにお分けしてゆく。
うさ害5
ウサギに齧られたインゲン。
生きものいっぱいは素敵だけど、食べられちゃうとやっぱり悲しい。
でもうちの野菜はおいしいのだろうね。
ナイヤガラ
ワイン用ぶどう「ナイヤガラ」がほんの少しだけ実っている。
いつかワインを作るのだ。
自家製ワインなんでステキじゃないですか。
ソバの芽
蒔いた磯部2号ソバの芽が出てきた。
今年は秋の訪れが早そうなので、何となく急ピッチで秋蒔きの準備をしている。
オラは肥料も農薬もなくても育つ強靭な野性的なたねを自然循環の中から生み出されることに楽しみの覚えている。
そのたねを多くの人に分けていきたい。
もちろん在来種を守ってくれる人もいつも募集中だ。
それそれの好みでたねとりをすればいいと思う。
オラはズボラだから貴重な在来種は信頼できる人にすべて託す気でいる。
世の中が、経済がひっくり返るほど変革を起こしてもジャングルグル畑は循環し続ける。

みなさん、畑見学はどうでしたか?
楽しんでもらえたでしょうか?
実際に畑に立ちたい方はご連絡下さい。
誰でも大歓迎だと野菜たちは申しております。
では、お待ちしてますね。
また、お会いしましょう。
ありがとうございます。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

だいぶ遅くなったけど  

梅干し2
梅干し
ようやく梅干が干せました。
3日3晩、じっくりと。
満月の光も浴びて。
すっぱく、おいしく。
おむすびの中に入る日も近い。

category: 加工品作り

tb: 0   cm: 0

色々米田んぼ  

古代米田んぼに立ちて
色々米田んぼ2
色々米グラデーション
色々米田んぼ
菰野町の色々米田んぼの見学に行きました。
40種類ほどのお米がところ狭しと栽培されています。
珍しい貴重な品種がこれほど一同に見れるところは日本でも珍しいでしょう。
大塚さん
色々米の栽培者である大塚さんにじっくりとお話を聞くことが出来ました。
資料や写真もたくさん見せてもらってワクワクしました。
世界の多種多様なお米を知ることが出来て面白かったです。
ありがとうございました。
とうもろ1
とうもろ2
珍しい美し花トウモロコシも作っておられ、少し頂きました。
来年蒔いて子供たちにプレゼントしたいです。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

すくすく  

宮川での米作り
台風被害も少しありましたが、
順調に生育しています。
宮川の田んぼ2
オオチカラ。
あと1週間で穂が出そろいそうです。
いい株張りです。
宮川の田んぼ
白毛もちは穂が出そろってきました。
うちの田んぼより格段生育がいいです。
よかった。よかった。

category: お米と向き合う

tb: 0   cm: 0

雑穀の生育  

飯高のおばあちゃん
たねとリストで飯高のおばあちゃんの家に遊びに行く。
雑穀の生育状況の観察。
粟1
粟2
粟(むこだまし)たわわに穂が垂れている。
圧巻!!とても出来が良いです。
はと麦2
はと麦1
はと麦は花盛り。
キビ2
キビ1
黍はそろそろ収穫の時期を迎えそうです。
黍のあとは蕎麦を蒔きます。
シコクビエ
シコクビエも穂が出始めて、花が咲いてきていました。
おばあちゃんの雑穀にかける思いが伝わってきます。
雑穀栽培を継いでくれる人がどんどん増えてくると嬉しいですね。

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

やりたくなる  

野菜麺
ローフーディストは夏になると野菜麺を作りたくなる。
サラダッコでズッキーニと太いキュウリでシャキシャキ麺に。
味付けは生醤油と梅酢(又はローアップルサイダービネガー)で。

category: ひらめいたマンマ

tb: 0   cm: 0

自然育ち  

トウモロコシ
歯抜けだけどトウモロコシ収穫。
少しでも味わえたら嬉しいね。
肥料がなくても育つトウモロコシを育成中なのだ。
ズッキーニ
自然交配自家ズッキーニ。
今年はずいぶん遅めに収穫始まり。
これから味わえる。
胡瓜
長らく居ない間に大量のキュウリがジャングルグル畑にぶら下がっていた。
かなり巨大化したものも多い。
オラがいなくでも野菜はスクスク育つ。
もちろん農薬も肥料もなくても。
これが本当の自然循環型畑なのだ。
そのうち種を蒔く必要も無くなる。
巨大な美しいミミズが大量に発生している。
オラは日々畑で生きもの観察。
ただ裸足で大地の上でいるだけで気持ちいい。
オラには農法も何も無い。
ただ野菜からのメッセージ通り動くだけだ。
無理はしない。
自然な流れに添えば疲れることなどあり得ない。
本物の宇宙の恵みは少量頂けば満たされる。
食べ物はエネルギーだ。
無農薬無肥料の野菜は凄まじいエネルギーの宝庫だ。
腐ることは無い。
今日もおいしいキュウリ頂くとしよう。
ありがとうございます。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

思うがままに遊びまくれ  

サマーキャンプ1
8月2~10日。
福島の子供たちを呼んで伊勢でサマーキャンプを行ないました。
11家族28名が参加しました。
キャンプ地である内宮の奥の高麗広公民館はとても心地の良いところです。
サマーキャンプ2
初日の顔合わせ。
みんなちょっと緊張気味。
さてさてどんな夏をエンジョイしようかな?
サマーキャンプ3
夜は連日ライブ。
深夜まで歌って、踊って、演奏して、語り合って。
さまざまなパフォーマンスも繰り広げられた。
サマーキャンプ4
オラは食事担当。
ベジタリアン、ビーガンの人に野菜料理を提供。
何となく毎日ビュッフェスタイルに。
皆さんとても喜んでもらえてよかった。
自分に出来ることを精一杯やるって何と気持ちいいんだろう。
さまざまな人と笑いながら食事を作る楽しさも格別でした。
最終日のさよならパーティーには手打ちうどんを振る舞いました。
あっという間に売り切れて、嬉しかった~。
みんな、ありがとう。
サマーキャンプ6
子供たちはみんな素直でかわいらしかった。
外で自由に汗いっぱいかいて遊びまくって、よく食べ、よく寝。
命いっぱい笑って、寂しくなったら泣いて。
素敵なスタッフが話を聞き寄り添って、大きな大きな家族になりました。
地球人類みんな大家族だと気付きます。
サマーキャンプ5
さよならの時。
離れていてもずっと家族です。
たとえ顔や名前を忘れても、一度繋がった優しい心のぬくもりは冷めることはありません。
危険だと分かったいる福島に子供を連れて帰ることはつらいことです。
また三重に遊びにきて、いっぱいお話しできるといいですね。
そういう機会を今後も仲間と話し合って引き続きやっていきましょう。
出会った皆様、本当に楽しかったです。ありがとうございます。

category: イベント

tb: 0   cm: 0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。