宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ウ ネ ル ア ツ サ  

大阪
母の実家大阪へ。
軽トラでひとっ飛び。
祖父母が三重に引っ越したので、実家の片付けと荷物運び。
いや~、大阪は暑いですね。
緑がないからかもしれません。
ちょこちょこまだ片付けに大阪通いをしなくてはならないようです。
運転は好きだけどね。
スポンサーサイト

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

ちょこっと助っ人  

両親の運営する生きがいデイサービスで演奏会がありました。
オカリナ
友達のオカリナ演奏。
聞いていると久しぶりに吹きたくなりました。
前はよく畑でオカリナを吹いていました。
大正琴2
大正琴3
大正琴1
大正琴の演奏は迫力満天で素晴らしかったです。
琴の音色って心地いいんですね。
オラもやってみようかな?
何でもやってみたくなる。
でも、超飽き症です。
カレー
オラのお仕事は・・・
カレー作り。
スパイスを調合した自作のオリジナルカレーです。
辛いスパイスは使いませんでした。
お年寄りの方々も意外に残さずすべて食べてくれました。
良かった~。
皆さんインドでも暮らせますね。

category: 雑仕事

tb: 0   cm: 0

赤~い空豆  

赤空豆
赤空豆のたねとりです。
ちょっとカビてしまいました。
最近湿度が高いからな~。
まあ、たね分は確保です。
乾燥したものをごはんと炊くと色が赤飯ぽくなります。
なかなか美味しいです。
去年はこの赤空豆で味噌も作ってみました。
味は少し塩っからくて熟成がしにくいようでした。
何でもやってみて分かることばかりです。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

もっさもさ  

もさもさ
いろんな野菜と草が生えて、いろんな花が咲き、たねを実らす畑。
いつもモサモサしてます。
にぎやかです。
オラはその楽しい会話をいつも聞いて楽しんでいます。
野菜は案外おしゃべりです。
性格もさまざま。
人間と同じですね。
でも、やっぱりまだまだ草の方が勢いが強いです。
野菜よ、元々草だった時代を思いだせ。
どんな異常気象も笑って乗り越えてやれ。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

始めての豊作  

マルベリー
マルベリー2
マルベリーが大量に実りました。
真っ黒く熟れたのだけを収穫しました。
生でかじったけど甘みは少ない。
ジャムでも作ろうと思います。
恵みは余すことなく利用することとしましょう。

category: 加工品作り

tb: 0   cm: 0

まめ~とり  

エンドウ
エンドウのたねとりしてます。
ずっと自家採種。
実エンドウ、スナックエンドウ、仏国サヤエンドウ。
そして初めての黄サヤエンドウ。
たねとりははまるね~。
やめられないぜ。
みんなもやってみて。
たねは捨てないで。
蒔いてみて。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

むぎ~むぎ~  

麦の収穫第2弾!!
少し早いけど雨の合間に・・・。
農林27号
友達から分けてもらった農林27号。
黒小麦
こちらは黒小麦です。
背丈が高い。
どちらもたねの確保で来ました。
育ててみたい方はご連絡を。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 2

かんか~~い  

やまぼうし3
植えて8年目?
ヤマボウシが満開です。
今年は友達にもおっそ分けできるかな?

category: 自然風景

tb: 0   cm: 0

豊かな今  

御杖村の天然酵母パン『ファミリエ』での
『祝の島』の上映イベントに参加しました。
懐かしい友達のこの映画のコーディネーターをやっています。
色々とおしゃべりできてあまりにも楽しかった。
ありがとう。
祝の島3
祝の島1
祝の島2
原発どれだけ周辺の人の生活に影響を与えるか。
今の時期にまだ原発建設をあきらめない不届き者が居るとは・・・情けない。
直接その方に会ってもう頑張らなくても、意地を張らなくていいんだよと、抱きしめてあげたい。

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

今年4度目の田植え  

コイズミ棚田再生研究会の田植えイベントに参加しました。
久しぶりの伊吹山~。
羊
羊が放し飼い。
田んぼ
田んぼがどんどん作られ棚田が復活。
古代米
さまざまな古代米も苗が育っていた。
古代農法
古代農法も実践中。
参加者
参加者もぼちぼち。
子供が1番田植えを頑張っていた。
将来いい農家さんになれるぞ。
お泊まり
お泊まり2
今夜のお泊まりはこちらで。
夜遅くまで語り合う。
そしてオラ以外の1日1食の方に出会う。
オラより先輩で6年間も実践されているらしい。
なんともよく話の合うことで。
読む本までピッタリだった。
あ~やっぱり生きてるって、人と触れ合うのは最高!!
ここが今まさに天国である。

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

梅しごとばっかり  

梅仕事
梅干用の塩漬け。
青梅の黒糖漬け。
小梅の黒糖漬け。
青梅酵母。
小梅酵母。
いつも通りすべての梅の木の梅を収穫しました。
木に登って、はしごを使って、体か傷だらけ。
もうちょっとで手が届くが採れないものはそのまま残すことに。
熟れたら鳥のエサになるかな?
まだまだ梅干を漬けます。
10kg以上あるかな?
猛暑でも木陰は涼しい。
今年も梅が採れて本当に良かった。
ありがとうございます。
みんな美味しくな~れ。

category: 加工品作り

tb: 0   cm: 2

たねあやし  

大根たねとり1
自然交雑宇宙大根のたねとりをしました。
道具は木槌、フルイ2種、箕。
まずはまんべんなく足で踏みまくって茎から莢をはずします。
ついでに莢も割る感じに。
大根たねとり2
木槌で丁寧にたたきます。
全部たねを採ろうと思わないくていいです。
てげてげで。(鹿児島弁でいい加減に)
大根たねとり3
フルイにかけて多きもの、細かいものを取り除きます。
そして風と息でゴミを飛ばします。
そうすれば、たねとり終了。
あとは紙の袋(封筒など)に入れて冷蔵庫で保管して下さい。
4~5年は保ちますよ。
まあ、この大根は完全に大根好みに交雑を繰り返しているので人にあげるにはちょっと・・・。
でも欲しい方がいればお分けします。
たねの取り方いつでも見に来て下さい。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

きのこのこっこ  

ホダ木
知り合いのおばあたんが栗の木を切ってしまったので、その幹を頂いてきました。
猛暑で汗だくだぜ。
きのこ栽培に使いま~す。
原木シイタケ、原木なめこがうまいっす。
秋になったら菌打をします。
やってみたい方はお越し下さい。
ワークショッップでもするかな?
1本持ち帰りで1000円とかどう?

category: 雑仕事

tb: 0   cm: 0

ラッキーレッド  

ユスラウメ2
ユスラウメ1
おっユスラウメが実っとる!!
いただき~。
甘酸っぱくて美味しい。

category: 自然風景

tb: 0   cm: 0

自家素材で  

思い立ったが吉日。
うちの自家空豆&赤空豆で豆板醤を作りました。
豆板醤1
蒸した空豆をマッシュして、
種麹、塩、自家製2年味噌を加えて混ぜ合わせます。
豆板醤2
唐辛子もうちの自家採種を続けているタカノツメを使用。
根気よく搗いて粉々にしました。
豆板醤3
全体を混ぜ合わせて、少しぬるま湯を加えて程よい根張り感に。
豆板醤4
混ぜ合わせたものは瓶に仕込んで、重しをしました。
途中切り返しながら、土用に牛の頃には出来上がる予定です。
うまくできるといいな~。
ではオラは辛いものが苦手なので・・・。
誰かに料理してあげるとするか。

category: 加工品作り

tb: 0   cm: 0

  

大根たねとり
本日は大根のたねとりします。
自然交配宇宙大根です。
強靭的に生き残って交雑したオラ好みの大根です。
徐々に自然選抜を繰り返し、そのうち種まきも必要なくなるでしょう。
朝熊小菜
朝熊小菜のこぼれたたねが大量発芽。
さて虫の攻撃から生き残れるだろうか?
自然は厳しく見えるが、とことん愛に溢れている。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

花を楽しんで  

春菊1
春菊2
春菊の花はとてもかわいいですよ。
花が終ればたねが実る。
春菊のたねは発芽率が非常に悪いらしいですが、たねとりに挑戦です。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

たねどんどん確保  

空豆
自家空豆のたねとり。
もう無農薬無肥料で6年ぐらいかな?
たね継ばかりでほとんど味わうことはない。
去年は全部鹿に食べられたので、2年前の種を蒔いた。
今年はたねとりできて本当に良かった。
赤空豆
赤空豆君のたねも確保。
こちらはとても豊産種で、小粒だけど味も甘みがあって大好き。
これで明日、豆板醤を作る予定。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

刈りました  

もち麦3
もち麦刈り終わりました。
ぼっちらぼっちら手で穂だけを摘みました。
あまりたくさんは無いけど大満足です。
たね欲しい方は遠慮なく申し出て下さい。
ここからまだしばらく乾燥して、木槌で叩いて手で揉みほぐして、トウミにかけてゴミを飛ばし、もう一度手で揉みほぐして、乾燥して・・・。
食べれるようになるまではまだまだ。
だから愛おしくて、一粒も無駄には出来ない。
もち麦のあやす作業をやりたい方はお越し下さい。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

やっとこさ  

もち麦1
もち麦2
本日、モチ麦刈り~。
穂だけを摘みます。
参加したい方そろそろ家を出発して下さい。
たのしいよ。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

生き抜いて、花を咲かせる  

こぼれジャガ
こぼれジャガ。
こぼしジャガという方が正しいかな?
いつもジャガイモの収穫の時程よい大きさのものを掘り上げずにひとつ埋め戻しておく。
そうすると芋の判断で芽を出し、とても元気に育つ。
虫が近づかず、病気にもならない。
またこれがうまいのだ。
すべての野菜が自然循環になる日も近い。
そのためには日々の観察と野菜との会話が不可欠。
それが楽しいんだ。
イアタリアンパセリ
イタリアンパスリが美しい花を咲かせる。
たね採れるかな?

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

うぎゃ~  

ぐみ
ナワシログミがたわわに実る。
ひとつつまんで・・・。
ウギャ~渋い。
かなり赤く柔らかいものを選んだのに。
でもそのうち野鳥が食べ尽くすことだろう。
うちのサクランボは一瞬ですべて無くなった。
やっぱりサクランボの方が好みのようだ。
だって美味しいもんね。

category: 自然風景

tb: 0   cm: 0

梅雨の晴れ間  

青空
梅雨も一休み。
オラは命いっぱい動く。
気持ちいい青空のもとで。
エンドウ
エンドウのたねとり。
4種類。
何とかたね確保。
たねと蝶
蝶も種好き!?
のらぼう
のらぼう菜のたねとりじゃ。
こぼれたたねはもう芽が出ている。
さすがだ。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

甘くとろける  

玉ねぎ1
玉ねぎ2
ほんのちょっぴりだけど、たまねぎを収穫。
ここは冬場が寒いので春先に苗を定植する方がいいようだ。
来年からはそうするつもり。
味はとにかくスッキリと甘い。
火を通すと透明になり、もう最高!!
自然農では作りにくいと言われているが、やっぱりこのうまさを味わいたいので毎年少しでも植えたい。
ニンニク
おっとジャンボニンニク。
デカイです。
どうやって頂くかが問題じゃね。
丸ごと蒸す?焼く?
さすがに生ではヤバいかな?

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

異常気象での農業  

早過ぎた梅雨。
梅雨にしては多すぎる雨の量。
夏は連年猛暑になり、去年の冬は寒かった。
自然環境の変化に耐えうる農業が不可欠になってきた。
オラも畑で思いつくままにやっているが、どうもうまくいかないことが多い。
まあ、その方が面白みがあるのかもしれない。
結局生き残るものしか生き残らない。
あたりまえだが。
今年は雨続きで麦の収穫が出来ない。
エンドウ、空豆、大根のたねとりも微妙だ。
じゃが芋のたまねぎの収穫も進まない。
たねを鍛えなければ。
過酷な環境でかろうじて採れたたねはとても貴重だ。
いつまでも振り続く雨に指をくわえてオロオロとしよう。
今、雨が降っている。
ただそれだけのこと。
私が今ここに居る、というのと同じ。
それでいい。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 4

精神統一  

水墨画
雨だから水墨画の練習。
書き始めると止まらなくなる。
まだまだうまくは書けないが、飛ぶように時間が過ぎてゆく。
素晴らしい水墨画の先生に出会えてとても良かった。
白と黒の世界。
何も考えず、ただ半紙に向かう。
うまく描こうなんて思っちゃいけない。
ひたすら描く。

category: 書き物

tb: 0   cm: 0

うふふ~ん  

ごぼうパン1
ごぼうパン2
ごぼう粉たっぷり煉り込んだ小麦酵母のパンを焼きました。
かなり良い膨らみでいい焼き色に仕上がりました。
うまく焼けると本当に嬉しいものです。
小麦酵母は素晴らしい発酵力で種継は2週間に1度しないといけないけど、材料が小麦と水しか要らないのがとても安上がりです。
市販の天然酵母の元を買っていたらお金がかかって仕方ないです。
小麦酵母は何人もの人に嫁に出しましたが、
うまくいっている人となかなかうまくいかない人がいるようです。
うちのはベラボウに元気ですが、うまく膨らまない人がいるのはどうしてかな?
発酵の見極めは今の季節なら常温で6時間ぐらいかな?
とにかく透明な円柱の容器に入れてチビチビ観察しながら2倍ぐらいに膨らめば中種作りも本生地の第1次発酵もOKです。
2次発酵はオーブンにお湯を入れたボールと生地を一緒に入れて90分前後。
もちろん太陽熱利用でもいいです。
衣装ケースにパン生地を入れて、植えから黒いビニール袋をかぶせておきます。
1.5~2倍に膨らめばいい感じです。
結構いい加減です。
オラは農作業をしながらなので、もっといい加減ですが、うまく焼けています。
いい加減なことがコツなのかも知れません。
焼く時間は今回はコールドスターと190℃で5~6分。
パンの大きさによります。
予熱するのが面倒なのでいつもコールドスタートです。
かなりズボラでしょう。
運任せのズボラ料理人です。
パンは最近、種継のついでに焼くぐらいです。
天然酵母パンは大好きです。
菌の力を目の当たりに出来るのでいつもワクワクします。
容器にへばりついて残った小麦酵母くんも無駄にはしません。
水と糖蜜を加えて太陽熱で発酵します。
その液と麹菌、納豆菌、糸状菌(キノコ菌)を混ぜたものをぬかとモミ殻に加えて発酵。
それを畑の畝間の草をつ積んだところにパラパラ撒いています。
草を分解し、ミミズが大量発生。
ヤスデやダンゴムシ、トビムシ、ダニもいっぱい。
それをモグラが食べにくる。
畝間だけを通ってくれると野菜が植わっている畝を通らなくなり根が傷まなくて済む。
モグラは100%肉食。
野菜は食べないのだ。
野菜をかじるのはモグラの穴を利用している畑ネズミなのだ。
野性動物は人の食べるべきものを知っている。
1番うまい時期を知っている。
人間はどうなのか?
毎度の食事を本当に味わって頂いているだろうか?
本当にうまいものを食べているだろうか?
感覚が鈍って無意識に口に運んでいるだけに終っていないだろうか?
テレビを見ながら、本や雑誌を読みながら、電話をしながら、おしゃべりをしながら、仕事しながら、運転しながら、歩きながら、明日のスケジュールを煉りながら、老後や病気の心配をしながら、、、
時間をかけて、手間をかけて、愛を込めて料理をして下さい。
そして、家族揃って手を合わせて頂きましょう。
それだけでなんと幸せなことでしょう。
『今日のごはんも、おいしいな~。ありがとう。』

category: 天然酵母パン

tb: 0   cm: 0

しなる下駄  

下駄3
伊賀市上野にある西田履物店に立ち寄りました。
下駄1
下駄2
気になった八ツ割り下駄を買っちゃいました。
ちょうどLLサイズが入ったそうです。
目の前で選んだ鼻緒を付けてもらいました。
手際の良い職人技で鼻緒を付けている姿がかっこ良かったです。
鼻緒をやっぱり麻の葉柄にしました。
涼しげで粋です。
下駄の底に切れ目があり程よくしなります。
底は強度と実用性を兼ねてゴムがはられていますが、昔ながらの木で出来たものもあります。
鼻緒の調整、底のゴムの張り替えなどアフターサービスも万全です。
農作業に履くにはもったいないので、晴れの日のお出かけに使いたいと思います。
最近は下駄を履く人が少なくあまり売れていないのが現状です。
素晴らしい手仕事を残してゆくためにも支援していきたいです。
皆さんも本物の心地よい履物をお一ついかがですか?
ちなみにお値段は1万円でした。
小さい足の方はもっとお手頃です。
鼻緒によっても値段が変わります。

category: お気に入り

tb: 0   cm: 0

父に感謝  

カフェわかや
カフェwakayaにて友達のカリンバ作家の展示会と演奏会がありました。
素敵なお店でした。
カリンバ
ユニークで手触りの温かい、心地よい音のするカリンバがいろいろ。
お菓子
お菓子2
ユウジュさんの「おとうさんの木」をイメージしてるくられたクッキーの数々。
伊賀
伊賀の瓦屋根の街並みを眺めているとなんだか落ち着く。
吹く風は涼しい。
ロビンさん
ロビンさんのカリンバとインディアンフルート、マリンバの演奏はいつ聴いても楽しい。
余計な体の力が抜けて、アフリカの風に浸る。
おとうさんの木
絵本の読み聴かせとのコラボも素晴らしかった。

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

おこぼれの味わい方  

こぼれ大根
こぼれ種大根。
虫にも病気にもやられず素晴らしい成長を見せてくれています。
畑を耕す前にたねをこぼしておきます。
大量の出てきた芽を間引きながらお浸しにして何度も頂き、
残りは根が太ってから収穫。
オラは何にもしていないのに恵みを頂けている。
なんか凄すぎる。
こぼれ大根2
これが収穫した大根。
夏大根としてはなかなか立派だ。
ただかなり辛みが強い。
生き残るための防御策として皮の部分に辛み成分を増やすそうだ。
でも、火を通せば柔らかくて甘い。
おろしにしてソバなどと頂けばなかなか美味。
大根のたね
大量の大根のたねを収穫。
自然交雑種だ。
この土地で生き残ってきた。
オラは敢えて人為的な選抜はしない。
大根自身にお任せしているのだ。
こぼれソバ
こぼれ種のソバが育って花が咲いている。
梅雨の雨と重なって実るかわ分からないけど美しい。

いつもこぼれ種の野菜から学ぶことばかりだ。
人間の行いとは何なのだろうか?
一体何をしたいのだろうか?
ただ何かをしなければと焦っているだけのようにも見える。
お金のため、家族のため、子供のため・・・。
でも自分のためを言うことを恐れている。
自己中心的な考え方は傲慢で排除すべきで、誰かのために尽くすことが美徳とされいる。
特に日本では。
自分が本当に心躍るやりたくてひたすら打ち込んでいることが自然と周り人の心を響かせ感動を呼び起こすのが本物じゃないのだろうか?
『誰かのために』と思って自己を犠牲にして奉仕活動している方が疲れた顔をしていては意味が無い。
こぼれた大根のたねにはひたすら生き続けること、それしかない。
横の発芽した芽より少しでも早く葉を広げお日様エネルギーを確保し、大地にしっかりと根を張る。
密植すると葉の角度を上げ根を太らす前に花芽を付け子孫を残す方に人生設計を変える。
オラは少しずつ間引いてゆったりした間隔を取ってあげる。
どちらの命も無駄にはならない。
現代の畑はまるで工場だ。
同じ野菜がずらっと並び、一定の肥料と農薬によって育てられる。
まるで同じ机と椅子に座って同じ授業を受け続ける子供たちと同じだ。
一定の物差しで測られ形の悪いものはすべて省かれる。
大体最初っから同じものなんかいない。
すべて違っていてひとつなんだ。
便利、楽する為に人々の目の輝きが失われてゆく。
工場製品のような心の無い人間が無目的にただの社会の歯車として人生を終えてゆく。
何ともつまらん亡霊だ。
こぼれ種野菜のようにエネルギッシュにはじけて人生を謳歌しよう。
自分があるがままに生きて、周りもあるがままに生きる。
何が起きても、それでいいのだ。
台風で葉が全部吹き飛んでも、また葉を出せばいい。
太陽は必ず昇る。
生きている間に落ち込むことも多々あるが、その時は一瞬ガッツリ落ち込んですぐに忘れてケロッとすればいい。
今生きていればどんなこともたいしたこと無いのだ。

畑に居ると時間を忘れる。
すべての野菜が声をかけてくれてにぎやかで、すべての野菜と会話がしたくなる。
こちらが『なんてかわいいんだ、元気なんだ、美しいんだ』をメッセージを送ると野菜が体を振って『ありがとう』を返事をしてくれる。
そんかことをしているうちに気付いたらいつの間にか日が暮れている。
動きまくってもどんどんエネルギッシュになってくる。
畑全体がまぶしく輝くときがあってとても美しい。
畑はオラそのもので大宇宙だ。

今「たねとリスト」を募集している。
つまり在来種の野菜のたねを採ってくれる人を集っているのだ。
オラ自身はこぼれ種をこよなく愛する、ジャングルグル畑の宇宙野性人なので、本気で交雑している。
ただ、たねとりも大好きで日常行動の一部だ。
今どんどん失われつつある在来種を残すことも重要だ。
グローバル化の波がある程度の交雑を促してしまうのは仕方ない。
そうやって生き残るのもひとつの手段だから。
畑をやっている人が自分の気に入った数種類でいいのでたねとりをしてくれると嬉しいです。
『たねとリスト』に参加したい人、ほしい種がある方もご連絡ください。
たねとり法、たねの保存に関する勉強会の開きたいですね。
ダラダラ飛び飛び話をここまで読んで頂きありがとうございます。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 1


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。