宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

春のサンバ  

じゃが
ジャガ芽がにょき
空豆
空豆が満開
ピーマン
ピーマンの芽
茄子
なすの芽
とまと
トマトの芽
みんな直播きなのでゆっくりペース。
ここに合ったものだけが育つ循環ワールド。
にんじん
人参の芽も揃う
エンドウ
エンドウスクスク
のらぼう菜
のらぼう菜が花盛り
こぼれ種でどんどん広がれ。
お浸しで最高に美味しい。
ごぼう2
こぼれ種ごぼうがワサワサ葉を伸ばし始める
ごぼう
こちらは春にまいたごぼうの芽
ルッコラ
ルッコラもかわいい花を咲かせる
これもこぼれ種にするんだぜ。
にんにく1
ニンニクがいい感じに元気
ジャンボニンニク
こっちはジャンボニンニク。
やっぱり茎が太い。
春は楽しいこと、嬉しいことが盛り沢山。
スポンサーサイト

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

肉厚のにょき  

椎茸
原木の椎茸が出てきました。
雨が少なくて気候が安定しなかったので今年は少しだけ。
でも香りもよく肉厚で最高に美味しい。
ありがとうございます。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

たねと芽  

映画祭
たね好きメンバーで姫路で行われた『未来の食卓』の映画鑑賞会の展示ブースを担当しました。
たねと芽
オラは128種類のたねと芽の展示をした。
でも芽が出なかったのが多いので、ほぼたねだけの展示で・・・。
小麦
さまざまな小麦と
米
さまざまなお米
マメ
さまざまな豆
とうもろこし
さまざまなトウモロコシ
なんてたねは美しいのでしょうか。
この多様性が私たちの生活を支えてきた
ずっとずっと残していけたら嬉しいな。

category: イベント

tb: 0   cm: 0

モミ精鋭隊  

種モミ
種モミの塩水選をしました。
塩水選とは中身の充実したモミを塩水によって選び抜くことです。
今年は8種類+αを植え付ける予定です。
イセヒカリ、白毛もち、オオチカラ、ヒエリ、陸羽132号、農林22号、旭1号、朝紫。
プラスαは去年頂いたいろいろ古代米です。
何種類混じっているか分かりません。
いろんな色の穂が出ると面白いだろうね。
ゴールデンウィーク中のモミを蒔いて、発芽から2週間以内の乳病苗を1本1本丁寧に田んぼへ据えていきます。
SRI農法をやるんだぜ。
稲作は1年に1回しかできないので、精神を集中しないと。
2人ほど田んぼを始める友達がいるので、そちらもできる限り応援に行きたいと思う。
お米を自給することは日本人の心をより強く育てること。
ありがとうございます。

category: お米と向き合う

tb: 0   cm: 0

加工三昧  

餅つき
朝から餅つきをして
漬け物
キクイモの粕漬け第2弾を大量に仕込んで
白みそ
ようやく完成した白みそを容器に移して冷蔵保存。
無農薬無肥料の我が家の大豆とお米で醸した白みそはまろやかな甘みとコクがたっぷり。
おいしいよ。
キクイモの粕漬けはごはんのお伴に最適。
糠と塩だけで漬けたタクアンも滋味深い。
シンプルなお漬け物は毎日食べても飽きがこないが少量で満足できる。
白毛もちで作ったお餅は弾力が最高。
あ~なんて毎日贅沢ばかりしているのだろうか?
どれもこれもお金で買えないとんでもない贅沢だ。
ありがたく頂きます。

category: 加工品作り

tb: 0   cm: 0

むくむくと  

苗1
さまざまな花のたねが芽を出してきました。
畑は野菜だけでなく花もいっぱいに毎年しているのです。
目指せジャングル畑!!
苗2
ハーブやレタスなどの菜っ葉の苗も芽を出してきたぞ。
もう少し育ったら畑のあちこちに植えまくる。
う~ン、春はやりたいことがいっぱいだ。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

  

草木染め
スズメノエンドウで草木染め。
思いつきでグラデーションにしてみました。
本当は緑色に染まるはずでしたが、鮮やかな黄色になりました。
染めてみないと分からないのも草木染めの醍醐味です。
今度はクズで緑色に染めようかな?
今、妹がムラサキを育てています。
藍、日本茜、紅花の栽培にも挑戦するぜ。
和綿も育てて糸を紡いで、草木染め・・・。
きっと素敵なお召し物が出来上がるだろうね。
自然の色は美しい。
きちんと季節の色が染まるのがやっぱり面白いし、神秘だ。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

家に穴  

改造
家の改装工事始まりました。
壁の1部が剥がされ風通しの良い家になっています。
トイレと風呂がないのでかなり不便な家になっています。
親が勝手に計画した改装工事なのでどうなるかは分かりません。
まあ、オラは居候なので住めるだけでありがたいですね。
しばらくは最強常在菌でクリーンなボディーを保つことにします。

category: 雑仕事

tb: 0   cm: 0

花々便り  

山桜1
山桜が一気に満開
桜1
桜2
ソメイヨシノも命いっぱい咲いている
桜酵母をもっと作ろうかな?
水仙
水仙が甘~い香りを放つ
チューリップ
チューリップ2
いろんなチューリップが咲き乱れ
姫コブシ
姫コブシが玄関を飾る
モクレン
モクレンも訪問者を歓迎!!
みんな見に来てね。

category: 自然風景

tb: 0   cm: 0

コミュニティー生活  

信楽の里へ
信楽の里11
立派な茅葺きの家
中も手が込んでいて素晴らしかった。
おくどさん、囲炉裏、五右衛門風呂のあったよ。
藁葺きの家
藁葺きの小屋。
オラも作りたいな~。
藁は2年に1回葺き直さないといけないらしい。
自分の建てたボロ小屋で住むぞ~。
その辺に在る自然の素材で快適な変人暮らし。
信楽の里2
昔の田舎の農村風景があった。
小屋
小屋2
かわいい東屋が。
でもしっかりと木と藁縄で作られている。
ピーマン苗
農場も見学。
今は夏野菜の苗作り。
これはピーマン。
ナス苗
茄子も元気。
サツマイモ苗
サツマイモ苗の立派に育っている。
ぬかも家畜糞尿も使わない踏み込み温床で育てている。
25度ぐらいの温度を保てるようだった。
オラはほとんど直播きだ。
普通に種を蒔いて育たない野菜は日本には合わないかも?
ただ加温する苗作りが面倒くさいだけかな?
加温しない自然栽培で茄子とピーマンはやっぱり無理がある。
自然との折り合いをどこでつけるかだね。

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

乾田苗代  

乾田苗代1
乾田苗代2
信楽の里では学生たちが乾田苗代へモミ蒔きをしていました。
品種は滋賀旭。
オラは乾田苗代をしたことないので、かなり興味がある。
なかなかいい苗が育つそうだ。
オラも挑戦してみようかな?
SRI+乾田苗代。
どうだろうか?
苗が育つ頃にまた見学しにこよう。

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

  

ミホー
MIHOミュージアムへ。
ミホー2
ミホ-3
しだれ桜はまだ少し早かったが、とても気持ちのよいところだ。
桃源郷をイメージして作られている。
ミホ-4
カーブのあるトンネルを抜けると・・・
ミホ-4
何とも立派なMIHOミュージアムが見えてくる。
茅葺きの家をイメージして作られた現代建築。
奇才!!長沢芦雪の水墨画と日本画の特別展をやっていた。
少しテレビで特集をやっていて一度は本物を見たいと思っていたので、最高にタイムリーだった。
もう、素晴らしすぎる。
2回も見回ってしまった。
線美、墨の濃淡、筆遣いに見とれちゃいます。
これも水墨画を習い始めたからこそ分かる世界。
何でも実際にたずさわらないと見えてこないものがある。
展示が何度か入れ替わるらしいのでまた見に来たいですね。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 2

ぽんぽこ  

信楽へ友達とお出かけ。
信楽1
狸の大群がお出迎え
信楽2
デカたぬ~き!!
信楽3
お腹をポンポコポ~ン。
昇り釜
昇り釜も見学しました。
部屋は5室で少し小さめかな?

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

たねと芽  

映画祭
たね好きメンバーで姫路で行われた『未来の食卓』の映画鑑賞会の展示ブースを担当しました。
たねと芽
オラは128種類のたねと芽の展示をした。
でも芽が出なかったのが多いので、ほぼたねだけの展示で・・・。
小麦
さまざまな小麦と
米
さまざまなお米
マメ
さまざまな豆
とうもろこし
さまざまなトウモロコシ
なんてたねは美しいのでしょうか。
この多様性が私たちの生活を支えてきた
ずっとずっと残していけたら嬉しいな。

category: イベント

tb: 0   cm: 0

晴れの野菜料理  

わらっぱ04131
半分ぐらいローで。
よく嚼んで野菜を味わって頂けるように。
わらっぱ04132
かぼさつ豆腐の茸あんかけ。
いつもの単なる思いつき料理。
わらっぱデザート0413
妹のデザートはいつも美しい。
春をイメージ。
ちょうど桜が見頃です。

category: 菜食わらっぱ

tb: 0   cm: 0

花吹雪  

さくら
さくら2
松阪市文化財センターの隣の公園の桜が満開になっていました。
花見を楽しんでいる方がチラホラ。
時折吹く風に乗って花びらが空に舞い上がります。
春をめいいっぱい感じるぜ。
うちの周辺もそろそろ満開になるな~。
毎日花見が出来るのは嬉しい限りだ。

category: 自然風景

tb: 0   cm: 0

いつのことだか  

オラが習っている水墨画のサークルの展示会が開催中です。
松阪市文化財センターで15日まで。
水墨画展1
水墨画展2
水墨画展3
水墨画展4
水墨画展5
水墨画展6
オラの師匠の作品です。
皆さんどれも素晴らしかったです。
オラもいつかこのような素晴らしい作品を描けるようになるかな?
鍛錬しないと。
でも、最近農作業中心の毎日で練習さぼり気味。

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

名古屋でローフード  

名古屋にて本格的にローフードスクール開講!
オープニングパーティーに参加しました。
ローフードスクールBullian
http://ameblo.jp/bullianstyle/
ブリアン2
素敵なキッチンです。
ブリアン1
色とりどりに美しいローフドがところ狭しと並ぶ。
ブリアン5
友達もスタッフとして働くことになりました。
ブリアン3
いろいろと味見をさせて頂きました。
わらっぱ食堂でローフードを提供しているオラとしては本格的なローフードを知っておかなくては、
どれも見た目が美しく、美味しかったです。
ブリアン4
友達と参加して、新たに友達も出来ました。
ブリアン6
フラメンコの披露もあり、可憐なダンスに参加した60人近くの人を魅了していました。
今後も生菜食、発酵食で協力してイベントなどを開いて盛り立てていけたら最高ですね。

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

ゴミまみれ社会  

オラが住んでいる街では本年度から指定ゴミ袋が採用され有料化となりました。
そこで家族一丸となってゴミを見直すことにしました。
紙類はすべて古紙回収に回す。
封筒、パンフレット、細かい紙のラベルなどもすべて紙袋にためておく。
チラシやパンフレットはなるべく取ってこない、もらってこないように心がける。
要る情報だけノートに書き取るようにする。
生ゴミは今まで鶏に処理してもらっていたが、イタチに襲われて1匹になってしまったので食べてもらえなくなった。
そこでひらめいたのが畑の畝間コンポスト。
畝と畝の間は毎日よく歩いて通るので、そこに稲藁をすべて敷きその下に生ゴミと培養した土着菌を撒いて自然分解してもらうことにしました。
これがいいのか悪いのか、うまくいくのかは全く分かりません。
畑から出たものを畑に還すのはいいけど、市販の食べ物を畑に撒くのは抵抗があります。
オラは食べませんが肉魚の残飯は撒きたくないですね。
重要なのは食べる分だけ作り、食べ残しを一切しないことです。
自分の畑から実ったのもを頂き、残飯とうんこ畑に戻すのがいいですね。
グルグル回って何も無駄なもの、余分なものは生まれない。
問題はプラスチック類です。
このゴミが現代社会では驚くほどに多い。
何もかもがビニールに包まれている。
しかも2重3重に。
野菜も裸で売っているものの方が少ない。
変だよ、日本人。
衛生的でとっても便利なビニール。
分別して出すようにはなっているが、結局焼却処理されてしまっているのが現状だ。
リサイクルする方が電力がかかり、コストがかかる。
我が家でも丁寧に分別してみると1週間でもかなりの量になることが判明。
とにかくビニールや発泡トレイに入ったものを買わないことが先決だ。
オラは最近スーパーに行かないので、ゴミも買ってこないで済んでいる。
1日1食で食べているものはうちのごはん、畑から毎日摘んでくるのらぼう菜のお浸し、梅干、納豆、あれば長芋のすりおろし、アボカド。
毎日同じだ。
ゴミは納豆の容器。
発泡スチロールのものでなく、紙製のカップに入ったものを買うが、やはりゴミになる。
カップのふた、納豆の上に張られたビニール、使わない辛子やタレのパックがどうしてもゴミとなってしまう。
納豆も自分で作るべき。
長芋のビニール袋に入っているものが多い。
アボカドは裸でそのまま売っているのでいいね~。
昔はこんなにもビニール製品がなくても暮らしていけたのにね。
缶ジュースやペットボトルの飲み物がなくても、水筒を持ち歩けばそれで済むのに。
まあ、オラは水分を取らなくてもいけるのでどこに行くときの身軽です。
お泊まりするときも褌しか持っていきません。
さてさて、今回のゴミ減量の主役の普通ゴミ(もえるゴミ)。
家族の協力のおかげで半分以下に減りました。
内容はやっぱり鼻をかんだちり紙、油汚れを拭いたキッチペーパー、汚れの取れないビニール、分別するのがめんどくさかったのか小さなか紙やビニール、プラスティック類。
オラは鼻は手ぬぐいでかむので、一切ティッシュを使いことが無くなりました。
洗濯で洗えば何度も使えるし、1日1枚あれば充分まかなえます。
家族には何度も提案はしますが、なかなか採用されません。
ティッシュの使い捨て文化はかなり根強いもののようです。
油汚れのキッチンペーパーに関してもオラは油を使った料理をしませんので必要ないですが、一般の人よりは少ないですが両親はどうしても炒め物などを食べます。
オラは自分で好きなことをやっているので、他の人も好きなことをやり、好きなものを食べればいいと思っています。
だから別に制限はしません。
ただ、家族の中で使い捨てゴミが増えるのはなんだか情けない。
地球上の動物でゴミを出すのは人間だけです。
しかも先進国などの一部の人間だけが資源を使い捨てにしているのです。
自分の家庭から出るゴミを見つめ直すことで世界全体のゴミの問題が見えてきます。
さて、どうしたもんでしょうか?
お鍋をさげて豆腐を買いにいきますか?
新聞紙で魚を包みますか?
竹の皮にお惣菜を包んでもらい、わら納豆を食べますか?
それとも全部自分で手作りしちゃいますか?
資源が不足し高騰している中これまで通りのビニールの使い捨てが続くとは思えません。
買い物に行ってあなたが手にした食材は何に包まれていますか?
その容器、袋はどこへ行きますか?
まず自分の食卓から見つめ直してみませんか?
消費者が買わないものは企業は生産しません。
ゴミのたくさん出るもの、添加物や、遺伝子組み換えの使った食材、農薬や化成肥料で育った野菜を一人ひとりが選ばないことも世界を変える大きな1歩です。
「いらない」意思表示をしてゆきましょう。
遠慮なく聞けばいいんです。
「この野菜は農薬を使っていますか?」ってズバッと。
使っているなら「それなら、いらない」ときっぱり言えばいいんです。
農家も売れないもの、食べてもらいないものを作りたくなのが本心です。
やっぱり自分自身が安心して食べれる、心から消費者のお勧めできる野菜を栽培したいはずです。
オラは地元の農産物加工品に化学調味料が使われてたらいつもがっかりします。
絶対に買いません。
素材のうま味に自信がなかったのかな?ほんま残念です。
最近では産直市場やマルシェなどで生産者や製造者から直接購入できる機会が増えてきたので、「買いたい」「買わない」アピールがしやすくなりました。
気持ちのよい心のつまった「美しいもん」「ええもん」は残していけるように支援しましょう。
日々一瞬一瞬を必要最低限の気持ちのよいもの美味しいものに囲まれて丁寧に生きましょう。
ありがとうございます。

category: 本気ぼやき

tb: 0   cm: 0

思考を物質化  

今年はお米のSRI農法に挑戦する。
なので、道具も一から作ることにしました。
手作り道具1
田植えの時に乳病苗を乗せる器。
角スコで土ごと取った苗を乗せれるよう大きさを考えた。
手作り道具2
苗作りは折衷苗代風にする予定なので、
種まき、覆土をした後に平に抑える道具を作った。
モミを土を圧着させるのだ。
手作り道具3
ラインマーカー。
代かきした後、この道具を歩いて引っ張って、
30㎝×30㎝の升目にラインを引く。
ラインが交差したところに丁寧に苗をおいてゆく。

山里も水不足がかなり深刻です。
風呂や洗濯も2日に1回。
SRI農法はほとんど水か必要なく、常に灌水状態にしておく必要がありません。
無農薬無肥料で出来る可能性もあります。
種モミもかなり節約できます。
ただ、田植えをかなり迅速慎重にする必要があり少し手間がかかるのと、草の管理をコマメにしていかないといけないこがオラの見せ所です。
お米以外の作物にも応用できる可能性がありそうです。
雑穀とか麦類にも。
いろんな野菜で挑戦するぜ。
まだまだ知らないこと、分からないことが一杯だ。
思いつきでやりたいことだらけなので、とにかくやります。
なんて面白いんだ。
大いに堂々と笑って失敗してやる。
いつも無欲で心を研ぎすまして田畑に立てるようになる。
ありがとうございます。

category: お米と向き合う

tb: 0   cm: 0

あち~!?  

飯福田寺でもの火渡り神事に参加。
火渡り2
いろいろな儀式をした後、
火渡り3
火をつける
火渡り4
火渡りの準備完了!!
火渡り1
次々と渡ってゆく。
なんとも熱そうだ。
オラも初挑戦。
全然熱くなかった。
面白かったので2度も渡った。

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

ぶうぉぶお~ん  

伊勢山上の山開きに参加。
山開き5
ホラ貝の音色が山に響く。
山開き6
修験者の訪問でその真意(修験者としても心得)を問う。
正しい精神の持ち主なら仲間として受け入れられる。
山開き1
山開き2
火がつけられる。
勢いよく燃え上がり護摩がくべられる。
山開き3
煙は霊界ではごちそう。
生きている人には煙たいだけ。
山開き4
何度も般若真教を繰り返す。
これで山は今年も開かれた。
オラもまた登山に遊びにこよう。
巨石がいっぱいあってとっても景色がいいのだ。
秋にはキノコがいっぱい生える。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

春花だより  

水仙
水仙が見頃。
今年はまだ鹿にほとんどやられていない。
よかった~。
沈丁花
沈丁花もいい香りを放つ。
紅梅
毎年1番早く咲く紅梅なのだが、今年は1番遅く咲いた。
なんだか気候がおかしいのか植物も迷いが見られる。
わさび
沢わさびの花が咲き誇っています。
摘んで塩もみしてごはんのお供にしました。
少しピリ辛で香りもよく美味しい!!

category: 自然風景

tb: 0   cm: 0

在来そばパーティー  

磯部の友達のお宅で三重の在来ソバを使ったそば打ちイベントがありました。
そば打ち1
二八蕎麦です。
そば打ち2
さすがベテラン。
素早く薄く伸ばしていきます。
そば打ち3
乳母らしいソバが仕上がりました。
そば打ち4
さっとソバが湯の中で踊る程度茹に上げます。
そば打ち5
冷水で締めて完成。
サラダ
オラはサラダを用意。
ドレッシングは4種類作っちゃいました。
朝から畑や山に摘みにいった野草の天ぷらも揚げました。
カラスノエンドウ、ヨモギ、ノカンゾウ、セリ、たらの芽・・・
意外に人気があったんはネギ坊主。
いい天気の中、外でワイワイとパーティーは盛り上がりました。
キッチン
月の庭のかおりさんが洗い物を一気に引き受けてくれました。
洗い物が好きなんですって。
ステキですね。
久しぶりにたくさんの友達に会えて幸せでした。
みなさんありがとう。
三重の在来の玄ソバを分けて下さった方ありがとう。
大切に育てます。

category: イベント

tb: 0   cm: 0

朝1番参り  

伊雑宮
朝日に向かって田んぼの中を歩いて友達の家から伊雑宮へお参り。
何とも清々しい日だ。
冷え込みで裸足とサンダルではちょっときつかったが。
とても気分がいい。
生かして頂いてありがとうございます。

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

よもぎ餅作り  

飯高のおばあちゃんところでヨモギ餅作りをしました。
総勢12人!!
大勢でやると仕事が速いし、楽しい。
よもぎ餅作り1
イチゴよもぎ餅やトキビ餅も作りました。
野草天ぷら
野草の天ぷらも揚げました。
餅と天ぷら
じゃじゃ~ン。
たっぷりと出来上がり。
ガヤガヤワイワイと昼食を楽しみ、
昼からはコウゾ採りもしました。
何度も自分で体験することが1番。
おばあちゃんいつもありがとう。
お邪魔しました。

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

たねの魅力  

びわ湖ホール
びわ湖ホールにて開催された
「水と土と農のフォーラム
~バンダナ・シバさんとびわ湖からの発信~」に参加しました。
フォーラム
いろんなブース展示があり朝早くからにぎわいました。
滋賀郷土食
滋賀郷土食2
オラ個人的には滋賀の郷土食にブースに惹かれました。
とくに発酵郷土食。
滋賀と言えば鮒寿司。
たねの展示
たね好きメンバーでたねの展示のお手伝い。
日本の在来種の多様性をアピール。
希望者にはたねをお分けしたりもしました。
バンダナ・シバさん
バンダナ・シバさんも日本のたねにも大いに興味を持って頂けました。
大豆と雑穀とエゴマが特に惹かれたようです。
バンダナ・シバさん2
講演もとても素敵でした。
分かりやすく力強い英語に感動しました。
同時通訳をイヤホンから聞いていましたが、途中ではずしてしまいました。
内容がはっきりと分からなくても、イメージで伝わってくるようでした。
農民が自らたねを守り育てることの大切さをあれだけはっきりと伝えてくれたことの感謝します。
ありがとうございました。

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。