宇宙と野菜に愛と感謝を込めて

時芽輝農場の農薬と肥料を使わない田畑で育つ野菜達との楽し~い交流をありのままに伝えます。

農遊び情報

野菜販売について
松阪大石町「やまねこ亭」 松坂市松ヶ崎駅近く雑穀菜食レストラン「はなうた」 飯南町の天然酵母パン「木琴堂」にて販売中。

1月3日11時より
柳屋奉善にて
毎年恒例ふくしまいせしまチャリティー餅つきをします。
売上は全て福島の子どもたちの保養ステイと野菜支援に使います。
ぜひご参加ください。

1月8日(日)10時より
美杉むらのわ市
1月29日(日)11〜15時
はなうたマーケット
11時より昔ながらの灰汁によるコンニャク作りワークショップ
13時よりホツマツタエのヲシテ文字の謎に迫る
     アワ唄で元気になる        講師 富山喜子

2月25日(土)11〜16時
京都境町画廊にて
「たねの日」第3弾

2月26日(日)10〜15時
やまねこマーケット
コンニャク作りワークショップと絵本の読み聞かせ

2月27日(月)
<自分の呼吸だけでカラダと心と魂を覚醒させるワークショップ>
このワークでは、とある呼吸を長時間連続して行うことで普段使っていない肺を活性化させ、肉体的にも精神的にも覚醒作用を及ぼしていきます。
ご興味のある方は伊東までお問い合わせください。件名「呼吸法」としてお送りください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com
2/27の呼吸法は満員御礼となりました。次回は6月以降の開催となります。
ご興味のある方は、伊東までお問い合わせください。
omusubiya.yuiyawasu@gmail.com

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

手をつくす  

畑に毎日動物に侵入され、とうとう本日種用に残して置いたきゅうりもすべて食べられちゃいました。
種が残せないのは本当に悲しいことです。
実はほぼ毎日、侵入されるであろう所の網を強化したり、新たに支柱を立ててて網を張り巡らしたりとしていました。
その度に鹿はより暴れ、ことごとくに荒らしてゆきます。
野菜がかわいそうで涙が出そうになります。
私はあきらめが悪い方なので、まだまだ網を張ると思います。
でも、これって本当の解決法にはほど遠い気がします。
山の方に犬の散歩へ行っても道の草が鹿に食べられほとんどありません。
こちらへ引っ越してきてこんなことは今までありませんでした。
去年の秋まで鹿が畑に来ることなんか全然なかったし。
急激に環境が変化しています。
このことは私の所だけでなく、日本全体で言えることでしょう。
近所のお年寄りたちは畑を囲う体力がなくて、野菜作りをあきらめる人が増えています。
何もすることがない、ささやかな楽しみも奪われて・・・。
よく考えたら、今起こっていることは結局今まで我々人間のやって来たことのしっぺ返し。
ぐるっと回って、目に見える形になっただけ。
最初っからこうなることは分かっていたのに、目をつぶってきただけ。
今のこの世に私たちが生まれ生きていることはただの偶然じゃない。
起こることすべてを受け入れ、そこから自分の選択によって宇宙の成り立ち(愛)を学び取るために生まれてきた。
ある意味鹿も私なのだ。
腹を減らしてむさぼり食う人間そのものなのだ。
囲う網は「欲」そのものを象徴している。
自分や自分の家族が生きる(もうける)ためには周りの人や動物は排除しなければならない。
・・・戦争・・・
必要なときに必要なだけ。
あとは分かち合えば良い。
そんな簡単なことが私はまだまだできていない。
肩の力を抜いて深呼吸。
「もう、すべて持っているじゃないか。生まれた時からずっと。いや、そのまえから。」
人に感謝するのも愛するのも今すぐ誰にでもできる。
生きているだけで毎日毎時毎分毎秒「ありがとう」「愛してるよ」と言える。
幸せだね~。
今後私は自分という枠をベリベリ剥がして、「今」できることにひたすらに打ち込んでいく。
農業を始めたのはほんとに心からおいしいと思える野菜を味わいたかったからだ。
農業は本当に楽しいし、可能性が無限大で宇宙と触れる仕事だ。
でも、畑を網で囲いまくってする農業はなんだかしっくりとこない。
まあ、そんなこと言っていて去年の秋にはすべての野菜が鹿に食べられちゃったんだけど。
大いに悩もうと思う。
自分だけが助かって生き残っても仕方ない。
みんなで仲良く命ある限りワクワク生ききらないとね。
鹿に毎日たっぷりと考えさせられる毎日である。
ありがとう。
スポンサーサイト

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

パンの魔力  

パン57
パン58
全粒粉たっぷりの小麦酵母のパンを焼きました。
全粒粉 1200g
強力粉 600g
天日塩 30g
中種 900g
水 58~60%
いい天気でしたので常温でも素晴らしい発酵力を発揮してくれました。
タッパーの蓋を押し上げてきました。
すごい力やね~。
焼成はコールドスタートで190度8分。
いつも、焼きっぱなしです。
外はこんがりパリパリ、中もモッチリふわふわ。
焼いている時のパンの香りはたまりませんね。

近頃気付いたことがあります。
夕食のあとすごく眠くなる日が続いていました。
コテンと眠くなる。
「なんでかな~」と考えていたんです。
そして食べている物を良く考えてみた。
「パン断ち」
そう。数日間パンを食べるのを止めたんです。
そしたら全然眠気が襲って来ない!!
高温で炭水化物を焼いて出来上がるパンはかなり胃に負担をかけているようです。
加熱食自体が相当消化にエネルギーと時間がかかるんですね。
フルーツや生野菜だけならお腹も頭もすっきりとしたまま。
蒸し野菜や茹で野菜はマシみたいです。
少量なら玄米、そば、うどんもいけるよう。
茹でる温度はせいぜい100度ですからね。
パンは180~200度!!
う~ん、でもおいしいのよね~。
焼いたパンには魔力があって食べ始めるとやめれなくなる。
本当に怖いね。
天然酵母で油、砂糖なしのパンでもこれだけ体に変化が表れるのだから、市販のパンならよっぽど危険なのかも?
パンを食べ過ぎた次の日はまたまた胃が重たいし、寝起きがすっきりとしない。
ロ-100%の生活をある程度の期間試さないとね。
ものすごい気持ちいいかも?

category: 天然酵母パン

tb: 0   cm: 0

秋の風を感じながら  

上映会
奈良県御杖村の天然酵母パン「ファミリエ」にてガイアシンフォニー第2章の映画上映会がありました。
夕方5時から始まった映画上映会は縁側から入ってくる秋の涼しい風でとても心地よい雰囲気に包まれていました。
佐藤初女、ダライラマさんの温かい心にふれ、鑑賞者が一体となっていました。
「いま」を生きる。
過去も未来も、心配したってしょうがない。
動けるのは「今」。
自分自身の優しい素直な心と無償の愛と無邪気な好奇心で思いっきり行動したいいんだ。
この映画会で出会ったすべての人に心より感謝します。
ありがとう。

わらっぱ弁当
本日、私が用意した夕食。
「わらっぱ弁当」で~す。
皆さん喜んで食べていただけたので本当に嬉しかったです。
<メニュー>
蒸し野菜(かぼちゃ、紫芋)
青菜ののり巻き
スッキーニのバジルオリーブ焼き
そうめんかぼちゃの梅酢和え
ジャガイモとゴボウの味噌煮
大豆グルテン唐揚げ
マッシュかぼちゃと黒豆ひじき揚げ餃子
空豆とキノコと春雨のピシから炒め
ゴボウとピーマンとコンニャクのきんぴら
サラダ(キャベツ、きゅうり、トマト)
玄米酵素ごはん(2週間ほど熟成)
自家製梅干

ありがとうございました。

category: イベント

tb: 0   cm: 0

しばらく閉園  

畑を囲うほどに鹿も必死になるのでしょうか?
連日侵入しているであろう所を網を張って強化しています。
しかし、どんどん鹿の暴れ方がひどくなり野菜の葉がなくなってゆきます。
今年の冬の間は農場をお休みさせようと思います。
とっても悲しいけど。
私自身が引き寄せた結果なんだと思います。
「鹿が来て野菜ができない」「鹿に全部食べられちゃう」と思い込んでしまっていることが、現実として現れているのでしょう。
だから網でいくら囲った所で己の心の狭さと醜さを強調するだけです。
1度染み付いた固定観念を払拭するのは「すべてを手放す」しかない。
なにもない=すべてある。
この状態に持っていく必要がある。
他の人を縛る分、自分を囚人にする。
他の人を自由にするほど、自分は空を飛べる。
他の人を愛するほど、自分は光になれる。
私たちは元々光であり、闇である。
闇が深いほど、光は輝きを増し温かい。
人間は生きている間に色々な枠にはめられたりorはまったりして、可能性をどんどん狭めている。
その間に自分が好きでなくなってゆく。
自分をだましだまし生きていると、何度も壁にぶち当たる。
でもその壁はその人に本当に必要だから現れているだけ。
鹿が畑の物を食べてゆくのも私にとって必要なことなのかもしれない。
この現実を良く見つめて、メッセージを解読できれば「必ずすべてうまくゆく」。
もっと心を研ぎすまして、心の耳をすまそう。
さあ、私の中の私よ、語っておくれ。
手放す勇気を与えて下さい。
何も持たない気持ちよさを教えようとしててくれている。
そういうことが今、私に次々に起こってきている。
どんなことが起きても私は元気で生きている。
それだけで充分。
愛する友達に会っておしゃべりできるし、美しい景色や星空に感動できる。
幸せだな~。
こういうことを気付かせるために鹿は毎晩畑にやって来てくれているかも?
人間はこれでもかってぐらい大地から搾取し生きている。
これほどに欲深い生きものは、宇宙広しといえども早々はお目にかかれない希少種だろう。
私自身もかなり欲深い所がある。
自分だけが得しようと考えている自分がとても嫌になる。
本当は自分だけが得することなんかないのにね。
農業も大地を汚す産業だ。
肥料や農薬を大量にぶち込んで「たくさん穫ろう」「たくさん穫ろう」と欲まみれだ。
欲から生まれた物を「儲けよう」と更なる欲を付け加えた商品を私たちは毎日口にしている。
ストレスから食べる必要もない物を大量に食べ、みんなどんどん病気になってゆく。
命の光が薄れてゆく。
でも、こういうこともこの世に生まれてきて学ぶべきことなんだろう。
ストレスなく健康そのもので、目は光り輝き、いつも笑顔で、すべてのもに感謝し感謝され生きてくことは誰にでも出来る。
それはお金や環境によるものではなく、その人自身の心と魂の素直さ。
私もすっきりと生きていきたい。
自分自身をもっともっと好きになって、心の引っかかりを取り除くぞ。
一瞬一瞬をただ生きてゆく。

category: ひとり戯言

tb: 0   cm: 4

囲ても囲っても  

鹿が畑で大暴れ。
前日に一日かけて網を張り直したのに・・・。
ウサギも現れて人参やさつまいもの葉っぱをどんどん食べてゆく。
私はどうしたらいいのだろうか?
どんどん囲うほどに自分のココロがどんどん狭くなってゆく。
ただボチボチ大好きな農業をやってゆきたいだけなの。
しかしながら、これだけ必死に畑に侵入して片っ端から野菜を食べてゆくのには私にも原因があるのか?何かしらのメッセージかもしれない。
「農業以外でできることをやれ。」ってことかな?
「あんたは食べないくても生きてゆけるよ」ってこと?
「物欲を捨ててもっとシンプルに生きなさい」ってこと?
この土地をあきらめてどこか違うところへ行っても解決はしないと思う。
それは単なる「逃げ」だから。
戦いたくはないが逃げたくもない。
やっぱり現実を素直に受け止めて、実直に生きていくしかないのかな?
起こったことは仕方ないが、その起こったことから学んで防げるなら防ぎたい。
いつもその時々の選択肢はある。
普通に考えて1番アタリマエで後々気持ちよくなれる方を選ぶのがやっぱりいい。
いつも「まあいいっか」的誘惑にませそうになるけど。
たぶん私は今日も鹿網を強化する1日となる。
あきらめは悪い方。
冬野菜を植えたい。
鹿さん、私に農業を続けさせて。お願い!!
私の何がいけないのか教えて。
悔しさ、悲しさをしっかりと感じて今日1日を生きてゆく

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

燦々太陽ありがとう  

干し野菜作りしまくり!!
干しズッキーニ
干しズッキーニ
干しトマト
干しサンマルティーノトマト
干しかぼちゃ
干しかぼちゃ

天日で干すと旨味が凝縮。
味も染み込みやすくなっていろんな料理応用がきく。
もちろんそのままでも食べれるので、ローフードなんですね。
そのまま生で食べにくい物も天日で干せばおいしく頂ける。
それに保存も利くしね。
日差しがきつくて農作業がしにくい時こそ干し野菜作り日和。
お天道様ありがとう。

category: 加工品作り

tb: 0   cm: 0

たねたねたねちゃん  

種取りどんどん。
私の最大の趣味?
種が大好き!!

モチキビ
こぼれ種で育ったモチキビ。
トマトの種
トマトの種。
今のところ3種類確保。
かぼちゃの種
おいしいかぼちゃの種。
自然交配種。
混ざって混ざって、それでいい。
元気があれば、それでいい。

冬瓜の種
冬瓜の種。
もらった冬瓜から種を穫りました。
種を捨てるなんてもったいない。
「命」なんだからね。

インゲンの種
インゲンの種。
少しずつ採れ出してきました。
葉っぱが鹿に食べられるけど、頑張って実っています。
ありがとう。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 4

むちゃ巨大  

種取り用ズッキーニ
種とり用のズッキーニ。
1個2kgほどもある。
無肥料&不耕起で5年くらい種を穫りつつけているのだ。
毎年我が家の夏の食卓を支えてくれている心強い野菜。
生でもクセがなくバリバリ食べれておいしい。
ぬか漬けがとにかく最高!!
サラダッコでズッキーニ麺にすればボリューム満点で格別にうまい!!
もうしばらくこのまま置いて追熟させてから種取りをします。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

木に暮らす  

ツリーハウス4
ツリーハウス1
ツリーハウス3
ツリーハウス2
三重大の学生たちが美杉で作っているツリーハウスの見学に行きました。
暑い中みんなで工夫しながらどんどん組み立てていました。
少しずつ形になっていくのはとっても楽しそう。
いい夏の思い出になるんだろうな~。
私もツリーハウスを作るぞ~。
でも、その前にたくさんしたいことが・・・。
全部やるぞ~。
この美杉のツリーハウスができたら何かイベントでもしようと思う。
若者でワイワイ語らう時間をもちましょう。

category: おでかけ

tb: 0   cm: 0

おもったままに  

子供会1
食材を自由に使ったこどもたちだけでカレー作り。
大人たちは思うがままにサラダ作り。
そしてみんなでチャパティー作り。
美杉多気の子供会のイベントに参加しました。
料理にルールはない。
そのとき思いついた物が体が欲している食べ物なのだ。
大げさな・・・。
ただみんなで夏野菜を切って、煮込んで、味見して。
普段料理をしないこどもたちが多いのか、ただ切るだけでも苦戦していました。
後片付けのことなんか頭に無し。
かわいそうだね。
しかしながら、カレーもサラダもチャパティーもおいしくできました。
皆さんありがとうございました。

子供会2
「いっただっきま~す」
チャパティーをちぎってカレーに付けたり、
チャパティーにサラダを挟んで食べたり・・・。
みんなおいしそうにほおばっていました。

子供会3
子供会4
子供会5
食事の後は「不安定ユニット らも」さんのミニコンサート。
こどもたちも演奏に参加してとっても楽しそうだった。
「らも」さんの演奏は何度聞いてもいいな~。
最近自然と口ずさんじゃう。
素敵な演奏をありがとう。
一緒にイベントができることは嬉しい限りです。

category: イベント

tb: 0   cm: 0

イボイボきゅうりで  

キムチ
大好物の四葉きゅうりでキムチを作ってみました。
我が家のネギ、ニラ、ニンニクもたっぷり使いました。
2~3日したらおいしく漬かるでしょう。
キムチもローフードなのですよ。
でもね、塩や辛い物や香辛料は過食を助長するので、あまりおすすめはしません。
どうしても、水やごはんなどの炭水化物や甘い物が欲しくなってしまうのです。
野菜や果物はなるべく薄味、もしくは味付けせずに頂くのがよいでしょう。
食べたいものを食べたいだけ食べればストレスがなく良いのでしょうが、
体(消化器官)の方はかなりのストレスを知らず知らずのうち受けています。
それが体のだるさや眠気に繋がります。
常にからだの声に耳を傾けて、よ~く嚼んで存分に味わい食事を楽しみましょう。

category: 加工品作り

tb: 0   cm: 0

今年も日陰に  

ヤブラン
我が家のモミの木下に今年もヤブランは花を咲かせてきました。
淡い紫色の花はなんだかとても高貴な雰囲気を醸しています。
いつも傍に咲いてくれてありがとう。

category: 自然風景

tb: 0   cm: 0

幸せの黄色い花  

黒小豆
黒小豆の花です。
花が終ったら、ビュ~んとサヤが伸びてきます。
かなりの早さで。
毎日見ていると面白い。
玄米酵素ごはんには小豆が欠かせない。
無肥料無農薬の小豆はあんこにしてもツヤが違う。
小豆本来の甘みもして、ほとんど砂糖要らず。
うちの妹は酵母の甘みだけで餡を炊くけど、優しい甘みでとってもおいしい。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

お米の花盛り  

イセヒカリ
イセヒカリの穂が出て花が咲き始めました。
なんだかかなり出穂にばらつきがある。
???
無肥料無農薬に慣れていないタネモミだったので、分けつも少なめ。
まあ、穂が出ただけでもありがたい。
これから、ここから、今から。
アタリマエがアタリマエであり続けることってかなりの奇跡なんだね。
ありがとう、ありがとう。ありがとう。

category: お米と向き合う

tb: 0   cm: 0

トマトのたねちゃん  

トマトの種
2種類のトマトの種取りで~す。
トマトは毎年5種類ほど種取りをしています。
結構根気のいる種取り。
特にミニトマトは小さいからね。
中の種の入ったゼリー状のところを集めて、ビニール袋に入れてお天道様に1日ほど当てる。
こうすると、病気に強いタネになるらしい。
あとは洗って天日乾燥。
トマトはこぼれ種でも充分育つので、秋に丸ごとトマトを土に埋めておけば翌年芽が出てきて育つ。
結構この方が強かったりする。
わたしはすべての野菜をこぼれ種だけで育つ畑にしたい。
むちゃ楽しそう。
「できた分だけ頂く」究極スタイル。
怠け者の私にぴったりな農業やね。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 2

のこりかぼちゃ  

かぼちゃ
かぼちゃスペースの片付けをしていたら、まだこんなにかぼちゃが見つかりました。
とってもありがたい。嬉しい!
毎日、かぼちゃ生活が送れそうです。
蒸しかぼちゃ大好き!!
自然に交配しているので、色も形のさまざまです。
もちろん味も甘みも肉質もさまざま。
どれもとってもおいしい。
料理の究極って「味付けなし」やね。
っていうか、味付けなしだと料理って言わないかな?
でも、うまいもんはそのままが1番!!

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

おつまみに  

ひまわり
ヒマワリの種を穫りました。
3年くらい前に取った種を蒔いたら、ちゃんと育ってこんなにたくさん新たな命の種を残してくれました。
ヒマワリの種は殻をむいて生でぽりぽり食べれるのでローフディスとのおやつにぴったりです。
もうしばらく天日に干して、虫食いなどを取り除いて保管しておくこととします。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 0

できるすべて・・・を  

わらっぱごはん
本日のわらっぱごはん。
生ジャガ人参ナムル
ツルムラサキのショウガ醤油和え
生ズッキーニのくるみ和え
切干し大根とわかめのピリ辛梅酢和え
ソーメンかぼちゃの青ジソオリーブソース
ハスイモと四葉きゅうりスティック(自家製味噌をつけて)
ズッキーニのパンケーキ(えんどう豆ソースで)
かぼちゃ巾着
キノコと野菜の寒天寄せ(梅肉ソースで)
かぼちゃのサブジ
豆腐とアボカドのサラダ
ウリのぬか漬け
干しきのこの豆乳スープ
小麦酵母パン2種類

デザート
デザート
ローブラウニー
ぶどう酵母の道明寺もち


お越し頂いた皆様がありがとう!!

category: 菜食わらっぱ

tb: 0   cm: 4

大粒米  

オオチカラ
大粒多収量米の「オオチカラ」が穂を出しました。
少ししか植えなかったけど、確かにモミの大きさが2倍ぐらいある。
面白いお米です。
クモ君
クモ君大活躍!!
虫を腹いっぱい食べてね。
見守りよろしく。
ありがとう。

category: お米と向き合う

tb: 0   cm: 0

岩場の水辺に  

イワカガミ
イワタバコの花が見頃を迎えてきました。
田んぼの石垣にもあちこち花を咲かせて、心を和ませてくれています。
高貴な紫色の花が美しい。
よく見ると花の中は絶妙な色の配色で不思議な魅力に惹かれます。
ぜひ、この小さな可憐な花を見に来てね。

category: 自然風景

tb: 0   cm: 0

ほっくほく  

蒸かしかぼちゃ
かぼちゃを蒸かして天日塩をふってシンプルに頂きました。
ホクホクで無茶苦茶おいしい!!
美味し過ぎてお腹いっぱい頂きました。
今年は太陽があまり出なかったので甘みはちょっぴり少ないですが、充分すぎるほどにうまい!
毎日蒸しかぼちゃ生活でもいけるな~。
ただ、ちょっと喉が渇く。

かぼちゃの種
種もきっちりと確保。
ホクホクで肉厚なんで、来年も播けるようにね。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 2

なんとか干せるか  

梅干
やっと梅雨明け?
なんとか梅干を干せそうです。
しかしながら、山間だからか曇ったり、突然雨が降り出したり・・・。
一時も気が抜けない。
少し出掛けている間に雨が降ってしまって、
「やばい」とおもって家に急いで帰ると、近所の人が梅干にシートをかけてくれていました。
素晴らしい心配りに感動しました。
こういうことを気付いた時にサッとさりげなくできる人間になりたいものです。
お礼を言いに行ったら「そんなんどうったことないよ」とアタリマエのことをしただけって感じで、またまた心に温かいものが流れ込んできました。
本当にありがとう。
人間って素晴らしい。
誰だってこういう風に生きていけるんだね。
この日のこの感謝を胸にとどめて、私は生きてゆく。

category: 加工品作り

tb: 0   cm: 2

自然なビール  

ランビック1
ランビック2
ベルギービール「ランビック」を初めて味わいました。
天然酵母を使って、木樽でじっくり自然発酵させたビールです。
手間と時間のかかる本物のビール。
とてもひと言では表現できない複雑な旨味のあるビールです。
甘み、酸味、辛み、苦み、旨味・・・・。
すべての味が次々に襲ってくる。
アルコール度数は低いのに、味が濃厚なのですごく満足感がある。
ビールの奥深さを教えてくれる1本です。
あとすごいのは自然発酵なので賞味期限が2028年になっている。
日本の味噌や醤油のような物ですね。
半永久的に保つということでしょう。

category: おすすめの食べ物

tb: 0   cm: 2

雨に考える  

この降り続く雨は一体何を我々に訴えているのだろうか?
単なる異常気象?
山の木々は色を失い葉が落ちて、野菜は元気なく腐ってゆく。
人々は覇気を失いつつあり、体がどうもだるい。
お天道様のありがたさに気付かせれる夏となっている。
アタリマエのことがアタリマエに起こることの大切さが身に染みて分かる。
こんな時にもあきらめが悪いものがいる。
それは蝉である。
雨の中でも必死に鳴いている。
地上に出ている短い間になんとしても交尾をして子孫を残したいのだろう。
たままた、こういう夏に羽化しただけ。
そんなことにいちいち悩んでいても仕方ない。
やれることを「今」やっているだけ。
人間はなんでそんな簡単なことができなくなってしまったのだろうか?
いろいろ理由を付けることはできるだろう。
だが、それはただの言い訳に過ぎない。
基本的にすべての人はフリーである。
今すぐどこにだって行けるし、何者にもなれる。
元々名前すらなく真っ裸でこの世に生まれてきたのだから。
何も持っていない=貧乏ではない。
物やお金は基本的に「今」必要な分があれば充分。
もし、お金がなく何かが買えないとしたら、「必要ないよ」「今持っている物を組み合わせたらなんとかなるよ」と言うメッセージかもしれない。
本当に必要な物なんてほんのちょっぴりなんだね。
わたしも使わない物がいっぱいある。
使われない物たちも眠ったままでかわいそうなもんだ。
少なく長く使うのがこれからのスタイルかもしれない。
なんでも新しい物に買い替えてエコと考えるのではくて、今あるものに足したり入れ替えたりして使える技術が必要なんじゃないかな?
本当に使えない物ってどんなものかな?
穴があいた鍋だって、割れた皿だって、けんか別れした友達との関係ですら直せる。
すべて何とかなりそうな気がする。
充分である。
充分ある。
さてさて、この長雨をどう考えるか?
考えても無駄である。
考えたいなら考えてもいいけど、答えもなさそうだし、楽しくないだろう。
ただ「雨が降り続いている」。それだけのこと。
今はその雨を眺めながら、音楽を聴き、本を読み、何も考えないでぼ~とする。
少し雨が弱くなって、再びミンミンゼミが鳴き始めた。

category: ひとり戯言

tb: 0   cm: 4

2色うどん  

手打ちうどん1
手打ちうどん2
久しぶりに手打ちうどんを作りました。
妹と2人で。
妹は初めてのうどんづくり。
自家製ゆかり入りとリブレパウダー(玄米粉)入りの2種類。
釜揚げうどんにしていただきました。
少し茹ですぎたかな?
でも、ツルツルシコシコでおいしかった。
ずっとサラダ生活だったからな~。
たまにはいいもんだ。
つけダレはゴ昆布椎茸出汁に醤油だけ。
あとはおろし生姜。
これで充分にいける。
最近とっても味に敏感になってきたので、味付けの必要すら感じなくなってきた。
サラダも何もかけないでバリバリ食べてます。
調味料も要らなくなったので、皿も汚れず超エコです。
包丁も要らないかも?
もうほとんど野生児。いや、野生おっさんかな?

category: 加工品作り

tb: 0   cm: 0

もやしもんの影響  

ベルギービール
大麻ビールとベルギービールを買いました。
大麻ビールは以前「麻物語」だったかな?
飲んだことがあります。
麦芽とホップに少し大麻が入っている感じです。
そんなに麻の実の香ばしさは感じません。
「麻物語」の方が美味しいかも?
後味に麻の実ナッツを食べた時のようなコクを感じることができます。
ベルギービールはコリアンダーとカモミールが入っていて長期熟成タイプ。
アルコール度数9%。
まだ飲んでませんが、気が向いたら感想をを追加します。
「もやしもん」の新刊がビール特集なのでちょっと気になっちゃいました。
でも、ビールはいつも全然飲むことはないです。
炭酸が苦手なのです。苦いし・・・。
やっぱり日本酒が一番!!日本人だからね。

category: おすすめの食べ物

tb: 0   cm: 0

ほんの晴れ間に  

天然酵母パン1
天然酵母パン2
いつも太陽熱を利用してパンを発酵させているので、今年は非常にパンを焼きにくい。
いつも通り小麦酵母のパンです。
強力粉(キタノカオリ) 1100g
モチ麦粉 150g
粗挽きライ麦粉 150g
天日塩 28g
中種 700g
井戸水 粉の62%程度(キタノカオリか吸水率がいいので少し多めに)
1次発酵6時間、2次発酵80分。
焼成はコールドスタート190度で8分。
ふっくらと焼き上がりました。
でも、やっぱり湿度が高いので外のパリパリ感がすぐに失われてしまう。
こんな雨続きではフランスパンは買えないですね。
うちの小麦酵母はモチモチのパンが焼けます。
ふっくらしてるけど、モチモチ。
結構日本人好みかも?
小麦酵母は育てる人や継ぎ足している小麦粉、環境などに寄って少しずつ変化してゆきます。
面白いですね。
もう一切酸味もなく、とても扱いやすくおいしいパンが焼けるので最高!!
しかし、小麦には中毒性があります。
食べ始めると止まらなくなります。
炭水化物にはすべて言えることですけどね。(玄米も例外ではない)
特に白い小麦は食べ過ぎると精神が不安定になり、何かしら不安になったり、イライラする人がいるらしいです。
なんでも食べ過ぎが1番いけないのですね。
食べるほどにお腹がすき、食べ過ぎてぐったり疲れて、精神が荒れる。
食欲ってやつは困ったやつですね。
あまり「食べ過ぎてはダメ」と我慢ばかりしてストイックになっても逆にしんどいしね。
よく噛んだら満腹中枢が刺激されて過食を抑えられると一般には言われているけど、それも私は何度もやってるけど結構食べれちゃう。
もっともっと噛めばいいのかな。
まあ、玄米は一口100回噛んだとしても30%も消化されないらしいけど。
ロー生活は消化されやすさを1番においているが、消化されにくい繊維の多い物を火食するのもいいかも?
便秘になるのは1番よくないが、ローだとあまりにも出過ぎて食べてるのか食べていないのかが分からない。
食べた分がほとんど出ているなら、無理して食べる必要がないような?
結局色々なことを言う人がいますが、全部自分で試してみるしかないですね。
今度試してみたいことは、1種類食いですね。
1食に1種類ものしか食べない食べ方です。
世界には結構一種類食いの民族がいるけど、どうなんだろうか?
生まれてからからずっとなので、体に合っているだけなのかな?
普通の人も何ヶ月かでなれるような気もするけど・・・。
生きているっていろんなことを頂いた大切な体を使って宇宙(己)を知ることなんですね。
ありがたいことです。
一瞬一瞬、感謝だけは忘れてはいけませんね。
いつも見渡せば、ありがたいことだらけです。
ありがとう。ありがとう。ありがとう。

category: 天然酵母パン

tb: 0   cm: 0

米の花  

黒米花
黒米が花を咲かせてきました。
しかし、また雨が降ってきました。
うまく受粉してくれると嬉しいな。

category: お米と向き合う

tb: 0   cm: 0

鹿の見張り  

テント
鹿の見張りのために畑の横にテントを張って1晩様子をうかがっていました。
寝ずの番をするつもりが、グースカ、グースカ。
少食ローフード生活になって睡眠時間は短くて大丈夫になったけど、コテンと深い眠りに落ちます。
朝はピッタリ5時に目が覚める。
面白い現象です。
この晩は何度か見回りにも行ったけど、どうやら鹿は来なかったようです。
私のさっきに恐れをなしたのかな?
それとも、私が結界を張ったからかな?
(なんとなく結界が張れるような気がしたので、田畑全体に気を送ってみました。)
すべてはなるべくしてなるようになり、それでいいんです。
久しぶりにテントで寝て楽しかった。
しばらく張っておきますので、キャンプをしたい方はどうぞご自由に。
ただし2人用のテントです。
ピッタリくっつき合えば3人も可。
ついでに鹿の番もしてくれると助かります。ははは。

category: 野菜と向き合う

tb: 0   cm: 6

冷や汁じゃないよ  

ローみそ汁
冷たいお味噌汁。
「ロー味噌汁」です。
昆布椎茸の水出しの出汁に生の野菜(オクラ、きゅうり、トマト、青ジソ)を入れて、自家製味噌を溶き入れました。
最後に仕上げに貴重な生のエゴマ油をたらしました。
う~ん、いい香り。
なかなか美味しかったです。
今後のいろんなロー味噌汁に挑戦するぞ~。

category: ひらめいたマンマ

tb: 0   cm: 0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。